リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

人手不足の職業・業界ランキングTOP10【2018年最新版】

人手不足の企業が増えていると最近よく耳にしますが、どのような職業や業界でその傾向が強いのか知るために、2018年最新版のランキングをご紹介します。

人手不足の職業や業界であれば転職活動がうまくいきやすいですし、新人を1からきちんと育てようという企業も多いため、未経験の分野でも安心して働くことができます。

ここでは人手不足の職業や業界についてランキング形式でお話ししていきますので、あなたが働きたいと思える仕事がきっと見つかるはずです。

また、転職の際の注意点についても併せて説明していきますので、後悔しない転職先を見つけることにもきっと繋がる筈です。

人手不足と感じている会社はどんどん増えている

人手不足と感じている会社はどんどん増えています。

実際に社員が不足していると感じている企業は5割超も存在しており、その割合は年々増加傾向にあるのです。

▼人手不足と感じている企業の割合は増加傾向

具体的に人手不足と感じている業種にはどのようなものがあるのかというと、

●情報サービス
●建設
●運輸・倉庫
● メンテナンス・警備・検査

などが挙げられます。

上記業種の企業の6割以上が人手不足を実感しており、その深刻さが伺えます。

特に情報サービスといったIT関連は技術職不足が問題になっていますし、東京オリンピックが近いため建設業界でも多くの人手を必要としている現状です。

人手不足の業界ではそれだけ働き手を欲しているので、転職を考えている方は上記の業種を中心に転職先の会社を探してみるのも良いでしょう。

関連:転職先・就職先の探し方厳選まとめ!自分に合った探し方は?

人手不足の職業・業界ランキングTOP10

それでは具体的に人手不足を感じている業種・職種についてランキング形式で見て参りましょう。

私も慢性的な人手不足の業界で働いていましたから、このランキングには思わず納得できました。

【第1位】IT業界

人手不足の業界というと、IT業界を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

仕事がきつい、なかなか家に帰れない、仕事の割にお給料が低いなどのネガティブなイメージを多く持たれるため、転職したいと考える人は少ないかもしれません。

ですがIT業界は今最も成長著しい業界であり、キャリアアップのための格好の場とも言えます。

未経験者向けの求人は少ないものの、20代の方であれば一から教育するという企業もあるため、異業種からの転職も不可能ではありません。

ITエンジニアの転職エージェントおすすめランキング

ちなみにIT業界の仕事には、

・エンジニア系
・WEB系
・営業系

の3つに大きく分けることができます。

営業系であれば専門知識は他の職種に任せることができますが、エンジニア系とWEB系はプログラミングに関する知識が必須です。

転職の際は プログラミングを自己学習したり、基本情報処理技術者やITパスポートといったIT関連の資格を取ったりして、より良い職場への転職を成功させましょう。

【第2位】建設業界

建築業は体力勝負の仕事であり屋外での作業が多いため、夏は暑く、冬は寒い、その上力仕事ばかりであるという職場環境から、人手不足ランキング上位の業界です。

その上都心部では、東京オリンピックによる建設ラッシュにより建設業界の需要がどんどん高まっているのです。

建設業界の有効求人倍率が4~5倍というのも、これらの背景があるかだということがよくわかりますね。

▼有効求人倍率は年々増加傾向
(※リクルートキャリア調べ)

しかし一見働くのが大変そうな建設業界ですが、未経験者でも積極的に採用してくれますし、大企業での募集も定期的にあるため今よりも大きい企業へのキャリアアップも不可能ではありません。

大手に就職できれば最低でも月収30万以上のところもざらにあるので、高収入ゲットのために建設業界へ転職してみるのも良いですね。

関連:高卒フリーターの就職先おすすめ人気ランキング【職種・業界別】

転職するのに必要な資格はありませんから、体力に自信のある方や新しい業界にチャレンジしてみたい方は建設業界への転職を目指してみましょう。

【第3位】運輸業界

トラック運転手が活躍する運輸業界も人手不足が深刻な業界です。

インターネット通販の普及や当日配達などのサービスが進んだことにより、運送業者の需要がどんどん高まっていることが原因と考えられます。

勤務が不規則だったり、長時間の運転が当たり前だったりする業界なため、きつい印象が強くありますが、私たちの生活を支える大変やりがいのある仕事です。

人手不足なだけあって年齢制限はそこまで厳しくないので、第二の人生をスタートさせたい方にもおすすめの業界ですよ。

スポンサードリンク
中型自動車免許や大型自動車免許、けん引免許の資格を持っているとドライバーとして高待遇での採用される可能性が高いので、運輸業界への転職をお考えの方は資格取得を目指してください。

ちなみに資格がなくとも雇ってくれるところがほとんどなので、あまり尻込みせず思い切って運輸業界にチャレンジしても採用される可能性は高いでしょう。

【第4位】保安関連の職業

保安関連の職業には警察や自衛隊が挙げられますが、ここでは警備員の仕事に特化してお話ししていきます。

警備員と一言に行っても、デパートや病院、駐車場や工事現場など活躍の場はさまざまで、最近では商業施設や銀行のATMにも警備員が配置されているため、人手がいくらあっても足りない現状があります。

