リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

薬剤師・看護師・医師の転職

看護師から他職種への転職先おすすめ一覧まとめ【※病院以外へ】

更新日:

ここでは看護師の皆さんが安心して他職種に転職することができるように、転職事情やおすすめの転職先について紹介していきます。

看護師の中には今の病院を辞めて、もっと働きやすい他業種・職種の職場へ転職したいと考えている方も少なくありません。

 
病院の仕事はやりがいがありますし、今までの経験を生かせることから転職先に再び病院を選んでしまいがちですが、看護師以外の仕事に目を向けてみるのも大切かもしれませんよ。

「でも今さら、看護師以外の仕事をすることなんてできないよ……。」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

病院以外の現場でもあなたらしく働ける職場はたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最終更新日.2019年6月19日

看護師から他職種へ転職する人の割合

職場を辞める看護師に、「新しい転職先はどこなの?」と尋ねると、多くの人は病院やクリニックの名を挙げるはずです。

看護師の資格を取るまでには、厳しい実習や国家試験を乗り越えないといけないため、看護資格を生かせる病院やクリニックに再就職するのは当然の選択ですよね。

しかし、日本看護協会の調査を見ると、「看護師の1割程度は看護師以外の仕事に関心を抱き辞めている」という結果が出ていおり、必ずしも転職先として病院を選んでいるわけではないことがわかります。

▼看護師に向かなかったと感じる人も少なくない
 (出典:看護職員就業状況等実態調査より)

看護師になったからといって、ずっと医療の現場縛り付けられる必要はありませんから、看護師以外の職種に目を向けるのも大切という訳ですね。

「やっぱり他職種じゃなく看護師として別の職場に転職したい」という場合は、看護のお仕事のような看護師向けの転職サイト・転職エージェントを活用して看護師専任のキャリアコンサルタントに転職相談してみましょう。

看護のお仕事の評判は?クレームばかり?面談や求人口コミ

看護師から他職種への転職は失敗する?

勤務時間が不規則、仕事に対するストレスが大きいなどの理由から、看護師から他職種への転職を検討する人は少なくありません。

ですが、今まで経験したことのない業界に足を踏み入れるのは不安が大きく、多くの方は悩んだ末に結局、同じ仕事を選んでしまう傾向にあります。

確かに新しいことにチャレンジするというのは不安が大きいものですが、他職種に転職すると規則正しい生活を送れたり、サービス残業をしないで済んだりなどのメリットも多いです。

実際に看護師から他職種へ転職した方のお話を聞いてみると、

・なんといっても夜勤やサービス残業がないのが最高!規則正しい生活をおくることができるようになったので、心身ともに健康になりました。

・家族と一緒の時間が増えました。土日も休みなので子供や夫と一緒に出かける機会が増えたのも良かったです。

といった喜びの言葉が聞こえてきました。

看護師の仕事に疲れ転職を検討している方は、思い切って他職種に転職することも必要と言えるでしょう。

看護師から他職種のおすすめ転職先一覧

ではここからは、看護師から別の業種・職種に転職する際に候補として挙げられる具体的なおすすめの転職先をいくつかご紹介いたします。

他職種おすすめ①:ケアマネジャー(別職種)

