リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較

今回は転職活動の最初の関門である「書類選考」に強い転職エージェントを決定すべく、転職エージェント2強と言われるリクルートエージェントとDODAの書類選考率を比較してみました。

・書類選考が中々通過しない
・職務経歴書の書き方が不安

上記のような悩みを抱えられている方はぜひ参考にしていただければと思います。

リクルートエージェントとDODAの面接通過率の違い比較についてはこちらをご参考頂ければ幸いです。

▼リクルートエージェントに登録▼
リクルートエージェント

▼DODA(デューダ)に登録する▼

最終更新日.2018年3月14日

転職活動における平均的な書類選考通過率とは?

リクルートエージェントとDODAの書類選考通過率を見て行く前に、まず平均的な転職活動時の書類選考通過率について見て参りたいと思いますが、およそ20%〜25%が平均と言われています。

完成度の高い職務経歴書であれば、4社応募して1社に書類選考が通過、あまり芳しくない書類であれば、5社応募してようやく1社通過するということになりますね(予想以上に難しい…)。

ちなみに、書類選考以降の一次面接~最終面接までの平均通過率を整理すると、以下のような数字となります。

書類選考通過率 20%〜25%
一次面接通過率 30%~40%
最終面接通過率(※2次面接含む) 40%~50%

書類選考→一次面接→最終面接と徐々に平均通過率は上がっていますよね。

このことからも、やはり、“いかに書類選考通過率を上げられるか(スタートラインに立てるか)”が重要であることが分かると思います。

リクルートエージェントとDODAの書類選考通過率を比較

では書類選考通過率を上げるためには、リクルートエージェントとDODAのどちらを使うべきかという話ですが、そもそもこの2つのエージェントをなぜ勧めているのかについては下記をご参考下さい。

リクルートエージェントとDODA(パーソルキャリア)の違いを比較

それぞれの書類選考通過率を見て行きます。

リクルートエージェントの書類選考通過率

↓リクルートエージェントの面談はコチラ
リクルートエージェント
リクルートエージェント

書類選考通過率:約20〜25%

リクルートエージェントの平均書類選考通過率は、一般よりも少し高い25%前後と言われていることから、書類選考に強い転職エージェントと言われています。

▼書類選考通過率のイメージ

やはり、数ある人材会社の中でもリクルートエージェントは最大手ですから、下手な職務経歴書を企業に提出して評判を落とすぐらいであれば、徹底的に書類添削をサポートしようという姿勢が見て取れますね。

また、面談拠点のない都道府県にお住いの方でも、リクルートエージェントの電話面談を受けながら、メールで書類選考の添削を行ってもらうことも可能です。

>>リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

「リクルートエージェント経由の人は質が悪いな…」と企業から思われてしまえば、最大手の信用を無くしてしまいますからね(^^;

その分、求職者側も職務経歴書を完成させるまでは大変ですし、時間もかかるかもしれませんが、書類選考をパスするためにも、徹底的にアドバイスを受けた方が絶対にのちのち良い筈です。

リクルートエージェントの書類選考に通らない場合

「リクルートエージェントで求人を紹介してもらって応募もしてるけど、書類選考に全然通らん…」という状況の方は、以下のチェックポイントを確認してみることを強くおすすめします。

書類選考に最低でも5社以上(理想は20社以上)応募しているか

書類添削は担当キャリアアドバイザーに行ってもらっているか

特に志望度の高い企業は推薦文を書いてもらっているか

上記3点をもう一度確認して、書類選考の通過率を上げることに全力を尽くしましょう。

もし推薦文や書類添削など、キャリアアドバイザーがなかなか思うように動いてくれないという方は、担当者の変更を申し出ることも可能です。

リクルートエージェントの担当者を変更する際の注意点

せっかくリクルートエージェントを活用しているのですから、100%担当者を使い切るぐらいの気持ちで臨むことが大事ですね。

DODA(デューダ)の書類選考通過率

↓DODAの面談登録はコチラ

書類選考通過率:約15%

DODAの書類選考通過率が平均よりも低い理由として、DODA社内で一旦書類選考通過率をした後に、応募する企業に書類を提出している可能性があるということが挙げられます。

というのも、DODAを利用して書類を提出した際には書類選考が不合格となったにも関わらず、直接応募で全く同じ企業に応募したすると通過したという人が実は結構いるという事実があるんですね。。

なぜDODAが一旦社内書類選考を行うのかは不明ですが、リクルートエージェントに比べて書類選考通過率が低いのは明らかでしょう。

しかしその分、DODAは書類選考通過率が低い代わりに、面接対策がリクルートエージェントよりも遥かに丁寧で、一社一社時間をかけて行ってくれるという評判が多いので、あなたの転職活動の状況次第と言えそうです。

DODAの書類選考に通らない!

DODAエージェント経由で書類選考に応募していて書類選考をなかなか通過できないという方は、すみやかにリクルートエージェントに利用するエージェントを変えることをおすすめします。

先ほどご紹介した通り、DODAとリクルートエージェントではリクルートエージェントの方が書類選考通過率は高いので、同じ企業に応募しても通過率が全然変わってきますからね。

別のエージェントで同じ企業の選考に応募しても意味がないので、少しでも選考通過率の高いエージェントを使わないのは損以外のなにものでもありません。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

結論:書類選考通過率を上げるには…

今回両エージェントを比較して分かったことは、書類選考通過率を上げられる転職エージェントは、

“リクルートエージェント”

ということです。

最大手ゆえ拠点は全国にありますし、担当のエージェントと顔を突き合わせて、時間がかかっても最高の職務経歴書を完成させましょう。

ただ「書類選考にはある程度通るようになったけど、次は面接に受からない…」という悩みが出てくる可能性もあると思います。

その場合には前述したように、面接対策に定評のあるDODAにも登録すべきでしょう。

「2つも登録…??」と思われるかもしれませんが、転職エージェントは無料で利用できますし、多面的にアドバイスを貰うという意味でも、使えるだけ使った方が絶対に良いです(私自身も転職活動の際には4社併用していました)。

在職中で中々併用する時間がないという場合であれば、

・書類選考に通らないのか
・面接に通らないのか

あなたの現在の課題に応じて、リクルートエージェントDODAをぜひ使い分けて頂ければと思います。

▼リクルートエージェントに登録▼
リクルートエージェント

▼DODA(デューダ)に登録する▼

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター向け転職エージェントおすすめランキング!UZUZは?

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する