ビズリーチ

ビズリーチプラチナスカウトで落ちた!内定率は30%?企業スカウト

投稿日:

ビズリーチに登録したら活用したい『スカウト』機能ですが、「スカウトメールが会社にバレるのが怖い」「プラチナスカウトで落ちた」と、利用について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はビズリーチのスカウトメールについて、会社にバレずに安心して利用するための方法について詳しく解説します。

通常の『スカウト』と『プラチナスカウト』の違いや、気になる内定率についてもまとめましたので、ビズリーチのスカウト機能を利用するか悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。

★ハイクラス転職エージェント早見表★

JACリクルートメントハイクラス向け転職エージェント利用者No.1
転職エージェント売上高業界トップクラス水準
両手型のキャリアコンサルタントの的確かつスピーディーな対応
doda X優良ヘッドハンターから完全無料でスカウト
年収800万円以上の求人 約30,000件


【2023年12月13日最終編集】

ビズリーチのプラチナスカウトとは?

ビズリーチのプラチナスカウトとスカウト違いをまず図表比較してみましょう。

プラチナスカウトスカウト
面談/面接確約×
スタンダードプラン(内容の返信・閲覧)×
プレミアムプラン(内容の返信・閲覧)
エージェントからスカウトが届く割合25%75%
採用企業からスカウトが届く割合90%10%

プラチナスカウトと通常スカウトの違いは、

①プラチナスカウトを受信した時点で、面接/面談が「確約」されている
②無料のスタンダードプランのままでも内容の閲覧・メッセージの返信を行うことができる

という上記2点です。

また、プラチナスカウトが

企業から届く場合

ヘッドハンター(エージェント)から届く場合

上記で内容が少々異なりますので、それぞれ分けて深掘りして解説します。

ビズリーチ企業スカウトのプラチナスカウト内定率

企業からプラチナスカウトが届く場合は、あなたがビズリーチに登録した経歴やスキルなどを、企業の人事責任者や役員・社長が”直接目で”見て、「是非会ってみたい!」と感じた場合にだけ出します。

すでに作成したメールテンプレートを使い回している訳ではなく、しっかりとあなたの登録した経歴を目視した上でオーダーメイドなスカウト文章をプラチナスカウトは作成しているんですね。

▼実際に企業から届いたプラチナスカウト

ですので、プラチナスカウトが届いた時点で書類選考は通過となり、面接が確約されていると考えて問題ありません。

プラチナスカウトが企業から届いているのか、ヘッドハンター(エージェント)から届いているのか迷うことがあるかもしれませんが、ビズリーチの管理画面から簡単に検索できます。

企業からプラチナスカウトが届く場合の内定率は、書類選考完全免除となりますので一般的な面接通過率と言われている20〜30%である可能性が高く、4~5社の面接を受ければ1社は内定を獲得できると考えられます。

ビズリーチヘッドハンターのプラチナスカウト内定率

ヘッドハンターからプラチナスカウトが届いた場合は、求人企業との面接ではなく「ヘッドハンターとの面談」が確約されているだけのケースが多いです。

▼ヘッドハンターから実際に届いたプラチナスカウト

※ヘッドハンターからのプラチナスカウトでも、『役員面接確定』や『社長面接確定』などのアイコンや記載がある場合は、スカウトで届いた求人企業との面接が確約されています。

ただし、役員や社長との面接確約オファーがプラチナスカウトで届くことはかなり頻度が少ないので、まずはヘッドハンター(エージェント)との面談に望まれる方が良いでしょう。

ヘッドハンターと面談を行う場合は「面談▶︎転職希望のすり合わせ▶︎希望求人の紹介▶︎応募▶︎面接▶︎内定」という一般的な転職エージェントと同じ流れで進められます。

内定率は一般の転職エージェント(ヘッドハンター)経由だと5~10%と言われていますが、転職エージェントのヘッドハンターが直接あなたのスキルや経歴を見てピンポイントで送っていますので10~15%と上回る可能性が高いでしょう。

