リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

看護師が転職する際の志望動機・転職理由を施設や科目ごとに解説

現在看護師として勤めていてこれから転職しようと決めたものの、志望動機や転職理由をどのように書けば良いかお悩みの方いませんか?

施設や診療科ごとに実施するスキルや業務内容が異なるため、それぞれに合ったものを作成するのは少し難しい作業です。

しかし、希望の職場への転職するためには、志望動機や転職理由をしっかり作成する必要があるので心して取り掛からなければいかません。

今回はみなさんがより良い職場で働けるように、施設や診療科ごとの志望動機や転職理由を解説していきます。

施設や診療科によって押さえるべきポイントも解説しているので、どなたでもすぐに志望動機や転職理由を作成することができますよ。

実際に看護師として働いてきた経験がある私でも「これだけ書ければ採用間違いなし!」と実感しましたので、今すぐ転職したい方はぜひ参考にしてみてください。

関連:看護師を辞めたいと思う理由と対処法!辞めた後は別職種に転職?

看護師が転職する時に志望動機を作成するポイント

転職を考えている看護師が志望動機を作成する際に、押さえておくべきポイントは3つあります。

なぜその施設・診療科を選んだのか

今までの経歴がどのように生かせるのか

今後の将来像について

上記3つについて、順番に詳しく解説して参ります。

なぜその施設・診療科を選んだのか

志望動機を作成する際に外してはいけないことは、なぜその職場で働きたいと思ったかです。

「家から近いから」
「お給料が良いから」

など様々な理由があるかと思いますが、なるべくなら、

「そこの診療科におけるエキスパートになりたいから」
「施設の理念に共感したから」

というように、そこの職場でないとダメな理由を明確にしておくと良いですね。

どこの病院でも良いという人より、“ここでないとダメなんだ”というような強い思いを持つ人の方が好感度は高いですし、長く働いてくれるという期待から採用となる可能性も高くなるので 、しっかり志望動機に盛り込みましょう。

今までの経歴がどのように生かせるのか

転職する前にどのような診療科で働いていたのか、また、そこでどういったスキルを磨いてきたのかをアピールすることも大切です。

働いてきた病院や診療科によって習得しているスキルや知識は異なってくるので、転職先の病院にあなたがどのように職場に貢献できるのかを知ってもらう必要があるため、今までの経歴を明らかにしておきましょう。

同じ分野に転職するのであれば即戦力として働くことを期待されますし、未経験の分野で働くのであればプリセプターを付けてもらえることもあるので、嘘偽りのない情報を伝えるようにしましょう。

関連:看護師から他職種への転職は失敗する?転職先のおすすめは?

今後の将来像について

どのような看護師になり、施設や患者さんに貢献していきたいか今後の将来像・キャリアを述べることも重要です。

総合病院であれば、

「看護のエキスパートとして地域医療に貢献していきたい」

ホスピス病棟であれば、

「患者さんの気持ちを汲みとれる看護師になり、その人らしい最期を送るお手伝いをしていきたい」

などが具体的に挙げられますね。

上記はほんの一例ですが、病院側に「この人はすぐに辞めたりせず、病院にとって無くてはならない存在になってくれそうだ!」と思ってもらえるように、今後の将来像や働き方を明確にしておくと良いでしょう。

看護師が転職する際の志望動機・転職理由

ではここからは、看護師が転職する際の志望動機や転職理由について例文を用いながら解説していきます。

状況シーンや施設ごとに抑えるべきポイントは少しずつ違ってくるので、ぜひ現在のあなたの状況と照らし合わせながらご参考にして頂ければ幸いです。

関連:看護師が転職するタイミング・時期はいつが理想なのか徹底解説

看護師の志望動機①:育児ブランクから復職する場合

結婚や出産を機に仕事を辞めたものの育児がひと段落し、そろそろ職場復帰をしようかと考えている看護師さんは多いと思います。

このような方の志望動機のポイントとしては、

・前職での経歴
・どのくらいの時間働けるのか
・復職への意欲

上記を抑えて転職理由を書くことを意識しましょう。

これらを踏まえた上で志望動機を作成すると、例文は以下のようになります。

総合病院で5年間働いてきましたが、妊娠・出産を機に退職しています。ですが、もう一度看護師として患者さんのお役に立ちたいと考え、応募しました。

貴院はブランクがある看護師への教育支援制度がしっかりしており、子育て中の看護師が多く在籍していると伺っております。

私も復職する看護師を応援している貴院のような職場で働かせていただき、さらにスキルアップもしていくことで貴院や患者さんにとって貢献できる存在になりたいと考えます。

仕事に慣れたらいずれはフルタイムで働き、職場にとってなくてはならない存在へ成長していきたいと思います。

看護師の志望動機②:美容整形外科クリニックへ転職する場合

美容整形外科クリニックは、営業ノルマがあるもののお給料がよく夜勤もないため、仕事とプライベートのどちらも充実させたい方には人気の職場で転職を考えている人は少なくありません。

