リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

JACリクルートメント

JACリクルートメントに再登録は可能?担当者変わる?注意点

更新日:

ミドル・ハイクラス層に特化した質の高い転職コンサルティングサービスを受けることができるJACリクルートメント。

「一度退会したけど、もう一度利用したい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

JACリクルートメントの退会方法はコチラ【1分完了】

・そもそも再登録ってできるの?
・一度JACリクルートメントを通じて転職しているけど再登録可能?
・以前登録した時は一度も利用せずに退会してしまったけど、今回は本格的に活動したい

この記事では上記のように「再登録したい」と考えている方に向けて、再登録の方法や注意点などをまとめました。

JACリクルートメントの再登録を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

【2018年12月12日公開】

JACリクルートメントの再登録は可能か?

JACリクルートメントは退会後、再登録することは可能です。

以前登録したけど結局一度も利用しなかったという方でも問題なく再登録できますし、JACリクルートメントを通じて転職をしたことがあるという方でも、再登録が可能です。

退会後は2~3日で登録している個人情報の削除と提出した書類の破棄が行われますので、以前のデータについてはJACリクルートメント側には一切残っていません。

そのため、再登録時にも以前登録した時のように個人情報や経歴を一から登録し直す必要があります。

↓JACリクルートメントの再登録はコチラ

JACリクルートメント再登録後のサポート期間

JACリクルートメントでは、初めて登録する方でも再登録の方でも変わらず、サービス利用期間は定められていません。

ですので、退会手続きを行うまでは半永久的にサービスを受け続けることができますが、利用期間が設けられていない代わりに「集中サポート期間」という期間があります。

JACリクルートメントでは、再登録してから3ヶ月間を「集中サポート期間」とし、転職成功に向けて全力で支援してもらうことができます。

3ヶ月以降は、紹介可能な求人が発生した際に随時連絡が来るようになりますので、再登録後は「3ヶ月」で転職を成功させることを一つの目安として活動すると、JACリクルートメントをより有効活用できるでしょう。

▶︎JACリクルートメントの再登録はコチラ

JACリクルートメントの再登録で担当者は変わる?

前回JACリクルートメントを利用した際の担当コンサルタントが、今回の転職活動でも担当になるということは、可能性として低いです。

以前のコンサルタントに担当してもらいたいという要望がある場合は、再登録の際に相談してみると希望するコンサルタントを担当にしてもらえる可能性もあります。

しかし、転職エージェント業界は入れ替わりが早く、離職率も高い業界ですので、数年前に転職支援をしてもらったコンサルタントが異動、もしくは退職してしまっているというケースもあることは理解しておきましょう。

JACリクルートメントに再登録する際の手順

JACリクルートメント公式HPの中央にある「規約に同意して、新規登録(無料)へ」ボタンをクリックして会員ログイン登録画面を開きます。

メールアドレスとパスワードを入力して「同意して、新規登録(無料)へ」ボタンをクリックします。

氏名、生年月日、直近の会社名などの『基本情報』を入力後、画面下の利用規約を確認します。

規約に同意する4つのチェックボックスにチェックを入れたら、「仮登録して次へ」ボタンをクリックします。

学歴、職歴、希望条件などの『職務経歴情報』を入力し、「確認画面へ」ボタンをクリックします。

※一番下にある「伝えておきたいこと(500文字以内)」の項目に、前回登録していた内容.や前回の担当コンサルタント名を入力しておくと再登録がスムーズに行えます。

入力した内容に間違いがないか内容を確認できたら「無料転職サポートに登録する」ボタンをクリックして登録完了です。

※内容に誤りがある場合は、「修正する」をクリックして前ページに戻って登録情報を修正しましょう。

登録後2~3営業日以内に登録したメールアドレス・電話番号宛てにJACリクルートメントの担当者より連絡がありますので、案内に従って面談が必要な場合は再度面談を実施した後、サービスの利用を再開できます。

▶︎JACリクルートメントの再登録に申し込む

JACリクルートメントに再登録を断られる?

ごく稀ではありますが、JACリクルートメントに再登録を試みた際に「断られた」「登録拒否された」という場合があります。

以前JACリクルートメントを利用できていたならば断られる可能性は非常に低いですが、転職エージェントもビジネス的な理由で断っている理由があります。

登録拒否された場合は適切な対処法を取ることで問題を解決できますので「JACリクルートメントに断られる!登録拒否の理由と対処法は?」をご参考にしてくださいね。

JACリクルートメント再登録の際の注意点

JACリクルートメントに再登録する際は、以下2つに注意して再登録に臨みましょう。

職務経歴・希望を具体的に記載する

退会手続き後はあなたに関する情報は全て削除されていますので、初めて登録する人と同じように一から具体的な経歴や希望を伝える必要があります。

それだけではなく、前回の退会理由と再登録の理由についてもJACリクルートメントにきちんと伝えておくことが重要です。

この理由によって、担当のコンサルタントが変更になる可能性も考えられますし、今回の転職活動の指針となる重要な部分でもあります。

前回登録した時と同じ情報を登録する

職務経歴が追加されていることはありますが、それ以外のあなたに関する基本情報や前回登録時までの経歴について変わることはあり得ません。

「数年経っているからいいだろう」、という軽い気持ちで嘘の情報を登録してしまうと、万が一あなたの情報が残っていた場合や当時のコンサルタントが在籍していた場合に、その嘘が発覚してしまうことになります。

虚偽の情報を登録すると、場合によっては再登録を断られてしまうこともありますので十分に注意して再登録を行いましょう。

▶︎JACリクルートメントの再登録はコチラ

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高!

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い!

一気通貫型でスピーディーな対応!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-JACリクルートメント

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.