リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

営業職の転職

ルート営業に向いてる人の特徴9選!つらい?転職志望動機も!

更新日:

営業職のひとつであるルート営業ですが、会社の基盤を支える企業にとって必要不可欠なルート営業に憧れて転職を志す人も多いのではないでしょうか。

今回は以下のような疑問を抱えるあなたに向けて、ルート営業とは何か?・つらいのか?・向いている人の特徴や志望動機についてもお伝えしていきます。

・ルート営業をやってみたいけど経験がなくて不安
・営業職ってノルマがきついイメージだけどやっていけるかな
・新規営業よりも楽って本当?

ルート営業とその他の営業職の違いや、ルート営業に「向いている人」の特徴、さらに応募時に役立つ志望動機の作成ポイントまで詳しく解説していきます。

ルート営業職に興味のある方や、転職の選択肢として少しでもお考えの方はぜひご参考にして頂ければ幸いです。

ルート営業とは?仕事内容

ルート営業とは端的に言うと「既存顧客へのフォロー」を行う仕事です。

「新規顧客開拓」を中心に行う一般営業と異なり、元々取引のある顧客に対して細かなフォローやセールスを行っていきます。

関連:新規開拓の営業マン必見!新規顧客を獲得するための商談4つのコツ

ルート営業が活躍する具体的な業種としては、商品を顧客のもとに届ける「配送関係」や、生産者や卸売業者から仕入れた商品を販売する「小売業」、アパート管理やマンション経営での土地活用を提案する「住宅関係」などの業種があります。

配送関係 商品を顧客のもとに届ける
小売業 生産者や卸売業者から仕入れた商品を販売する
住宅関係 アパート管理やマンション経営の土地活用を提案
IT関係 自社のIT商品・サービスを既存顧客に対して提案
人材関係 既存顧客の採用ターゲットに合う人材を紹介提案

一般的なルート営業の仕事の流れとしては、朝会社に出社した後、営業車や公共交通機関を利用して午前中から夕方にかけて2~3社を訪問してアフターフォローやセールス等の営業活動を行います。

顧客の営業時間が終了する17時頃には帰社し、事務処理や翌日の準備を行って19時~20時には退社する一連の流れが1日の大まかなスケジュールになります。

▼ルート営業職社員の1日

平均年収は403万円で、これは営業の業種全体からみると少ない収入になります。

年収が低い理由としては、一般営業の人が行っている「新規顧開拓を行わなくてもいい」という点が深く関係しています。

ルート営業はつらい・きつい?

営業職にはルート営業の他にも、全く取引のない企業に対して取引窓口を開いていただけるように電話や飛び込み訪問で開拓活動を行う「新規営業」や、顧客の課題や問題点を見つけ出し、それに対する解決策を提案していく「コンサルティング営業」等の営業形態があります。

コンサル営業とは?仕事内容と年収!転職する時の志望動機も

ルート営業は一見、新規営業のようにノルマに追われることもなく、コンサルティング営業のように高い分析力やプレゼン能力を求められることもないため、「誰でもできそう」というイメージを持たれてしまうこともありますが、ルート営業にも難しい部分やつらい部分はあります。

まず、効率的な回り方でないと一日の担当社数を終えられないくらい忙しい部分もありますのでサボることはできませんし、現在取引のある顧客を最低限維持して、更に利益の高い商品を売っていくことが会社から求められます。

スポンサードリンク

さらに一番難しい部分としては「顧客との信頼関係をいかに構築するか」という点です。

同業他社に負けないような信頼を勝ち取って自社の製品を継続して利用してもらうことがルート営業の最大のミッションであり、ルート営業が会社に安定した収益をもたらすことができるからこそ、会社は新規事業や新規営業に費用を投資することができます。

会社の発展にとって、ルート営業職は非常に重要な役割を担っているという訳なのです。

▶︎ルート営業の転職・就職を成功させる方法

ルート営業に向いてる人の特徴9選

ルート営業に向いている人①:聞き上手な人

ルート営業の仕事が向いている人の特徴としては、ズバリ話し上手な人よりも「聞き上手な人」が向いています。

セールストークが必要不可欠な新規営業やコンサルティング営業と異なり、既に取引があり信頼関係がある程度できている状態の顧客へ接することになりますので、顧客が話す言葉の中から取引拡大のヒントを見つけ出す能力が必要です。

