リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントはフリーターや既卒(ニート)でも使える?

20代前半で転職すべき人は?成功した体験談&転職サイトおすすめ

【転職時の履歴書書き方講座①】在職中の職歴の書き方【見本あり】

今回は転職時の履歴書の書き方講座第一弾として「在職中の職歴の書き方」について見本を交えながらお伝えして参りたいと思います。

現在在職中で職歴欄の書き方がイマイチわからないという方は、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

第二弾、第三弾については下記もどうぞ。

>>【見本あり】学歴欄の正しい書き方【転職時の履歴書書き方講座②】

>>【転職時の履歴書書き方講座③】「受かる」「刺さる」志望動機

–PR–

>>【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較<<

■転職時の履歴書の書き方〜在職中の職歴の書き方①〜

現在在職中で履歴書の職歴欄を記入する場合、最終的に【現在に至る】という文言を追加することによって、在職中であることを面接官に伝えることができます。

【現在に至る】という文言については左詰めで記載し、最終的には「以上」で締めることも忘れないようにしておきましょうね。

■転職時の履歴書の書き方〜在職中の職歴の書き方②〜

最後に【現在に至る】という文言を追加しないパターンとして、右側に(現在に至る)という記載をするという書き方も良いのではないかと一部では言われています。

例)○○株式会社 入社
法人営業1課で新規開拓を担当(現在に至る)

上記のような書き方ですね。

しかしこの書き方は基本的には悪くないのですが、採用担当者によってはあまり良くない印象を与えてしまうケースもあります。

より多くの担当者に高評価を得るためにも、冒頭でお伝えした【現在に至る】という書き方をするようにしましょう。

■転職時の正しい履歴書・職務経歴書の書き方を100%網羅する

今回は転職時の履歴書の職歴欄の書き方についてお伝えして参りましたが、紹介した箇所以外にも、履歴書を書き進めていくにつれて不明な箇所が出てくることかと思います。

その際に都度インターネットで調べながら書き進めて行くという方法も良いのですが、あまり時間的に効率的とは言えません。

もし履歴書や職務経歴書などの書類をワンストップでスムーズに書き終えたいという場合は転職エージェントの利用をオススメ致します。

転職エージェントと一口に言っても様々なエージェントがあってどれを利用すべきか分からないと思いますが、履歴書や職務経歴書などの書類の書き方・添削に定評のあるエージェントは下記2つのエージェントがおすすめです。

>>【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較

業界トップクラスのリソースで非常に評判も良く、また全国に面談を受けられる拠点があるので、ぜひ一度利用をご検討されてみて下さいね。

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930