公務員の転職

教師の転職は失敗する?転職先おすすめ4選【元教師が語る】

投稿日:

教師の転職は失敗する?転職先おすすめ6選【元教師が語る】

私は教師として働いていたころ、以下のような悩みを持っていました。

  • 教師として働いても将来が不安
  • 民間の企業経験もないし転職の仕方がわからない

そして、本気で転職を考えているころには、こんな悩みになりました。

勤務時間が長いしキツイ、定年までなんて続けられない

責任が重いわりに、給料があがったり昇進があんまりない

転職したいけど、せっかくの公務員だから親やまわりから反対されそう

この記事を読めば教師からの転職の不安が無くなり、転職へのハードルがグッと低くなるでしょう。

実際に私が教師からの転職を経験し転職について調べ・実行してきたからこそ新ぴょう性はあると思いますし、教師からの転職でおすすめの職業を紹介しますので、ぜひ参考にして下さい!

私は転職をしたさいに転職サイトを利用しましたが、担当になったキャリアアドバイザーの方が教師からの転職を多く担当された方で教職員ならではの悩みや不安・転職体験などいろいろと参考にできたので、皆さんのお役にも立てると思います。

この記事の執筆者

D.Nakamura
大学を卒業後公務員免許を取得し教員として新卒で入社し、勤務後に非常勤講師〜常勤を経て高校に勤務。
教師から転職して‪民間の企業に転職し‬、述べ2,000人以上の転職支援に携わり、教育業界の人を中心に現役の転職エージェントとして活動している。

教師からの転職は失敗する?

教師からの転職は失敗する?

教師からの転職は多くの場合失敗はしません。なぜなら、元公務員という肩書はあなたを優秀だと証明してくれるからです。

教師は真面目で責任感が強いというイメージも持たれているので転職には案外有利で、実際に私が転職をした時は、ほとんどの会社で書類で落とされる事はなく、内定も多くもらえました。

ただし、以下のような転職は失敗が多いです。

塾講師:民間なのでボーナスが出なかったり年収が減る可能性がある

他の公務員:労働基準法が適用されない

要するに教師とあまり変わらないので、今と同じような悩みや不安が続きます。

塾講師からの転職先おすすめ7選【元塾講師が大活躍中】

転職するなら今の悩みや不安を解消するのはもちろん、多くのスキルを身に着けるチャンスです。

会社側も初めから多くの期待はありませんので、お金をもらいながら自分のスキルを身に着ける場所くらいに考えて転職先を探していきましょう。

教師の仕事で身につくスキル

教師の仕事で身につくスキル

教師として身につくスキルは下記の4つです。

  • マネジメントスキル
  • コーチングスキル
  • カウンセリングスキル
  • コミュニケーションスキル

自分のことだと実感がわかないかもしれませんが、上記4つのスキルは身についています。

マネジメントスキル

イベントや行事が多い教師はマネジメントスキルが成長し、他業種でも企画やチーム全体をまとめる時に必要です。

コーチングスキル

コーチングスキルも将来部下ができた時に、リーダーシップとして活きるでしょう。

カウンセリングスキル

カウンセリングスキル・コミュニケーションスキル共に、色んな人が物事を円滑に進めるために必要なスキルです。

コミュニケーションスキル

会社とは人がいて成り立っているので、コミュニケーションスキルはなくてはならないスキルと言えます。

実際にこれらのスキルを全て持っている人は少なく、特にどのスキルも民間会社だと身につくまでに、昇進して部下ができて1~2年かかるので初めから出来る人は稀でしょう。

なので、上記4つのスキルは教師が特にアピールできるポイントであり、他業種にもかかせないスキルです。

教師からの転職先おすすめ4選

では実際に教師から転職した人の体験談をもとに、教師からの転職先おすすめの仕事について紹介して参ります。

⭐️の数が多いほと転職難易度が高い(=転職が難しい)

プログラマー
営業職
留学エージェント
Webライター

それぞれ深掘りして解説していきましょう。

教師からの転職先おすすめ①:プログラマー

教師からの転職先おすすめ①:プログラマー

転職難易度:

プログラマーをおすすめする理由は下記の3つです。

✅IT業界は将来性が高い
✅独自のスキルが身につき、収入も安定する
✅勉強が必要

GAFAと言われる世界トップの米国企業が「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」で、実際にこの4つの企業の共通点は、ITの会社でありプログラミングで成り立っています。

IT業界は将来性が高い

「IT業界は将来性が高くIT業界は将来性が高いものの、プログラミング業界はここ数年人出不足」と言われていますので全くの未経験でも挑戦できる求人は多数あります。

また、日本だけでなく世界中に仕事先があるのも魅力的なので、英語教師または英語が多少できるのであれば、転職先がグッと広がるでしょう。

独自のスキルが身につき、収入も安定する

独自のスキルが身につき、収入も安定するプログラマーは独自のスキルが必要ですが、1度身につければ同じ業界で引っ張りだこですし、それにともない収入も上がります。

また、プログラミングと言っても必ず人間が相手なので、コミュニケーションスキルが大いに役立つでしょう。

勉強が必要

多くの人が苦手としている分野が仕事をしながら勉強するという分野ですが、教師なら大学まで勉強してきた実績もあります。

また、子供たちに教える事で勉強の効率化などを独自に学んでいるので、思っている以上に勉強が得意になっているはずです。

▶︎未経験OKのプログラマー募集中の求人はコチラ

教師からの転職先おすすめ②:営業職

教師からの転職先おすすめ②:営業職

転職難易度:

