リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職エージェントの使い方

転職エージェントに断られる・相手にされない理由と対処法まとめ

更新日:

転職活動を成功させるために転職エージェントに登録したはいいものの、なぜか面談を断られる・断られたという人が続出しています。

そこで今回は、転職エージェントが登録者を断る理由について徹底調査し、その上で断られる可能性の限りなく低い転職エージェントについてまとめました。

転職エージェントは直接面談を受けてこそ、転職活動において効果を最大限発揮できるサービスなので、ぜひ直接面談を受けるに至る参考として頂ければと思います。

■転職エージェントに断られる人が続出中

転職エージェントは無料で転職支援を行ってもらえるサービスなので、積極的に登録する人も多いですが、その矢先に面談を断られるという人も少なくありません。

実際に私自身も某大手エージェントを登録した後、メールで面談を断られた経験があります。

▼面談を断られたメール全文(原文そのまま)

ちなみに、上記画像を見ても御察しの通り、断られたのは下記転職エージェントです。

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

JACリクルートメントに断られる!登録拒否の理由と対処法は?

せっかく意を決して登録したにも関わらず、この時のショックったらたまったもんじゃありませんよね。。汗

また、下記エージェントでも登録を断られるという人が続出しています。

>>マイナビエージェントに断られた!なぜ?断られた時の対処法

>>dodaエージェントにキャリアカウンセリングを断られた時の対処法

>>ビズリーチ(BIZREACH)に断られた!審査に落ちた理由は年収?

>>Spring転職エージェントに登録拒否される理由と5つの対処法?

>>type転職エージェントに断られる!登録拒否の理由と対処法

では一体なぜ、転職エージェントはあなたの面談を断るのか、その理由を深掘りして参ります。

■転職エージェントに面談を断られる理由

結論から言うと、転職エージェントがあなたの面談を断る理由は「たとえ面談をしたとしても、紹介できる求人がないから」だと言うことができます。

しかし、中小転職エージェントならまだしも、リクルートエージェントやdodaのような最大手エージェントは事業の歴史もあり何万件と取り扱っている求人がありますから、紹介できる求人が全くない可能性は極めて低い筈なのです。

にも関わらず、あなたの面談を断る理由については、以下8つの理由があると考えられます。

●転職エージェントに断られる理由①:現在離職中である

あなたが以前、どれだけ名の知れた大手企業に勤めていた経歴があったとしても、現在何らかの理由で「離職中」となっている場合、転職エージェントは面談を断るというケースがあるようです。

つまり「ニート(無就業者)に紹介する求人なんてない」と言っているようなものですね。

せっかくニートを脱するために転職エージェントに登録したにもかかわらず、面談を断るのはどうかと思うんですけどね。。

●転職エージェントに断られる理由②:40代以上の年齢である

絶対という訳ではないですが、転職エージェントを利用しようと登録を試みた際に、40代以上の年齢が理由で断られるケースもあるようです。

基本的に転職エージェントに年齢制限は存在しないのですが、たとえば繁忙期であったり、あなたが希望している年収が高いなどの関係で、一時的に登録を断ることもあるようなんですね。

年齢が比較的高い場合は、中高年の転職に強いエージェントはいくつかあるので、そちらを利用することをオススメ致します(※後ほど紹介致します)。

●転職エージェントに断られる理由③:専門性の高い業界・職種である

あなたが転職したいと考えている業界・職種の専門性が相対的に高い場合、その転職エージェントでは取り扱っている求人がほぼ皆無で、その結果断られてしまう、というケースもあるようです。

具体的には、

・専門性の高い技術職
・資格を必要とする職種

などが該当します。

あなたが転職支援サービスを提供する人材に見合わない、という否定的なものではなく、エージェント側も転職支援をしたいのにできないといういわゆる"ジレンマ"の状況。

その業界や職種の転職に特化したエージェントなら話は別なのですが、そうでない場合、中々取り扱う求人が少ないということも現実的にあり得るようです。

●転職エージェントに断られる理由④:転職回数が多すぎる

転職回数が年齢の割に多すぎると、転職エージェントは「この求職者は何か問題があるんだろう」と想定し、利用を断るというケースも存在します。

色々と理由はあるにせよ、20代で5、6社経験していたり、30代で7、8社も経験していたら、やはり客観的に見ると"異色の経歴"として判断せざるを得なくなるという訳ですね。

