転職エージェントの使い方 転職活動

早く転職したい人必見!1日でも早く早期内定を獲得する裏ワザ

投稿日:

早く転職したい人必見!1日でも早く早期内定を獲得する裏ワザ

今の会社が嫌になって、1日でも早く新天地へ転職したい

すでに退職してしまっていて、少しでも早く内定を獲得したい

入社したばかりだけど、ギャップを感じていてもう会社を辞めたい

こういった不安感を覚える人は少なくないと思います。

私も長くキャリアアドバイザーを勤める中で「1日でも早く転職したい」「1日でも早く内定獲得したい」という焦りにも似た気持ちの求職者の方を多く担当しました。

不安に感じることは多いと思うのですが、転職エージェントをうまく活用してもらうことで、短期間で転職を成功させることが可能です

この記事では、短期間で内定獲得するためのポイントや裏技、いざ活動をする際の注意点をまとめて紹介します。

早期内定獲得に向けておすすめの転職エージェントも紹介するので、早く転職したいとお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

今現在離職中で1日でも早く就職したい方は「早く就職したい人必見!1日でも早く早期内定を獲得する裏ワザ」も併せてご参考下さい。

▶︎1日でも早く転職したい人へ!早期内定に強い転職エージェントはこちら

ヲシロさんプロフィール

2023年11月1日最終更新

早く転職したい!→最短1週間で転職可能

早く転職したい!→最短1週間で転職可能

1日でも早く内定を獲得したい方は、間違いなく転職エージェントを利用することをおすすめします

転職活動を短期間で成功させるためには、応募企業の選考スケジュールを上手く調整をすることや、選考対策を万全に実施することが重要です。

複数の企業の選考を同時並行する場合も多くなりますし、まだ現職中の方は転職活動に割く時間が限られることになります

その際に、各企業との折衝や対策情報収集を任せることができる転職エージェントは心強いパートナーになります。

また、短期間で内定を獲得した場合「本当に内定承諾して良いのか」となんとなく不安感を覚えることもよくある話です。

そんな時に、キャリア形成のプロである担当アドバイザーが相談役になる心強い存在になります。


当サイト利用者数No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約200,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

doda公式HPから30秒で無料会員登録

転職エージェントをうまく活用することで、応募→面接→内定→承諾まで1週間程度で実現することが可能です

短期間でスムーズに転職活動を成功させるためには転職エージェントを利用することを念頭に考えておきましょう。

1日でもできるだけ早く転職成功する方法

1日でもできるだけ早く転職成功する方法

それでは1日でも早く転職活動を成功させるために具体的にどのような動き方をすれば良いのか、いくつかポイントを整理しておきます。

  • 事前準備を徹底する
  • 納得できるまで応募する
  • 採用熱度が高い求人へ応募する

事前準備を徹底する

転職活動をスムーズに進めるためには事前準備がかかせません。

具体的には、以下のような内容について考えを整理しておきます。

☑️どのような会社、求人で内定を獲得できれば良いのかという方向性を定める
☑️転職活動を終える時期から逆算して活動スケジュールを立てる
☑️転職理由、志望動機、自己PRという面接対策をできるだけ使いまわせるように整理する

事前準備を1人で行うのが難しい場合は、前述したように転職エージェントを活用することで転職のプロに手伝ってもらうことをお勧めします。

納得できるまで応募する

1日でも早く転職したい場合でも、応募1社目の企業や第二志望の企業からいきなり内定を獲得すると、内定承諾するかどうか迷いが生じるものです。

納得感のある転職活動にするためには、何社くらいの面接参加しておきたいのか

面接が難しい場合、求人検討や書類選考申し込みは何社くらい必要なのか

志望順位が明確な場合は、第一志望の企業の選考を受け切ることができる選考スケジュールの調整ができているのか

短期間で納得感のある転職活動にできるように、スケジュール調整を意識しましょう。

採用熱度が高い求人へ応募する

早期に内定を獲得するためには、採用熱度が高い求人へ応募することが重要です

採用熱度が高い求人では、入社してほしい時期が決まっている場合があり、選考調整、結果連絡がスムーズに進むケースが多くなります。

また、採用人数が求人の場合は、単純に内定獲得できる確率も高くなりますし、選考スケジュールを前倒したり、逆に内定獲得時の回答期限を伸ばすなどの相談ができます。

できるだけ1日でも早く転職成功する裏ワザ

できるだけ1日でも早く転職成功する裏ワザ

また、早期に転職を成功させるための裏技のようなテクニックもありますので紹介します。

  • 1日選考会へ参加する
  • 面接に志望動機書を持参する
  • エージェントを経由したお礼状の送付

1日選考会へ参加する

早期に内定を獲得できる選考方法を選びましょう。

具体的には、選考回数が面接1回しかない求人への応募や、1日で内定獲得できる選考会への参加が挙げられます。

企業としても採用スピードを早めたい、採用人数が多い求人でよくある選考方法です。

特に1日選考会の場合、平日仕事をしている現職中の方でも参加しやすいように土日開催されるケースが多いため、興味ある求人で実施していないか確認してみましょう。

1日選考会実施企業多数のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約200,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

