リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

DODA

dodaの書類選考が通らない!書類選考が通過しやすくなる方法

更新日:

「dodaから応募した会社の書類選考に全然通らない・・・」という方に向けて、書類選考が通過しやすくなる方法についてお伝えして参ります。

書類選考に通らなければ志望企業の面接を受けることすらできないですから、理想の転職先に転職できる可能性はグッと狭まってしまいますよね。

書類選考に苦手意識を持たれている方や、現状の書類選考で壁にぶち当たっているという方はぜひご参考いただければと思います。

※2018年10月1日より、サービスブランドを「DODA」→「doda」へ変更

doda経由の書類選考に通らない!なんで!

実は結論から言ってしまうと、dodaは実は、書類選考の通過率があまり良くない転職エージェントとして有名なんですね。

書類選考に落ちると、下記のような無慈悲なメールが届きます。



かなりショックです。。。

転職エージェントの一般的な書類選考通過率は20〜30%くらいというデータがあるのですが、実はdodaに関しては約15%というかなり低めのデータが出ているんですね。

一般的なエージェントの書類通過率 約20〜25%
dodaの書類選考通過率 約15%←平均より低い!

書類通過率が15%ということは、「6〜7社出してようやく1社書類にまず通る」ということです。

もちろん担当者との相性にもよりますが、dodaを利用して書類選考を通そうと考えるのはあまり得策ではないと言えるでしょう。

関連:【doda転職エージェント】担当者変更(セレクト)の注意点

dodaの書類選考に通る人と通らない人の違い

では一体、dodaの書類選考に通る人と通らない人にはどんな違いがあるのか、突き詰めていくと大きく5つに分けられます。

dodaと応募先企業の相性が悪い

dodaは規模でいうと、業界No.1のリクルートエージェントに次ぐ2番手の「総合型転職エージェント」で、どんな業種や職種の転職者にも対応しています。

しかしやはり、得意とする業界・職種にはやや偏りがあるのも事実です。

dodaの転職者実績を元に得意業界と苦手業界を区分すると、以下のように分けられます。

得意業界・職種 営業企画系、IT・WEB系
苦手業界・職種
総務(人事・事務・経理など)系、金融系、ハイクラス系、販売・サービス系

dodaは営業系やITエンジニアなどWEB系職種の転職に強い一方で、総務や金融、ハイクラスや販売サービス系など苦手分野も少なからずあるのが事実です。

苦手分野の転職先を志望している方は必然的に書類選考の通過率も悪くなってしまいますので、別の転職エージェントを利用した方が無難です。

業界No.3のJACリクルートメントであれば、dodaが苦手とする総務系や金融、ハイクラス層の転職も得意としているのでおすすめですね(※20代でも利用可)。

↓JACリクルートメントの登録はコチラ

企業の採用要件とギャップがある

求人を募集している企業には当然「こんなスキルを持った人に応募してほしい」という採用要件があるものです。

新卒採用のようなポテンシャル重視ではなく、中途採用は即戦力のスキル採用である面が強いですので、スキルと採用要件がマッチしていないと当然書類選考に通過することはできません。

あなたが現在書類選考を出している企業の採用要件(※特に必要とするスキル・経験)をもう一度改めて見直すことをオススメします。

年齢の割に転職回数が多い

求人を募集している企業は当然書類選考のフェーズでは職務経歴書でしか人物を判断できないので、何か大きなマイナスが目に留まると書類通過率はガクッと下がります。

その代表例の一つが「転職回数」です。

年齢によって転職回数が多いか少ないかは相対的に決まりますが、一般的には以下が目安とされています。

〜25歳まで 3社以上
25歳〜29歳 4社以上
30歳〜35歳 5社以上
35歳〜59歳 6社以上

厳しいですが転職回数は書類選考の段階でシビアに見られるので、安易な転職はオススメできません。

もし既に上記の転職回数を超えてしまっている場合は、後述する"書類通過率が通過しやすくなる方法"を実践されてみて下さいね。

キャリアのブランクが長い

職務経歴書を採用担当者が見ていく中でマイナスに映る部分として「キャリアのブランク(空白)期間が長い」ということも挙げられます。

転職活動を行うために前職を退職して数ヶ月空いてしまうくらいであれば、、まだギリギリセーフです(※それでもマイナスであることは変わりません)。

しかし、特に理由がわからず半年、1年間と休職してブランクが空き、フリーターやニートの期間があると、採用担当者は「この期間は何をしていたのだろう…」と疑問に思い不安になってしまいます。

