リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

DODAエージェント第二新卒の評判口コミ!求人の種類は?

大手エージェントとして名高いDODAですが、

「第二新卒でも登録できる?」
「経験に自信がないけれども応募できる求人はあるかな?」

と社会人歴の浅い第二新卒者が不安になるという話もよく耳にします。

しかし、ご安心ください。

DODAは20~30代をメインターゲットにしており、第二新卒者にこそ登録して欲しいエージェントといっても過言ではありません。

第二新卒者にとってのDODAの魅力をわかりやすくご説明していきますので、転職エージェント選びの参考にしてください。

↓第二新卒のDODA登録はコチラ

DODAエージェントの特徴

DODAエージェントサービスの特徴を「求人数」「求人種類」「対象年齢」という観点からグラフを用いてご紹介して参ります。

求人数

2018年9月時点でのDODAの取り扱い求人数は、リクルートエージェントの19万件に次ぎ、12万件を超える求人数を保有しています。

転職希望者の地域エリアも全国を網羅しており、Iターン・Uターン・Jターン転職希望者にもぴったりです。

DODAエージェントの面談場所拠点一覧

仮にもしお住まいの近くにDODAの面談場所拠点がなく対面で面談を受けることが困難であっても、電話面談(カウンセリング)という形で対応してもらえるのでその点も安心です。

DODAの電話インタビュー・カウンセリング(面談)内容まとめ

キャリアの方向性がまだ定まっていない20代は、様々な求人に触れることで新たな可能性を切り開くチャンスをみつけることも多く、求人数が多いという点は20代の転職エージェント選びには外せないポイントの一つです。

特にキャリアチェンジ希望者の場合、選考通過率を上げるためにも選択肢の多さは重要なので、DODAの利用はまさに適していると言えるでしょう。

↓DODAの登録はコチラ

求人種類

中小のエージェントはよく聞く職種をメインに取り扱っていますが、DODAほどの規模になるとニッチな業界やマイナーな職種の求人情報もあるので、どのような職種経験者にも一定満足いく案件紹介をしてもらえます。

企業規模も大手から中小、ベンチャーとバリエーションも豊富です(DODAの職種業界一覧からもチェックできます)。

人材業界の歴史も古いため、老舗や歴史のある大手企業は大抵DODAに求人依頼をするので、有名な大手企業に転職したい場合は登録必須と言えます。

対象年齢

DODAは登録者の約半数が20代であり、第二新卒者に人気かつ頼もしいサービスといえます。

他エージェント同様未経験歓迎求人もありますが、DODAはキャリアアップ系求人が多いことも特徴です。

DODAを運営しているパーソルキャリア株式会社も働き方やキャリア形成についてのセミナーも多く、起業や独立にフォーカスした講習会も用意されています。

また、自社社員のキャリア形成についての研修機会も多くどのキャリアアドバイザーも自身のキャリアについて振り返り考える機会を持っています。

そのせいか、DODAのキャリアアドバイザーは人生やキャリアに真摯に向き合ってくれるタイプが多く、

「働くとは?」
「将来どうなりたい?」

ということを深く考えるきっかけをもらえるはずです。

可能性に満ち溢れた20代には、キャリアビジョン形成に向き合ってくれるDODAがベストチョイスと言えるでしょう。

↓DODAの登録はコチラ

DODA第二新卒利用者口コミ評判

では実際に、第二新卒の転職活動時にDODAを利用して転職活動を行った利用者の口コミ評判をご紹介して参ります。

●DODA利用者第二新卒の口コミ

私は第二新卒として、キャリア採用でなく新たにキャリアチェンジする際に当たって、何がしたいか明確に定められていない状態で面談に臨みました。

DODAの担当者の方は私のキャリアの棚卸を丁寧にしていただき、次に活かせる強み、アピールポイントまで見つけてくれました。

どのような業界、職種を目指すべきか迷っていたため、私の考え方を経験などを通して詳細にヒアリングいただいた上で、インターネット広告代理店の営業職を推奨していただきました。

その際に、前職や学生時代を通した強み探しを一緒にして頂いたり、面接の対策も取り組んで頂いたり、企業の特徴や労働環境なども詳細に教えていただいたおかげでマッチング度も高かったです。

ビジョンの明確化から手伝っていただけた転職エージェントはDODAだけだったと思います。

●DODA利用者第二新卒の口コミ

DODAの担当キャリアアドバイザーの方は、まず今の仕事で不満なところを親身になって聞いてくれました。

なぜ不満なのか一緒に考えてくれたあとは、今後やりたいことをいくつかあげて自分に合う転職先を何社かピックアップしてもらい、履歴書の書き方や面接のやり方を教えてくれました。

選考に落ちたときには、落ちた理由を一緒に考えてくれて、次の対策を考えてくれました。

今後何をやりたいのか?どうやって自分を成長させていくのか?具体的なビジョンを明確にする相談に乗ってもらったことが印象に残っています。

上記利用者の口コミを見ても分かる通り、DODAはやはり第二新卒の方の転職活動にとって大きく力になってくれる転職エージェントであることが分かると思います。

特に第二新卒の方はまだまだ先が長いですので「将来どうなりたいのか?」というキャリアプランの形成まで突っ込んで相談してくれるキャリアアドバイザーが多い傾向にありますね。

DODA面談を第二新卒で断られる場合

DODAは比較的登録基準が厳しくはないエージェントではありますが、登録を断られるケースも0ではありません。

DODAのサイトにもサポートが難しい方や紹介できる求人がない方の特徴が書かれており、登録を柔らかく断っているようにも見受けます。

・正社員歴なし
・職歴の一貫性がない
・職歴数があまりにも多い
・既卒
・シニア層
・ミドル層でマネジメント歴がない
・芸能関係、教師等特殊な業界希望者
…etc

上記に該当する方場合、全員ではありますがDODAに利用を断られる場合もあるので、ぜひ下記の対処法をご参考にして頂ければと思います。

上記に該当する方以外は、実は本人の努力によって登録を可能にできる理由もあります。

それは、経歴が不明瞭な方です。

DODAの利用登録時に書かれた経歴内容があまりにも薄い場合、スキルがないと見なされ登録を断られることもあります。

たとえば一言で

’庶務雑務’

と書くのではなく、

’〇〇部での一般事務(Excelでの数値分析、PowerPointでの提案資料作成、伝票処理、経費精算…)’

と詳細の作業内容を書きだした方が登録確率をアップさせられますので、できるだけDODA登録時には経歴を具体的に書くことを意識しておきましょう。

第二新卒はDODAが最適のエージェントか

第二新卒で転職を検討している方にとって、DODAは間違いなくベストで理想的な転職エージェントであると言えます。

数ある転職エージェントの中には「20代後半〜しか登録を受け付けていない」というようなエージェントも存在する中、DODAは第二新卒に寄り添う形でサポート体制を整えています。

担当キャリアアドバイザーは必ず親身に相談に乗ってくれながらあなたの将来ビジョンを明確にしてくれる筈なので、ぜひ勇気を持ってDODAを利用されてみてくださいね。あなたの第二新卒としての転職が成功することを、心より応援しています。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界2位)

転職満足度No.1の親身な対応!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職サイトおすすめを厳選!エージェントは?

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版