ケアマネジャーとは、介護や医療サービスを必要としている方が個別性にあったサービスを受けられるように、介護保険制度の中でマネジメントしていく仕事です。

デスクワークが中心ですが、医療・介護業界ということでそこまでギャップを感じずに働けるはずですし、看護師として患者さんと関わってきた経験を活かせます。

「現場で働くのには疲れたけど、看護師の経験を生かしたい」
「土日も休める仕事がしたい」

上記のような転職理由をお持ちの方は、ケアマネジャーを目指すことをオススメします。

ケアマネジャーの資格は合格率21.5%と難関ですが、看護師としての経験が通算5年以上、900日以上あれば資格試験を受けられるのでぜひ挑戦してみてください。

他職種おすすめ②:介護士

看護師から他職種への転職先として、介護士を選ぶ人も少なくありません。

目の前の人に感謝されたり喜びを感じるという側面では似ていますが、看護師ほど過酷な職場ではないという理由で転職する人が多い現状です。

「給料安くなるんじゃないの?」と懸念されるかと思いますが、求人によっては看護師と同じくらいの給料が貰える介護の職場も全然あります。

実際に看護師から介護士への転職を成功させた方の体験談を見てみましょう。

看護師→介護士への転職体験談

看護師として働いていた際は福利厚生が充実をしていない職場で賞与も無かったので、勤務をしていて疑問を抱くようになりました。

看護師の業務をしていた際に介護業界の方々と接する事があり、とても楽しく働いている印象を受けたので、転職の選択をしました。

看護師と介護士のお給料は大幅なお給料の減俸があるのでは無いかと転職当初は考えていましたが、転職サイトで求人を調べた際にお給料が変わらずに福利厚生が充実をしている職場を見つける事が出来ました。

介護の職場の上司の方の研修期間の指導の行い方が分かりやすく丁寧だったので、未経験でもすぐに仕事を覚えられてスムーズに業務を行えているので、転職して良かったと思っています。

介護業界は高齢化に伴い人手不足が進んでいるので、待遇や福利厚生もよく研修制度も充実していて働きやすい環境が整えられている職場も増えています。

介護系職種への未経験からの転職について興味のある方は、「介護士の転職エージェントおすすめTOP5!志望動機や転職理由は?」を参考にされてくださいね。

他職種おすすめ③:MR(医薬情報担当者)

MR(医薬情報担当者)とは、薬についての知識や情報を医療関係者に周知・宣伝する製薬メーカーの営業職のことです。

営業職と看護職は大変かけ離れているような気がしますが、人と接する機会の多い看護師はコミュニケーション能力の高い方が多く営業職に向いています。

さらに看護師として説得力のある商品の売り込みができるため、MRは最適な転職先です。

スポンサードリンク

「今とは違う職種で新しいことにチャレンジしたい!」
「たくさんの人と関わる仕事がしたい!」

上記のように考え、転職を決めたい方にはMRおすすめですよ。

MRになるのに必要な資格はないですが、MR認定資格があると転職活動も有利に進むので、資格取得の勉強をしておくのも良いですね。

関連:女性が転職する時に持っておくと有利な資格おすすめを厳選

他職種おすすめ④:クリニカルスペシャリスト

「看護師の資格を活かしつつ別職種へ転職したい」と考えている方は、医薬品や医療機器メーカーで働くクリニカルスペシャリストを目指してみると良いですね。

クリニカルスペシャリストとは、医療機器や用具の開発補助や販売する職種です。

実際に看護師として医療機器を使ったことがあると、営業先へのデモンストレーションやプレゼンテーションがスムーズに進むため、看護師としての経験やスキルを発揮することができます。

一般企業なので夜勤せずに働けますし、年収は400〜600万程度もあるため、今までと生活水準を変えることなく過ごせるので安心ですね。

人気のある職種ですから、看護師としての経験やスキルをしっかりとアピールし内定を勝ち取ってください。

他職種おすすめ⑤:事務職(別職種)

医療と全く関係ない職種に転職したい方には一般企業の事務職もおすすめの職種です。

一般企業の仕事であり、パソコンワーク中心のため最初は戸惑うかもしれませんが、看護師として培ってきた観察力やコミュニケーション能力があれば仕事にすぐに順応できます。

看護師は緊急時の対応に慣れているため、慌てずに物事に対処できるので職場でも頼られる存在になれますよ。

残業が少なくカレンダー通りにお休みをもらえるところが多いので、プライベートを重視している方や家族との時間を大切にしたいと考え転職を決意した方には、ぴったりの仕事です。

就職難易度は企業によって異なりますが、簿記の資格を取得し、仕事に対する熱意をアピールすると良いですね。

事務職未経験でなかなか志望動機や転職理由が見つからないという方は、下記記事も参考にされてみてくださいね。

関連:事務職に未経験から転職は難しい?志望動機・転職理由例文は?

