看護師の転職

看護師から転職して他職種は難しい?辞めたい理由と転職成功のコツ

投稿日:

看護師から転職して他職種は難しい?辞めたい理由と転職成功のコツ

看護師が仕事を辞めたいと思うきっかけ・理由やその対処法、さらに他職種への転職についてお話ししていきます。

看護師の仕事は病気やケガで苦しむ人を助ける非常にやりがいのある職業で、お給料も一般女性より多くもらえるため、なりたいという人は後をたちません。

しかし、このように魅力いっぱいの看護師という仕事ですが、実は離職率の高い職業でもあります。

今現在、看護師の仕事がつらいと感じている人は転職活動の参考にしてみてください。

転職をより具体的にお考えの方は、下記もご覧頂けると参考になるかと思います。

>>看護師の転職サイト人気TOP10!利用するメリットや選び方も

看護師プロフィール 転職エージェントマニア
最終編集日.2021年11月2日

■看護師を辞めたいと思う時はどんな時か

看護師を辞めたいと思うタイミングはどんなときなのか、看護師の退職理由として多く挙げられるものについて見ていきましょう。

それぞれの辞めたい理由に対して取るべき対処法は後述していきます。

●辞めたい時①:職場の人間関係がつらい

看護師は男性が増えてきたとはいえ、まだまだ女性優位の職場です。

女性特有の人間関係の難しさがあり、些細なミスや振る舞いのせいで陰口やいじめのターゲットにされてしまう事もめずらしくありません。

人間関係がうまくいかないと仕事にも支障をきたしてしまうため、辞めたいと感じる看護師が多くいるのです。

関連:仕事辞めたい理由が人間関係なら転職すれば悩みは解決できるのか

●辞めたい時②:夜勤や残業が大変

病院では24時間ケアを必要としている患者さんが大勢いるため、夜勤や残業は避けては通れません。

看護師になった以上仕方のないことですが、家族や友人との予定を立てづらいというデメリット、夜勤を行うことで体内のリズムが乱れ、体調を崩してしまうことも少なくないですよね。

看護師の仕事は好きだけど、働き方が合わずに職場を辞めていくというケースも多いのが事実です。

実際に夜勤を理由に看護師を退職した方の体験談をご紹介いたします。

看護師から他職種へ転職体験談

看護師の仕事は夜勤がきつく、生活習慣に乱れが出るということからストレスになっていて体調不良にも繋がりました。

事務作業は得意で、書類整理、パソコンでの入力は人並み以上に出来る自信があったので、事務職に移ろうと想いました。

在職期間中は非情に忙しく、転職活動に使う時間もあまりなくハローワークに仕事終わりに行くのも疲れるので、転職エージェントを使いました。

自分の住んでいる地域に限定しても、多くの職場が紹介されていて、可能性が広がるものだと思えました。

こちらが仕事で忙しい間にも担当者が仕事を見つけてくれて、就職にあたったサポートもしてくれるのが自分に有利に働くとおもいそれを使用して転職しました。

看護師から事務職への転職に強い転職エージェントはコチラ

●辞めたい時③:重度のストレスを感じる

看護師は人の命を扱う責任重大な仕事です。

ちょっとしたミスや判断の誤りにより患者さんを危険な状態にしてしまう可能性もあるため、一つの間違いも許されない仕事に対しストレスを感じる人は大勢います。

過度なストレスに常にさらされ続けることで、働きたくても働けない状況になってしまう人もいることがわかりますね。

心と体にゆとりを持って働くことが、より良い看護を提供するためには大切ですので、どうしても無理だと感じたときは転職活動を始めることをおすすめします。

●辞めたい時④:他職種も経験してみたい

看護師は資格さえ持っていればいつでも復職できる仕事なので「若いうちにもっと色々な他職種に挑戦してみたい!」と思う方は決して少なくありません。

実際に看護師の仕事に対してそこまで不満は持っていなくても、他職種に派遣社員として転職した女性の体験談をご紹介いたします。

看護師から他職種へ転職体験談

医療関係以外の仕事を経験してみたかったというのが志望の動機でした。

保健師・看護師として勤務していたときにも事務作業は行っており、そのとき派遣会社求めていた事務関連のスキルは十分あると判断しました。

履歴書や面接でもデータ入力という、ある意味単純作業だったので、前職が何かというのはほとんど問題にならなかったし、志望動機もたいしてつっこまれて聞かれることもありませんでした。