▶︎ビズリーチプラチナスカウトを受け取りたい方はコチラ

ビズリーチのプラチナスカウトは成功報酬

ビズリーチのプラチナスカウトを企業が送るためには、送信件数に応じて基本利用料が決まっていることに加えて、転職が決定した場合は成功報酬として15%を支払う料金体系になっています。

▼ビズリーチの価格体系
ビズリーチの価格体系

基本利用料だけでも決して安くない金額ですが、転職が決まると更に成功報酬が発生するので、採用を行う企業やヘッドハンターは当然本気で血眼になって良い人材を探している訳ですね。

そのため当然プラチナスカウトを受け取って企業に応募することができれば、内定までの確度は高くなるという仕組みです。

ビズリーチのプラチナスカウトで落ちた!

しかしながら、ビズリーチからプラチナスカウトを受け取ってプラチナスカウト経由で面接に進んだとしても、面接で落ちる可能性は全然あります。

確かにプラチナスカウトを受け取った場合は書類選考が免除となるので応募からの内定率は上がりますが、面接通過率に関してはそこまで肌感としては変わらず、良くて5~10%内定率が上がるくらいです。

▼一般的な転職活動の応募~内定までの割合
書類選考&面接の平均通過率

20社の書類選考に応募して1社内定まで獲得できるのが一般ルートの場合の内定率で、プラチナスカウト経由の場合最初の書類選考がなくなりますので、3~5社応募すれば1社は内定が獲得できる計算となります。

実際にビズリーチのプラチナスカウト経由で応募したのに落ちた人の評判口コミを見てみましょう。

ビズリーチのプラチナスカウト評判口コミ

ビズリーチのプラチナスカウトに返信して企業との面接に進みましたが、結論から言うと惨敗でした。。

元々私の経歴やスキルなどには興味を持ってくれていたので、あとは社風や会社の雰囲気などをお互い見極める場になったのですが、なかなか思っていたよりも肌に合わず最終的にはお見送りとなりました。

転職活動はスキルや経験のマッチングに占める割合が大きいですが、少なからず会社が自分に合うかどうかは会ってみないと分からないので、もう少し頑張って転職活動を続けていきたいと思います。

100%内定が獲得できる訳ではなくプラチナスカウト経由でも落ちたという口コミは絶えませんが、やはり一般ルートより内定率が上がることは間違い無いでしょう。

▶︎ビズリーチに登録してプラチナスカウトを受け取る

ビズリーチのヘッドハンターランクで見極めるコツ

ビズリーチから大量のスカウトメールがヘッドハンターから届く市場価値の高い人材の場合、どのヘッドハンターに反応すれば良いか見極めるのが難しいですよね。

ビズリーチを活用しているヘッドハンターは厳正な審査を通過しており、かつ有料の利用料金を払ってビズリーチを活用しているので変なヘッドハンターはいませんが、それでも見極めが難しいところです。

しかしビズリーチには、実は"ヘッドハンタースコア"たるものがあり、今までの転職支援の実績やサポート力を数値化し表示されています。

▼ヘッドハンタースコアで見極めよう

ヘッドハンタースコアの数字が付けられている基準としては、

☑️直近6か月の採用決定人数
☑️採用された会員の決定年収
☑️送信したプラチナスカウトの返信率

上記に沿って、Sランク~新規加入(スコアなし)までビズリーチ側からヘッドハンターに対して評価ランク付けが行われています。

・Sランク・・・4.0~5.0
・Aランク・・・3.5~4.0
・Bランク・・・3.0~3.5
・Cランク・・・2.5~3.0
・Dランク・・・2.5未満
・新規加入・・・スコアなし

もちろん数字が全てではありませんが、大きければ大きいほど信頼にたることは間違い無いので、ぜひ参考にされてみてくださいね。

▶︎ビズリーチプラチナスカウトを受け取りたい方はコチラ

ビズリーチのスカウトメールの仕組み

ビズリーチで受け取れるスカウトメールは「プラチナスカウト」「スカウト」の2種類があります。

図表で違いを整理すると、以下のように分けられます。

プラチナスカウトスカウト
面談/面接確約×
スタンダードプラン(内容の返信・閲覧)×
プレミアムプラン(内容の返信・閲覧)
エージェントからスカウトが届く割合25%75%
採用企業からスカウトが届く割合90%10%

