第二新卒の転職

キャリアプランの具体的な書き方【キャリアプラン立て方講座】

更新日:

仕事を、いや人生を充実したものにするためにはキャリアプランを描くことが大事です。

立て方講座第2弾は、具体的なキャリアプランの書き方についてお伝えします。

最終更新日.2021年12月2日

1、長期的なビジョン(理想の未来)

まずキャリアプランを書く際にその根底
となるのは、長期的なビジョン、つまり
理想の未来像になります。

仕事というよりも、よもや人生において
目指すべき方向性ですね。

・仕事を通して世の中をどうしたいか?
・どんな価値を世の中に与えたいのか?
・どうなりたいか?何になりたいか?

これがキャリアプランの全ての根底に
なる部分なのでじっくりと時間をかけ、
1ヶ月ぐらい練りに練りましょう。

2、中期的なビジョン

そして人生における最大の目的・理念
がある程度固まったら、次に具体的な
年次ごとに区切って下ろしてきます。

あなたの今の年齢にもよりますが、

・50年後
・30年後
・20年後
・15年後
・10年後

ぐらいまで大まかに区切っておくことで
まだ現実的ではないかもしれませんが、
何を目安にすべきか把握できます。

スポンサードリンク

この段階ではまだぼんやりで構いません。

3、短期的な目標

そしてその中期的な目標を短期的な目標
に落とし込むこの段階である程度現実的
にしておく必要があります。

・5年後
・3年後
・1年後
・半年後
・3ヶ月後

この期間までにこれを達成しておかなけ
ればいけないという期限と目標が、大事
になってきます。

これを元に、最終段階へと移ります。

4、日々の仕事

最後に今まで落とし込んできた全ての
目標を達成するために、具体的にどう
行動を日々取って行くか、

アクションプランを設定する段階です。

今日今から何をしなければいけないか
というところまで徹底的に細分化して
明確にします。

まとめ

さて具体的にキャリアプランを描く流れ
は理解できたでしょうか?

長期的ビジョン

中期的目標

短期目標

日々の仕事(アクションプラン)

この一本の軸をキッチリ定めておくこと
で、後で軌道修正も含めてやるべきこと
を明確にしておくことができます。

軌道修正という点においては、一人で
行うよりも第三者とともに行った方が、
客観的に自分を見ることができます。

自分を客観的に見てくれる第三者として
転職エージェントの存在は非常に大きく、
適切なアドバイスを受けることができます。

本来、転職エージエントは転職活動の際に
使うサービスですが、キャリアプランを
描く上でも相談に乗ってくれます。

もちろん、相談に乗ってもらったからと
言って、無理に転職を強要されることは
一切ありませんし、無料で利用可能です。

転職エージェントの中でも業界No.1実績
を誇るリクルートエージェントは多くの
人が利用しているサービスなので、ぜひ
この機会に相談してみるのも良いですね。

↓完全無料でキャリア相談してみる
リクルートエージェント

>>リクルートエージェントの評判・口コミ

時間が掛かっても良いので、緊急で済ま
さなければいけない仕事がない時は紙に
書くようにして下さいね。

アクションプランとは

キャリアプランの描き方の記事の際にも
軽く触れましたが、改めて、アクション
プランの定義を確認しておきましょう。

アクションプランとは、一言で言えば
"To Do リスト"のことです。

今日すべきことを紙に書いて、終わった
ら線で消していくあれのことです。

難しく考えず簡単に考えましょう。

1、内部要因と外部要因に分ける

具体的な手順としてまず最初にすべき
ことは、内部要因と外部要因に分ける
ことです。

具体例として、

・上半期営業成約数No1.を獲る

という短期的目標があったとします。

この目標を細分化すれば、たとえば

・毎日飛び込みを100件行う(内部要因)
・営業成約数1位(外部要因)

という内部要因と外部要因が組み合さり
できた目標ということが分かりますよね

これを要素分解することによって、一見
実現が難しく思える目標も簡単に可視化
することができ、次に進めます。

2、段階毎に数値化する(内部要因)

次にすべきことは、内部要因を段階毎に
数値化して段差の目標を付けることです。

内部要因というのは言ってみれば自分と
の約束ですから、周りがどうこうあろう
とも関係ないことです。

例えば、

・毎日100件テレアポ
・50件飛び込み

などですね。

3、外部要因を適宜見直す

何か目標を達成するためには内部要因と
外部要因が組み合わさって達成します。

コントロールしにくいのは圧倒的に外部
要因ですから、その分定期的に見直して
ちゃんと結果が伴っているか確認します

臨機応変に軌道修正することも重要です

まとめ

アクションプランは、もうこれ以上でき
ないというぐらい日々取り組むべき仕事
を明確化するということです。

特に内部要因と外部要因に分ける段階は
目標を達成するために、重要なフェーズ
であることを忘れないようしましょう。

-第二新卒の転職

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.