リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

28歳で転職して公務員になれる?最短で公務員になるには?

28歳で公務員への転職を目指しているあなたに向けて、知っておくべき基本的な知識や公務員になるための最短の方法などをご紹介します。

30代を目前に控えた28歳は転職を考える人が一番多い年齢です。

中でも近年、民間企業から公務員への転職という道が整備されたことで、転職先の候補として「公務員」がひと際脚光を浴びています。

▼公務員の求人件数は年々増加傾向にある
公務員への転職は年齢上限が設けられていますので、公務員を目指すなら28歳の今がまさに「最後のチャンス」と言えます。

民間企業にはない安定感や労働環境が魅力の公務員ですが、どのようにすればチャンスを逃さず転職を成功させることができるのでしょうか。

元キャリアアドバイザーとしての転職市場の知見を活かしてさまざまな角度からご説明していきますので、公務員への転職を考えている方はぜひ参考にして頂ければ幸いです。

こちらの記事も28歳の方に読まれています

28歳で転職2回目・3回目は多すぎ?転職回数のボーダーは?

28歳女性が転職すべきおすすめの業界・職種ランキングTOP10

【28歳転職】資格なしで未経験職種へ転職可能?おすすめ資格も

28歳で転職して公務員になることは「可能」

結論から申し上げますと、28歳で転職して公務員になることは「可能」です。

公務員になるためには、公務員試験を受験する必要がありますが、注意したいのは民間企業では採用時の年齢制限を設けることはできませんが、公務員は公務員試験を受けられる年齢上限が決まっているということです。

国家公務員は30歳まで(一部を除く)、地方公務員は25歳~35歳を条件とする地域が多いです。

28歳ですとほとんどの自治体の試験を受験することが可能ですが、上限まで1~2年と決して余裕のある年齢ではありませんので、本気で公務員を目指したい場合はすぐに準備に取り掛かった方がいいでしょう。

28歳公務員志望者の男女別難易度の違い

公務員試験の難易度は女性の方が低くなります。

男女それぞれの受験者と採用枠を考えた時に、女性の受験者は採用枠に対して少ない傾向になるため、受かりやすくなるのです。

ある自治体を例に挙げてご説明すると、30名の採用枠に対して160名の応募がありました(この時点で5.3倍の倍率)。

160名の男女の内訳を見てみると、男性110名に対して女性が50名でした。

そして最終的に採用された人数の内訳を見てみると、男性18名、女性12名の合計30名になりました。

つまり採用された男女で合格率を算出すると、男性6倍、女性4.4倍になりますので、女性の方が難易度が低いことがお分かり頂けるかと思います。

Check!
基本的には公務員試験は女性の方が倍率は低いですが、裁判所事務官などの場合は圧倒的に女性受験者が多いため、難易度は逆転し男性の方がハードルは低くなります。

職種別でも違いが出てきますので一概には言えませんが、ほとんどの自治体では女性の受験者の割合が少なくなりますので、総合的に「女性の難易度が低い」ということが言えるのです。

28歳で転職して公務員になるための勉強方法

公務員になるためには公務員試験に合格する必要がありますが、「公務員試験」とは国や地方公共団体が実施する試験で、手法は一般的に筆記試験と面接などの人物試験が採られています。

1日や2日で準備できる内容ではなく、平均して1年ほど勉強してから試験に臨む必要がありますので、以下の手法のうち自分に適した手法を選択して計画的に勉強に取り組みましょう。

公務員の勉強方法1.予備校

○学習ペースは予備校に合わせれば問題ない
○面接・論文対策が受けられる
△20~30万円の費用が掛かる

公務員の勉強方法2.独学

○仕事と両立して自分のペースで勉強を進めることができる
△モチベーションを維持することが難しい
△面接・論文の対策ができない

公務員の勉強方法3.通信講座

○予備校の1/4~1/2ほどの費用で教材一式が揃う
○論文の添削を受けられる
△中だるみしやすい

28歳で転職して公務員を目指すのが厳しい場合

就職や転職の選択肢が多くなった現代ですが、直近3年間の傾向を見ても公務員は転職したい企業ランキングトップ3に入る人気業種で、公務員への転職は高倍率で難易度が高くなっています。

28歳で公務員試験を受験して不合格となってしまった場合、年齢制限もありますので現実的に公務員を目指すことが厳しくなってきてしまう方も少なくありません。

▼年齢的に公務員を目指すのはギリギリ

もし公務員を目指すことが難しくなってしまった場合には、民間のホワイト企業への転職を目指す選択肢があることを覚えておきましょう。

「一般企業はブラック企業も多いし、不安…」という方でも確実にホワイト企業へ転職する方法として、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントで取扱っている求人は、エージェントが求職者に「紹介できる」と判断した求人だけを扱っていますので、企業が自由に掲載できる転職サイトとは異なり、怪しい企業やブラック企業の求人を紹介されることはありません。

▼転職エージェントはホワイト求人が多い

ホワイト企業を紹介してもらえるだけではなく、プロのキャリアアドバイザーによるあらゆる転職サポートを受けることが可能ですので、ホワイト企業への転職を成功させられる確率を上げることができます。

詳しくは「20代転職でおすすめの転職サイト&転職エージェントを徹底比較」をご参考頂ければ幸いです。

28歳で転職するのにおすすめの業界・職種

公務員への道を一旦諦めて民間の企業へ転職を目指す場合、オススメの職種は以下の3つです。

団体職員

公務員と同じ非営利目的の法人で働く人のことを「団体職員」と言います。

独立行政法人、学校法人、社会福祉法人、農協、NPO団体などがあります。どの団体も基本的には土日休みで残業も少なく、公務員と同じような働き方ができます。

特殊会社

民営化した会社のことを指します。

NTT、JR、JTの他、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫なども「特殊会社」に分類されます。

株式会社化されていますので、営利企業ではありますが、公共性の高い事業を行っていて、組織風土も公務員に近い部分が残っていることが多いため、公務員に近い働き方や業務を行うことができるでしょう。

事業会社の管理部門

人事(ヒト)、総務(モノ)、経理(カネ)等、多岐に渡る業務によって会社経営をサポートする職種を総称して「管理部門」と呼びます。

顧客と直接接する仕事ではありませんので、比較的残業は少なく安定した働き方が実現できます。

28歳の転職に転職エージェント利用は必須

繰り返しになりますが、28歳という年齢で公務員を目指すのは、年齢としてギリギリのタイミングです。

もちろん最初に目指すことは全くもってアリだと思いますが、むやみやたらに結果が出ないと分かっていて時間を費やすのはハッキリ言って時間の無駄になってしまうこともあります。

頃合いを見て「少し難しそうだな…」と感じたら、スパッと民間の企業へシフトチェンジするという視点もぜひ忘れないようにしておいて頂けたらと思います。

今は20代の転職市場も活況で、あなたという人材を欲しがっている企業もたくさんありますので、ぜひ「20代転職でおすすめの転職サイト&転職エージェントを徹底比較」を活用しながら転職も視野に入れて頂ければ幸いです。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版