リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

DODA

MIIDAS(ミーダス)の評判口コミまとめ!転職活動がバレる?

更新日:

dodaを運営するパーソルキャリア株式会社が提供しているMIIDAS(ミーダス)の口コミ評判を、実際に利用した方々に取材してまとめました。

「自分の転職市場価値が簡単にみいだせる」という意味が込められた転職診断ツールMIIDAS(ミーダス)は非常に評判の良いツールです。

しかし、一部では転職活動をしていることがバレるのでは?と懸念する声もあります。

今回はMIIDAS(ミーダス)と他の転職診断ツールの違いや登録方法〜具体的な活用方法まで、詳細に解説して参ります。

MIIDASを使って自分自身の転職市場価値を計測しようと検討されている方は、ぜひご参考頂けますと幸いです。

↓MIIDASで自分の市場価値を測定してみる

最終更新日.2018年11月21日

MIIDAS(ミーダス)とは?

MIIDAS(ミーダス)利用者の口コミ評判を見て行く前に、まずはMIIDAS(ミーダス)のサービス概要をもう一度確認しておきましょう。

●MIIDAS(ミーダス)の詳細

サービス名 MIIDAS(ミーダス)
特徴・ポイント 自分の相対的転職市場価値を測れる
利用料金 完全無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社

MIIDAS(ミーダス)は一言で言うと「自分の転職市場価値を、豊富なデータを用いて相対的に測ることのできる転職診断ツール」です。

簡単な質問にいくつか答えていくだけで、自分の「想定年収」「選考を受けられる転職先の会社数」などを明確に数値化して教えてくれるんですね。

▼簡単な質問に答えていくだけで…

▼転職市場価値を自動で数値化できます

実際に私もMIIDAS(ミーダス)を利用してみたのですが、かなりテンポよくぽんぽんと質問に答えていけるので、非常に使い心地が良いと感じました。

また、他にもMIIDAS(ミーダス)を利用することで、

7万人のデータの中から同年代・同業種・学歴の人がどれぐらいの年収で転職しているかを知れる

自分の代わりに提携企業7000社に自分を売り込んでくれる

MIIDAS提携企業の書類選考合格率なんと100%

など、数え切れないメリットを享受することができます。

運営会社のパーソルキャリア株式会社は、dodaという業界大手の転職エージェント・転職サイトを運営していて200万人以上の転職活動者や採用会社のデータを持っているので、そのデータを元に正確に自分の転職市場価値を数字化してくれるんですね。

MIIDAS(ミーダス)の診断結果として割り出された利用者のデータを採用する企業側にも見えるようにしているので、自動でオファーが届くような仕組みを実現しているという訳です。

▼dodaの業種・職種別求人割合

おそらく2018年現在、最も正確かつ、素早く自分自身の転職市場価値を測ることのできるツールと言って良いでしょう。

2018年11月21日追記.

いよいよミイダスのテレビCM第3弾、第2弾の放映が開始され、より多くの人々に広げるプロモーションの段階へと移ったようです。

▼ミイダスのテレビCM第3弾

▼ミイダスのテレビCM第2弾

▼ミイダスのテレビCM第1弾

動画を見て頂いても分かる通り、中途採用の採用担当者向けに作られたCMのようなので、今後ミイダスを利用して人材を採用しようという企業は増えていく筈です。

他の転職サイトでは求人を掲載していないような企業に応募するのであれば、いち早くミイダスに登録しておいたほうが賢明ですね。

MIIDAS(ミーダス)と他の転職診断ツールの違い

MIIDAS(ミーダス)を運営するdodaでは、「doda合格診断」という転職診断ツールも運営していて、質問に答えていくと2018年度版の最新転職人気企業上位300社への合格確率を知ることができます。

その他にも、大手転職サイト「マイナビ」を運営する株式会社マイナビが手掛ける「マイナビジョブ20's適性診断」では、第二新卒・20代に特化した診断結果を元にキャリアアドバイザーから客観的なカウンセリングが受けられるサービスを展開しています。