担当顧客へ定期的に訪問し、粘り強くコミュニケーションを取り続けることも重要になりますので、浅く広くよりも「狭く深く」物事に取り組むことができる人がルート営業に向いていると言えるでしょう。

秀でた提案を行うことよりも、一番大事なのは「相手の信頼を裏切らない」ことですので、たとえ時間をかけてでも「約束したことは必ず守る」誠実で丁寧な仕事ができる人が好まれます。

▼ルート営業職に求められる要素・スキル

ルート営業に向いている人②:じっくりと顧客に向き合いたい人

新規開拓営業は契約を取って終わりなので顧客との関係を深く築くことは難しいですが、ルート営業の場合はいかにじっくりと顧客を向き合えるかが数字を上げられるかの分かれ道と言っても過言ではありません。

そのため、顧客と一時的な関係ではなく、長期的な関係を築きたいという志向のある方は、ルート営業に間違いなく向いていると言えるでしょう。

▶︎自分に合ったルート営業職の求人を探す

ルート営業に向いている人③:丁寧な仕事ができる人orしたい人

ルート営業はお伝えしている通り、顧客と深く付き合っていく職種なので、丁寧な仕事ができる人の方が顧客からの信頼を得やすい傾向があります。

今まで仕事を行う中で「仕事が丁寧だよね」と褒められた経験がある方や、これから丁寧に仕事を進めて行きたいという志向がある方はルート営業に向いていると言えますね。

▶︎自分に合ったルート営業職の求人を探す

ルート営業に向いている人④:古くからの友人・知人が多い人

少し仕事とは離れてしまいますが、今までの人生で古くからの友人・知人が多い方はルート営業に適性がある可能性が高いと言えます。

昔からの付き合いを大事にすることは、そのまま顧客との関係を続けていくことに繋がってくる傾向があります。

▶︎自分に合ったルート営業職の求人を探す

ルート営業に向いている人⑤:人見知り(口下手)な人

営業と聞くと、人見知りな人・口下手な人は無縁の仕事と思われがちですが、ルート営業の場合全くそんなことはありません。

むしろ人見知りな人の方が、顧客から「この人はじっくりと関係を構築していくタイプだな」と信頼が置かれることも少なくないので面白いものです。

▶︎自分に合ったルート営業職の求人を探す

ルート営業に向いている人⑥:顧客の求めていることを察せる人

人というのは不思議なもので、言葉にしていない気持ちを先回りして汲んであげると、相手に対して強い信頼感・安心感を得る傾向があります。

ルート営業のような顧客の信頼がダイレクトに数字に反映される仕事ほど、よりスピーディかつ正確に顧客の気持ちを読み取ってあげる必要があります。

相手の深い部分の気持ちを察せられるかどうかは先天的な要素だったりしますが、常に"今自分に何かできることはないか"と考えながらコミュニケーションを取る必要があるでしょう。

▼トップ営業マンのマインドが参考になります

ルート営業に向いている人⑦:相手の目線に立って話せる人

ルート営業は自社の商品・サービスについて詳しくなければいけないのは当然ですが、正しく正確に顧客にサービスの魅力を伝えることはもっと大事です。

たとえば初歩的なところでいうと「専門用語を使わない」「自社の共通言語を噛み砕いて顧客に伝える」などは相手目線に立てているか一番分かりやすい部分です。

常に"自分が相手の立場だったらどう思うか"という思考を働かせ続けられる人は、まさにルート営業が天職と言えるでしょう。

ルート営業に向いている人⑧:世の中のトレンドに敏感な人

ルート営業として固定された顧客と関係を続けていくためには、仕事の話はもちろん、仕事以外のプライベートな話も信頼を得る上で重要な要素になってきます。

そのため、常に世の中の流れや動向にアンテナを立ててトレンドに敏感になっていなければ、なんとなく顧客は「話が盛り上がらないな」と感じ、結果成約に結びつかなくなります。

今何が話題になっているのかトレンドを楽しむことができる好奇心旺盛な人もルートセールスに向いている人の特徴と言えるでしょう。

ルート営業に向いている人⑨:外回りが好きな人

また、オフィスでじっとしているよりも外を飛び回っていたい!という考えの方にもぴったりの職種ですね。

ルート営業に向いてない人は?