人手不足に強く悩まされている業界であるため、どのような経歴の人でも採用される可能性が高いです。

事実、街中で見かける警備員には、若い方だけでなく高齢者の方もいるため、幅広い年代の方を積極的に採用していることがわかりますね。

働く現場によって仕事内容もガラリと変わってくるので、どのような警備の仕事をしたいのかを考えた上で転職先を決めましょう。

【第5位】外勤事務の職業

外勤事務の職業と言われてもいまいちピンと来ない方も多いと思いますが、私たちの日常生活にはなくてはならない存在です。

具体的には水道メーターの検針やNHK放送受信料集金人は、外勤事務の職業に該当すると言えば、わかりやすいのではないでしょうか?

外勤事務の仕事に人手不足な印象をお持ちの方は少ないと思いますが、集金作業も多く、直接クレームを受けたり、文句を言われたりすることに嫌気がさして辞めていく人が多い仕事です。

ですが、外勤事務の仕事は自分のペースでできる仕事であり、慣れてしまえば4~5時間で終えることも不可能ではありません。

歩き仕事であり体力が必要ではあるものの、自分のペースで仕事をしたいという方は、外勤事務の仕事を始めてみてくださいね。

【第6位】介護業界

高齢化が進む現代社会において、介護士やケアマネージャーといった介護関連の仕事はニーズが高まる一方で人手不足感が否めません。

特に介護士はどこの現場でも需要が高いものの、不規則な勤務体制や重労働、汚れ仕事の多さから、介護師を辞めていく人が多い現状があるのです。

たしかに慣れないうちは、オムツ交換や清拭、食事介助など大変な仕事もたくさんありますが、どれも利用者の方のQOL向上のためには欠かせないものですし、何よりも他の仕事では感じられないようなやりがいを実感できるおすすめの仕事です。

無資格や未経験者の方でも募集している介護事業所はたくさんありますし、自社でホームヘルパー養成研修を行っているところもありますから、思い切って介護の現場に飛び込んでみてくださいね。

介護士の転職サイトおすすめTOP5!志望動機や転職理由は?

【第7位】看護師

看護師は非常にやりがいと充実感のある仕事であるものの、人の命を扱う責任重大な立場に立たされる機会が多いため、心も体も病んで辞めていく人が後をたちません。

しかし、看護師は資格を取りさえすれば、病院以外にも企業や介護施設、保育所などさまざまな場所で活躍できる職業であるため、転職活動がうまくいかずお悩みの方にはぴったりの仕事です。

また、どこの現場においても1人でも多くの看護師を確保したい思いがあるため、一般企業よりも簡単に転職先が決まること間違いなしですよ。

関連:看護師に転職する際の志望動機・転職理由を施設や科目ごとに解説

ただし看護師資格を取るためには、専門学校か4年生大学を卒業し、国家試験に合格する必要があります。

少し大変な道のりですが、資格を取れば将来的に仕事に困ることなく働けるので、一生続けられる仕事をしたい方は看護師への転職を検討してみてください。

【第8位】販売・飲食の職業

販売や飲食関連の仕事はお客様と接する機会が多く、理不尽な苦情や心無い文句を言われることも度々あるため、人手不足感の強い職種の一つです。

しかも年中無休でやっているところも多いため、なかなか希望通りに休むことが難しく、定着率の低い業界とも言えます。

ですが最近では、働き方を変える取り組みをしている企業も増えている現状です。

たとえば24時間営業を取りやめるファミレスや、年末年始に休みを取る販売店も増えてきているのです。

従来のイメージから何となく販売・飲食業を避けている方は、この機会にぜひ転職を考えてみるのも良いですね。

販売・飲食関連の仕事は正社員や派遣、パートやアルバイトなどさまざまな雇用形態の方が働いており、マニュアルもしっかり完備されているので未経験の方でも問題なく働けます。

関連:フリーターがバイト先に就職するか辞めるか迷った時はどうすべき?

みなさんも販売・飲食関連の業界へ転職し、一から自分のスキルを磨いてみてください。

【第9位】電気工事士

ビルやデパート、一般住宅など、幅広い場所で活躍の機会がある電気工事士ですが、人手不足に悩まされている職業の1つでもあります。

インターネット回線工事・商業施設内の電気工事、電柱関連の作業などが主な仕事であり、電気工事を必要とする場面が増えていることや有資格者でないと電気を取り扱えないことから年々求人数が増えているのです。

▼電気工事士の年齢層割合(男性版)

第一種電気工事士は実務経験5年以上、もしくは電気科・電気工事科の大学・専門学校を卒業して、実務経験が3年以上が必要ですが、第二種電気工事士は特別な資格は必要なく誰でも受験可能なのです。

しかも第二種電気工事士は合格人数に制限はなく、合格ラインの点数を突破すれば資格取得できる試験ですので、電気工事士として働きたい方は、まずは第二種電気工事士の資格取得を目指すことをおすすめします。