その結果書類選考に通らなくなってしまうので、空白期間がある場合は"その期間に何をしていたか"をできるだけ具体的に明確化して記載しておいた方が良いでしょう

たとえば良くあるブランクの例としては、

・転職活動が長引いてしまった
・家庭の事情でやむを得なかった
・インターネットで収入を得ていた
・ボランティア活動をしていた
…etc

上記に当てはまる可能性が高いかと思いますので、詳細に記載して何をしていたかクリアに伝えられるように職務経歴書を修正しましょう。

ブランク時代に何をしていたかによっては、むしろ採用企業が高評価をしてくれるアピール材料となる可能性もあるので、具体的に書いておいた方が得です。

ブランク時代の書き方例

私は前職を退職後、約1年間インターネットを通じて収入を得ていました。

自分自身で興味のあった●●に関するHPを開設し、文章の構成や効果的なキャッチコピーを工夫する中で商品を魅力的に伝えることに面白さを感じ、月10万円程度の収入を得ていました。

しかし、より広い舞台で、より多くの人に"対面で"接するような仕事をしたいと思うようになり、今回転職活動を始めるに至った次第です。

職務経歴書が読みづらい

転職活動における書類選考は、言ってみればあなたと企業が最初に接点を持つ場。

そのため書いてある内容はもちろん「読みやすい書類か」いう視点も非常に重要です。

企業に経験やスキルをアピールしたいという気持ちが強すぎるあまり、まとまりがなく無駄に枚数の多い職務経歴書を作成していないでしょうか?

企業の人事担当者にとって読みやすい職務経歴書というのは「端的に、簡潔にあなたの経歴が記載された書類」です。

実際に職務経歴書を修正して記載する内容を簡潔にまとめたことで、dodaの書類選考に通過しやすくなった体験談を紹介します。

dodaの書類選考に通らない体験談

あまりにもdodaの書類選考に落ち続けていたので、職務経歴書の見直しをしてみました。

応募し始めた当初は年齢的にも経験があればあるほどいいかと考えており、とにかく盛りに盛った内容の職務経歴書を頑張って作っていました。

枚数にして6枚くらい。

しかし書類選考に落ち続けることで色々と考え直した結果、枚数が多すぎることが逆に仇になっているのではと思い、今度は苦労して逆に1枚に省略させました。

そうすると少しずつ書類が通るようになってビックリしました。

ぜひもう一度、あなたの職務経歴書が読みにくいものになっていないか確認してみてください。

ふるい分け(社内選考)は行われている?

dodaの書類選考になかなか通過しない理由として「企業に応募書類を提出する前に、doda社内でふるい分け(社内選考)が行われているんじゃないか?」と懸念する声があります。

結論から言うと、社内選考が行われている可能性は確かにありますが、しっかりと書類選考対策でやることをやっておけば、あまり社内選考は関係ありません。

社内選考が行われているか否かはブラックボックスですが、応募側の立場でできることをしっかりとやり切ることに注力して、書類が通過するための最善を尽くしましょう(※具体的な書類対策の方法はこれから解説します)。