前述したようにルート営業に向いている人がいれば、当然向いてない人もいます。

具体的には以下に該当する人です。

年上の相手と話すことに物応じしてしまう人

自分が最前線に立つよりも影でサポートすることにやりがいを感じる人

フットワーク軽く外出するのではなく社内でじっくり仕事に取り組みたい人

ノルマや目標などに追われず、比較的ゆったりと仕事をしたい人

上記に該当する場合はそもそも営業職にあまり向いていないので、事務人事などバックオフィス系職種の方に視野を広げられると良いでしょう。

事務職に強い転職エージェントおすすめ8選【事務職転職必勝法】
人事に向いてる人の9つの特徴【人事歴10年のベテランが語る】

ルート営業に転職時の志望動機

ではここで、実際に別の職種からルート営業職へ転職を試みた時の志望動機についてご紹介して参ります。

あくまでも参考程度にしつつ、あなたなりの独自性のある志望動機を作成するポイントとしていただければ幸いです。

●ルート営業職への志望動機

前職では販売職として小売店でアパレル商品の販売を行っていました。

一度でも接客したお客様のことは忘れないように、洋服の好みや話した内容、購入してくださった商品を日ごとにノートにまとめていました。

始業前に必ずノートを確認してから業務に入ることで、再度来店してくださったお客様との会話が弾み「まだ購入したこともないのに覚えてくださって嬉しい」と言っていただけることも多かったです。

店舗スタッフ10名中リピート顧客の割合は常にトップを保持していました。

私を信頼しておすすめした商品を買っていただける機会も多く、結果的に店舗や会社の利益に貢献することができたと自負しています。

この経験を活かし、貴社が今まで構築されてきた顧客との信頼関係をより強いものにし、お客様に喜んでいけるような仕事をしていきたいと考えております。

▶︎ルート営業の志望動機を添削してもらう

採用担当者は経験/未経験というよりも、

・今までの経験をどう活かすのか
・なぜルート営業を志しているのか
・あなたがどういう人物像なのか
…etc

上記のような部分を知りたいと思っています。

例文のように「ルート営業に活かせる経験」や、あなたが「仕事をするうえで大切にしていること」が伝わるような文章にまとめてみると説得力のある志望動機となるでしょう。

ルート営業への転職を成功させる方法

ここまでルート営業職について紹介してきましたが、前述した通りルート営業職は顧客としっかりと向き合って関係性を構築していく必要があるため、転職難易度も決して低くはありません。

丸腰でルート営業職の転職を志しても書類選考や面接で落とされてしまうでしょうし、同じようにルート営業職を志すライバルたちと差をつけることはできない確率の方が高いでしょう。

ではどうすればルート営業職への転職成功確率を高められるかというと、転職エージェントを活用するということです。

転職エージェントを活用することで、先ほど紹介したようなあなたなりの志望動機を作成する手伝いも行ってくれますし、本番を想定した模擬面接を行ってもらうことも可能です。

また、ルート営業と一口に言っても、

・どんな商材なのか?有形?無形?
・法人のルート営業か?個人向けか?

など幅広く求人はありますので、業種や商材の適性まで担当キャリアアドバイザーが掘り下げて適性を見つけてくれるんですね。

数ある転職エージェントの中でも最もオススメなのがdodaエージェントで、業界No.1の圧倒的ルート営業職の求人数と転職活動ノウハウで、転職成功率を極限まで高めてもらえます(※新卒就活生も利用可能です)。

↓dodaの登録はコチラ

doda利用者の評判口コミ

dodaの担当キャリアアドバイザーはこちらのペース、要望に合わせてルート営業職の求人を複数紹介してくれたので、安心して企業選びを任せることができました。

私は書類作成が苦手で、ほぼ中身のない職務経歴書を添削に提出してしまいましたが、面談で話した内容から丁寧に作成してくれたので、とても助かりました。

また、面接前の対策をとても丁寧に指導してくれて、自分の言葉で話していいと言ってくれたので安心して面接に挑むことができ感謝しています。

▶︎dodaエージェントで転職相談する

ぜひ転職エージェントを活用しながら転職したい企業からの内定を勝ち取り、あなたがルート営業職として活躍できる日が来ることを心から応援しています。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-営業職の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.