リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントに再登録は可能?担当者変わる?注意点!

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

転職エージェント登録の流れとメリットを解説!選び方は?

転職エージェントへの登録の流れやサービスを利用するメリット、そして良質なエージェントの選び方を解説して参ります。

転職が初めての方は、転職エージェントに登録してから仕事が決まるまで、どのような流れでサービスを受ける事が出来るのか気になりますよね。

転職エージェントを利用しようかどうか迷われている転職活動中の方は、エージェントがどんなものなのか、頭をクリーンな状態にして頂ければ幸いです。

■転職エージェントの登録〜内定までの流れ

ここでは一例として、最大手転職エージェントである「リクルートエージェント」への登録の仕方から、お仕事が決まるまで、どのように転職エージェントとやり取りを進めていくことになるのかをご説明します。

●サービスの申し込み

リクルートエージェントへの登録は、転職支援サービスの申し込みと同時に行われます。

リクルートエージェントのホームページを開くと、「転職サポートに申し込む(無料)」というボタンがあるのでクリックし、案内に従って、

・転職希望時期
・希望勤務地
・現在の職種
・プロフィール
…etc

などを入力するだけで転職支援サービスを開始することができます。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
また、スカウトサービスである「リクナビNEXT」にも同時に申し込みが出来ます。

「リクナビNEXT」の申し込みを行うことによって、エージェントからお仕事の紹介が送られてくるようになるので、登録しておくことをおすすめします。

>>リクルートエージェントとリクナビネクストの違いを比較

●担当者から連絡が入る

登録時点で入力したプロフィールや、仕事の希望条件などを参考にして、エージェントがあなたにマッチする仕事を探します。

もし、紹介出来る仕事があれば、その仕事に応募してみないかという打診の連絡を受ける事になるのですが、おおよそ1週間以内に連絡がなければ、現時点では紹介出来る仕事がなかったと思って良いでしょう。

>>【転職エージェント】連絡ない=見捨てられた?理由と対処法

その場合は、希望条件を少し下げたり、職種の範囲を広げるなどしてみると、紹介を受けられる可能性が高まります。

また、待つだけではなく転職エージェントが抱えている求人の中から気になるものを選び出し、こちらから転職エージェントに連絡をするという積極性も必要となります。

●キャリアアドバイザーとの面談

キャリアアドバイザーとの相談は、場合によって電話の場合と、対面の場合があります。

>>リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

どちらの場合も相談する事は下記のような内容になります。

・今までどのような仕事をしてきたか、またどのような場面で活躍したかなどを話し、アドバイザーと共に、あなたの強みや弱みを洗い出す。

・仕事探しにおいてキャリアアドバイザーと認識がずれないように、転職に求めることや転職条件などを細かく話す。

・いつから実際に転職活動を開始するのか、いつから就業可能なのかなどの時期的な条件を詰める。

キャリアアドバイザーにあなたの事やあなたの要望や展望をしっかり知ってもらうことによってこそ、転職エージェントを使っての転職が成功するので、伝え漏れがないようにしっかり伝えるようにしましょう。

●求人の紹介と面接対策や書類添削

キャリアアドバイザーがあなたの要望や展望から、あなたに合う求人を探します。

実はホームページで公開されている求人は、転職エージェントが保有している求人のごく一部で、自分では探すことの出来ない膨大な求人の中から、あなたの能力を活かすことが出来る仕事をキャリアアドバイザーが探し出してきてくれるのです。

▼最適の求人を選んでもらえる

これは転職エージェントを活用する最大のメリットと言っても過言ではないですね。

応募してみたい求人が見つかった際は、豊富な経験や転職エージェントが直接仕入れたその会社の情報などから転職面接が有利になるアドバイスも受けられるでしょう。

>>転職エージェントのブラック企業求人とホワイト求人の見分け方

●応募〜企業との面接

応募をする企業が決まったら、早速応募です。

少し面倒な企業への書類の送付や面接日程の調整もキャリアアドバイザーが行ってくれるので、あなたは面接対策にしっかり時間を割く事が出来ます。

マッチングする求人が沢山ある場合、次々とキャリアアドバイザーからお仕事の紹介連絡が入るかもしれませんが、必ずしもすべての求人に応募する必要はなく、本当に応募してみたいという企業だけに応募していけば良いのです。

●内定〜入社、または辞退

書類選考や面接を通過すると、転職エージェントを通して内定の連絡が入ります。

その後、入社日の日程の調整などもキャリアアドバイザーが行ってくれるため、何でも相談してみましょう。

また、面接などを受けるうちに、自分が希望する仕事ではないと気付く事もあるかもしれませんが、そのような場合も、転職エージェントを通して、入社を辞退することができるので、精神的負担を少し減らす事が出来ます。

>>転職エージェントの断り方を断るタイミングに分けて徹底解説

■転職エージェントの履歴書添削&面接対策とは?