求められたのは業務が遂行できるか、ということだけだったと思います。派遣社員ではなく、直接雇用、特に正社員としての求職だったらもっとシビアなのかもしれません。

看護師から事務職への転職志望動機をもっと見る

■看護師を辞めたいと思った時の対処行動

では上記の看護師を辞めたい理由に対して、それぞれ取るべき対処法についてお伝えして参ります。

ただ闇雲に転職するのでは問題が解決しないケースもあるので、注意が必要です。

●対処法①:人間関係がきつい時

職場の人間関係が嫌になったときは、まずは他の科へ異動してみると良いかもしれません。

「どこの職場に行っても大差ないでしょう。」と思う人もいるでしょうが、癖の強い人が多く配属されていたり、比較的若い人たちが多かったりなど、職場によってスタッフの雰囲気は全く違います。

今の職場があなたに合わなくても、次の職場では良い人たちに恵まれることもあるので、病院を辞める前に師長や上司に異動を相談してみてくださいね。

●対処法②:夜勤がきつい時

職場選びをしっかり行えば、看護師でも夜勤のない生活を送ることは可能です。

入院患者さんのいないクリニックや外来であれば当然夜勤はありませんし、一般企業の医務室で働く看護師になれば、会社員と同じ勤務体制で働けるので心と体にゆとりを持って仕事をすることができますよ。

看護師のスキルを必要としている職場はたくさんありますから、あなたに合った働き方のできる転職先を探してみてはいかがでしょうか?

職場の見つけ方としては様々な手段がありますが、やはり看護師に特化した職探しサイトが情報量も豊富なので、オススメです。

>>看護師の転職サイト人気TOP3!利用するメリットや選び方も

●対処法③:ストレス過多の時

重症な患者さんが多く運び込まれるという職場で看護師は日々働いていて、緊張感のある職場ですが、自分のケアで患者さんの状態が良くなったと実感できるため、仕事に誇りとやりがいを感じている人も少なくありません。

ですが中には常に緊張感と隣り合わせの職場で働くことがストレスになる人もいるのです。

ストレスにきちんと向き合わないと職場に行くことすらきつくなってしまうため、重症患者さんの相手をするのがつらいと感じたら、もっと仕事の軽い職場へ転職することをおすすめします。

例えば保育園や医務室、介護施設や健診センターのような重篤な患者さんの来ない職場を選択すると良いですね。

病院とは違った仕事が待っているため、慣れるまでは少し大変かもしれませんが、命を扱う責任の重い仕事からは解放されますよ。

みなさんも看護師を続けていけるように、ストレスフリーな環境で働いてみてください。

>>看護師の転職サイト人気TOP3!利用するメリットや選び方も!

■看護師から他職種へ転職するメリットとデメリット

看護師を辞めれば必ずしもバラ色の未来が待っているわけではありません。

辞めたことを後悔しないように、看護師を辞めることのメリット・デメリットについてきちんと理解しておくことも大切です。

看護師から他職種へ転職するメリット

・仕事のプレッシャーから解放される
・規則正しい生活を送れる
・プライベートな時間を充実させられる
・家族と過ごす時間が増える

看護師をやめるメリットとしては、上記のようなものが挙げられます。

カレンダー通りのシフトになることでプライベートを充実させられますし、夜間に働かないので心身ともに健康的な毎日を送ることができるのです。

スポンサードリンク

また、仕事で感じていたさまざまなストレスから解放されるということも、看護師を辞めて良かったと感じるポイントの1つだということがわかりますね。

今の仕事がきつくてきつくて仕方ないという方は、思い切って仕事を辞めてみるのも大切なことかもしれません。

看護師から他職種へ転職するデメリット

・収入が下がる
・看護師以外の職種への転職が難しい

看護師を辞めるデメリットとしては、上記のようなものが挙げられます。

今までは夜勤手当や残業手当のおかげで、女性の平均よりも多いお給料がもらえていましたが、看護師を辞めるとこれらの手当てがつかなくなるので、収入が減ってしまうケースが多いです。

