リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼既卒・フリーター就職支援No.1の就職Shop▼

フリーターの就職先の探し方厳選まとめ!自分に合った探し方は?

「フリーター生活に見切りをつけ、そろそろ正社員として就職しよう!」そんな風に思い立ったは良いものの、どうすれば理想の就職先を見つけられるのか、探し方の具体的なイメージを持てていない方も多いでしょう。

就職しよう!という気持ちだけ強く持っていても、その方法を知らないままでは不完全燃焼で終わってしまいます。

フリーター脱却を目指すには、フリーターにあった就職先をしなければなりませんし、ちゃんとフリーターに向けた探し方というのが確かに存在します。

そこで今回は、フリーターから正社員就職を目指す人に向けて、正しい就職先の探し方をまとめました。

正しく、そして効率的に活動することで、あなたも自分らしい理想のキャリアを見つけていってくださいね。

フリーターが就職先の探し方が分からない理由

情報化社会が進むことによって、パソコン一つあればさまざまな情報を入手できるようになり、非常に便利でスピーディな生活を送れるようになりました。

しかし逆に言えば、溢れるネット情報に混乱させられ、正しい道というのを見つけにくくなったとも言えるかもしれません。

就職先の探し方に関しても、そもそも一本道ではなく複数の方法がある中で、そこに付帯する情報の数も非常に多くなってしまい、一体自分はどうすれば良いのか迷ってしまっている、なんて人もいるでしょう。

就職先を探す方法が多くなりすぎてしまっている現状です。

関連:フリーターが正社員に就職する方法・やり方を実体験者が徹底解説

フリーターの就職先の探し方を厳選して紹介

ではここからは、代表的な方法をそれぞれ詳しく解説していきますが、先に結論から言ってしまうと就職先を探す方法は、

就職サイト

就職エージェント

ハローワーク

上記3種類に分けられます。

ぜひ自分にあった方法を見つける参考としていただければと思います。

フリーターの就職先の探し方①:就職サイト

就職先の探し方のまず真っ先に挙げられる代表例といえば「就職サイト」の利用です。

学生時代に就職サイトを利用して就職活動をした人も多くいるでしょう。

リクナビやマイナビ、エン転職といったサイトが有名ですが、とにかく掲載している企業の数が多く、ともすれば数千から1万件以上ある候補の中から就職先を探していけるのが魅力です。

フリーターの就職サイト人気おすすめを厳選比較

その分、ある程度自分が行きたい業界や、やってみたい仕事、会社に求める条件などは具体的に描いておかなければなりません。

さすがに1万件の求人をすべて端から端まで見て行くことは不可能に近いですからね。

ネット上に書かれた企業の情報を元に、具体的にどんな仕事をするのか、そしてどんな雰囲気を持った会社なのか、想像力を働かせなければならない部分も多いでしょう。

就職サイトは自宅で、かつ、完全ひとりで就職先を探すという特性上、自分のペースで自由に就職活動を行うことができ、かつネット環境さえあればスタートできる気軽さとスピーディさが魅力になります。

しかしその一方で、自分の知識や感覚を頼りにしなければならないという、就活にある程度慣れた人向けの方法と言えますね。

フリーターの就職サイト人気おすすめを厳選比較

フリーターの就職先の探し方②:就職エージェント

フリーターが完全に自分ひとりで行う就職サイトを用いた就活に対し、プロと一緒に協力しながら就職先を探していくのが「就職エージェント」の特徴です。

まずは面談やカウンセリングを通してあなたの強みや弱みを分析、本人の希望なども含めた形で、本当に活躍できる職場をエージェントが紹介してくれます。

紹介先企業は、基本的にはエージェント側の審査を通過した優良企業のみですので、今問題になっている、ブラック企業に入ってしまうようなミスを未然に防ぐことができるのは非常にありがたいポイントですね。

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキング

また、各企業との面接日程の調整や連絡など、就活をする際に起こる面倒な作業に関しても、すべてエージェントが代行してくれるのもうれしいところです。

自身は書類選考や面接だけに集中していれば良いので、気持ちも楽になりますし、プロのアドバイスを聞きながら、プロが選んだ企業の中から、自分に合う一社を探すことが可能です。

そもそも就職活動になれていないフリーターに、就職エージェントを利用することは最もおすすめできる方法と言えるでしょう。

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキング

フリーターの就職先の探し方③:ハローワーク

これまで紹介した2つの方法は、民間企業が運営する民間の就職支援サービスですが、国が提供する就職支援「ハローワーク」も存在します。

ハローワークは、就職サイトと就活エージェントの中間のような立ち位置になるのですが、どちらかというと器用貧乏になっている感は否めません。

基本的に企業は完全無料で求人を出すことができるため、ブラック企業も往々にして存在している可能性も高いですし、ハローワークのスタッフが就職相談などにも乗ってくれるのですが、その道のプロというわけではありませんから、そこまで手厚いサポートを得ることは難しいでしょう。

もちろん、ハローワークでしか見つからないような隠れた名企業もあるのですが、なかなかそれをゼロから探すのは厳しいところ。

かなり上級者向けの探し方と言えますね。

フリーターの就職先探し方まとめ

今回はフリーターが正社員就職を果たすための就職先の探し方について、3つ厳選して紹介して参りましたが、もう一度最後にまとめると以下のように分けられます。

就職サイト 自分一人で就職先を見つける ※就活慣れた人向き
就職エージェント プロと一緒に就職先を見つける ※就活初心者向き
ハローワーク 隠れた優良就職先を見つける ※就活上級者向き

ぜひ、あなたに合った方法を選んで、就職活動を進めて行ってくださいね。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,000社以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版