転職を成功させるためには、まず書類選考を通過しなければいけません。

ただ、応募する企業にとって魅力的な履歴書を自分だけで作成する事はなかなか難しいものですよね。

しかし転職エージェントでは、履歴書の添削を通じて、あなたの能力や魅力を最大限伝える事ができ、書類選考に通過しやすい履歴書や職務経歴書になるようにしっかりアドバイスを行ってくれます。

>>【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較

キャリアアドバイザーによって、客観的にあなたを分析してもらうことで、自分でも気付かなかった強みや弱みを発見することが出来るでしょう。

書類選考を通過すると次は面接になりますが、これもやみくもに受けていては、採用率は高まりません。

面接にもやはりコツがあり、どういう点を伝えればあなたの良さを十分にアピールすることが出来るか、また、面接官が何を求めているのかなどを知っておく必要があります。

さらに、同じ転職エージェントの中からどういう人が採用されているのかなどの情報も得る事が出来るので、とても参考になります。

面接のポイントを習得した後には、模擬面接も行ってもらえるので、本番の雰囲気を味わいながら練習を重ねることが出来るので、自信を持って実際の面接に望めることでしょう。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

■転職エージェントの登録に年齢・性別・地域は関係あるのか?

転職エージェントを利用する際に気になることのひとつに、年齢制限、性別、地域の問題が挙げられると思いますので、順番に見て参ります。

●年齢制限

まず、転職エージェントに登録することに年齢制限はありません。

しかし、求人によっては様々な理由で年齢制限が設けられていることが多々ありますので、登録したからといって、すべての希望する仕事に応募することが出来るとは考えない方が良いでしょう。

>>転職エージェントの利用に年齢制限はある?年齢別エージェント一覧

●性別

性別については、女性が悩まれる場合が多いと思いますが、転職エージェントへの登録はもちろん男女関係なく出来ます。

また、昔は女性より男性の方が就職に関して有利でしたが、現代社会では女性であっても、素晴らしい経歴や能力また人間的魅力があれば企業から引く手あまたになるでしょう。

ただ、実際の所、全く求人に男女差がないかと言えば、ないとは言い切れません。

企業によっては、結婚や妊娠によって、すぐに退職してしまうのではないかという心配から、積極的には女性を採用していない職種があることも事実です。

特に女性の場合は、フルタイムで働けない場合や妊娠の予定があるので、その時は産休を取りたいなどの要望もあるでしょう。

そのような要望はすべてキャリアアドバイザーに伝えておきましょう。

女性のキャリアアドバイザーが必ず担当してくれる女性支援に特化した転職エージェントもあるので、そちらを利用されてみることをオススメ致します。

>>【20代女性向け】転職エージェントおすすめランキング2017

●地域

最後に地域についてですが、これは大きな違いがあるでしょう。

あなたが就業可能場所を全国にしておけば、紹介可能求人も多くなると思いますが、もし求人自体があまりない地方でしか就業することが出来ない、という条件を出した場合、紹介出来る求人はとても少なくなります。

あなたが何を最優先するかによって、就業可能地域は変わってくると思いますが、とにかく希望の職に転職する、ということが最優先事項であるならば、就業可能場所を幅広くしておくことは、転職成功のポイントと言えるでしょう。

>>【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

■自分に合った良質な転職エージェントの選び方

転職エージェントと一口に言っても大小様々なエージェントが存在していますが、どの転職エージェントに登録すべきなのでしょうか?

おすすめするのは、まずは大手の転職エージェントに登録するということです。

大手の転職エージェントの保有求人数は膨大なので、希望する求人が見つかりやすいですよね。

大手だからこそ、求人紹介件数も多く、それらから得た沢山の求人に関するデータが蓄積されているため、転職希望者にぴったりな仕事を紹介したり、適切なアドバイスを受けることも可能です。

特に今回冒頭でご紹介したリクルートエージェントは、業界の中でも圧倒的No.1の求人数を誇る最大手エージェントなので、まず自分の望む求人の取り扱いがないという事態はないと見て良いでしょう。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
さらに大手エージェントで、仕事を紹介してもらって断ったり、転職後にすぐ辞めることになってしまっても、賠償問題になることはありませんので、安心して仕事を紹介してもらうことが出来ます。

転職エージェントは無料で利用できることからリスクもなく、とても頼りになる存在なので、積極的に活用して転職を成功させましょう!

PR

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

第二新卒エージェントneo評判・口コミ!面談と求人の質は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930