▼看護師の給料はやはり高水準

また、看護師は一般企業に必要なマナーやパソコンスキルが不足しているため、病院以外への転職は難しいかもしれません。

やる気と向上心さえあればカバーできますが「新しいことを今から覚えるのは無理!」と思う方は、転職することが本当に自分にとって良いことなのかどうかをじっくり考えてみることをおすすめします。

勢いで辞めたものの、前の職場で働いていた方が良かったと後悔する人も少なくないので、転職前に本当に辞めてもよいのか検討してみてくださいね。

■看護師から他職種に転職した人の事例

とは言っても、看護師から別職種へ転職できる可能性が0かといえばもちろん違いますし、別職種に転職して充実した仕事とプライベートを両立できている人も数多くいます。

働き先はさまざまですが、一般企業での事務職を再就職先として選択する看護師は非常に多いです。

看護師ならではの夜勤や残業、責任の重い仕事に嫌気がさし仕事を辞めた人が、カレンダー通りのシフトで働ける職場を転職先に選んでしまうのも納得できますね。

実際に看護師から事務職に転職した方の体験談をご紹介いたします。

看護師から他職種へ転職体験談

大学病院で3年働き退職。看護師として仕事がうまくいかず、結婚、出産、子育てを経て両立しながら看護師を続ける自信がありませんでした。

そもそも自分は看護師に向いているのかというのも疑問で、いったん医療の現場から離れることを決意しました。

子育てに追われて良い条件の求人を探す暇もなく、転職エージェントの協力を得ながら効率よく求職活動を進められたのはよかったです。

資格を持っているのにもったいないと周囲からは言われましたし、親からももったいないとも言われたのですが、私は事務職に就いて本当に良かったと思っています。

給料は下がりましたが、毎日仕事が楽しく精神的なゆとりを得ることができていることはなにものにもかえがたいです。

看護師から事務職への転職志望動機・転職事例をもっと見る

ただ、事務職と一口に言っても、看護師にはあまり馴染みがないようなワードやエクセル、パワーポイントを使い資料を作る機会が多くあるので、パソコンスキルがないと新しい職場でスムーズに働くのは難しいこともあります。

看護師として働いていると電子カルテくらいしかパソコンに触る機会がないと思うので、事務職への転職を検討している人はパソコンに関する基本的な技術を身につけておくと良いですね。

看護師から事務職への転職志望動機・転職事例をもっと見る

■看護師におすすめの転職サイト・転職エージェント

看護師の仕事は忙しいため、転職をしたくてもなかなか転職活動が進まないことってよくあると思います。

また時間を見つけてネットで職場探しをしてみても、いまいちピンと来なかったり、職場情報が不足していたりして転職に踏み切れないケースも少なくありません。

このようなとき頼りになるのが「看護のお仕事」や「マイナビエージェント」という転職サイト(転職エージェント)で、業界最大級の情報量を有しており、総合病院からクリニック、医務室まで幅広い求人を網羅しています。

マイナビエージェントに関しては看護師から他職種への転職実績が豊富で、女性の転職支援にも非常に強みがあります。

看護師から他職種の転職No.1マイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅女性の求人数約5万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

看護師から他職種の転職No.1マイナビ詳細はコチラ

転職エージェントが直接、病院へ足を運び現場スタッフから情報収集をしているため、実際に働かなければわからないようなリアルな声を知ることができるのです。

その他にも求人探しや面接のアドバイスなどのさまざまなサポートしてくれるため、安心して転職活動を行うことができますね。

転職して良かったと思える職場で働けるように、まずは看護のお仕事に相談してみてはいかがかと思います。

↓看護のお仕事で転職について相談してみる

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

看護のお仕事の特徴

12万件以上の豊富な医療機関情報

リアルな職場情報が転職前に分かる

条件交渉の完全代行(休日・給料など)

-看護師の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2021 All Rights Reserved.