リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者の8割が利用!リクナビNEXT1分登録▼

仕事辞めたいけど言い出せない人は「退職届」を先に書いておくべき

「仕事辞めたいけど言い出せない」「会社辞めたいけど言い出すことができない」そんな風に悩んではいませんか?

今までお世話になった気持ちや長年かけて築き上げてきた人間関係への想い、辞めたいと言った後の気まずさなど、さまざまなことを考えると「言い出しにくい」気持ちになってしまうこともありますよね。

そこで今回は元キャリアアドバイザーとして、「仕事を辞めたいけど言い出せない」と悩む400人を超える求職者をサポートしてきた経験をもとに、あなたの『不安』を解消できる方法をお伝えします。

この記事を読めば、あなたが今なぜ『不安』な気持ちになっているのか、それを解消し「仕事を辞めたい」と言い出しやすくなる方法はどんな方法があるのかお分かりいただけます。

●仕事辞めたいあなたへの年次別参考記事一覧

【2018】新卒で会社を辞めたい人必見!転職した方が良い人は?
2年目で営業辞めたいと思ったら転職すべきかどうかは理由次第
50代で会社辞めたい・限界と感じた時にまず考えるべきこと

仕事辞めたいけど言い出せない理由は「不安」だから

仕事を辞めたいけど言い出すことができない理由は、

「辞めた後の生活が『不安』だから」
「上司に怒られることが分かっていて『不安』だから」
「本当に退職していいのか『不安』だから」
…etc

というように、あなたの中に抱える『不安』な気持ちが原因となっています。

仕事辞めたいと言い出すのが不安になる理由

ではなぜ、仕事を辞めたいと言い出すにあたって「不安」を感じてしまうのか、その理由について見て参りたいと思います。

今までの生活を変えることが怖い

人は基本的に『変化』を嫌う習性があります。

仕事は生活の中でも多くの時間を占めているため、仕事を変えようとする時は誰しも「うまくいかなかったらどうしよう」と、不安になることがあるでしょう。

「退職したい気持ち」よりも「変化に対する恐怖」が勝るようであれば、今はまだ転職すべきではない可能性もあります。

「辞めたい」と伝えた後が気まずい

退職の意志を伝えた後も引き継ぎなどで1~2ヶ月は現在の職場で働くことが一般的です。

その期間のことを想像し、「周りの人からどう思われるのか」「今まで親切にしてくれた人に冷たくされたらどうしよう」など、不安に陥るパターンです。

引き止めに合うことが想像できる

気が弱い人に多く見られるパターンです。

ただでさえ言い出しにくい退職の意志ですが、引き止められた後に更に強く退職を申し出る勇気がない、と尻込みしてしまっては先には進めません。

引き止められることは『当たり前』と考えて、引き止められないような『理由』を準備する必要があるでしょう。

上司が怖い

退職の意志を伝えると、怒鳴りつけてくるような上司もいるかもしれません。

しかし、その上司はあなたのことを考えて怒っているのではなく、『自分の評価』を考えて怒っているのです。

ですから、気にすることはありません。

怒られたことに萎縮せずに相手を客観視できる冷静さをもって退職を申し出ることができれば問題ないでしょう。

迷惑をかけることが申し訳ない

どんな人でも退職する時には少なからず職場に影響が出るものです。

これは避けられないことですので、考えても仕方ありません。

退職の意志を伝えたからといって退職までの期間を適当に働くようなことはせず、退職の時期を考慮したり、しっかりと引き継ぎを行えば問題ありません。

人手不足だから

人手不足を感じながら働いている場合は「人手が足りないから辞めないでくれ」と言われてしまうと、非常に心苦しくなりますよね。

しかし、これはあなたのせいではありません。

人材の確保は会社側(経営者)の責務ですので、責任感を感じる必要は全くありません。

退職後のプランが決まっていない

退職した後のことが何も決まっていない状態では、不安しかありませんよね。

こう感じることは当然のことです。

退職の意志を伝える段階では既に転職先が決まっていることが一番望ましいケースです。

最低でも転職活動を開始してから伝えるようにしましょう。

関連:転職活動が会社にバレるのはいつ?バレるのを防ぐ予防・回避方法

辞めた後の転職先でうまくやっていけるか不安

転職先が決まっていても不安はありますよね。

社会人経験は長くても、初めての場所、初めての人間関係が始まる時には、誰しも「うまくやっていけるか」と不安になるものです。

でも、大丈夫です。

なぜなら、あなたは今までも何度も『初めて』を経験してきているはずです。