通常のスカウトはエージェントからスカウトが届く割合が多いのに対し、プラチナスカウトは採用企業からスカウトが届く割合の方が多いことが分かりますね。

ビズリーチを利用してスカウトメールを送信しているのは即戦力人材を採用したい企業だけでなく、転職をサポートしているエージェントも利用している傾向があります。

それぞれ順番に解説して参りましょう。

プラチナスカウト

プラチナスカウトとは、あなたの経歴やスキルなどを見て求める経験やスキルを備えていそうだと判断し、あなたに高い関心を持ったヘッドハンターもしくは企業から届きます。

▼プラチナスカウトイメージ図

面談もしくは面接が確約された『特別なスカウト』で、スタンダードプラン(無料)/プレミアムプラン(有料)のどちらのプランを利用している場合でも、メッセージの閲覧と返信が可能です。

※メールを受け取っても、返信をしても費用は一切かからないのでご安心ください

▼実際にビズリーチで届いたプラチナスカウト例

ビズリーチから届くスカウトメールの4割が「プラチナスカウト」なので、思っているよりもレア度は低いですが、早い段階で募集ポジションが充足することもあるため、早めの返信が吉でしょう。

ビズリーチのプラチナスカウト経由で選考に応募すると、内定率は大体3割程度と言われていて、一般的な平均と比較するとかなり高めです(通常であれば、書類選考から面接を経て内定までの数字は6%前後と言われています)。

実際に企業やヘッドハンターがプラチナスカウトを送る手順としては、

STEP1:検索画面で候補者を検索

ビズリーチの採用担当者側の管理画面で、プラチナスカウトを送信する候補者を検索します。その際、「職種」「業種」「ログイン日」で絞り込むことが多いです。

STEP2:プラチナスカウトを送信

自社の採用基準にマッチしそうな候補者に、プラチナスカウトを送信。

STEP3:返信があったら面談

プラチナスカウトに返信があったら、書類選考なしの即面談で選考開始。

上記の手順で送られてきます。

ちなみに採用企業やヘッドハンターがプラチナスカウトの送信にかかっている費用としては、以下の通りになっています。

基本利用料6ヶ月85万円
スカウトメール費用10万円につき20通

つまり1件のプラチナスカウトを送るのに対して5,000円もの費用をかけてメールを送信しているということになりますので、かなり熱が入っているのも頷けますね。

スカウト(通常)

あなたの経歴やスキルに関心を持ったヘッドハンター(エージェント)から届く「スカウト」で、プレミアムプラン(有料)に登録することで、内容の閲覧と返信が可能です。

▼通常スカウトは企業から直接届かない

スカウトの場合は企業との面接が確約されたものではありませんので、ヘッドハンターとの面談後にあなたの適性に合う求人を紹介してもらいます。

その後、通常の転職活動と同じ様に書類選考→面接と選考は進んでいきます。

▶︎ビズリーチに登録してスカウトを受け取る

★Check!★

ビズリーチの場合、プラミアムプラン(有料)に入会しなければ通常スカウトの内容確認および返信を行うことができないのでやや使いづらい印象があります。

しかし、ビズリーチと同様のスカウトサービスである「doda X(旧:doda IX転職)」であれば、完全無料でスカウト内容の確認および返信を行うことが可能です。

doda X(旧:doda IX転職)の運営会社は大手パーソルキャリアでヘッドハンター数も非常に多いので、受け取れるスカウトメールを比較してもビズリーチと遜色ありません。

2024年現在、年収600万円以上の求人を約30,000件も保有しているので、ビズリーチ以上に多数のヘッドハンターからスカウトメールが届く可能性が高いです(※しかも無料)。

何よりビズリーチの有料と違い完全無料で活用できるのは大きなメリットなので、ぜひdoda X(旧:doda IX転職)の並行活用を検討されてみて下さいね。

ハイクラス型転職サイトdoda X(旧:doda IX転職)

