リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

20代後半の転職活動で必要な全知識を元エージェントが徹底解説

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

転職の面接に受からない!なぜ?転職活動が行き詰まった時の対処法

「転職の面接に全然受からない…」
「採用面接官はどこを見てるんだ…」

面接に苦戦し、転職活動が行き詰まってしまった時の対処法についてお伝えして参ります。

私自身も転職活動で面接に落ちまくり悩んでいたのですが「ある方法」を知って実践すると嘘のように受かるようになりました。

中途採用面接でなかなか思うような結果が得られていないという方は、ぜひご参考ください。

■転職の面接に受からない理由は?

まず結論から言うと、あなたが転職の面接になかなか受からない理由は下記2つに集約されます。

受かる可能性の低い企業に応募している

面接の準備不足である

上記2つです。

順番に説明して参ります。

●受からない理由①:受かる可能性の低い企業に応募している

採用する企業の立場になって考えてみると分かるのですが、企業は当然「自社の採用条件に見合う人物」を採用したいですよね。

しかし、採用条件というのは転職サイトや企業HPには明確に書かれておらず、書かれていたとしても非常にあいまいな表現でしか提示されていません。

▼企業HPの募集要項は非常にあいまい…

つまり「採用条件とは大きく離れてしまっている企業にばかり応募してしまっている」という状態に陥ってしまっている可能性があります。

これではなかなか面接には受かりません。

●受からない理由②:面接の準備不足である

企業の採用要件をきちんと満たしていてもあなたが面接に落ちてしまう場合「面接の準備不足」である可能性が非常に高いです。

『面接に準備なんているの…?』
『自然体の方が良いんじゃないの…?』

と思われるかもしれませんが、確かに準備をしなくても面接に受かる求職者の方はいます。

ただしそれは、

✔︎前職で圧倒的な成績がありそれが入社後も活きる→企業が”即戦力”として期待している
✔︎採用面接官とめちゃめちゃウマが合った

上記どちらかにあてはまる可能性が高いです。

前職で圧倒的な実績がなくて、面接官との相性という”運”に左右されないためには、面接の準備をすることは必須という訳ですね。

■転職の面接に受からない時の対処法

もうお察しかと思いますが、面接に受からない時の対処法としては2つ。

①受かる可能性のある企業に(採用要件満たす)
※かつあなたが行きたいと思う企業

②徹底して準備して面接に臨む

上記二つです。

ではどうすれば、

①受かる可能性のある企業
※かつあなたが行きたいと思う企業

を知り、

②徹底した面接の準備

を行うことができるのでしょうか。

■転職の面接対策は一人ではできない

ハッキリ言ってしまうと、前述した、

✔︎あなたが転職したいと思い、かつ行きたいと思える企業を探し出すこと
✔︎徹底した面接の準備

これらを一人で行うことはできません。

行きたいと思う企業を転職サイトでピックアップすることはできますが、その企業が「受かる見込みのある企業かどうか」までは分からないですよね。

その結果、面接に次々と落ちてしまい、自信を失ったり精神的ダメージを受けてしまいます。

▼負のスパイラルに陥ってしまう…

また、面接の準備についても、自己PRや志望動機を紙に書いて整理することはできますが、面接は人と人のコミュニケーションですから、アウトプットしなければ意味がありません。

かと言って、鏡や壁などに話しても人に伝える時の微妙なニュアンスを調整することは難しいですし、家族や友人に話してもイマイチ本気で伝えられなかったりしますよね。

繰り返しになりますが、面接対策を一人で行うことは絶対にできないのです。

■転職の面接対策を行う”たった一つ”の方法

では、上記で挙げた面接対策を行うためにはどうすれば良いのかという話ですが、解決策はたった一つ、

“転職エージェントを活用する”

という方法です。

転職活動をしているのであれば存在を知っている方も多いと思いますが、転職エージェントを活用すれば、

✔︎受かる可能性がどれくらいあるのか(※行きたいと思う企業の中で)
✔︎模擬面接などの面接対策

上記を徹底的に行うことが可能です。

私自身も転職エージェントを使わずに面接にバンバン落ちていて落ち込んでいたのですが、使った瞬間に受かるようになりました。

●受かる可能性のある企業を絞り込める

転職エージェントの担当者であるキャリアアドバイザーは、登録後の面談で、

✔︎あなたがどれくらいのコミュニケーション力があるのか
✔︎どれくらいの実績があるのか

をくまなくチェックしています。

そしてチェックした項目を元に「この企業だったらこの人は受かる見込みがある」という形で求人を紹介してくれるんですね。

▼受かる求人に絞って紹介してもらえる

もちろん、その中で「この企業はないな」と思う求人は断っても大丈夫ですし、業界、職種、給与、条件なども汲んだ上で求人を紹介して貰えます。

また、事前に会社の社風や人間関係など、実際に働いてみないと分からない部分まで担当者に教えてもらうことも可能です。

一から転職サイトやHPを探すよりも効率的ですし、何より、落ちる可能性を限りなく抑えた状態で面接に臨むことができるという訳ですね。

●模擬面接など徹底して面接対策を行える

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、言ってみれば”転職のプロ”です。

企業の人事採用担当者がどの部分を見ているか、評価しているかは、手に取るように把握しています。

評価する項目を抑えた上で、

・どんな自己PRであれば効果的に伝わるか
・どんな実績をどのように伝えるべきか

など細かい部分まで見ながら模擬面接を行ってくれるので、面接の準備は全てエージェントだけで済ませることができます。

もちろん、面接だけでなく職務経歴書のような書類も添削してくれるので、活用すれば一気に選考通過率が高まるという訳ですね。

■どの転職エージェントを選ぶべきか

一口に転職エージェントと言っても、大手から中小人材会社が提供しているエージェントまで数多くのエージェントがあるため、どれを選んだら良いか分からないという人も少なくありません。

どのエージェントを利用すべきか迷った場合、もしまだ使ったことがないのであれば、リクルートエージェントを選んでおけば間違いありません

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手で、圧倒的な求人数と、質の高いキャリアアドバイザーで、転職実績もNo. 1を独占しているような状況です。

リクルートエージェントは面談場所も全国にあり、あなたが転職したい都道府県の会社の求人も必ず取り扱っているので、迷ったらリクルートエージェントを選んでおけば間違いありません。

既に利用経験がある方は下記を参考にされてくださいね。

リクルートエージェントに再登録は可能?担当者変わる?

■転職エージェントの利用に抵抗がある場合

・・・とは言っても、やはりどうしても転職エージェントを利用することに抵抗があるという人もいると思います。

そのような人は、ハローワークや仕事センターのようなところに面接が受からないという相談をしてみても良いですね。

▼ハローワークや仕事センターもあり

ただ、国が提供しているサービス施設なので、多少対応が雑であることも否めません。

可能であればリクルートエージェントのような民間の人材会社を利用した方がアドバイスも的確ですし、対策もみっちりやってくれるのでオススメです。

いずれにせよ、面接がなかなか受からないという状況に陥っているのであれば、何かしら対策をして、現状を変えなければならないことは間違いありません。

あなたの転職活動が上手く行き、転職した後の会社で思いっきり活躍することを心から祈っています。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

リクルートエージェントはフリーターやニート(既卒)でも使える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する