dodaの書類選考に通過しやすくなる方法

dodaの書類選考にあまりにも通らないという場合は、以下4つの対処法を実践されてみて頂ければと思います。

志望動機をもう一度修正する

書類選考における志望動機とは、言ってみれば受ける企業に対するあなたの意欲を伝える最大のアピールの場となります。

その志望動機が、

・あまり熱意あるものになっていない
・いろんな企業に使いまわしている

上記のような志望動機であれば、当然企業の採用担当者はあなたの書類からなんら魅力を感じることなく、不採用にしてしまいます。

そうではなく"なぜその企業でないとダメなのか?"という部分を徹底的に深掘りして自分自身の頭の中で考え、さらにキャリアアドバイザーの力も借りながら最高の志望動機を作り直すことが、書類選考の通過に繋がります。

dodaの書類選考に通る志望動機例

私は数ある競合他社の中でも、御社の「職種に捉われず社内一丸となって目標に向かう方針」に強く共感しています。

御社に入社させていただいた暁には、1日でも早く戦力になれるよう頑張りたいと思います。

受ける企業のバーを見直す

あまりにも書類選考に落ちまくってしまっている肩の原因の一つに「超激戦の人気企業ばかりに応募してしまっている」というケースも多々見受けられます。

dodaのキャリアアドバイザーから求人を紹介された際、当然誰もが知っているような超有名企業が含まれていれば、誰もが有名企業の選考をまずは受けてみようと思う筈です。

しかし実際のところ、超有名大手企業に転職で内定を勝ち取るのはやはりごく限られた少人数の人たちだけで、スキルや求める人物像がピタッと合致したケース以外はほとんど落とされてしまいます。

大手企業という理由だけでなんとなく企業の選考を受けようと決断するのではなく、あなた自身の合う企業の条件をもう一度洗い出して、求める企業に合った企業に書類応募するように戦略を練り直しましょう。

また、転職先に求める条件がいくつかあるかと思いますが、

・業界、職種
・仕事内容
・年収
・福利厚生
・勤務地

上記のような求める希望条件のいずれかを緩和することも、書類選考通過率の上昇に繋がります。

「転職先の会社選びは物件選びと同じ」と揶揄されることが多いように、100%を求めるのではなくある程度妥協を見極めることも必要です。

書類選考に応募する母数を増やす

doda経由で応募した書類選考に通過する確率は、およそ6〜7社に1社という計算ですので、単純に応募する企業の母数を増やせば、書類選考に通過するケースも必然的に増えます。

応募する企業の母数を増やすためには、

・転職先に求める条件を緩くする
・少しでも「おっ」と思ったらすぐ応募する

上記を頭に入れておきましょう。

dodaから送られてくる求人メールを眺めているだけで転職活動をやっているつもりになりがちですが、応募しなければ何も始まりません。

ある程度は落選覚悟で応募する姿勢を持っておくことが大事です。

証明写真を撮り直す

軽視してしまいがちですが、書類選考に使用する証明写真は実は結構採用担当者は見ていて、写真から伝わってくる印象で「なんとなくいい感じ」「なんとなく悪い」のぱっと見の印象を無意識に決める傾向にあります。

dodaの担当キャリアアドバイザーと相談しながら、応募書類に使用している証明写真をもう一度撮り直すべきか検討してみましょう。

実際に証明写真を撮り直すことで、グンと書類選考通過率が上がった方の体験談を紹介します。

dodaの書類選考に通らない体験談

私は応募書類の写真はあまり重要ではないと考えていましたし、メークが濃すぎてはいけないとかなりのナチュラルメークでの写真を載せていました(今思うと顔色が悪かった)。