※いずれもエージェントサービスへの申し込みが必要です

いずれのサービスも転職診断を受けて自分の市場価値を確認することはできますが、直接面接に結びつくことはなく、あくまでも市場価値の確認とどんな企業に適性があるか、ということを確認できるサービスです。

doda合格診断 最新転職人気企業上位300社への合格確率が分かる
マイナビジョブ20's適性診断 キャリアアドバイザーから診断結果を元にカウンセリングが受けられる
MIIDAS(ミーダス) 適性診断結果を元に「面接」にまで結びつけられる

ミイダスは適性診断だけではなく、適性診断結果を元にその先の「面接」に直接結びつくサービスとなっていることが他の転職診断ツールとの大きな違いになります。

MIIDAS(ミーダス)に向いている人

前述したMIIDAS(ミーダス)の特徴を踏まえると、同サービスは以下のような人に利用が適していると言えます。

自分の転職市場価値を知りたい人

転職活動のファーストステップとして、自分の市場価値を知った上で適切な企業選びを行うことが必要になります。

ミイダスでは簡単な質問に答えていくだけで、200万人の年収データと転職実績を元に自分の現在の市場価値を知ることができるので、オススメです。

効率良く転職活動を進めていきたい人

転職サイトを利用しているとスカウトメールやオファーメール、おすすめ求人情報など、日々さまざまな情報が届くことになりますが、あくまでも情報提供に過ぎず、直接面接に結びつくことはありません。

しかし、ミイダスで企業から届くオファーは全て面接が確約された「面接確約オファーのみ」で、受け取ったオファーは100%面接ができます。

その結果、効率良く転職活動を進めることができるでしょう。

自分のペースで転職活動を進めたい人

転職エージェントを利用するとサポート受けながら効率的に転職活動を進めていけますが、登録するために面談へ行ったり、選考の間もキャリアアドバイザーとのやり取りが発生することに煩わしさを感じる人も少なくありません。

ミイダスでは、エージェントとの煩わしいやり取りを行う必要はありません。

企業から届く「面接確約オファー」を確認するだけでOKですので、求人探しは自動的に進めつつも自分のペースで活動することができます。

↓MIIDASで自分の市場価値を測定してみる

MIIDAS(ミーダス)に申込むには

MIIDAS(ミーダス)のサービスを利用するためには、アプリのインストール後に無料の会員登録を行う必要があります。

流れとしては市場価値診断(所要時間3分)を行った後に会員登録(所要時間2分)の合計5分ほどで簡単に登録することができます。

以下で申し込み方法について詳しくご紹介します。

<1>アプリをインストールする

MIIDAS(ミーダス)公式HPからアプリをインストールします。
※iPhone、Androidいずれもダウンロード可能です。

<2>市場価値診断を行う

アプリを開くと以下の画面が表示されますので、「さっそく診断してみる」をタップして市場価値診断に進みます。


★市場価値診断は大きく分けて4つの質問に答えていきます。
・プロフィール
・職務経歴
・実務経験
・スキル

①プロフィール項目:9項目

・性別を選択
・生年月日を入力
・第一言語(最も得意な言語)を選択
・お住まいの都道府県を選択
・最終学歴を選択
・最終学歴の出身校名を入力(学部がある場合は学部を選択)
・最終学歴の卒業年を選択
・6ヶ月以上の離職経験があるかないかを選択
・これまでの経験社数を選択

②職務経歴について:8項目

・現在の就業状況を選択(在職or離職)
・直近の会社の入社年月を選択
・現在(または直近)の就業先会社名を入力
・直近の会社の業種を選択
・直近の会社の従業員数を選択
・直近の会社の雇用形態を選択
・直近の会社の役職を選択
・直近の会社の年収を選択

