転職エージェントの使い方

【例文あり】転職エージェントのスカウトメールは返信すべき?

投稿日:

転職エージェントや転職サイトに登録すると日々大量に送られてくるスカウトメールは使えるのか?返信すべきか否か?元エージェント勤務経験者が解説します。

スカウトメールは最初は気にして確認していても、だんだんと届く量の多さから確認を後回しにしてしまい、気付けば「未読メールが溜まっている…」となってしまいますよね。

スカウトメールは有効活用できれば転職を有利に進められる強い武器になりますので、スカウトメールの種類と有益なメールとそうでないメールの見分け方についてもお伝えしていきます。

転職を成功させるチャンスを逃さないよう、この記事を読んでスカウトメールの仕組みを理解して、上手に活用しましょう。

dodaプレミアムオファーの内定獲得率は3倍!スカウトサービスとは

【最終更新日.2022年7月28日】

転職エージェントのスカウトメールの種類

転職エージェント・転職サイトから送られてくるスカウトメールの種類は全部で3種類あり、それぞれ、

企業から直接送られてくるメール

転職エージェントからのオファー

別人材会社のオファー

が存在します。

具体的にどんな内容のスカウトメールなのか、それぞれ具体的に解説して参ります。

企業から直接送られてくるメール

転職サイトに求人を掲載している企業から直接送られてくるメールです。

転職サイトに登録しているあなたの経歴を見た企業の採用担当者が「採用したい」と思って送信していますので、最も『内定』に近く、優先すべきメールになります。

自己応募と比べて選考の通過率はかなり高くなりますので、少しでも気になる企業の場合は積極的に返事を出すことをおすすめします。

▼実際に送られてくるメール一例(タップで拡大)

転職エージェントからのオファー

企業から採用を依頼されている転職エージェントから送られてくるオファーメールです。

先ほどの『企業から直接送られてくるメール』は、企業の採用担当者が直接あなたの経歴を確認してオファーを送っていましたが、こちらは転職エージェントが企業に代わってオファーを送っているメールとなります。

企業から直接送られてくるメールと比べると優先度は下がりますが、採用のプロである転職エージェントが、あなたの経歴を見て選考通過の確立が高い求人を紹介していますので、選考を通過できる確率が高いでしょう。

別人材会社のオファー

別人材会社とは、登録している転職サイト・転職エージェントとは別の運営会社から送られてくるスカウトメールのことです。

転職エージェントからのオファーメールと一見区別がつきにくいことがありますが、具体的な求人内容が記載されていない場合や、文末に他の会社の連絡先が記載してある場合、別人材会社からのメールと捉えることができます。

人材会社への登録を促す勧誘メールですので、優先度は一番低く、基本的には無視しても問題ありません。

大手転職エージェント・転職サイトから届くメールの件名タイトルにはそれぞれ以下のような文章が記載されているメールが該当します。

dodadodaパートナーエージェントサービス
リクナビNEXT○○様へ面談のお申し込みが届きました
マイナビ転職マイナビ転職スカウトサービス
キャリトレ書類選考に合格する可能性が高い求人が届いています

スカウトメール①:企業から直接送られてくるメール

企業から直接届くスカウトメールへは、できる限り早めに返事を出すようにしましょう。

なぜなら、あなただけではなく転職サイト・転職エージェントに登録している他の転職希望者に対してもスカウトメールを送っているため、対応が遅れると他の転職希望者に決まってしまう可能性があるからです。

企業から直接送られてくるスカウトメールの中には、大きく分けて2種類のメールが存在しますので、内容について詳しくご紹介します。

面接確約のオファーメール

あなたの経歴を見て、書類選考を飛ばしてでも「すぐに面接したい」と思った場合に送られてきます。

選考を希望する場合には、メールを受信した日からなるべく日を空けずに、お礼の言葉とともにサイトを通した応募作業や面接希望日時の調整を行いましょう。

応募を促すオファーメール

先ほどの『面接確約オファー』とは異なりますが、選考通過の確率がかなり高いスカウトメールになります。

スカウトメール送信者と採用責任者が異なる場合、このパターンのオファーメールが多くなります。

このメールに返事をした場合は通常の書類選考から選考をスタートすることになりますが、スカウトメールが送られていない応募者と比べると有利に選考を進められますので、こちらも内定確率の高いオファーと考えていいでしょう。

スカウトメール②:転職エージェントからのオファー

転職エージェントから送られてくるオファーメールについては、送られてきた求人に興味がある場合のみ返信するようにしましょう。

転職エージェントは数千~数万件の求人を取り扱っていますので、あなたから返信がなかった場合は興味がない求人であったと判断して、また別の求人を紹介してくることでしょう。

