リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

新卒の就職活動

就活を秋から始める人が速攻で内定を獲得する方法4選【秒殺勝利】

更新日:

私はこれまで、就職相談のプロとして多くの就活生と接してきた。

特にこの時期に就職活動を行う学生さんと話してみて、就職活動後半である秋の時期に活動を継続しているのには、ある“共通点”があることに気付いた。

その共通点とは、

「就職活動の準備の仕方が分からず後手後手に回ってしまった人」

「内定をいくつかもらったが、納得がいかずにまだいい就職先はないかと探す人」

上記2点である。

どちらも、往々にして就職活動は上手くいっていない学生さんが多い印象だ。

もし、あなたも同じように就職活動が上手くいっていないと感じるのなら、今回の記事をぜひ読み進めて頂きたい。

関連:【20卒就活生必見】内定がもらえない今取るべき4つの行動
関連:公務員に落ちた就活生必見!秋から始める民間就活一発逆転必勝法

就活を秋から始めても内定を貰うのは「余裕」

現状就活が上手くいっていないと感じている人でも、安心して欲しい。

就職活動後半とも言える「秋」から就活をリスタートしても、内定をもらうことは【余裕】である。

なぜそう言い切れるのか。それは、以下のデータを見れば納得頂けるだろう。

上記データにも示されているように、全国には「秋」から就職活動を開始しても内定を勝ち取っている人が全体の21%も存在するのである。

つまり、5人に1人の計算である。

そのため、就職活動をこれから始める人も、これまで上手くいっていない人も、きちんとした対策さえすれば、今からでも内定を勝ち取ることは【余裕】で可能であることが分かる。

関連:「就活なんてあほらしい」と諦めた学生に送る4つの劇薬エール

就活を秋から始める内定獲得方法4選

就活を秋から始めても内定を獲得することは余裕であることは前述した通りだが、ただ漫然と就活を行っても内定を獲得できるほど甘くはない。

ここからは、秋から始める"正しい就活の方法"にフォーカスして4つの行動指針を解説していく。

就活を秋から始める方法①:プロに相談して現状を把握せよ

まず、第一に行動に移してほしいのが「第三者に相談して現状の課題を明確にすること」だ。

・あなたはなぜここまで内定を獲得できていないのだろうか?
・あなたはなぜ今ある内定に満足できていないのだろうか?

就職活動終盤のこの「秋」に就職活動を続けるに至っているのか。

その原因は分かっているのだろうか?はっきりと分かっていないのだとしたら、これまでと同じ結果を繰り返してしまうことだろう。

スポーツでも同じことだが、チームや個人の現状(弱点・強み)を知ることを第一に行わなければ強くなることはない。

自分のチームのエースピッチャーは、ストレートが速い(強み)けどコントロールが悪い(弱点)、と明確に理解できれば、コントロールを鍛える練習を重点的に行えば良い。

残された時間は限られているため、就職活動のプロに相談して客観的に自身を知り、最短で洗い出しを行うことが必要なのだ。

▶︎就活のプロに相談する方はコチラ

就活を秋から始める方法②:自身の弱点を知り克服せよ

前述①で述べた弱点の明確化にも繋がる部分だが、第三者に相談することで見えた弱点をしっかりと潰していく作業が重要だ。

ここでも、最短で態勢を整えるためにも第三者のプロの力を借りることをオススメする。

主に考えられる弱点の一覧を示しておく。

✅ESが読みづらい構成になっている
✅面接で話す構成が相手に伝わりづらい
✅面接時の目線・姿勢・ジェスチャーなどで減点されている
✅自己分析が甘く、志望理由が言えない
✅面接で人事がどこを見ているのか理解できていない
✅就職活動の目的が理解できていない

上記が挙げられる。

どれか1つだけが弱点だと言うことはまずなく、今挙げたことが「全体的に苦手だ」と感じている就活生は多いだろう。

これら1つひとつを自分自身で考えながら潰していく時間はもうない。

ESの正しい書き方って…?面接で聞かれることって…?どうやったら面接官に伝わるの…?考え出しただけでフリーズしてしまい、「まあ後回し…」となりがちだろう。

そのため、プロに手伝ってもらう必要がある。

▶︎就活のプロに相談する方はコチラ

もし仮に就活のプロに相談する前に情報収集を行うことに興味がある場合は、以下で就活内定プログラムを開講しているのでぜひ読み進めて参考にしてほしい。

【自己分析のやり方講座】就活内定プログラム自己分析対策編
【20卒就活生必見】ESの書き方例を徹底解説【落ちないES】
【20卒就活生必見】面接の苦手な人との接し方と4つの面接極意

