リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

28歳で転職2回目・3回目は多すぎ?転職回数のボーダーは?

「28歳の平均的な転職回数って?2回目・3回目は多すぎ?」「自分の職歴数って多いの?」と年齢に対しての転職回数に不安をお持ちの28歳の方に、20代の平均転職回数や転職回数による選考対策等を伝授して参ります。

28歳は一人前として会社の戦力に考えられてくる年齢であるため、転職への志向性や職歴数等もシビアに見られてきますが、職歴が多いからといって転職ができないわけでは決してありません。

自己理解と適した打ち出し方をすれば、あなたの良さをしっかりと伝えていくことができますので、28歳という年代の転職市場での立ち位置やアピール方法を知り転職活動に備えましょう。

28歳の平均転職回数

まずは、年代別の平均転職回数を見ていきましょう。

調査結果から20代で最も多い転職回数は「1回」であり、「なし」・「2回」と続いていることがわかります。

大卒の場合は22歳あたりから、大学院卒の場合は26歳前後から社会人歴を積み、20代での就業年数がトータルで少ないこともあり、やはり他の年代と比べ転職回数は少ない傾向にありますね。

社会人経験がない状態で新卒入社をすれば、想像を超えたギャップに出会う人も少なくありませんので、転職回数が1回という28歳の方は、そこまで職歴数によって選考で足を引っ張られることもありません。

28歳後半の方の転職活動ノウハウに関しては、「20代後半の転職活動で必要な全知識を元エージェントが徹底解説」でも詳しく解説していますので、ぜひ併せてご参考ください。

28歳で転職回数「2回目」は多すぎる?

前述したように28歳で転職2回目であれば、年齢に応じた転職回数ということでギリギリ多めに見てくれる企業が大多数を占めるので大丈夫です。

ただし社会人経験を積み、転職を繰り返すと、採用担当者は、

・大変なことがあるとすぐに辞めてしまう
・仕事の軸が定まっていないため採用しない方が良い

とマイナスな印象を持ってしまいます。

ではどうするか?まずは仕事の軸を明確に持ちましょう。

「なんとなく」や「感覚で選ぶ」という人も選ぶからには何かしらの理由があるはずですので、自己分析を進め言語化されていない要素を言語化することが重要です。

一度自分の言葉に落とし込んでおくと、応募先企業も選びやすく“一貫性”が出てきます。

20代後半の転職活動で必要な全知識を元エージェントが徹底解説

転職回数が多くとも何かしら一本筋が通って転職パターンがあり、入社後も辞めなさそうだと採用担当者に理解してもらえれば、マイナス印象を避けることにも繋がります。

書類選考の選考通過率を上げるためにも、自己分析をした転職の軸や転職経緯は職務経歴書や履歴書に記載しておきましょう。

転職の軸が採用担当者に理解してもらえなければ、採用担当者によっては求職者都合で退職をしている印象を持ってしまいます。

中には会社都合(倒産、経営悪化、人員削減等)の退職理由もあるため、自分が損な見え方をしないためにも退職理由は書いておいた方が無難です。

※ただし、インパクトの強い退職理由を書くと逆にマイナス印象になるため注意が必要です(例.ハラスメント、いじめ、ブラック企業など)

28歳で転職回数「3回目」は多すぎる?

大卒者が転職を28歳までに3回した場合、1社平均2年以下となるので転職回数が多い=職歴が荒いというマイナス印象を持たれる可能性が高くなります。

つまり、他の職歴の少ないライバルよりも不利な状況にいるため、採用担当者へのイメージアップ策を図る必要があります。

すぐに会社を辞めないかという懸念を第一に持たれますが、加えて年齢なりの能力が身についていないという判断をされてしまうこともあります。

高度なスキルを身に付けるのはある程度時間が必要となりますので、短期間で転職を繰り返すとスキル習得前に退職をしている懸念を持たれるんですね。

関連:ジョブホッパーとは?意味と特徴!転職しまくった末路は…

しかし、2018年現在は20代の採用マーケットも売り手市場で盛況であり、幸いなことに多くの企業でニーズがあります。

ですから、同じ過ちを繰り返さないよう転職の軸を持ち、次こそは長く働く覚悟をあるということをアピールしましょう。

転職理由によっては早く辞めた方が良かったという場合もありますが、すぐに辞めざるを得ない企業を選んでしまった求職者側の未熟さも必ずあるため、反省の意を表すことも重要です。

仕事観、転職の経緯を選考書類にしたため、志望動機に繋げていきましょう。

「転職の軸=志望動機」となり一貫性を認められれば、採用担当者は職歴の多さを懸念点から外すようになります。

28歳での転職はもう大目に見てもらえない

28歳で転職する場合は、地に足を付いたキャリアプランを持ち、目的意識を持ち実行する姿勢や覚悟が大切となります。

いつまでも若者のようにフワフワと生きてはいられません。

職歴が多いことは一概に悪いこととはいいません、なぜなら、転職した経緯にストーリーや目的意識が欠如していた場合が問題となるだけだからです。

社会人としてもそこそこベテランと見られる28歳は自分の行動や判断に責任を持ち、計画→実行→反省→計画というサイクルを主体的に回していく必要があるのです。

年齢的にも後輩がいて人に教える立場ともなりますので、社会人の先輩として、立派な大人の一人として自分の人生の責任は自分で取りましょう。

加齢と比例し転職成功確率は下がってくるので、今28歳のこの時に必要なアクションや対策を練り、後々後悔のない人生を送れるようにベストを尽くす必要があります。

もし現段階で転職しようか迷われている場合は、20代の転職に関するプロである転職エージェントに「転職すべきかどうか」という相談をしてみることをオススメします。

20代転職でおすすめの転職サイト&転職エージェントを徹底比較」で20代で転職の相談を受けられる転職エージェントや、今の自分にどんな働き先があるのかを調べられる転職サイトをまとめています。

必要に応じて転職のプロの力を借り、目指すキャリアプランを手に入れられるよう助けてもらうことをお勧めします。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職サイトおすすめを厳選!エージェントは?

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版