リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

ITエンジニアに向いている人の特徴10選【※未経験者必見】

更新日:

「ITエンジニアにはどんな人が向いているのだろう」と思ったことはありませんか?

私が大手転職エージェントでキャリアコンサルタントをしていた頃、ITエンジニアを募集する求人は右肩上がりで激増していました。

現在もその傾向は続いており、大型のIT投資やセキュリティ案件の増加を背景に、産業界ではIT人材の不足が深刻な問題となっています。

経済産業省の推計によれば、2030年には約59万人のITエンジニアが不足することが分かっており、国を挙げてIT人材の育成に力を入れ始めています。


(経済産業省「IT人材の不足規模に関する予測」より)

働く側からすれば大きなチャンスが到来したといっても過言ではありませんが、選択肢が広いITエンジニアの求人だからこそ、正しい知識に基づいてキャリアを選択する必要があります。

今回は、ITエンジニアに向いている人が持つ10の特徴をご紹介したいと思います。

ITエンジニアとしてもう一度自分自身を見つめ直す人も、ITエンジニアに未経験でチャレンジしたいと考えている人にも必見の内容となっています。

関連:ITエンジニア未経験者が客先常駐求人を勧められる5つの理由

ITエンジニアに向いてる人の特徴まとめ

ITエンジニアは、コンピューターを動かすためのシステムを開発するのが主な仕事内容ですが、ITエンジニアと一口に言っても多様な職種が存在しています。

ネットワークエンジニア

プログラマ

システムエンジニア

セキュリティエンジニア

データベースエンジニア

など、それぞれの職種で専門のスキルが求められます。

では、どんな人であればITエンジニアに向いていると言えるのか、ITエンジニアに向いている人の特徴をご紹介していきたいと思います。

ITベンチャーおすすめ企業15選【※転職・就職したい人必見】

ITエンジニアに向いてる人①:コミュニケーション力が高い

私がキャリアコンサルタントをしていた頃、「ITスキルが高いだけでは採用しません」と、IT企業の採用担当者からハッキリと言われたことを覚えています。

ITエンジニアは社内外の関係者と協業しなければプロジェクトは進みませんし、場合によっては取引先に常駐する必要もあります。

キャリアを積み、将来的にマネジメント人材としてメンバーをまとめる立場を任せる時にも、コミュニケーション力が求められます。

関連:PM(プロジェクトマネージャー)になるには?資格や仕事内容

極論言えば、コミュニケーション力が高ければ、未経験であってもITエンジニアとして採用したいと考える企業は少なくありません。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人②:常に冷静で慌てない

ある人事採用担当者は、有能なITエンジニアほど「トラブル時に冷静でいる」点を挙げていました。

顧客からのクレームや要望に対して、真っ青な顔をしてパニックになるエンジニアでは仕事はつとまりません。

ITエンジニアとして責任ある仕事を任される人ほど、無我夢中で取り組むよりも、トラブルの時ほど一度作業を止めて、考える時間を作り出します。

その方が効率的に業務を遂行できることを知っているからです。

感情をコントロールし、平常心を保つために冷静でいることは、ITエンジニアにとってプログラミングスキルと同じく重要なスキルです。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人③:学ぶのが好き

学ぶことが好きで、自分自身が成長することに喜びを見出す人は、ITエンジニアとして向いています。

「サーバーネットワークは難しい課題が多いけど、新しいことを学んで自分が成長している手ごたえを感じます。楽しくて仕方が無いです」と、転職したばかりの候補者から感想をもらったことがあります。

プログラミングの途中でエラーが起きて、うまくいかない原因が分からない。

そんな時でも投げ出さず、自分で答えを見つけるために質問をしたり、調べることができる人は、ITエンジニアとしての耐性が備わっていると見ていいでしょう。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人④:最新技術や最先端の情報に触れていたい

ITエンジニアとして活躍している人ほど、"新しい開発言語がいかに凄いのか""その開発言語を使ってプログラム設計を行う喜び"などを嬉々とした表情で語ってくれます。

IT技術の発展に伴い、ITエンジニアが使用する言語も日々変わります。

最先端のプログラム技術や言語情報に触れることに、やりがいや喜びを感じるタイプは、ITエンジニアに向いていると言えるでしょう。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人⑤:自由度が高い働き方をしたい