↓doda Xの詳細はコチラ

✅安心の大手パーソルキャリアが運営
✅高年収オファースカウト型転職サイト
✅経歴に応じたスカウトが飛んでくる

doda IX(旧:doda IX転職)公式HPはコチラ

>>doda IX(旧:doda IX転職)会員登録詳細をCheckする<<

ビズリーチプラチナスカウトのメリット

ビズリーチのプラチナスカウトを利用して転職活動を進めることで、遥かに通常のスカウトで転職活動を行うよりも有利に選考を進めることができます。

実際にビズリーチを利用した方の体験談を聞いてみると、プラチナスカウトがきっかけで今の企業の内定に結びついているケースが多いようです。

ビズリーチの評判口コミ!1000人の利用者に面談と求人を取材

プラチナスカウトが通常スカウトよりも有利に選考が進められるのには、以下のような理由が挙げられます。

面接が確約されている

最大の理由は「面接確約」オファーであること、つまり、書類選考なしで100%面接まで進めることでしょう。

ビズリーチに求人を掲載している企業はビズリーチが厳選した国内外の優良企業となりますので、転職市場では人気が高く、通常の応募方法では書類選考通過率が10%に満たないケースも多くあります。

▼日本屈指の人気を誇る優良企業が掲載

そのため、書類選考を完全パスできる企業から送られてくるプラチナスカウトは非常に選考を有利に進められるという訳ですね。

※プラチナスカウトで紹介される求人案件は、求人サイトには公開できないような、秘匿性の高いポジションや新規プロジェクトの求人であることが多いです。

中には、年収2,000万円〜3,000万円を超える超ハイクラス案件からプラチナスカウトが来る可能性も0ではないと言われています。

ビズリーチの年収2000万円以上の求人の傾向を徹底調査

スカウト受信~1ヶ月で内定が出る

一般的に転職活動の期間としては早くても2~3ヶ月間はかかると言われていますが、ビズリーチのプラチナスカウト経由の場合は書類選考をパスできるので最短1ヶ月で内定が決まります。

企業の採用活動のスピード感にもよりますが、面接翌日~3日以内に合否を出してくれる企業であれば、面接が2~3回あったとしても1ヶ月以内で内定まで獲得できます

特にプラチナスカウト経由の場合は、最初の段階で企業があなたの経歴に対して温度感高く興味を持っている状態なので、優先的に面接合否を出してくれたり面接日程調整を行ってもらえるというメリットもあります。

プラチナスカウトを受けると、内定までホントに早いので、ぜひ積極的に活用して早めの内定を獲得しましょう。

▶︎ビズリーチでプラチナスカウトを受け取る

社長や役員が自ら送っている

プラチナスカウトは役員や社長が自らスカウトしてくるケースも少なくなく、スカウトされた時点で自己応募のライバルと比べて役員や社長からの注目度が高くなることも選考を有利に進められる要因と考えられます。

役員や社長自らスカウトした人材を、人事面接の時点で落とそうと考える人事担当者はあまりいないですよね(^^;

書類選考だけではなく、最終面接まで進める確率も通常スカウトや自己応募と比べてグンと高くなりますので、結果的に内定に結びつくケースが多くなるのです。

無料会員でも閲覧/返信ができる

プラチナスカウトなら、無料会員のままでもスカウトの閲覧・返信ができます(※もちろん無料会員のままで面接に進むことも可能)。

通常「スカウト」の場合、無料会員でもスカウトを受け取ることはできますが、スカウトの内容を閲覧したり返信したりすることはできません。

※内容を閲覧・返信したい場合には有料のプレミアムプランに登録する必要があります。

しかし、プラチナスカウトなら無料会員のままでも閲覧・返信ができますので、完全無料で利用しながら、転職活動を進めることができます。

▶︎プラチナスカウトを使って無料で転職活動を進める

プラチナスカウトでも書類選考に落ちる?不採用?