美容整形外科クリニックへの転職を成功させるポイントとしては、

・美容整形外科クリニックを選んだ理由について
・技術やスキルをどう活かせるのか

をアピールすることが重要です。

これらを踏まえた上で志望動機を作成すると、以下のようになります。

私は一般病棟で6年間働いてきましたが、美容整形外科に対する高い関心がありました。6年一般病棟で働き基本的な看護技術は身につけたため、美容整形外科クリニックへの転職を決意しました。

美容整形外科では患者さんの望みは何かを知るスキルや円満な関係を築くコミュニケーション能力が必要ですか、私は病棟で多くの患者さんやそのご家族の方と関わることで、そのどちらのスキルも身につけてきました。

また、褥瘡や皮膚疾患への処置が多い職場だったので、看護技術も持っていると考えます。

前職での経験を活かし、不足している部分は勉強していくことで貴院に貢献していきたいと考えます。

看護師の志望動機③:訪問看護や介護施設へ転職する場合

病院での仕事はやりがいがあるものの、重篤な患者さんが次々と運ばれてくるため、どうしても仕事が流れ作業になってしまいがちです。

そのため、もっと患者さんと向き合った看護をするために、訪問看護介護施設への転職を考えている方もいるのではないでしょうか?

訪問看護や介護施設などの職場に転職する際の志望動機のポイントとしては、

・なぜ訪問看護や介護施設を選んだのか
・高齢者や在宅ケアの必要な方とどのように向き合っていくのか

を抑えることが大切です。

上記を踏まえて志望動機を作成すると、以下のような例文となります。

私は大学病院の急性期病棟で働いてきましたが、もっと患者様一人一人と向き合った個別性の高いケアをしたいと考え、貴施設に応募しました。

貴施設は作業療法士や言語療法士といったリハビリスタッフとの連携がしっかりしており、患者様のできることを増やし自分らしい生活を送るためのサポートに力を入れています。

私も貴施設で働かせていただくことで、患者様のQOL向上に向けた関わりを学んでいきたいと考えます。

看護師の志望動機④:国立病院へ転職する場合

スポンサードリンク

スキルアップのために国立病院へ転職したい看護師は、どのようなポイントに気をつけて志望動機を作成したら良いのでしょうか?

志望動機に入れて欲しいポイントとしては、

・スキルアップのための転職である
・長期勤務が希望である

ということが挙げられます。

国立病院は重篤な患者さんや難しい症状の患者さんを診る機会が多く、スキルアップには絶好の場所なので、その点を強くアピールしましょう。

また、入れ替わりが激しい職場なので、長期勤務希望であることを伝えれば好感触を持たれやすいため、ぜひ志望動機に入れてくださいね。

以上のことを踏まえて志望動機を作成すると、以下のようになります。

今まで総合病院の慢性期病棟に勤務し、看護師としての基本的なスキルを身につけてきました。

ですが今後のキャリアを考えたときに、さらに高度で専門的なスキルを身につけたいという思いが強くなったため、貴院への転職を決意しました。

研修・教育体制が整っている貴院で長く働かせていただくことで、一つの分野に精通したエキスパートな存在を目指していきたいです。

看護師の志望動機⑤:小児科へ転職する場合

小児科での勤務を希望する看護師は、意外と多いです。

押さえておくべきポイントとしては、

・前職での経験をどのように活かせるのか
・どのような看護を提供していきたいのか

をアピールすることが求められています。

以上のことを踏まえて志望動機を作成すると、以下のようになります。

7年間慢性期病棟で働いてきましたが、最近ここでの仕事はやり尽くしたという思いを持つようになりました。

何か新しい看護を学びたいと考えたときに、昔からの希望である小児科で働きたいと気持ちが強くなったため志望しました。

小児は成人と比べてバイタルや薬の量などに違いがあるため、1から勉強しなければいけないことはたくさんありますが、多くのことを吸収し、看護技術を磨いていくことで患者様の健やかな成長発達をサポートできる看護師を目指したいと考えます。