ITエンジニアが活躍している職場ほど、テレワーク制度や子連れ出勤制度など先進的な働き方や制度を取り入れています。

既存の働き方しか用意できない企業には、人が集まってこないからです。

社長や経営陣を巻き込み、リモートワーク・副業OKといった人事戦略を効果的に行っているIT企業ほど、優秀なITエンジニアの採用に成功しています。

自由度の高さと引き換えに責任が求められたとしても、やりがいを感じるタイプの人は、ITエンジニアとしてもストレスを抱えず、ワクワクするような期待感を持ったまま仕事を進めることができています。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人⑥:年収で選ばない

経済産業省によれば、IT人材の平均年収は約600万円で、2030年には2倍の1200万円(米国並み)にまで押し上げようと計画をしています。

ITエンジニア=高報酬と考え、お金を最優先にキャリアを選ぶ人も増えています。

「報酬につられてITエンジニアの道を選んだが、お金のために我慢するのが辛い」という理由で、ITエンジニアを辞めたいと転職相談に来る人は少なくありません。

これまで数多くのITエンジニアを見てきましたが、年収の高さに目を奪われたり、お金のために時間を犠牲にしながら働いているタイプはあまり長続きしません。

それよりも、仕事そのものにやりがいを感じるかで職選びをするタイプのほうが、ITエンジニアとして長続きする人だと言えます。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人⑦:分かりませんと言える人

プログラミングの世界では、知らなければ1週間経ってもできないことが良く起きます、ところが、分かっていないのに「分かりません」と素直に言えないITエンジニアがいます。

受託先の企業が一番困るのは、

「ITエンジニアが分かっていないのに、こちらに分からないと伝えない」
「分かっているのか、分かっていないのかが分からない」

など、ITエンジニアの状況を正しく把握できないことです。

ITエンジニアとして評価が高い人ほど、分からないことに対して素直に上や司や他のメンバーに相談を持ちかけることで、相手と自分との両方の時間を無駄にしません。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人⑧:世の中にないサービスを生み出したい

「世の中にないサービスを生み出して注目を集めて、社会を驚かせたい!」といった欲求がある人は、ITエンジニアだけでなく独立してフリーランスといった、ITを生業としていくことにも向いているでしょう。

ニーズの無いサービスを作って、失敗に終わることもあるかもしれません。

しかし、トライ&エラーを繰り返す中で需要を確認し、新しいサービスの可能性を誰よりも早く発見できるのは世の中にないサービスを生み出したいと常に考えている人です。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人⑨:体力がある

ある通信会社の採用担当者曰く「ITエンジニアの面接では体力があるかを見る」とのことで、学生時代に打ち込んだスポーツや、余暇を利用して体力増進に務めているかなど、健康面でのチェックを行っています。

IT業界の性質上、大手企業から下請けのように発注を受けますので、納期までに仕上げるために残業・休日出勤・徹夜が頻繁に起きます。

「ITエンジニアは体力勝負」と耳にしたことがあるかもしれませんが、事実として不規則になりがちな生活でも、乗り越えるだけのタフさは必要です。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてる人⑩:ロジカルシンキングができる

論理的な思考ができると、問題が発生した時に〝何が原因か〟〝なぜ発生したか〟といった根本に立ち返り、原因究明をすることができます。

物事を論理的に組み立てて、順を追って解決していくのは、ITエンジニアとして必須のスキルと言えます。

ITエンジニアとしてロジカルな思考が備わっていると、開発進捗の報告や、顧客への説明など、分かりやすく説得力のある話し方で伝えることができ、クライアントからの評価が高まります。