ビズリーチのプラチナスカウト経由でも書類選考に落ちると一部で言われていますが、基本的には不採用で落ちることはなく100%面接にまで進むことができます。

ただし稀にプラチナスカウト経由でも書類選考に落ちる不採用のケースがあるため、もし万が一落ちる場合は職務経歴書の内容をを修正することをお勧めします。

具体的に修正するポイントとしては、

  • 営業経験がある場合は数字で実績をアピール
  • 営業以外の職種でも業務効率化などの数字をアピール
  • 結果だけでなく結果に至るプロセスを言語化する
  • プロセスについても数字を用いて行動を可視化する

上記のように職務経歴書の自己PR部分を明確にする修正することで、プラチナスカウト経由で書類選考不採用となる確率を極限まで下げることが可能です。

職務経歴書の書き方としては文字数も関係しており、今までの経歴やキャリアを具体的に書けば書くほどプラチナスカウトの受信率は上がる傾向があります。

▼職務経歴書の文字数とプラチナスカウト受信率
職務経歴書の文字数とプラチナスカウト受信率

ちなみにプラチナスカウト経由で書類選考を免除されて面接に進んだ場合、カジュアル面談が最初に設定されることがありますが、カジュアル面談=一次面接という認識で間違いなく、ガッツリ質問はされるので準備しておきましょう。
 

有料プレミアムプランの料金は?


ビズリーチの有料プレミアムプランは「タレント会員」と「ハイクラス会員」の2種類があり、タレント会員は月額2,980円(税抜)、ハイクラス会員は月額4,980円(税抜)で利用することができます。
 
転職活動の平均活動期間は3ヶ月と言われていますので、プレミアムプランに登録した場合、少なくとも1万円以上はかかります。
 
そのため、無料会員のまま利用できるプラチナスカウトを利用できることは、大きなメリットになることが分かりますね。
 
▶︎無料でプラチナスカウトを受け取る
 
ただし前述した通り、無料会員のプラチナスカウトは企業よりもヘッドハンターからのスカウトの方が届く率が増えてしまいます。
 
そのため採用企業から"直接"かつ"完全無料"でプラチナスカウトを受けたい場合はdoda Xを使った方が良いでしょう。
 
↓doda Xのスカウトを受け取りたい方はコチラ
doda Xオーバーレイ
▶︎doda Xのスカウトを完全無料で受け取る

ビズリーチスカウト来ない!多く受け取る方法

スマホをさわる人

ビズリーチに登録して審査も通ったにも関わらず「スカウトが全然来ない…」という人は実は少なくありません。

ビズリーチのプラチナスカウトや企業スカウトなど多くのスカウトメールを受け取る方法は、以下3点を意識しましょう。

  • とにかく職務経歴書(=レジュメ)を充実させる
  • あなたの経歴に見合う現実的な年収を提示する
  • 届いたスカウトメールはできるだけ早く返信する

順番に解説していきます。

とにかく職務経歴書(=レジュメ)を充実させる

まず最初に行うべきことは、とにかく職務経歴書(=レジュメ)を充実させることで、これで9割決まっていると言っても過言ではありません。

今までの経験やスキルに関して、できるだけ数字を用いたり他者と比較したり会社の中で素晴らしい実績を残したことを職務経歴書に盛り込むことで企業やヘッドハンターの目に留まりやすくなります。

例えば営業職の経歴があったとすると、

前職は●●の営業職で前期比売上200%を達成。周囲のライバルが平均80~90%の達成率であるのに対し、200%の達成は異例。当然社長賞も受賞し会社で表彰される

というように、一目であなたの経験スキルがどれくらい優秀なのかわかるくらいまで職務経歴書の内容を充実させることを心がけましょう。

あなたの経歴に見合う現実的な年収を提示する

転職市場における年収アップの相場は平均50~100万円程度と言われていて、同じ業界や職種であっても100万円以上一気にアップさせることはかなり難しい部類に入ります。

そのためあなた自身が自分を客観視できていることを企業やヘッドハンターにアピールするためにも、希望年収はできるだけ低めに抑えておき、内定を貰った後に年収交渉してアップすることを心がけましょう。

届いたスカウトメールはできるだけ早く返信する

企業やヘッドハンターからスカウトメールが届いた際には、できるだけ早く返信しましょう。

理由としては採用企業の求人ポジションはすぐに充足してしまう可能性があるので、人気企業の人気ポジションであればあるほど早いもの勝ちになってしまう可能性があるからですね。

小まめにビズリーチにログインし転職活動意欲が高いこともアピールしましょう。

ビズリーチのスカウトメールは危険?