しかし、きちんとメイクした写真に変更したところ、少しずつ書類が通るようになりました。

ケバいのはよくないかと思いますが、明るい印象に見せるというのはやはり大切だと思いました。

証明写真は思っているより大事です。

dodaの書類選考にそれでも通らない場合

上記対処法を試しても、dodaの書類選考に全然通らない場合、対処法としては、書類選考に通過しやすい別の転職エージェントを利用することを推奨します。

一人の担当キャリアアドバイザーだけでなく、色々な人の視野で多面的に添削してもらうことで、確実にあなたの書類選考通過率はアップすると断言します。

書類選考に通らなかった人の体験談

当時、担当だったdodaのキャリアアドバイザーに履歴書や職務経歴書を見てもらい修正しながら応募してましたが、中々書類選考に通らず悩んでいました。

そこで別の転職エージェントで履歴書や職務経歴書を見てもらえるという事を知り、他の人の意見を聞くのも参考になると思い、添削してもらいました。

そうすると思った以上にダメ出しされ、修正させられました(修正というよりダラダラした経歴書をコンパクトにまとめることでした)。

初めはこんなにコンパクトでいいのかと思いましたが、書類選考は、要点さえ相手に伝わり興味を持って頂いたら方が勝ちと言われました。

初めは半信半疑でしたが、修正した職務経歴書で応募したらほぼ8割近い確率で書類選考に通るようになりました。

キャリアアドバイザーも一人だけでなく、色んな人のアドバイザーの意見を聞くのも自分のスキルアップルに繋がると思いました。

「そんなことわかってるよ!じゃあどのエージェントが通過しやすいんだよ!」

と思われる方も多いでしょうが、数ある転職エージェントの中でも、パソナキャリアは書類選考の通過率に定評があり、平均の通過率は約30%にも及ぶんですね。

パソナキャリア 約30%
doda 約15~25%

3社出せば1社の書類選考は通る計算です。

また、パソナキャリアは2018年度顧客満足度No.1エージェントを獲得していますから、職務経歴書などの書類添削の精度も非常に高いんですね。

▼2018年度顧客満足度No.1を獲得

dodaを利用して書類選考に落ちても、パソナキャリアに変えた途端に書類選考が通りやすくなったというのはよくある話なので、ぜひこの機会にエージェントを変えてみることをおすすめします。

↓パソナキャリアの登録はコチラ

もしすでにdodaもパソナキャリアも利用しているんだけども書類が通らないという場合は、転職ビギナーに優しいマイナビエージェントを利用するのもお勧めです。

↓マイナビエージェントの登録はコチラ

「またエージェントに登録するのか・・・」とめんどくささを感じるかもしれませんが、本気で転職したいと思う企業の"面接"にとりあえず達するためにも、少しくらいの手間は惜しまない方が良いです。

もし過去にパソナキャリアに登録していたとしても再登録することは可能なので、ぜひ利用されてみることをオススメします。

★Check!!★

パソナキャリアは書類選考通過率の高い転職エージェントとして有名ですが、もしあなたがフリーターやニートなどであれば利用は避けた方が無難です。

というのも、パソナキャリアに利用を断られる可能性があることと、フリーターや既卒ニートの方には、書類選考を100%免除してもらえてパスすることのできる"就職エージェント"という存在があるからなんですね。

数ある就職エージェントの中でも「就職Shop」は書類選考完全パスで100%面接にまで進むことが可能なので、ぜひ該当する方は利用をお勧めします。

↓就職Shopの登録はコチラ

就職Shopの評判口コミはコチラ

書類選考に通過したらいよいよ面接

書類選考に通過したら、次はいよいよ面接が待っている訳ですが、面接対策においてもパソナキャリアはdodaよりも定評があります。

というのも、面接対策だけに特化した「面接力向上セミナー」というセミナーをかなりの回数パソナキャリアは行っていて、受講した求職者は概ね15%面接通過率が上がるというデータがあるんですね。

▼面接力向上セミナーは業界内でも定評あり

平均的な転職における面接通過率は30%〜40%と言われていますから、およそ50%〜60%近くまで面接通過率が上がるということになります。

面接力向上セミナーを受講するためにはパソナキャリアサービスに登録して面談を受ける必要がありますから、書類添削と並行して面接対策まで行ってしまいましょう。
「転職活動を本気で始めるならとりあえずパソナキャリアに登録しておけば間違いない」と言われる所以ですね。

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高で急成長中

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

一気通貫型でスピーディーな対応

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,500件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-DODA

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.