③実務経験で身につけたスキル:2~15項目

・直近の会社でメインに経験した職種を選択
※選択した職種によって質問が変わりますので、質問される内容に沿って回答していきます。
・マネジメント経験年数を選択

④語学力・資格:4項目

・英語力を選択
・保有しているExcel(エクセル)スキルを選択
・普通自動車免許の有無を選択
・保有している資格を入力

★全ての項目の入力が完了すると以下の画面に推移して、あなたの市場価値が表示されます(※ここで分かる内容は以下の4項目)。

・選考条件に合致した企業数
・想定オファー年収額(あなたと類似したユーザーに届いたオファーの平均年収)
・面接確定オファー件数
・年収別・業種別・職種別のマッチ求人数

<3>会員登録を行う

市場価値診断ができたら、「ミイダスに登録してオファー内容を見る」をタップして会員登録を行います。

①「Facebookアカウントで登録」をタップor 「メールアドレス・パスワード」を入力

②「各種サービス、アンケート、およびキャンペーン等のご案内を受け取る」にチェックを入れて画面下部の「利用規約に同意の上次へ」をタップ

③認証コードの受取方法を「SMSを希望」or「自動音声通話を希望」のどちらかから選択(*今回はSMS(ショートメール)認証の方法をご紹介します)。

④SMSが利用可能な電話番号を入力して「認証コードを受け取る」をタップ

⑤スマートフォンのSMSに届いた4桁の認証コードを入力

⑥案内に従って、プロフィール情報を公開したくない企業、最低希望年収、希望勤務地、自信のある職種とスキルを選択

⑦以下の画面が表示されたら登録完了です

MIIDAS(ミーダス)の活用方法

ではここからは、MIIDAS(ミーダス)を使って転職活動を効率的に行う方法について具体的に解説してまいります。

プロフィール更新・職務経歴書の記入を行う

MIIDAS(ミーダス)登録後は企業からのオファーを待つだけではなく、まずはオファーを増やすためにプロフィールの更新・職務経歴書の記入を行いましょう。

・プロフィール更新
メイン画面から「プロフィールを更新する」をタップして空欄の項目がないように埋めていく。

・職務経歴書
メイン画面から「職務経歴書の記入」をタップしてテキストで入力 (300~2000文字)or ファイルをアップロードする。
※既にWordやExcel等のファイル形式で職務経歴書を作成されている場合、ファイルをアップロードするだけで職務経歴書の記入が完了できます。

更に、このページでポートフォリオのアップロードも可能ですので、製作実績がある方は製作実績のURLを入力したり、ファイルのアップロードを行いましょう。
※ポートフォリオアップロード機能はPC版でのみ利用できます

企業からのオファーに返信~応募する

メイン画面から「オファーに返信する」をタップして届いたオファーを確認しましょう。

表示方法は、

①すべてのオファー
②希望条件内
③希望条件外

の3つの方法がありますが、まずは②希望条件内のオファーからチェックしてみましょう。

希望条件内のオファーを全てチェックした後に気になるオファーがない場合は、希望条件外のオファーを見てみると効率的です。

★オファーの確認方法
①一覧画面で気になるオファー内容をタップします

②オファー内容、求人詳細、企業詳細、レポートを確認してオファーを受けるか検討します

③オファーを受ける場合「面接応募」をタップして氏名を入力します

④希望する面接日時を最低3日分設定して「応募する」をタップします
※特に面接を希望した日時には「★」を付けておくことで、優先的に調整してもらうことができます。

⑤応募完了後は企業の担当者からトーク画面にメッセージが届きますので、面接日時の調整や場所の確認等を行って面接日時を確定させた後は、面接当日に企業へ訪問して面接を受けましょう。

MIIDAS(ミーダス)適性チェックを行う

複数の設問の中から自分に当てはまるものをチェックしていくだけで以下のような、自分の適性に合った仕事について予測を行える適性診断が無料で行えます。

企業選びの参考になりますので、ぜひやってみてください。

★ミイダス適性チェックの診断方法
①メイン画面から「ミイダス適性チェック」をタップします
②画面下部の「同意の上、適性チェックを始める」をタップします
③画面の指示に従って以下の設問に回答していきます