在職中に転職活動を行っている方の中には、「スカウトメールが原因で会社に転職活動を行っていることがバレるのではないか」と不安になっている方もいらっしゃいます。

しかし、まず在職中の会社にバレることはありませんので、安心して利用して大丈夫です。

ただし、在職中の会社がビズリーチを利用して採用活動を行っている場合のみ、バレる可能性がありますので注意しましょう。

名前は伏せられていますが、企業の人事担当者はビズリーチに登録している人材の社名及び経歴データを見ることができますので、大企業でなく中小企業で社員が少人数の会社であれば登録しているのが誰なのか察しがついてしまいます。

・・・とは言っても、人事でもない限りは自分の会社がどの媒体を使って採用活動を行っているのか知っている方は少ないのが現実ですよね。

そこでおすすめの方法は、ビズリーチの登録が許可されてからまず初めに「企業ブロック設定」を行うことです。

企業ブロック設定を行って非公開手続きを行った後は、あなたの登録情報をブロックした企業が確認することはできなくなりますので、安心してビズリーチを利用することができます。

※企業ブロック設定は個別企業ごとにブロックを行えますので、あなたが現在在職している会社を登録すれば、在職中の会社のみに転職活動を行っていることがバレずに済みます。

設定方法は、ビズリーチのマイページ上部にある[設定]画面から、中央あたりの「企業ブロック設定はこちら」を選びます。

「ブロックする企業を追加」から在職中の企業を検索し、表示された会社の左側にあるチェックマークを入れて「非公開にする」を押せば、ブロック完了です。

▶︎企業ブロックの設定はコチラ

ビズリーチのスカウトが多すぎる!

羨ましい話ではありますが、あなたの経歴やスキルが優秀な場合、ビズリーチから次々とスカウトメールが飛んできてうざいくらい「多すぎる…」と感じている人もいるかと思います。

▼ビズリーチのスカウトが多すぎる
ビズリーチのスカウト多すぎる

もしビズリーチからのスカウトメールが多すぎて困っている場合は、スカウトメールの受信設定を行うことで、ビズリーチで受け取るスカウトの種類を限定させることができます。

例えばヘッドハンターからのスカウトは一旦停止して企業からの直接スカウトだけを受け取りたい場合はそのように設定することも可能なので、ビズリーチのマイページから設定を変更することをお勧めします。

ビズリーチのスカウトが多すぎる

▶︎ビズリーチのマイページへ会員登録する

ビズリーチプラチナスカウトの体験談

プラチナスカウト利用者評判口コミ

ビズリーチからプラチナスカウトを受け取ったので興味を持って返信し、ヘッドハンター(エージェント)との面談に臨みました。

そのエージェントは実は一度登録をした際に断られていたエージェントだったので、ビズリーチのプラチナスカウトのおかげで面談を組んで貰えたのはとても嬉しかったです。

エージェントのキャリアアドバイザーの方も私の経歴を実際に目で見てプラチナスカウトを送ってくれているので、カウンセリング中もとても丁寧に接して頂いたように思います。

面談後はそのエージェントでしか取り扱われていない求人を紹介してもらったので、書類選考を突破して現在面接対策を行っている状況です。

ビズリーチの審査に落ちた!なぜ?審査に落ちた理由と対処法

プラチナスカウト利用者評判口コミ

ビズリーチを利用し始めて最初はプラチナスカウトを受信できなかったので、職務経歴書に力を入れて今までの実績数字を書き込んだり、実績を出すためのプロセスを具体的に書くことで徐々に受信できるようになりました。

