リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

大手の人事に転職するには?中小企業の人事との違いを解説

大手企業の人事になりたい、けれども「自分の経験が通用するのか?」「大手と中小企業の人事の違いって何?」という疑問を持つ方も少なくありません。

そんな方に、大手インターネット企業での人事経験がある筆者が、大手人事の特徴について徹底解説して参ります。

はじめに人事の仕事を定義しておくと、「人」に関する課題を解決することで社員満足度を向上させ、適正な会社運営をサポートすることです。

具体的な仕事内容は、

・採用(新卒、中途、アルバイト採用の企画運用)
・労務(勤怠管理、給与支給、保険加入退出管理、メンタルヘルス管理)
・教育研修(入社研修、階層別研修等カリキュラム企画運営)
・人事制度計画運用(評価や給与ルール企画運用)
…etc

と多様なジャンルがあり、それぞれの仕事で求められる適性や特徴も異なります。

今回は人事職の中でも特に大手企業の人事にフォーカスして実情を公開していくので、大手企業の人事へ転職したいという方はぜひご参考ください。

大手企業と中小企業の人事の違い

ではまず、大手企業の人事と中小企業の人事では具体的にどのような違いがあるのか、見て参りましょう。

違い①:仕事内容

中小企業の場合、社員数は多くて数百人規模であるため、1人の社員が採用から給与計算から研修まで幅広く人事の仕事を担当する傾向にあります。

しかし、大手企業は社員数も多く適正な会社運営をするにあたり規定が多く、担当領域を細分化されスペシャリストとしての要素が大きくなる傾向があります。

大企業の人事では、それぞれの担当が専門領域で効率化や組織の満足度向上のための施策の企画、実行をしていくことが求められるという訳ですね。

もう少し具体的にお話しすると、たとえば採用担当の場合、既存の採用手法だけではなく、SNSの活用やダイレクトリクルーティング、リファラル採用など新しい採用手法を戦略的に企画実行することもあります。

また、グローバル企業のヘッドクウォーターとして横断プロジェクトの旗振りを任されることもあるでしょう。

それに加え、大手企業は他の会社の見本となるべく、在宅ワークやサテライトオフィスの設立といった新たな働き方の導入も早く、人事労務規定の改定を企画構築することもあるでしょう。

このように前例の少ない中でも新たな働き方や手法を科学し、実行をしていくファーストペンギン的な役割担うことも、大手人事にはありえるのです。

違い②:転職難易度

中小企業の中には大手に引けを取らない素晴らしい企業も数多くありますが、認知度では大手企業には見劣りします。

大手企業はそのネームバリューや待遇、福利厚生面で人気を博すため、転職難易度は中小企業の人事よりもやはり高くなりがちです。

要はライバルが多いということであり、良い結果をもたらすためには緻密に計画立てた選考対策やシビアな努力をしなくてはいけないのです。

人事に転職するためのおすすめ転職エージェント

しかしだからといって、中小企業の人事の難易度が低いというわけではありません。

むしろ中小企業の人事業務は大手ほど体制や予算が整っていない中で幅を決めず臨機応変にやってのけることが求められるため、ポテンシャルの高さも要されます。

応募者数は大手企業よりも少なくはなりますが、潤沢ではない人件費を割くからには採用判断基準は厳しいものであるため、決して油断はできません。

違い③:仕事のキーポイント

中小企業は足りないモノ(人材、予算、システム等)があったとしても、その場にいる人間でなんとかする土壇場力が大切です。

そのため、自分の仕事に線引きをせず、他の人事社員と協力し業務を分担、助け合うことが大切な特徴があると言えます。

また、中小企業は社員数が少ないため、新たな試みもチャレンジしやすい舞台ともいえるので、チャレンジ精神旺盛なタイプの方が成長できるかもしれません。

【人事への転職】 未経験でも転職は可能?受かる志望動機は?

大手企業はマニュアルや既存のルールが多いため、その中でどうやりくりするか、もしくはルール改定に伴う大きな変革をどう運用しきるかが仕事の醍醐味でもあります。

大手企業だと直接顔を合わす人間も限られるため、自分のアクションによって人事部がどう見られるかという社内評価も鑑み、円滑に目的達成のために他部署を上手に巻き込む社内政治力もポイントです。

大手の人事への転職成功確率を上げる方法

結論から言うと、大手企業の人事への転職は転職エージェントの活用が近道です。

なぜなら、自社のコーポレートサイトや転職サイトに求人掲載をすると応募者数が多く集まるため、書類選考だけでかなりの労力を割かれてしまいます。

一次スクリーニングを依頼するという意味でも、転職エージェントを活用する大手企業は多いため、転職エージェントに登録をしなければ応募できない大手人事求人が相当数あるのです。

また、人気の大手人事は狭き門です。

しかし、転職エージェントは取引実績から、大手企業の選考基準や担当者の志向性、癖なども熟知しています。

採用担当や企業に関する情報を面接前に取得することで効果的な面接対策ができるため、転職エージェントを使えば自己応募をするよりもグッと内定獲得率はアップするでしょう。

大手企業の人事に転職するためのおすすめ転職エージェントは下記で紹介しているので、ぜひエージェントを選ぶ際の参考とされてみてくださいね。

大手の人事の求人が多い転職エージェント

おすすめの転職エージェントを1社紹介しておくと、大手人事職への転職はリクルートエージェントで決まりです。

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントであり、人事職の転職においても圧倒的な支援実績数を誇ります。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
最大手の企業は大抵リクルートエージェントに採用依頼をするため、登録をしておけば人事系の求人を取りこぼすリスクも最小限に抑えられます。

また、リクルートエージェントはキャリアコンサルタントの提案力も強く、大手経験がなくスキルチャレンジな部分があっても補うポテンシャルさえ認めてもらえれば、推薦してもらうことができます。

企業もリクルートエージェントからの推薦であれば面接に進めてみようと思ってもらえるだけの信頼を勝ち得ているので、経験に自信がない方には特にオススメの転職エージェントといえます。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版