他職種おすすめ⑥:医療事務職

看護師から別職種への転職先として、医療事務職もおすすめです。

やはり看護師時代に培った経験や知識を活かしつつも、看護師よりワークライフバランスが取れる医療事務職は人気職種の一つです。

実際に看護師から医療事務職への転職を果たした体験者の声をご紹介します。

看護師→医療事務への転職体験談

看護師として働くには精神的にも肉体的にもしんどくなり、綺麗なオフィスで事務職をしてみたいとお仕事を探していました。

そんな時に、医療的知識のある方が欲しいと言われたので挑戦してみたいと思いました。

また、事務職といっても製薬会社なので、今までの知識や経験を生かせる事もあるかもしれないと思い転職することを決意。

全く違う分野で働くよりは仕事をしていても楽しく、日々勉強する事もでき、今までの看護師としての経験をムダにせず楽しく働けています。

また、福利厚生が充実しており、会社の雰囲気も良く、自宅から通いやすい場所にあったのが良かったです。

転職先:製薬会社の医療事務職

他職種おすすめ⑦:一般企業の営業職

看護師から他職種へのおすすめの転職先として、一般企業の営業職もオススメです。

女性の社会活躍が推進される現在、女性でも活躍している営業マンは非常に増えてきていて、その勢いは男性営業マンを凌ぐ勢いとも言えます。

営業職はどんな仕事をする上でも基礎的な能力を全てカバーできるので、また別の仕事がしたいと思った時に非常に有利となる経験にもなるんですね。

女性が活躍している営業の業界である人材会社の営業職も良いですし、看護師の経験を活かして医療機器メーカーの営業職など働き口はさまざまです。

人材業界・人材会社へ転職する際の志望動機・転職理由例
医療機器メーカーへ営業職で転職する時の志望動機・転職理由例

最初は「営業なんてできない…」と若干怖いと感じるかもしれませんが、実際にやってみると意外と向いていてみるみるうちに成績を伸ばすなんてこともありますよ。

他職種おすすめ⑧:看護師向けキャリアアドバイザー

看護師から他職種の転職先としてキャリアアドバイザーもおすすめ職種の一つです。

キャリアアドバイザーとは現在の仕事に対して何らかの不満を抱えている人に対して、仕事の相談に乗ってあげたりおすすめの転職先を紹介してあげる仕事のことですね。

転職エージェントという呼ばれ方をすることもあり、女性の活躍率は男性を超えているほど人気の職種の一つなんですね。

▼元看護師のキャリアアドバイザーも多く活躍

看護師の転職サポートに特化した転職エージェントもあるくらいなので、今あなたが抱えている実体験をベースに悩みを解決してあげられるので非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

おすすめの転職エージェントについては「転職エージェントになるには?おすすめ優良エージェントの特徴」で具体的な会社を紹介しているので、ぜひ興味があればご参考頂ければ幸いです。

他職種おすすめ⑨:保育園看護師

看護師資格を持っていれば、保育園内で勤務する「保育園看護師」として働くという選択肢もあります。

仕事内容としては「ケガの応急処置」「保育のサポート」「子どもの健康相談」など子供の病気予防にまつわる注意喚起や怪我などの対応がメインの業務内容となります。

子供が好きという方にとってはこれ以上ない環境ですし、病院看護師のような夜勤はなく日勤のみでの時間となりますので、規則正しい生活を送れるという点では間違いありません。

しかし、一般的な病院で働く看護師と比較すると給料が低くなる傾向があることや、直接的な医療現場に携わる機会が減るので看護技術が低下するというデメリットもあるでしょう。