カジュアル面談に案内され事実上の一次面接で企業担当者と話をしたその後に、正式に面接選考へと進んでいきましたが、カジュアル面談の中でも志望動機や自己PRなどかなりガッツリと深掘りして聞かれたので少し驚きました。

最終的にはカジュアル面談▶︎一次面接▶︎最終面接の合計3回面接が実施され、内定までの期間としては1ヶ月程度かかりましたので、通常の企業選考と書類選考がない以外はそこまで大きく変わることはないなという印象です。

ビズリーチのプラチナスカウトで落ちた!

まず結論から言うと、ビズリーチからプラチナスカウトを受け取ってプラチナスカウト経由で面接に進んだとしても、面接で落ちる可能性は全然あります。

確かにプラチナスカウトを受け取った場合は書類選考が免除となるので応募からの内定率は上がりますが、面接通過率に関してはそこまで肌感としては変わらず、良くて5~10%内定率が上がるくらいです。

▼一般的な転職活動の応募~内定までの割合
書類選考&面接の平均通過率

20社の書類選考に応募して1社内定まで獲得できるのが一般ルートの場合の内定率で、プラチナスカウト経由の場合最初の書類選考がなくなりますので、3~5社応募すれば1社は内定が獲得できる計算となります。

100%内定が獲得できる訳ではなくプラチナスカウト経由でも落ちたという口コミは絶えませんが、やはり一般ルートより内定率が上がることは間違い無いでしょう。

ビズリーチのプレミアムステージとは?

ビズリーチには無料のスタンダードプランと有料のプレミアムステージが用意されており、それぞれ機能としては以下のようになっています。

プレミアムステージスタンダードプラン
求人情報の閲覧企業名は基本閲覧不可
求人への応募公募など一部のみ可能
スカウトメールの受信プラチナスカウトのみ内容確認が可能
スカウトメッセージへの返信プラチナスカウトのみ返信が可能
ヘッドハンターへの直接相談×

ビズリーチのスタンダードステージでは求人情報を見て業務内容や年収、勤務地などを確認することはできますが、企業名を知ることも応募することもできない場合がほとんどで事実上利用できないに等しいです。

ビズリーチではプレミアムステージの有料会員になるには料金としてハイクラス30日間4,980円(税抜)・タレント30日間2,980円(税抜)という価格となっており、ハイクラスは年収1000万円以上の求人に応募が可能になっています。

目安として現年収が750万円を超えるくらいであれば、ハイクラス会員の審査に通過できるとのことなので、自分自身の年収を鑑みてハイクラスかタレントどちらの会員となるかを決めるようにしましょう。

ビズリーチのプラチナ&企業スカウトQ&A

転職に関するQ&A

ビズリーチプラチナスカウトは大企業から届く?

ビズリーチのプラチナスカウトは大企業からベンチャー企業まで様々な規模の企業が採用活動を行っていますので、大企業からプラチナスカウトを受け取ることも可能です。

ただし割合としては大企業の割合は少なく、全体の企業の中で1~2割に留まるとも言われていますので、大企業からプラチナスカウトを受け取るためにはかなり経歴やスキルに光るものがなければ難しいでしょう。

ビズリーチの企業スカウトは落ちる?

ビズリーチの企業スカウトを受信したにも関わらず、落ちる可能性はあります。

書類選考に関しては通過できる可能性は高いですが100%通過できるという訳ではないですし、面接まで進んでも落とされる可能性は充分ありますので気を緩めずに選考対策を行った上で本番に臨みましょう。

ビズリーチ企業スカウトで返信こない=無視?