・第一部(全30問 所要時間5分)職務活動における興味の度合い
・第二部(全132問 所要時間20分)日頃よくとる典型的な行動について

以下のようにひとつの設問に対して、『A非常にあてはまる/Bあてはまる/Cどちらともいえない/Dあまりあてはまらない/E全くあてはまらない』の中から自分に当てはまるものをチェックして進めていきます。

④全ての設問にチェックを入れ終わると以下の「総合適性検査受検結果」のページに推移します。

★総合適性審査受検結果内容
以下の5項目について診断結果が表示されます。
・マネジメント資質
・パーソナリティの特徴
・職務適性
・上下関係適性
・ストレス要因

PDFで受験結果をダウンロードすることもできますので、ぜひ活用してみてくださいね。

MIIDAS(ミーダス)利用者の評判口コミまとめ

それでは実際に、MIIDAS(ミーダス)を利用された方々の口コミ評判を見ていきましょう。

口コミ評判については、

・MIIDAS(ミーダス)を人に勧めたいか(5段階評価)
・実際に使ってみた感想

上記2ポイントを中心にまとめていますので、ぜひご参考頂ければと思います。

●MIIDAS利用者の口コミ評判

MIIDAS(ミーダス)を人に勧めたいか

4

実際に使ってみた感想

転職を考えた時に一番気になったことは、自分と同年代の人で同業種、学歴の方々がどれぐらいの年収で転職に成功できたかのかといったようなことです。

そんな時にこのMIIDAS(ミーダス)は自分の代わりに提携企業7000社に向かって売り込んでくれるのは、非常に助かります。

提携先には大手企業も多数存在しており安心です。

1社づつエントリーシートを書いていてはとても非効率なのですが、そういった点も全てカバーしてもらえるのはありがたいことですね。

書類選考合格率がなんと100%と超高確率で突破出来る事には驚きです!

●MIIDAS利用者の口コミ評判

MIIDAS(ミーダス)を人に勧めたいか

実際に使ってみた感想

MIIDAS(ミーダス)ではまず、自分の市場価値がどれぐらいあるのか診断してくれます。

あまり学歴も高くなく、何か技術を持っているわけでもなく、再就職はどうかなあと心配していましたが、診断は基本的な情報、年齢、に加え意外と詳しく職歴や資格などを調べてくれて、自分の知らなかった自分の市場価値にびっくりさせられました。

そして選考条件にあった会社の数や、予想される年収をはっきり提示してもらったことで、しり込みしていた再就職をもう一度考え直そうと思わせてもらいました。

登録したすぐ跡に書類選考合格済みオファーが届いたので、今度面接に行く予定です。

●MIIDAS利用者の口コミ評判

MIIDAS(ミーダス)を人に勧めたいか

実際に使ってみた感想

私は接客業に従事していたのですが、嫌気がさして別のIT関係の仕事に就こうと思っていたタイミングで、転職診断ツールMIIDAS(ミーダス)を利用しました。

自分ではIT関係の仕事は合っていると思っても、転職診断ツールではどのような回答が出るのか興味がありました。

パソコンのダイビング能力やどれくらいのパワーポイントの基礎知識や資格は持っているかなどの質問項目があり、回答する際に迷った部分もありましたが、結果は、ITの職種と接客業の職種の情報が。

やはり接客業の経験が多いせいかと思いましたが、IT業種についても何とか自分でも取り組めそうな会社を診断してもらえたので、とても助かりました。

●MIIDAS利用者の口コミ評判

MIIDAS(ミーダス)を人に勧めたいか

実際に使ってみた感想

メールはリクナビやマイナビに比べて少ないことは嬉しいです。

MIIDAS(ミーダス)は面接確約であることがウリですが、基本的に求人の内容は転職サイトやエージェントと変わらないので、メリットがあまり感じられませんでした。

希望条件に合わない求人やよくわからない基準で送られてくる求人もあります。

個人的には最近の求人の中にMIIDAS(ミーダス)の営業職があり、高給だが1月単位の契約でノルマがキツそうな求人をみてすこし不信感を感じました。

もう少し企業の差異あると良いなと思います。

●MIIDAS利用者の口コミ評判

MIIDAS(ミーダス)を人に勧めたいか

実際に使ってみた感想

MIIDAS(ミーダス)ではたくさんの質問項目があり、自分の実務経験や資格などを持っていることを記載することで、自分自身の市場価値がわかるので年収でどれくらい稼げるかが出てきて分かりやすいと感じました。