注意して判断したいメールとしては、『非公開求人』というワードが入っている場合です。

非公開求人とは転職サイトには掲載されていない求人で、企業から採用依頼を受けた転職エージェントが依頼内容に合った経歴やスキルを持っている転職希望者のみにオファーを送り、求人内容を公開しています。

参考:非公開求人とは?転職者のメリット・デメリットと非公開の理由

ですので、ライバルが少ない状態の求人に、あなたが最優先で応募できるチャンスになります。

条件がいまいち合わない…という場合でも、転職エージェントを通して応募すると応募時から条件の相談を行えるケースもありますので、少しでも興味があれば積極的に返事を出してみましょう。

dodaプレミアムオファーの内定獲得率は3倍!スカウトサービスとは

スカウトメール③:別人材会社からのオファー

人材会社が取り扱っている求人とあなたの経歴・スキルが合っていると判断されると送られてきますが、他のスカウトメールと比較すると積極的に返信する必要はないと言えます。

なぜならば、このメールは特定の求人へのオファーメールではなく、人材会社への登録を促すオファーメールになるためです。

具体的な求人が記載されていない場合は、求人の紹介が可能か判断できなくても「あなたの経歴に合った求人を多数保有しています!」というような一見魅力的な文面で自社への登録を促してきます。

このメールに返事をしてわざわざ足を運んで登録しても「今はあなたに合う求人がないので、また出てきたら連絡しますね。」とおざなりな対応を受けることも少なくないため、転職活動をはじめたばかりの段階や他に選考が進んでいる企業がある場合は、返信をしない方が効率的です。

関連:【転職エージェント】連絡こない=見捨てられた?理由と対処法

転職エージェントスカウトオファー返信例文

転職に関するQ&A

もし転職エージェントや採用企業から届くスカウトメールオファーが魅力的であった場合は、以下のような例文を参考に返信をしましょう。

面接オファーの返信例文

○○企業様

お世話になっております。
この度は面接オファーを頂き誠にありがとうございます。
本件、ぜひ前向きに検討させて頂きたく存じますので今後の流れについてご教示いただけますでしょうか。
お忙しいところ大変恐縮ですが、 何卒よろしくお願い致します。

求人紹介オファー返信例文

○○企業様

お世話になっております。
この度は求人をご紹介頂き誠にありがとうございます。
本件、ぜひ前向きに検討させて頂きたく存じますので求人詳細についてご教示いただけますでしょうか。
お忙しいところ大変恐縮ですが、 何卒よろしくお願い致します。

オファーメールの返信についてはシンプルかつ簡潔に、長ったらしく書く必要はありません。オファーに興味があればできるだけ早く返信しましょう。

強いて挙げるとすれば、転職エージェントや企業は何百通とスカウトメールを送っていますので、どのスカウトに対しての返信かだけ返信の際に一言添えておくと分かりやすいので親切ですね。

スカウトメール返信のお断り/辞退例文&断り方

ITエンジニアの客先常駐の見分け方!派遣との違いは?

基本的に転職エージェントからのスカウトメールに対しての辞退やお断りの返信は一切不要で送るだけ時間の無駄です。無視して良いです。

転職エージェントや採用企業は1日に何百通、何千通とスカウトメールを配信していますので、いちいち誰に送ったかなんて覚えていませんし、無視されるのが当たり前と思って送っています。

にも関わらず「スカウトメールにどうやって断りの返信をしようかな?」などと考える時間が無駄ですし、そんなメールに返信する時間があるならば求人を探したり自己分析に時間をかける方がよっぽど良いです。

繰り返しますが、転職エージェントからのスカウトメールに対しての返信は一切不要です。辞退の返信があっても「きちんと対応してくれる人だな」とかすら微塵も思わないので、間違っても返信せず無視しておきましょう。

きちんとお断りのメールをくれた人だから次は優先的にスカウトを送ってあげよう!とかも一切ならないです。あなたの経歴スペックが魅力的であれば無視しても1日に何十通とスカウトメールは届き続けます。

転職エージェントからのスカウトメールまとめ

では最後にもう一度改めて、転職エージェント・転職サイトから送られてくるスカウトメールをまとめると、

企業から直接送られてくるメール

転職エージェントからのオファー

別人材会社のオファー

上記3種類に区分され、返信の優先度としては上が最優先のスカウトメールとなります。

スカウトメールを活用することで、通常の転職エージェントや転職サイト経由で企業の選考に応募するよりも、選考通過率が高くなりますので、ぜひ有効活用してあなたの理想の転職先から内定を勝ち取りましょう。

特に下記で紹介しているエージェントではスカウトメールの頻度が多いですので、ぜひ併せて参考にされてみてくださいね。

dodaプレミアムオファーの内定獲得率は3倍!スカウトサービスとは

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

-転職エージェントの使い方

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.