リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

ビズリーチの審査に落ちた!なぜ?審査に落ちた理由と対処法

年収600万円以上・マネージャー・管理職以上のポジションなどハイクラスで魅力的な求人を取り扱っていることが特徴のビズリーチ。

テレビCMも今や見ない日はないと言って良いぐらい盛んに流されている転職エージェントですよね。

▼ビズリーチのテレビCM

しかし残念ながら、ビズリーチで行われる最初の登録時の「審査に落ちた」と嘆いている方が少なくありません。

審査基準は明確に公表されていませんので、審査に落ちた方の中には「自分がなぜ審査に落ちたのか分からない」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ビズリーチの審査に落ちる理由とその対処法について、筆者の転職業界における知見を元に解説して参ります。

再審査に通過するための対策方法もご紹介しますので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

【2018年12月3日公開】

ビズリーチの審査に落ちた!

ビズリーチは会員登録後に運営事務局による審査が行われ、審査に承認された人のみが利用できるハイクラス転職サイトです。

審査の結果については、登録したメールアドレス宛に1~3営業日内にメールで通知が来ますが、承認される人がいる一方で不承認となってしまう人も少なくありません。

▼実際にビズリーチから届くメール

登録の段階で審査を行ってユーザーを選別しているハイクラス転職サイトですので「審査に通らないこともある」と理解していても、実際にお断りのメールが届くとショックです。。

ビズリーチの審査に落ちた理由と対処法

では一体なぜビズリーチの審査に落ちてしまうのか、理由を4つに分けて対処法と共に解説して参ります。

審査に落ちた理由①:社会人経験がない

ビズリーチは社会人経験がある方向けの転職サイトですので、大学や高校を卒業後、正社員として働いた経験のない方は利用することができません。

この場合は社会人経験がなくても利用できる既卒向けの転職エージェントを利用することで、フリーターや派遣社員から正社員への転職を目指すことができます。

既卒向けでおすすめの転職エージェントは「就職Shop」で、就職Shopで就職成功された方の4人に3人は正社員未経験ですので、社会人経験がなくても安心して利用できます。

就職shopで扱っている求人は100%訪問取材した企業の求人だけですので、給与や職種のような基本的な情報だけでなく、職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を事前に確認することができます。

▼就職Shopの業種・職種別取り扱い求人

更に、紹介される求人は全て書類選考なしで100%面接を受けることができますので、一般の転職活動に比べて効率的でスピーディに活動することができるでしょう。

↓就職Shopの登録はコチラ

就職Shopの評判口コミはコチラ

審査に落ちた理由②:現年収が低い

ビズリーチが取り扱う求人は年収600万円以上のハイクラス向け求人が中心になります。

そのため、現年収が599万円以下に当てはまる方は、ビズリーチが取り扱う求人に応募することが難しいため審査を通過できる可能性が低くなります。

ビズリーチがターゲットとしている年収と大きく乖離している場合には、ハイクラス向けではないも豊富に取り扱っている転職エージェントに登録してみましょう。

おすすめは業界最大手・求人数No.1の「リクルートエージェント」で社会人経験があれば利用できるため、現年収に関わらず適性に合った求人を紹介してもらうことができます。

特筆すべきは取り扱い求人の多さで、2018年12月現在の取り扱い求人数は23万件以上で、北海道から沖縄、海外まで全ての地域の求人を取り扱っていますので、地方で転職したい人でも利用することができます。

▼リクルートの取り扱い求人数はダントツ

更に、これまでに30万人以上の転職希望者を転職成功に導いた豊富な実績を持っていますので、転職を成功させるためのノウハウを学ぶこともできます。

初めて登録する方にもおすすめできるエージェントです。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
リクルートエージェントの評判口コミ

審査に落ちた理由③:転職回数が多い

年齢によっても異なってきますが、転職回数が3回以上ある方は多すぎるため、企業に紹介することができないと判断されビズリーチの審査に落ちてしまうことがあります。

参考までに「企業の採用担当者は何回目から転職回数を気にするのか」、大手転職求人サイトリクナビNEXTが企業の採用担当者300名を対象に調査した結果が以下となります。

▼転職回数と転職成功確率の関係性

アンケート結果によると、転職回数1~2回までは10%が「気にする」と回答、3回目からぐっと回答が集中し、40%の採用担当者が転職回数を気にするようになります。

この場合は、転職回数によって登録の際に断られてしまう可能性が圧倒的に低い転職エージェント「Spring転職エージェント」の利用をおすすめします。

Spring転職エージェントは数ある転職エージェントの中でも、最も登録拒否される可能性の低いエージェントと言われていて、利用者はほぼ100%面談を受けることができます。

↓Spring転職エージェントの登録はコチラ

総合型転職エージェントなので取り扱い求人も業種・職種共に幅広く揃えられているため、ぜひ利用してみて頂きたい転職エージェントです。

Spring転職エージェントの評判口コミ

審査に落ちた理由④:マネジメント経験がない

ビズリーチが取り扱っているハイクラス向けの求人は、高い確率でマネジメント経験が必須要件となっています。

そのため現年収が600万円以上など高年収な場合であっても、マネジメント経験が無い方は審査に落ちてしまう可能性があります。

「経験やスキルには自信があるけどマネジメント経験がない」という方は、審査基準はビズリーチほど厳しくないものの高年収のハイクラス求人の質を担保できる「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

JACリクルートメントはビズリーチと同様にハイクラス志向の求職者をターゲットとしていながら、管理職やマネジメント経験のない営業経験者や事務系職種、エンジニア職種などの求人も多数保有しています。

↓JACリクルートメントの登録はコチラ

また、転職希望者をサポートする担当者が採用企業側も両方対応していますので、情報の齟齬がなくスピーディーな対応を実現していることも評価できるポイントとなるでしょう。

JACリクルートメントの評判口コミはこちら

ビズリーチの再審査は通る可能性あり?

「ビズリーチの審査に落ちてしまったけどどうしても利用したい!」という方は再審査を申し出ることも一つの方法です。

以下で対策方法を2つご紹介します。

登録情報をより充実させる

登録情報の不足による不承認の場合は、審査を実施してもらうために必要な不足情報を入力して再審査をしてみてください。

ポイントは入力できる項目は「全て丁寧に」埋めることです。

それでも審査に落ちてしまった場合は審査基準に達していないことによる不承認となりますので、次の方法で対策しましょう。

経験・スキル・年収を上げる

ビズリーチの審査基準をクリアできるようにキャリアアップしてから再登録を行うと承認される可能性が高くなります。

具体的には、現在の会社で昇進を目指す、転職して有名企業に入った後に再登録する、などの方法があります。

転職市場価値を高めることは自分自身のためにもなることですので、諦めずにキャリアアップを目指して自分の価値を高めることをおすすめします。

▼ビズリーチの再審査申し込みはコチラ▼

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版