自信を持ってください。

仕事辞めたいと言い出しやすくなる対処法

では、どうすれば「仕事辞めたい・会社辞めたい」と言い出しやすくなるのか、上記の仕事辞めたいけど言い出せない理由を踏まえながらお伝えして参りたいと思います。

繁忙期を避けて伝える

忙しい時に状況を考えずに「お話ししたいことがあります」と伝えても「忙しいからまた今度にして!」と取り合ってもらえず、不安だけが募っていく可能性が考えられます。

よって、退職を申し出る時は、会社の繁忙期や上司の状況を考えて、時間・気持ち的に余裕のあるタイミングで伝えるのがベストです。

緊張するのは「言い出す瞬間だけ」

さまざまな不安を考えるとなかなか言い出すことができなくなっていきますよね。

スポンサードリンク

でも、緊張するのは「言い出す瞬間だけ」で、一度言ってしまえばそこから先は、すらすらと話せることでしょう。

「怖い」と思って言い出せずにいるうちは一向に前に進むことができません。

ほんの一瞬の緊張感さえ乗り越えられれば必ず前に進めます。

どう伝えるのか考えておく

引き止めに合うことを懸念している場合、引き止めに合いにくい理由を予めしっかりと準備しておくことで、不安を解消して言い出しやすくなるでしょう。

不安な気持ちが見え隠れする中で伝えるよりも、堂々とした態度で伝えた方が相手にはっきりと意志が伝わりやすくなります。

退職を申し出た後をシミュレーションしてみる

どうなるか分からないからこそ不安になりますよね。

そんな時は、とことん具体的にシミュレーションしてみましょう。

あなたの前に退職した人がいれば、その時どうだったのか思い出してみるとあなたと重なる部分があるかもしれません。

具体的に考えることで不安や恐怖が軽減され、言い出しやすくなることでしょう。

多少の気まずさ・迷惑をかけることは仕方ないことだと割り切る

一切気まずさもなく迷惑をかけることもなく辞めることなんてできるはずはありません。

気まずくなること、迷惑を掛けることは仕方のないことだと割り切る気持ちを持つことが大切です。

「退職する」ということは悪いことではなく、労働者に与えられている『権利』ですので、退職まで最低限の義務を果たせば堂々としていていいのです。

会社の不平不満ではなく「個人都合」であることを伝える

退職を考える時は少なからず会社への不平不満があることが当然です。

しかし、上司に退職を申し出る際に会社への不平不満を伝えてしまうと、その場で逆上されたり、「改善するから辞めないでよ!」と引き止められることになりかねません。

ですので、退職の理由としては「やりたいことが見つかった」や「今の会社ではどうしても叶えられないことがある」など、あくまでも「個人都合」による退職であることを伝えましょう。

先に「退職届」を書いておく

上司に「辞めたい」と伝えるよりも一人で『退職届』を書くことの方がハードルは低く感じられませんか?

まずは退職届を書いてカバンに入れてみましょう。

そして「今日なら言える!」と思ったタイミングでその退職届を持って上司に話に行けばいいのです。

転職先を決めてしまう

次に働く転職先が決まっていれば退職を申し出ざるを得なくなります。

また、「辞めたい」と伝えると同時に既に転職先が決まっていることを伝えれば強い引き止めに合う可能性を軽減することもできます。

このように転職先を決めてから伝えることが、一番スムーズな方法と言えるでしょう。

関連:転職活動を在職中に成功させるコツは?退職後の方が良い?バレる?

本当に仕事を辞めるべきかもう一度考えて決断しよう

ここまで「仕事を辞めたい」と言い出しにくくなっている『不安』の理由、『不安』を解消して「仕事を辞めたい」と言い出しやすくなる方法についてご紹介してきました。

ここで最後に重要なことをお伝えします。

「仕事を辞めたい」と伝えることは不安な気持ちを取り除き、たった一瞬の勇気を振り絞れば誰にでも実行できることです。

しかし、「辞めたい」と伝えた後に後悔して「やっぱり辞めたくない」「仕事が決まらないから戻りたい」と思っても、その時にはもう遅いのです。

ですので、「仕事を辞めたい」と思った時は、その後の人生のことまでよく考えたうえで決断するようにしましょう。

まだ踏ん切りがついていないようであれば、退職を申し出る前に転職のプロである転職エージェントに相談してみるのも一つの方法ですね。

転職エージェントに相談したからと言って絶対に転職しなければならないということはなく「そもそも転職すべきかどうか?」を相談するだけで利用することも可能です。

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版