技術職(機械・電子系)の転職に強い転職エージェントランキング

【第10位】保育士

保育士はお子さんの成長を見守れる非常にやりがいのある職業ですが、ニュースでも話題にならない日はないほど、人手不足が進んでいる職業です。

ここまで人手不足が進んでいる理由を見てみると、

・残業などを含めた勤務時間の多さ
・職員や保護者との人間関係の難しさ
・家での持ち帰りの仕事の多さ
・低賃金

などが挙げられます。

保育士の需要は高まっているものの、働きにくい環境であることが保育士不足の一因だとわかりますね。

ですが最近では、国全体の取り組みとして年収などの側面から、保育士の労働環境の改善に力を入れています。

▼保育士の年収は増加傾向にある

平均年収も平成25年度は約310万円でしたが、平成28年度には326.7万円と増えてきており、少しずつですが働きやすい環境になってきているのです。

保育士試験は年2回実施されているので、保育士になりたい方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

保育士向け転職サイトおすすめTOP5!志望動機&転職理由も

人手不足の職業・業界で働く際の注意点

人手不足の職業・業界は転職しやすいところだと言えますが、働く際の注意点がいくつかあるのでお伝えして参ります。

具体的に注意すべき点を挙げると、

●労働環境を確認する
●自分の適性にあった仕事かよく検討する
●給与や福利厚生をしっかり確認する
●自分のライフスタイルに合っているかよく考える

上記3つの注意点が挙げられます。

それぞれの注意点について説明していきますので、これから人手不足の職業・業界への転職をお考えの方は参考にしてください。

労働環境を確認する

人手不足になる理由は色々ありますが、労働環境が悪いことも理由の1つとして考えられます。

そのため「早く転職先を決めたい!」という思いから、焦って職場を決めてしまうと後で後悔する羽目になりかねません。

転職後に後悔してしまう状態を避けるためにも、転職前にしっかりと労働環境を確認し、働いてからのギャップがないようにしておくことが大切です。

転職先の企業から直接労働環境について聞き出すのは少し難しいかもしれないので、転職エージェントを利用し上手に情報収集をしていきましょう。

関連:転職エージェントの使い方を徹底解説!3倍有効に活用する方法

自分の適性にあった仕事かよく検討する

人手不足の職業や業界はたくさんあることがわかりましたが、その仕事が自分の適性にあっているのかを検討してから転職することが大切です。

やはり人手不足の職業の定着率が低い原因は、人を選ぶ職種が多いことが考えられるので、誰にでも務まる仕事ではないということを理解しなければなりません。

「転職しやすそうだから。」という安易な理由だけで転職を決めてしまうと、結局長続きせずにまた転職という結末になりかねないので、その仕事が自分にあっているのかよく考えてみましょう。

適性診断ツールMIIDAS(ミーダス)評判口コミまとめ

給与や福利厚生をしっかり確認する

人手不足の業界の中には、仕事とお給料が見合っていないところも少なくありません。

転職活動がなかなかうまくいかないと、「内定がもらえればどこでもいいや!」という気持ちになりがちですが、生活していくためにはお給料や福利厚生が整っているところでないと難しいです。

転職先の給与と福利厚生を確認し、納得のいく条件の企業で働いてくださいね。

自分のライフスタイルに合っているかよく考える

人手不足の職業や業界の中には、シフト制だったり、夜勤があったりなどというところも少なくないです。

そのため、今まで日勤業務で完全週休二日制の企業で働いていた方が、上記のような業界に転職してしまうとライフスタイルを変える必要性が出てきます。

人によっては平日休みや夜勤が性に合う人もいるかもしれませんが、今までと全く違う環境で働くのは心も体にもストレスを与えてしまうため、働き方が自分にあっているかを考えてみることが大切です。

人手不足の職業・業界への転職就職は”チャンス”

人手不足の職業や業界が増えている背景には、今回ご紹介したような仕事の厳しさや需要の高まりなど様々な要因があることがわかりました。

ですが「辞めていく人が多いってことはそれだけ大変な環境なんだ!」と考え、人手不足の業界への転職をためらっている人もいますよね。

たしかに業界全体で見ると人手不足の会社は厳しい状況が続いていますが、個人として活躍する機会が他の業界よりも多くあるため、キャリアアップやスキルアップしたい人には絶好の職場であると考えられます。

人手が足りてる時であれば採用されることのないような企業や業界への転職もしやすくなっているため、人手不足のこのタイミングは転職するための絶好の機会と言えるでしょう。

転職の成功率を高めるためには、志望動機の添削を行ったり面接対策を施してくれる転職エージェントを活用していくことが非常におすすめです。

特に業界No.1エージェントとして、社会人として働いている方はリクルートエージェント、フリーターや正社員として働いたことのない方は就職Shopを利用してみると非常に上手く行く可能性が高いです。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター向け転職エージェントおすすめランキング!UZUZは?

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する