リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

【転職エージェントの選び方】独占案件の多いエージェントを選ぼう

転職エージェントの選び方として独占案件の多いエージェントを選ぶという方法がありますが、

・非公開求人は知っているけれど独占案件と違うの?
・独占案件のメリットって何?

上記のように思う方もいるかと思います。

まず知っていただきたいポイントは、非公開求人と独占案件は明確に違うということです。

稀に中小の転職エージェントが混同して独占案件というワードを使っていますが、違った意味合いを持つ言葉です。

独占案件は紹介さえしてもらえれば内定確率が通常案件よりも飛躍的に高い案件ですので、今回はそんな独占案件についてご説明をしていきます。

なぜ内定獲得がしやすいのか、独占案件を持っている理由等もお伝えしていきますので、今後はエージェントから紹介される求人の種類についても「独占案件?それ以外の案件?」とアンテナを張るようにしましょう。

転職エージェントの独占案件とは

冒頭でお伝えした通り、転職エージェントは非公開求人と独占案件を扱っており、それぞれ違う意味合いを持っています。

具体的な違いは、以下の通りです。

非公開求人 転職エージェントでしか紹介されない求人
独占案件(求人) そのエージェントが独占で紹介している求人

非公開求人はネット等にも出回らないエージェント内にしか存在しない案件を指し、複数のエージェントが同じ求人を持っていることもあります。

しかし独占案件はエージェントの中でもその1社しか持っていないため、ライバルとなる応募者が少なく貴重なレア案件といえます。

独占案件があるということは、エージェントが企業から厚い信頼を勝ち得ているという証拠に他ならないことを意味しています。

つまり、独占案件の企業について精通しておりリアルな現場事情まで詳しく知ることができるので、面接で重視されるポイントも熟知しており効果的な面接対策を受けられます。

そしてその結果、独占案件を決めようとするエージェントのプッシュが追い風となり採用可能性が高くなるというメリットがあるんですね。

転職エージェントの独占案件を見つける方法

では非公開求人の中でも、超お宝案件的存在の独占案件をどうすればみつけられるのでしょうか。

以下3つの方法をご紹介していきます。

キャリアコンサルタントに独占案件の紹介依頼をする

率直に独占案件を紹介して欲しい旨を伝えてみましょう。

しかし、独占案件は誰でも紹介してもらえるわけではなく、エージェントから良い人材を提案するプレッシャーがあるため、信頼できる求職者にしか紹介されません。

そのため、独占案件を紹介してもらうためにはエージェントから見て魅力的、人物的に優れている求職者と認めてもらわなければいけないのです。

転職エージェントの利用が初めての場合はどういった応答や対応が望ましいか等イメージが湧かないので、複数本命以外のエージェントで登録をし「面接慣れ」ならぬ、「面談慣れ」をして面談で良いパフォーマンスを出せるよう準備をすることも手段の一つでしょう。

【迷ったらココ!】求人数重視のおすすめ転職エージェント

複数の大手エージェントに登録する

大手エージェントに複数登録をすれば、有名大手企業や老舗企業の独占案件を逃すリスクはなくなるでしょう。

大抵の企業は求人発生時に、大手かつ歴史の古いリクルートエージェントDODAあたりに声掛けをするからです。

リクルートエージェントとDODA(パーソルキャリア)の違いと特徴

こうして複数のエージェントに登録をすると紹介される求人が重複する機会が増えます。

求人が重複する中で他エージェントから紹介されていない求人は独占案件である可能性が高いので、キャリアコンサルタントに聞いてみると良いでしょう。

独占案件を任されているエージェントもポジションを拡充させるプレッシャーを抱えているため、紹介をしてもらえれば最大限力になってもらえるはずです。

自分の希望業界、職種に強い専門型エージェントに登録する

企業側が独占案件を依頼する時は「付き合いが長く実績があるエージェント」や「自社で欲しい人材が多く登録しているエージェント」というケースが多くなります。

つまり、後者の業界や職種に強いエージェントに登録をすると、大手エージェントでも持っていない独占案件に巡り合える可能性があるということです。

【業界・職種別】おすすめ転職エージェント一覧

大手エージェントは幅広い業界や職種を取り扱う総合型エージェントが多く、専門性の深さや支援実績やノウハウ面では専門エージェントの方がリードしています。

そのため、専門的な分野や知識が必要な業界や職種経験者は大手エージェントを併せて専門型エージェントに登録をするとより、希望にフィットした独占案件を紹介してもらえる可能性が高まるでしょう。

独占案件の最も多い転職エージェントは?

独占案件を見つけて紹介してもらうためには、独占案件の取り扱いが多い転職エージェントの登録は必須です。

2018年現在、公開求人数が約20万件にまでのぼる勢いのリクルートエージェントは登録必須と言えるでしょう。

他エージェントの非公開求人割合は8割程度が多い中、リクルートエージェントは9割以上が非公開求人となっており、累計支援実績も37万人、1年で3万人以上の支援を実現し他エージェントより頭一つ抜きん出た存在といえます。

もし仮に1つのエージェントに1%ほどが独占案件であったと仮定した場合、確率論の話ですが非公開求人数の多いリクルートエージェントでとあれば1,000件以上と最も独占案件を持っている可能性が高いといえますよね。

登録に迷うようであれば、独占案件の保有率の高いリクルートエージェント一本でまちがいないでしょう。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版