リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【50代転職の現実】給料が上がるケースはほとんどないのか?

今回は50代での転職を現実的に考え「給料が上がるケースは本当にないのか」、実際の体験談などを元に調査致しました。

転職は自分のスキルや経験を生かして、働き甲斐や待遇の良い職場を求める手段ですが、50代の転職希望者にとって転職の場は恵まれているとは言えません。

給料が下がる場合が多くそれ以前に働く場も少ないのが現実ですが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

–PR–

>>【年齢別】50代に強い転職エージェントおすすめランキング<<

■50代転職の現実!給料が上がるケースは稀?

初めに、50代の転職状況のデータを紹介します。

これは厚生労働省が毎年実施する「雇用動向調査」の最新版(2016年上半期)の「転職入職者の状況」で、この調査から下記のことが分かりました。

<雇用動向調査>
50代転職入職者の率は「50才~54才男性:3.5%、55才~59才男性:2.8%」
賃金変動状況(賃金の上がった人)「50才~54才:15.4%、55才~59才:18.7%」
(厚生労働省より)

これに対し、20代で転職して賃金が上がった人の割合は40%以上、30代・40代で転職した人は35%以上という結果でした。

これらの結果を見ると、やはり50代の転職条件は厳しいという現実が数字的には明らかになりました。

■50代で転職して給料UPに成功したケース①

【営業から広告業界へ!「やる気」が認められた】
『54才 男性 年収が500万円→650万円に上がった事例』

転職前は広告代理店で営業をしていました。

この時は、食べるためにやむを得ず働いていたと言う感じでした。

そんな時、駅前にあった旅行代理店の大きなポスターを何気なく見ていたら「こんなポスターを創りたい」と思い、それが猛烈な衝動に変わりました。

すぐに家族に相談したら支持してくれたので行動に移しました。

広告制作会社を数社面接し、その中の1社が私のやる気を認めてくれて採用されました。

スポンサードリンク

こうして広告制作会社のカタログディレクターとして「好きな仕事、やり甲斐のある仕事」を手に入れることができました。

転職してから一年間は大変でしたが、やる気を前面に出して仕事に集中しました。

職場の人たちも私のやる気を認めてくれるようになりました。

今後は持っているスキルやノウハウを後輩に伝承したいし、必要としてくれる世界で生かしたいです。

その方法は転職でも独立でもかまわないと思っています。

>>【年齢別】50代ベテランに強い転職エージェントおすすめランキング

■50代で転職して給料UPに成功したケース②

【服飾会社で新規事業の営業職に転職】
『50代 男性 年収が360万円→600万円に上がった事例』

転職前は従業員20人ほどの会社で営業職をしていましたが、試用期間終了後に給料を下げられたことが転職のきっかけになりました。

それまでも会社の処遇に疑問を抱いていて早々に退職しようと決めました。

転職活動は転職エージェントの紹介で、服飾会社が消耗品の新規事業を立ち上げるために新たに造った事業部に採用されました。

関連:50代の転職に強いおすすめ転職エージェントランキング

面接は新規事業の立ち上げを実行できる能力があるか!を重点に審査されましたが、私がその業界で20年ほど従事し、マネジメント経験があることなどが認められたようです。

私がこの会社を選んだ理由は、

「同業会社なので、キャリアを生かせること」
「新規事業部なので全員が新人になり転職者のハンディーがないこと」
「給料と待遇が良いこと」

でした。

転職して大満足です。

■50代で転職して給料UPに成功したケース③

【海外専門家派遣制度を利用して海外転職】
『58才 男性 年収が900万円→950万円に上がった事例』

自動車部品製造会社のプレス金型設計部門で40年近く働き、役職定年後は私の知識が詰まった「設計大全」を作り、後継者を育てようと上司に提案しましたが却下されました。

関連:技術職(機械・電子系)の転職に強い転職エージェントランキング

自分の居場所は日本にはないと実感し、海外で若い設計者に私の技術を教えようと、海外転職を決意しました。

そこで、AOTS(海外産業人材育成協会)の海外専門家派遣制度を利用することにし、専門家登録をしました。

すると、インドの日系金型企業からオファーがあったため会社に退職届を提出しましたが、なかなか退職許可が下りませんでした。

円満退職にしたかったので何度も根気よく会社と交渉し、半年間待ってやっと許可が下りたため、インドの日系金型企業に就職する形でアドバイザーとして派遣されました。

派遣費用(年収)は専門家の業務や海外での指導経験をもとに算出され、私の場合は950万円ほどになりました。

インドの物価が安いため実質賃金は差額以上のアップになりました。

インドでの任務を終えた後は、タイで転職活動を行い、現地のローカル企業でアドバイザーとして5年間勤務しました。

海外転職という思い切った決断でしたが、家族の協力もあり任務を達成できました。

私にとって海外転職は大成功で、こんな転職もあるんだ!と知ってもらえたら嬉しいです。

■50代で転職して成功したケースはまだまだある

「50代の転職や起業はやめた方がいい」と著名な実業家が言っていました。

しかし、今回紹介した3人以外にも、50代で転職に成功して充実したシニアライフを送っているビジネスパーソンはまだまだたくさんいます。

実際に私の知人も、初めて50代で前職のコネを辿って転職に成功し、今も現役で誇るべき仕事を行っています。

ぜひ50代で給料アップという目標を果たすための転職活動を行う役に立てたら幸いです。

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31