リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

DODA

【doda転職エージェント】担当者は変更(セレクト)できるのか

更新日:

doda転職エージェントに登録して面談まで行った後に、担当者を変更(セレクト)できるのかについて今回は解説して参ります。

今現在付いている担当のキャリアアドバイザーに対して、

・なんとなく合わない、高圧的に感じる
・業界や職種の知識について浅い、疎い
・行きたくもない求人をゴリ押ししてくる
・メールや電話の連絡が遅い、来ない
・書類添削や面接対策がおざなり、雑
・言葉遣いが悪い、マナーがなっていない
・約束の時間に遅れる
…etc

上記のように何らかの「不安」を感じている方は、ぜひご参考頂ければ幸いです。

転職エージェントにおいて担当者との相性は超重要

dodaに限った話ではありませんが、転職活動を進めて行く上で、活用するエージェントとの相性は非常に重要な項目になります。

あなた自身が本音を伝えなければ転職活動を前に進めることができませんが、担当者と相性が合わないとどうしても本音をさらけ出すことに抵抗が生まれてしまいます。

また、その担当者が信頼できているかそうでないかで、同じアドバイスを貰ったとしてもその説得力がまるで違うように感じてしまいますからね。

dodaのキャリアアドバイザーも人間なのでやはり相性というのは間違いなく存在するのです。

dodaエージェントで担当者を変更することは可能か

では、dodaエージェントで担当者を変更することは可能なのかどうかですが、結論を言うと、もちろん変更は可能です。

メール・電話、あるいは専用の担当者変更フォームを用いて変更を申し入れることで、担当キャリアアドバイザーを変更することができます。

▶︎dodaの担当者変更フォームはコチラ

ただし、変更を申し入れる場合は気をつけておかなければいけないことがあるので、下記を抑えておきましょう。

担当者変更の注意点①:理由を丁寧に説明する

担当者変更の際の注意点の二つ目は「理由をきちんと丁寧に説明する」ということです。

おそらく担当者変更を申し出た際に聞かれると思うので理由は言わざるを得ない場面になると思うのですが、その際にきちんと、

・どういう部分が合わないと感じたのか
・次の担当者にはどのようなことを期待するのか

上記2点をきちんと整理して、今の担当者を変更しなければならないことを相手に伝えましょう。

担当者変更の注意点②:本人はできるだけ避ける

そして続く2つ目の注意点は、本人に変更を申し出るのはできるだけ避けるという点です。

もちろん本人に直接言えるのであればそれに越したことはないですが、中々そうは行かない場合もあるかと思いますので、本人に直接言うのは極力避けましょう。

言い方としては、おそらく電話であれば受電担当者が出るかと思うので、その際にその受電担当者に直接変更を申し出る、メールで言う場合は、いつも担当者とやりとりしているメールアドレスとは違うアドレスに変更の申し出を書いて送る、

これらの方法が効果的です。

担当者変更を申し出るメール例文は下記のようなイメージで、あくまでも柔らかい伝え方を意識しておきましょう。

dodaエージェント
●●様

いつも××さんにお世話になっております、
山田と申します。

大変申し上げにくいのですが、××さんの
担当を変更して頂くことは可能でしょうか。

理由といたしましては、

・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記点となります。

今後転職活動において引き続きサポートを
して頂きたいと考えておりますので、何卒
よろしくお願い申し上げます。

山田

担当者変更の注意点③:次の担当者に求めることを言う

そして担当者変更の際の注意点の3つ目は、次の担当者に求める要素をきちんと言語化するという点です。

これは①と関係していて「今の担当者が合わない理由→次の担当者に求める要素」というように自然と発想できるかと思いますが、きちんとこういう担当者がいいということは言語化すべきです。

たとえば例としては、

・●●の業界に精通している担当者がいい
・メールや電話の返信が早く、丁寧な担当者がいい
・(女性であれば)女性の担当者に変えて欲しい
・本音を話しづらいので、年齢が近い担当者がいい
…etc

などが挙げられますね。

担当者変更ではなくdodaを変更するのもアリ

今回はdodaエージェント内で担当者を変更する際について解説して参りましたが、転職エージェントそのものを変える選択肢も検討すべきです。

同じdodaエージェント内で担当者変更を申し出たとしても、あなたが転職したい業界や職種の担当者が、その担当者しかいない場合も十分想定できるからです

なのでもし転職エージェントを変える場合は、dodaエージェントと同規模か、それ以上の規模と実績を誇るリクルートエージェントがダントツでオススメです。

リクルートエージェントは業界No.1の実績と規模を誇るエージェントで一度は耳にしたこともあるかと思いますが、dodaよりも多い約20万件という圧倒的な求人数を保有しています。

▼dodaより保有求人数が圧倒的に多い

また、転職活動において重要な、

・書類選考通過率
・面接通過率

上記2点においては、dodaよりもリクルートエージェントの方がよい数字を出しているというデータがあるんですね。

【リクルートエージェントvsdoda】書類選考通過率を比較

【リクルートエージェント vs doda】面接通過率を徹底比較

実は転職活動において「納得のいく転職を実現させた人は転職エージェントを平均4社併用している」というデータもあるくらいなんですね。

あなたのキャリアにおいて非常に重要な転職という分岐点なので、心から納得の行く転職をする際にも、このあたりは労を惜しまないことをオススメします!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-DODA

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.