結果として仕事がしやすくなります。

▶︎「おっ、ITエンジニア自分向いてるかも」未経験OKのITエンジニア求人を紹介してもらいたい方はコチラ

ITエンジニアに向いてない人の特徴

では反対に、ITエンジニアに向いていない人についてはどのような特徴が挙げられるのでしょうか。

自主性がない

あるIT企業のマネージャーから「技術的な解決に興味を示さないエンジニアに、どうすれば自主的に取り組んでもらえるか悩んでいる」と聞かされたことがありました。

ITエンジニアに求められるのは、自分で調べ・考えることでプログラムを動かしたりネットワークを正常化することです。

常に指示待ちで、人がいないと何もできないタイプではITエンジニアでキャリアアップしていくことは難しいでしょう。

座り仕事が苦手

長時間座って仕事をするのが苦手、じっとしていられない人はITエンジニアに向いていません。

ITエンジニアは、内勤なので、一旦プログラムを書き出したら、ある程度の時間は集中しなければなりません。

座って仕事をするのが落ち着かないでいると、たびたび休憩をすることになり、業務を離れる回数に比例して他のエンジニアから遅れを取ることになります。

地道な作業が苦手

ITエンジニアに求められる素質に、地道な作業を苦にしない点が挙げられます。

ITエンジニアとして関わる業務において、1日で完成するプログラムやネットワークはほとんどなく、場合によっては1年を超えるプロジェクトも珍しくありません。

システム開発においても100%の状態で完成することは難しいため、常に修整作業を繰り返していきますので、コツコツとプログラムを書く愚直さが必要です。

すぐに結果を求めるタイプの人は、ITエンジニアには向いていません。

プログラミング言語に興味が無い

プログラミングを始めると、最初は分からないことだらけで戸惑うことが多いため、そこで挫折してしまう人は少なくありません。

その点、プログラミングに没頭できる人はITエンジニアとしての適性があります。

そこまで行かなくても、何のためにプログラムを勉強したいとのかを明確にして、原点に立ち返ることができる人は、ITエンジニアとしてキャリアを描けていけるでしょう。

顧客から評価が高いエンジニアの共通点は、プログラムの先にあるユーザーの喜ぶ顔をイメージしていることです。

ユーザーの評価から逆算して仕事をするITエンジニアだからこそ、プログラミング言語と真剣に向き合うことができるのです。

心配性

エラーメッセージが出るたびに「まずい。クライアントに怒られる」「ミスするなんてありえない!」などと思ってしまうと、ITの世界では精神的に疲弊するだけになりがちです。

心配性な人ほど「間違えたらどうしよう」という思いから、すでに書き終えたプログラムを何度も見直します。結果、毎日残業続きで心身ともに疲れきってしまう。

必要以上に不安にならず、気持ちの切り替えが上手であることも、ITエンジニアの必須スキルと言えます。

ITエンジニア求人に強い転職エージェント

ITエンジニアの求人に強い転職エージェントとして、下記2社が挙げられます。

doda

dodaは、非公開求人を含む10万件以上もの業界最大級の求人数と、30年にわたる転職実績を誇るトップクラスの転職エージェントです。

↓dodaの登録はコチラ

ITエンジニア専任のキャリアコンサルタントから、最新の業界動向を踏まえた求人紹介がdodaの強みで、2019年6月現在、ITエンジニアとして未経験でも応募が可能な求人数は251件となっています。

大手・優良企業が出展するエンジニアのための転職フェアも開催しており、効率よく情報収集ができるメリットも享受できます。

今後伸びていくIT言語や必要なスキルについて、的確なアドバイスをもらえるだけでなく、内定から入社後までのフォローアップが充実。

業務経験が浅いエンジニアや、今後ITエンジニアとしてキャリアを構築していきたい人にとってもお勧めの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎dodaの登録はコチラ

マイナビエージェント

マイナビエージェントは5万件以上の求人情報を保有する、業界屈指の転職エージェントです。

↓マイナビエージェントの登録はコチラ

2018年1月の楽天リサーチによる〝20代に信頼されている転職エージェントとして№1〟という結果が出るなど、登録者への対応力には申し分のない転職エージェントで、転職活動では外せない存在となっています。

2019年6月現在、ITエンジニアとして未経験でも応募が可能な求人数は81件ですが、非公開求人を合わせると十分な量の求人をカバーすることができます。

IT・WEB業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類への添削を行ったり、面接対策も細やかにアドバイスをしてくれます。

ITエンジニア限定で、土曜日に無料の個別転職相談会(予約制)を行うなど、積極的にITエンジニアの転職をサポートしているのもマイナビエージェントの特徴の一つです。

▶︎マイナビエージェントの登録はコチラぜひ、dodaかマイナビエージェント、あるいは両方の転職エージェントを活用して未経験からITエンジニアへの転職成功を果たしましょう!

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.