また、質問に対して答えると企業側からオファーがきてとても嬉しいですし、自分と同じような職種の方がどんな企業や職種に転職したかも知れて便利だと感じました。

登録料は無料で質問にも簡単に答えることができるので、いちいち面倒なことが起きずにスムーズに進めることができて快適に使えます。

MIIDAS(ミーダス)を使用したことで今後の自分の方針や課題などが見えてきて、これからの転職活動に役立つツールだと思いました。

上記MIIDAS(ミーダス)の利用者口コミ評判のポイントをまとめると、

自分と同じような条件の人がどのくらいの年収で転職したかを知ることができる

自分がどんな業種、職種に転職すべきかを診断してくれるのがありがたい

企業側から自分に合ったオファーが来るので非常に嬉しい

ただし、少し趣向とはずれた企業も紹介される

と言ったところでしょうか。

企業からのオファーのマッチング精度には若干改善の余地はあるようですが、転職市場価値を診断できるという点においては非の付けられないツールと言って良いでしょう。

↓MIIDASで自分の市場価値を測定してみる

また、正社員としてお勤めのビジネスパーソンはもちろん、現在フリーターとして活動していてこれから正社員を目指す人にとっても、MIIDAS(ミーダス)は役立つツールと言えます(※非正規社員の求人ではなく、正社員求人を探している場合)。

MIIDAS(ミーダス)で転職活動がバレる?

MIIDAS(ミーダス)があなたの転職活動において非常に役立つツールであることはお伝えしている通りですが、一部では「MIIDAS(ミーダス)を使うと転職活動を行っていることがバレるのでは?」と懸念する人もいるようです。

MIIDAS(ミーダス)は最初に利用する際に、LINEやFacebookのアカウントを使って登録やログインすることができるので「バレてしまいそう」と思ってしまいがちなんですね。

しかし結論、「バレることは一切ない」と思って頂いて大丈夫です。

なぜかというと、MIIDAS(ミーダス)にログインしながら転職診断を行ったとしても「Facebookには一切投稿されない」という文言が出てくるように、配慮は最大限行われているんですね。

▼周りにバレないように対策済み

転職活動をバレないように行いたいという求職者側の意図は、当然ながら運営元会社のパーソルキャリアも把握しているので、そのあたりの配慮は最大限行われていると思って頂いて問題ありません。

関連:転職活動が会社にバレるのはいつ?バレるのを防ぐ予防・回避方法

MIIDAS(ミーダス)誕生秘話

MIIDAS(ミーダス)はサービスが開始されて2018年現在わずか3年足らずですが、爆発的に利用者数を伸ばしているサービスです。

「自分の市場価値を知りたい」と思っているビジネスパーソンの数が非常に多いにも関わらず、実現する手段がない状況を危惧したパーソルキャリアの社員さんが新たに社内公募精度で自ら手を上げてサービス開発に奔走したのだとか。

"すべての人に自分の転職証価値を知り、効率的で満足の行くキャリアを歩んで欲しい"という開発者の思いが込められているそうです。

実際に利用してみても、非常に使いやすく便利なサービスであることは確かなので、ぜひ一度利用してあなたの転職活動に役立てて頂けたらと思います。

MIIDAS(ミーダス)の特徴

200万人以上の豊富なデータを元に転職市場価値"即"診断

同年代・同業種・同職種の転職年収を想定!

簡単な質問に答えていくだけで利用完全無料!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-DODA

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.