ビズリーチの企業スカウトに関して返信したにも関わらず、返信がこない場合の可能性としては①企業から無視されている、②企業が気づいていないの2つの可能性が想定されます。

企業から無視されている場合は、あなたの経歴スキルが企業の採用条件に満たしていないにも関わらず、スカウト担当者が一斉送信でメールを送ってしまっていた可能性が高いので再挑戦しても難しいでしょう。

企業が気づいていない場合は、一度返信したけども連絡がない旨を記載して、再度企業スカウトに返信することで何かしらの連絡が届く可能性が高いでしょう。

ビズリーチ企業スカウトでカジュアル面談とは?その後も

ビズリーチの企業スカウトでカジュアル面談を提案された場合、書類選考と面接選考の中間ぐらいの位置づけで考えておくと良いです。

選考要素は一切ありませんと言われることもありますが、そんなことはなく必ずあなたのコミュニケーション能力や社風に合うかなどは見られていますので気を付けてください。

カジュアル面談を受けたその後の流れとしては、企業側から面接の案内をされればカジュアル面談通過という認識となり、何も連絡がなければカジュアル面談不通過ということになります。

ビズリーチのプラチナスカウトで返信したのに無視=落ちた?

ビズリーチのプラチナスカウトに返信したにも関わらず、企業から無視されている場合は残念ながらサイレントで選考に落ちてしまっている可能性が高いです。

プラチナスカウトを受信しても100%選考に受かる確約があるとは言えませんので、別のプラチナスカウトに対応するかビズリーチ以外のスカウトサイトdoda X(旧:doda IX転職)を活用するようにしましょう。

ビズリーチは高卒就職でも使える?新卒就活は?

ビズリーチは残念ながら高卒という学歴で就職や転職に利用したり、新卒で就活を行うにあたっての利用は不可能で審査でほぼで落とされてしまうでしょう。

高卒就職でエージェントを利用したい場合はdodaハタラクティブであれば学歴関係なく利用を歓迎してくれるのでおすすめで、新卒就活であればキャリアチケット(24卒)内定シラバス(25卒)がおすすめです。

ビズリーチはあくまでもキャリアや経歴に自信のある方向けのハイクラス転職サイトなので、利用するハードルが高いことは心得ておきましょう。

ビズリーチのプラチナスカウトが来ない!

非常に悲しい現実ではありますが、あなたの経歴が転職市場という観点において低い場合、企業orヘッドハンターいずれもプラチナスカウトが送られてこない可能性も0ではありません。

スカウトされて企業に応募するのと転職希望者側からアクションをかけて応募するのでは当然企業の採用温度感が異なりますので、できればスカウト経由で応募して高い内定率で転職活動を進めたいものです。

もしビズリーチからプラチナスカウトが届かなかった場合は、ビズリーチと最も併用されているスカウト型転職支援サービス「doda X(旧:doda IX転職)」を併用することをオススメします。

doda IX転職スカウト

doda X(旧:doda IX転職)はハイクラス転職を支援するリクルートのヘッドハンティングサービスで、会員登録することで企業やヘッドハンターからビズリーチ同様スカウトが届く仕組みとなっています。

2024年現在、年収600万円以上の求人を約30,000件も保有しているので、ビズリーチ以上に多数のヘッドハンターからスカウトメールが届く可能性が高いです。

▼テレビCMも大々的に打ち出している
doda X CM

30代〜40代を中心に厳選したスカウトが届く転職支援サービスですので「ビズリーチを使ったけどもイマイチ恩恵を受けられなかった」という方はぜひ利用を検討されてみることをお勧めします。

↓doda X(旧:doda IX転職)の無料登録はコチラ
doda Xオーバーレイ

また、ビズリーチに登録したもののプラチナスカウトが届かなかった20代の方は、同じくビズリーチが運営している「キャリトレ」ではプラチナスカウトが届く可能性もあるので、ぜひ登録してみましょう。

doda IX転職スカウト
doda IX転職スカウト
doda Xの特徴

年収800万円〜2000万円求人多数

業界大手ヘッドハンティングサイト

登録後はスカウトを待つだけでOK

doda IX転職スカウト
JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高で急成長中

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

一気通貫型でスピーディーな対応

ビズリーチの特徴

年収600万円以上の方の支持率No.1

年収1000万円以上のハイクラス求人多数

ヘッドーハンターによるスカウト機能!

-ビズリーチ

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2024 All Rights Reserved.