就活を秋から始める方法③:優良な就活アドバイザーを探せ

ここまで、秋からの就職活動では最速最短で弱点を克服していくこと、そして克服するためには、プロに意見を求めることが大切だとも述べてきた。

内定獲得方法として、皆さんに更にお伝えしたいことは、就活のプロの中でも優良なプロを見つけることだ。

では、その見極め方をお伝えする。

人事経験者など企業目線に理解がある

最速最短で内定まで向かうために、就職活動に関するすべてのプロセス(自己分析・ES作成・面接対策・内定後フォロー)を得意としているエージェントを選ぶ必要がある。

そのため、企業の考え方や置かれている状況などを深く理解している人事経験者が担当者としてバックアップしてくれるエージェントを選ぶべきだろう。

▶︎人事経験のある就活のプロはコチラ

完全無料でサービスが受けられること

学生さんが高額な報酬を支払うことを条件に、サービスを提供しているエージェント・就活塾のような団体も多い。

ビジネスである以上、それが悪いことだとは思わない。

しかし、無料で同等のサービスを受けられることを私は知っている。そのため、あなたにはこの情報をお伝えしておく。

▶︎無料でサービスを受けられる就活のプロはコチラ

学生目線のエージェントであること

学生さんのこれからの将来を一緒に考え、社会人の先輩としての経験を伝えながらバックアップしてくれるエージェントを選ぶべきだろう。

当たり前であるが、売上のために無理やり企業を押し付けてきたり、誘導するようなエージェントは避けるべきだ。

▶︎優良な学生目線のエージェントはコチラ

就活を秋から始める方法④:極力多くの企業とコンタクトを取る

ここまで、就職活動の「質」の部分について重点的に述べてきたが、次にお伝えする内定獲得方法は企業と多く会うことである。

つまり、活動の「量」を増やすということだ。

現在でも採用活動に注力している企業はどこか?どこに行けば会えるのか?という情報を手に入れることが重要になる。

以下に、企業と会える可能性が高いセミナー等を列挙しておくので活動の参考にして欲しいと思う。

・マイナビ
・合説ドットコム
・Meets Company
・あさがくナビ
・キャリタス
・合同面接会(新卒ハローワーク主催)

上記就活セミナー・イベントは一度に多くの企業と会えるチャンスなのでチェックしておいた方がいい。

また、これらとは別で、人事部が参加する懇親会を主催して学生と人事部が深く繋がる“場”を提供しているところもあるので、気になる方はチェックしてみてほしい

関連:就活説明会で絶対に聞くべき質問例15選!質問しないのはNG?

秋から始める就活生におすすめの就活エージェント

最後に、私からもオススメのエージェントをご紹介したいと思うが、ここでご紹介するのは「Conpiness就活エージェント」だ。

Conpiness就活エージェントは、すべてのサービスが完全無料で受けられる上に、元人事経験者が担当としてあなたの弱点や改善をサポートする。

↓Conpiness就活エージェントはコチラ

驚くべきは、サービスを受けた学生の内定獲得率だ。内定獲得率は驚愕の100%である(2019年11月現在)。

もしあなたが本気で内定を勝ち取りたいと考えるなら、これほど強い味方はいないだろう。

▶︎Conpiness就活エージェントの詳細はコチラ

就職活動は、あなたのこれからの人生を決める間違いなく大きな分岐点である。

後悔の無い人生を歩むためにも、最善の行動を取ることをオススメしておきたい。

Conpinessの特徴

IT/WEB/人材/金融業界の就活に特化

大手企業の内定を12社獲得した内定モンスターが直接就活をサポート

秋採用以降も採用活動を行っている優良企業を厳選紹介

doda新卒エージェントの特徴

契約社数4,000社突破(※業界トップ)

就活生利用者累計80,000人突破

就活生利用者満足度97%以上

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-新卒の就職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.