他職種おすすめ⑩:美容クリニック

美容クリニック、すなわち「美容皮膚科」や「美容外科」を目指すことも看護師からの転職の選択肢としてありです。

レーザー機器を使った施術・美容に関する注射や美容に関する手術の介助がメインの仕事内容となりますので、美容に関して高い興味関心がある場合は転職と言えます。

また、美容クリニックは一般的な看護師と比較して平均給料が高いことでも有名な職業ですし、夜勤はなく日勤のみなのでワークライフバランスも取りやすい傾向にあります。

ただし、看護師と大きく違う点として店舗によってほとんどの確率でお客様を獲得するための営業トークが必要になるので、営業や勧誘に苦手意識がある人は向いてい無い可能性もあるでしょう。

他職種おすすめ⑪:お菓子屋の製菓助手

看護師から他職種への転職先として、以前から興味を持っていたり、やりたいと考えていた職種への転職を成功させる人もいます。

たとえば例として、お菓子作りが元々好きだった方は、看護師から製菓助手への転職を成功させています。

看護師→製菓助手への転職体験談

もともとお菓子を食べるのが好きで、料理関係の仕事に興味を持っていました。

看護士をしながら時々お菓子関係のアルバイトもしていたので、看護士をやめた後に料理の学校に1年通って資格を取り、実家の近くで料理関係の仕事に転職しました。

興味があって好きな仕事なので、皿洗いなど雑用の仕事をしていてもまったく苦にならずに続けることが出来ています。

看護師から他職種への転職先を探す方法

看護師から他職種への転職先のおすすめを例をあげて紹介していますが、どんな仕事に興味があるのか分からなかったり、やりたいことが分からない方は転職エージェントの利用をお勧めします。

転職エージェントでは、担当キャリアアドバイザーが一人一人にマンツーマンでやりたいことや叶えたい目標などを引き出すお手伝いをしてくれるんですね(キャリアプランの構築)。

もちろんやりたいことが明確になったら、その願望を実現することのできる仕事を紹介してくれるので、一人で転職サイトなどを眺めるよりも遥かに効率的です。

今回は看護師から他職種への転職としておすすめの転職エージェントを2社厳選して紹介いたします。

doda

dodaは何と言っても国内最大級の規模を誇る転職エージェントで、転職活動を行う上ではまず外せない超大手エージェントです。

15万件以上の求人を保有していることに加えて、転職実績も非常に豊富なので看護師から他職種への転職事例も多数用意されている安心感があります。

面談場所も札幌・仙台・東京・横浜・大阪・名古屋・広島・岡山・福岡と全国的に構えられているので、転職を考えている方はまず利用すべきと言えるでしょう。

▶︎dodaの登録はコチラ

パソナキャリア

パソナキャリアは派遣のイメージが強いかもしれませんが、正社員として働ける職場を紹介する転職エージェントとしても大手の位置に君臨しています。

とりわけ女性の転職支援にめっぽう強く、担当キャリアアドバイザーも女性の担当者が多いので、きめ細やかできちんと希望を汲んだ上で転職について相談に乗ってもらうことが可能です。

面談場所も、札幌・東京・横浜・大阪・名古屋・広島・福岡と各エリアごとに設けられているので、ぜひdodaと併用して活用してみると良いでしょう。

▶︎パソナキャリアの登録はコチラ

看護師として別の職場に転職したい場合

ここまで看護師から別職種へ転職する際のおすすめ転職先について紹介して参りましたが「やっぱり看護師の仕事は好きだから、看護師を続けたい」とお考えになられた方もいると思います。

もし看護師を続けながら別の病院に転職する場合は、「どれだけ良い職場環境で働けるか?」という視点で転職先を選んでいく必要がありますよね。

働きやすい環境を見つける際には、看護師の転職先をまとめた転職サイトの利用は非常に便利なツールですので、ぜひ下記記事も併せてお読みいただければと思います。

看護師の転職サイト人気TOP3!利用するメリットや選び方も!

看護師を続けるにしても、別職種へ転職するにしても、今よりも充実した仕事ライフを送れることを心から応援しています。

看護のお仕事の特徴

12万件以上の豊富な医療機関情報

リアルな職場情報が転職前に分かる

条件交渉の完全代行(休日・給料など)

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-薬剤師・看護師・医師の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.