もし転職回数が多い場合は、登録する際の備考欄でも何でも良いので、転職回数が多いことについて「どのような意図があって転職したのか」を書いておくようにしましょう。

回数をごまかしても、後々ばれてしまっては本末転倒ですからね。

●転職エージェントに断られる理由⑤:サポートエリア対象外である

転職エージェントのサポート対象エリアからあなたが住んでいる場所が外れてしまっている場合、面談を断られてしまう可能性があります。

やはり転職エージェントの多くは関東・関西圏のみを対象エリアとしているエージェントが多いので、事前に対象エリアはきちんと把握しておいた方が良いです。

大手転職エージェントのdodaであれば全国のエリアを対象としていて断られる可能性も低いので、どこに住んでいる人でもお勧めですね(電話面談で対応もOK)。

↓dodaの登録はコチラ

●転職エージェントに断られる理由⑥:すぐに転職する意思がない

転職エージェント側に「この登録者はあまり転職する意思がないな」という判断されてしまうと、面談を断られてしまう可能性はグッと高まります。

エージェントによっては、登録の際にどのくらいのタイミングで転職したいかを記載する欄が設けられていることがあるので、極力「すぐにでも転職したい」を選ぶようにしましょう。

たとえ本音では「まだ転職するかどうか迷っているし、とりあえずどんな求人があるのかだけでも知りたい」と思っていても、登録の段階ではとにかく早めに転職したいとエージェント側に思ってもらう必要があります。

面談を行ってさえしまえば、あとは担当キャリアアドバイザーにどのような形でサポートしてもらうかは自由なので、まずは面談を行ってもらいましょう。

●転職エージェントに断られる理由⑦:時期・タイミングが悪い

転職エージェントは基本的に転職市場が盛り上がる「繁忙期」と、転職市場が盛り下がる「閑散期」があり、どのタイミングで登録するかによって利用の可否が変わることがあります。

繁忙期(求人豊富→断られにくい) 2月〜3月、8月〜9月
閑散期(求人少ない→断られやすい) 上記以外の時期(※業界にもよる)

繁忙期は求人が豊富なので、どんな登録者でも受け入れるスタンスである可能性が高く、閑散期は登録者に優先順位をつけて登録を拒否する場合もあります。

なるべく転職求人市場が盛り上がるタイミングで転職エージェントへの登録を試みると良いでしょう。

●転職エージェントに断られる理由⑧:空白期間が長い

もし仮にあなたに空白期間がある・長い場合は転職エージェントに断られる可能性があります。

・転職先が決まらずに前職を辞めてしまった
・介護休暇など離職せざるを得ない状況だった
・個人事業主など自分で事業を行っていた
…etc

上記のような理由こそあれど、空白期間が長い場合は転職エージェントに"決まらない人材"とみなされてしまう可能性があるので注意が必要です。

●転職エージェントに断られる理由⑨:年収が300万円台である

利用する転職エージェントによっては「年収が300万円台、あるいはそれ以下」であるという理由だけで面談を断る転職エージェントも存在します。

特にパソナキャリアやJACリクルートメントのような転職エージェントは年収400万円以上〜しか面談を行わないスタンスのようで、断られる人は非常に多いです。

面談のハードルが高いからと言ってサービスの質が良いかというと決してそんなことはないので、あまり1社のエージェントに固執せず色々なエージェントの面談に申し込んでみましょう。

★断られにくい転職エージェント早見表★

断られる可能性 doda
マイナビエージェント

断られる可能性中

リクルートエージェント
Spring転職エージェント
type転職エージェント

断られる可能性

パソナキャリア
JACリクルートメント

※断られる可能性の低い転職エージェントは面談の受け入れ範囲が広いのでオススメ

■面談を断られる可能性の低い転職エージェントは?

上記8つの理由を見て頂いても分かった通り、転職エージェントというのは基本的に、「転職見込みの高い求職者=紹介料を取れる求職者」を厳選し、そうでない求職者は断っていると考えられます。

やはり転職エージェントを提供する人材会社も民間の企業で利益を求めていますから、ビジネス的な観点で言うと仕方ないといえば仕方ないですよね。

関連:転職エージェントの利益はどこから?無料で利用できる仕組みを解説

しかしそれは逆を取れば、あなたを転職見込みの高い求職者として扱ってくれるような転職エージェントを利用すれば、今回のように面談を断る可能性は限りなく低いという風に捉えることもできます。

ということはつまり、どの業界・職種・年齢でもカバーしている対象範囲の広い転職エージェントを利用すると、断られる可能性は低いということですよね。

対象範囲の広いエージェントとして真っ先に挙げられるのは、やはりdodaで、業界No.1の求人を扱っていることから、どんな求職者でも紹介できる求人が豊富に揃えられています。