営業職をおすすめする理由は下記の2つです。

✅コミュニケーションスキルを活かせる
✅マネジメントスキルが活かせる

営業と言っても多くの分野がありますが、あなたの興味があるか得意な分野で問題なく、例えば教育教材の営業や人材営業などが直接的な親和性は高いですね。

人材業界・人材紹介会社への志望動機・転職理由例文【中途採用】

結局は、その分野で商品になる物の勉強をすればOKで、あとはコミュニケーションスキルがあれば商品は売れます。

コミュニケーションスキルを活かせる

営業職は人に商品を売る仕事なので、多くの子供や親御さんを相手にしてきた教師なら、相手がどんな人か傾向をつかむのも早く対応するのも簡単です。

特に元教師という肩書を使えば、相手は勝手にまじめで責任感のある人だと思ってくれるでしょう。

マネジメントスキルが活かせる

営業職で大切にされるのは売れるスタッフだけではなく、売れるスキルを他のスタッフや社員に広げられる人が1番優遇されます。

会社から見たら1人が100点よりも、全員が80点の方が売り上げが伸びて安定するからです。

あなたが教師で経験して培ったマネジメントスキルがあれば、まわりを巻き込んで成長出来るでしょう。

▶︎未経験OKの営業職募集中の求人はコチラ

教師からの転職先おすすめ③:留学エージェント

教師からの転職先おすすめ③:留学エージェント

転職難易度:

留学エージェントをおすすめする理由は下記の2つです。

✅顧客は若い学生が多い
✅カウンセリングスキルが活かせる

留学エージェントの主な仕事は留学先のあっせんやカウンセリングで、スマ留や留学タイムズ・留学ジャーナルなど多くの企業が存在します。

2022年現在は新型コロナウイルスで厳しい業界ですが、だからこそ競争率も低くコロナ騒動が終われば狙い目です。

顧客は若い学生が多い

子供が好きという理由で教師になった方も少なくないでしょう。

やはり好きなことは、やりがいにつながるので教師に向いているといえます。

カウンセリングスキルが活かせる

もともと留学業界はカウンセリングスキルが必須な業界で、特に教師なら業務内容に将来の進路相談もあります。

相手の夢や目標を聞いて近づけるようサポートするのは得意なはずです。

▶︎未経験OKの留学エージェント募集中の求人はコチラ

教師からの転職先おすすめ④:webライター

教師からの転職先おすすめ④:webライター

転職難易度:

webライターをおすすめする理由は下記の2つです。

✅自分や生徒の経験を活かせる
✅副業から簡単に始められる

実際に私は教師からwebライターに転職しました。webライターとは今読んでいるこの記事のような文章の仕事です。

しかし、小説などの難しい言い回しは必要なく、人に何かをわかりやすく伝えることが大切です。

教師ならば日常的にやっていた事なので難しいことはありません。

自分や生徒の経験を活かせる

webライターは人生経験が多い方が有利です。なぜなら人生経験がない人が書いた文章は、現実味がない文章や間違っていることがあるからです。

実際に冒頭で私が元教師と言ったことで説得力がグッと上がったと思います。

なので、自分の体験だけでなく生徒はもちろん中には卒業生とも交流があれば、それだけの人生経験が活かせるでしょう。

副業から簡単に始められる

副業からすぐに始められるのもwebライターの魅力で、道具もパソコンとネット環境があればOKですし、webライティングの本を1~2冊読むだけで始められます。

しかし、公務員である教師は副業が禁止だと思われるかもしれません。ですが、私立学校の教師であれば無関係です。

教師をしながら副業はできる?

公務員の教師であっても以下の3つを厳守し教育委員会に申請すれば副業はOKです。

地方公務員の信用を傷つけない

業務で知りえた情報を漏らさない

職務に支障をきたさない

webライティングには教育に関する案件も多いので、そういった案件からスタートするのがおすすめです。

教師から転職して失敗しない方法とは?

今回は教師からの転職先について厳選して紹介して参りましたが、民間企業への転職活動は、経験がない方にとっては全くわからないことで不安な方も多いかと思います。

そんなあなたにおすすめの転職先を探す方法が転職エージェントを活用して探す方法で、転職エージェントは完全無料で、転職アドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントは転職市場に精通した転職のプロですので、あなたの経験やスキルに応じた転職先を厳選して紹介してくれます。

▼転職エージェントの仕組み

もちろん、利用したからと言って絶対に転職しなければならないと転職を無理強いされることもないですし、転職しようかどうか迷っている段階で相談数だけでもOKです。

履歴書職務経歴書の書き方や面接対策など、民間企業への転職活動に必要なことをすべてサポートしてくれますので、教師からの転職を成功させたい方はぜひ活用して転職活動を進めて行きましょう。

公務員から民間企業に強い転職エージェントおすすめ4選【2022】

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

-公務員の転職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.