看護師の志望動機⑥:精神科へ転職する場合

精神科を必要としている患者さんの数が増加しているため、看護師の需要も高まっています。

精神科への転職の際のポイントとしては、

・なぜ精神科で働きたいのか

という点を明確にしておくことが重要です。

以上を踏まえて志望動機を作成すると、例文は以下のようになります。

看護師の資格を取って以来、ずっと慢性期病棟で勤務してきました。

長い入院生活の中で認知症や精神疾患を発症する患者様に多く関わる中で、精神看護に興味を持つようになりました。

精神科の専門病院である貴院で働き患者様の心と体の両方をサポートすることで、その人らしい人生を送るためのお手伝いができる看護師になりたいと考えます。

看護師の志望動機⑦:整形外科へ転職する場合

整形外科は元気に退院していく方がほとんどであることから、明るい雰囲気の職場が多いです。

そのため気分をガラリと変えるために、整形外科への転職を考える方は少なくありません。

整形外科の志望動機の書き方としては、

・なぜ整形外科なのか
・整形外科の特色を理解しているのか

について明確にすることがポイントです。

以上を踏まえた上で志望動機を作成すると、以下のような例文となります。

整形外科には元気に退院していく方が多く、私も明るい雰囲気の職場で小さなお子さんから高齢者の方へのケアに関わりたいと考え、整形外科を志望しました。

年間の手術件数も多く、様々な症例に関われる貴院で働かせていただくことで、整形外科看護師として成長していきたいと考えます。

看護師の志望動機⑧:産婦人科へ転職する場合

産婦人科は、生命の誕生の瞬間に立ち会える非常に素晴らしい診療科です。

幸せにあふれる職場である産婦人科に転職するためには、

・スキルアップしていく意欲があるのか
・どんな看護を提供していきたいのか

を書くのがポイントです。

以上を踏まえて志望動機を作成すると、以下のようになります。

NICUで5年間働いてきましたが、妊娠から出産までのケアに関われる産婦人科に興味を持ち、志望しました。

将来的には助産師の資格を取り、出産や妊娠中の指導などにも直接関われる仕事をしたいと考えています。

貴院は助産師の資格取得支援制度が充実しているため、資格取得をすることで貴院に貢献できる存在になりたいと思います。

看護師の志望動機⑨:救急病院へ転職する場合

救急病院には、常に重篤な状態の患者さんが運び込まれてくるため、スキルアップしたい方や自分の実力を試したい方にはぴったりの職場です。

そのため救急病院への転職を考えている人は、

・スキルアップしたいこと
・救急看護の知識を深めたいこと

を伝えると良いでしょう。

上記を踏まえた上で志望動機を作成すると、以下のようになります。

長年急性期病棟で働いてきましたが、さらに看護師としての知識や救命処置のスキルを高めたいと考え、救急病院を志望しました。

貴院は勉強会や研修が充実しているだけでなく、認定看護師の資格取得も積極的に支援しています。貴院で働かせていただくことで、救急看護のエキスパートとして貴院や患者様のお役に立てる存在になりたいと考えます。

看護師のパートや派遣社員として転職する場合の志望動機は?

常勤看護師ではなく、パート派遣看護師としての働き方を選択する人は少なくありません。

パートや派遣看護師として転職する場合の志望動機としては、

・なぜ派遣やパートという働き方を選択したのか
・いずれ正職員になる意思はあるのか

上記を伝えるようにしましょう。

上記を踏まえて志望動機を作成すると、以下のようになります。

出産を機に仕事を辞めていましたが、看護師としてやりがいと充実感のある仕事に復帰したいという思いが強くなりました。

子どもがまだ幼稚園に上がったばかりのため、最初のうちはフルタイムではなくパートで働くことを希望します。

ですが、子供が小学校に上がる頃には、正職員として夜勤にも入れるように準備していきたいと考えます。

志望動機は看護師転職サイト・転職エージェントで添削を

ここまで施設や診療科別の志望動機や転職理由についてお話ししてきましたが、「やっぱり自分だけで志望動機を書き上げるのは自信がない……。」と不安に感じている方もいますよね。

このような人の場合、看護師転職サイト・転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントから添削してもらうのも一つの手です。

転職エージェントというと、求人先の紹介をするだけのイメージをお持ちの方もいると思いますが、実は履歴書や職務経歴書の添削、面接対策や退職に関する支援など、転職活動に関するありとあらゆることをサポートしてくれる転職活動の心強い味方です。

看護師の転職サイト人気おすすめ8選!利用するメリットや選び方も

あらゆるサービスを無料で受けられますし、合わないと感じたら利用を停止すれば良いだけなので、転職に関する不安を感じている方は一度登録してみることをおすすめします。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキングTOP10

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する