↓dodaの登録はコチラ

すんなりと面談の日程が組まれる筈ですので、ぜひ利用されてみてくださいね。

もし既にdodaに登録してしまっている場合でも再登録は可能なので、もう一度登録してみて頂きたいのですが、問題なのはリクルートエージェントに断られてしまった方。

以下で、現在の年齢や転職を希望している業界や職種に応じて転職エージェントを整理致しましたので、ぜひ該当するものを選んでいただければと思います。

●年齢別おすすめ転職エージェント

第二新卒〜20代

あなたが就職3年以内であれば、いわゆる"第二新卒"として転職をすることが可能です。

第二新卒は最低限のビジネススキルが身についている上に、仕事の吸収も早く非常に重宝される人材ですので、ぜひ下記エージェントをご活用ください。

マイナビジョブ20's(※東京・大阪・名古屋)
doda(※対象エリア:全国)

また、たとえ入社から3年以上経っていたとしても、20代に強い転職エージェントというのは今非常に増えてきています。

それだけ企業も若い人材を欲しがっているという証拠でもありますので、ぜひ下記エージェントのいずれかをご活用頂けたらと思います。

doda(※対象エリア:全国)
マイナビエージェント(※対象エリア:全国)
type転職エージェント(※関東一都三県)

また、女性の方は下記の女性転職に強いエージェントを利用されてみることをオススメします。

type女性の転職Agent
パソナキャリア

40代〜50代

また、20代や30代のような年齢の若いビジネスパーソンでない、40代や50代の年齢であったとしても、転職エージェントのサービスを受けることは可能です。

特にベテラン領域に強い転職エージェントについて下記でまとめているので、ぜひ利用を諦めずに下記エージェントをご登録頂ければと思います。

40代・50代ベテラン中高年に強い転職エージェント

●業界・職種別おすすめ転職エージェント

営業職の転職に強い転職エージェントおすすめランキングTOP5

職種の中でダントツに求人の多い「営業職」は、それだけ世の会社が求めている人材ということでもあります。

営業職の転職に特に強い転職エージェントについて、上記では厳選してご紹介しています。

ゲーム・IT業界の転職に強い転職エージェントおすすめランキング

ゲーム・IT会社は非常に求人数の多い業界ではありますが、専門性が高くなるにつれて取り扱っている求人が少なくなるのも事実。

上記ではエンジニアやクリエイターなどの職種に応じて特化したエージェントをまとめてあるので、同業界への転職を志望している場合は必ず役に立つ筈です。

 

アパレル業界の転職に特化した転職エージェントおすすめを厳選

女性でアパレル系の販売職で転職先を探している場合は、一般の転職エージェントよりも業界に特化したエージェントの方が圧倒的に求人数も増えます。

担当のキャリアアドバイザーもアパレル業界や販売職に精通している女性がほとんどですので、かなり有意義な面談を設けてくれることでしょう。

上記以外にも業界・職種別に転職エージェントを分けて紹介していますので、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

【業界・職種別】おすすめ転職エージェント一覧

★業界・職種別おすすめ優良転職エージェント★
【業界・職種別】おすすめ転職エージェント一覧

●現在の状況別おすすめ転職エージェント

フリーター・ニートの就職に強いおすすめ就職エージェント

たとえあなたが現在就業中でなかったとしても、ニートやフリーターに特化した転職エージェントは存在します。

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

新卒ではなく、既卒・第二新卒として就活中の20代の方向け就職エージェントおすすめランキングです。

上記エージェントは無就業者の転職や就職成功率8割越えという驚異の数字を叩き出しているので、あなたの力になってくれる可能性は極めて高いでしょう。

●転職の目的別おすすめ転職エージェント

年収UP率の高い転職エージェントおすすめランキング【営業編】

営業職については、どの転職エージェントでも間違いなく求人はありますが、年収UPできる求人となれば話は別。

上記エージェントを利用すれば、通常のエージェントを利用するよりも高い確率であなたも年収を大幅にアップさせることができます。

 

年収UP率の高い転職エージェントランキング【ITエンジニア編】

ITエンジニア職に関しても、人材の需要が多い分、高い年収で転職をすることは可能です。

もちろんあなた自身のエンジニアとしてのスキルやマネジメント経験の有無などによって幅は変わりますが、上記はかなり評判の良いエージェントになります。

●地方別おすすめ転職エージェント

地域別に面談拠点のある転職エージェントを下記でまとめましたので、ぜひあなたのお住まいの地域から近しい距離にあるエージェントを活用して頂ければと思います。

地方別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

ぜひあなたの状況に照らし合わせてお選び頂ければと思います。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職エージェントの使い方

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.