doda公式HPから30秒で無料会員登録

面接に志望動機書を持参する

内定即決できるくらい志望度が高い場合、面接に志望動機書を持参することで内定確度を高めることができます

特に有効なのは対面実施することが多い最終面接当日に持参し


☑️内定いただければ即受諾できるほど志望度が高い
☑️勝手ながらその想いを伝えるための書面を持参したのでよければ確認してほしい

この2点を添えて志望動機書を渡しましょう。

決裁権のある最終面接官であればその場で口頭内定を獲得できる可能性もあります。

第一志望の企業に限ったテクニックにはなりますが、内定確度を高めスケジュールも早期化できるため、志望動機書の作成を検討してください。

転職エージェントを経由したお礼状の送付

志望動機書と似たテクニックになりますが、エージェント経由でお礼状を送付するのもテクニックの一つです。

最近では書面ではなく、文面をメッセージとして送付いただくケースも増えています。

これは志望動機書と異なり第一志望の企業に限らず活用できます

選考終了後にエージェントを経由して面接参加した企業に対して

☑️改めて選考を通じて入社意欲が高まった
☑️面接内でアピールしきれなかった自己PR
☑️他社と選考スケジュールを合わせるために早期に結果連絡をもらえると嬉しい

この3点を整理して企業へ送付しましょう。

お世話になっております。〇〇と申します。
先日は面接の機会を頂き、誠にありがとうございました。選考を通じて、より一層貴社の仕事に対する期待と意欲がさらに高まりました。

面接の際には十分にお伝えすることができなかった点がありますので、少し補足させて頂きます。
私はこれまで職務において【具体的なスキル】活かし【定量的な成果】を上げることができました。この経験を活かし、貴社においても貢献することができると考えております。より詳細ご説明できると嬉しく、是非次回先行の機会を頂戴したく存じます。

最後に恐縮なご依頼になりますが、可能であれば選考結果について早めにご連絡いただけないでしょうか。
実は、現在他社にて最終面接の調整が進んでしまっており、志望度の高い貴社の選考スケジュールを合わせることができれば嬉しく考えております。
不躾なご相談となりますが、ご検討いただけますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

何か質問や確認事項がございましたら、お気軽にご連絡ください。再度、貴重な機会を頂き、心より感謝申し上げます。

即決ではなくとも内定時に前向き検討できる企業に対して、通過確度の向上と選考スケジュールの早期化に効果的なテクニックですので、ぜひ活用してください。

入社したばかりですぐに転職する際の注意点

入社したばかりですぐに転職する際の注意点

もしあなたが今の会社に入社したばかりであれば、転職活動に踏み出す前に注意しておきたいポイントがあるので、紹介します。

  • 曖昧な理由では転職しない
  • 転職先が決まるまで退職しない
  • できるだけたくさん応募する
  • 転職理由と今後の抱負を明確にする

曖昧な理由では転職しない

就職や転職では事前のイメージとなんらかギャップを覚えるケースがほとんどです

そのため「すぐに転職するほどのギャップなのか」見極めることは非常に重要です。

曖昧な理由で転職してしまうと、同じように曖昧な転職を繰り返してしまうことにも繋がりかねません

また、面接時の転職理由も明確に伝えることができず、そもそも面接ができないというケースも少なくありません。

辞めたい理由が明確になるまで仕事を続けるようにしましょう

転職先が決まるまで退職しない

できれば新天地が決まるまでは退職せずに転職活動しましょう。

というのも、短期間で退職してしまうと書類選考が想定以上に通過しないケースが多くなります

早期退職してしまったこととなかなか選考通過できないことが相まって精神的にも金銭的にも焦りが生じてしまうと冷静な判断ができなくなります。

辞めざるを得ないケースを除いて、できるだけ現職中の状態で転職先を見つけるようにしましょう。

できるだけたくさん応募する

入社してすぐ転職活動に取り組む場合、書類選考や面接の通過率が低くなりがちです。

理想の企業に出会えなければ現職に長く勤めても良いという場合は問題ないのですが、早期に転職を成功させたい場合はできるだけ広く応募するようにしましょう。

年収や勤務地、業種や職種など「これだけは譲れない」という条件を明確にして、その条件を満たすものは広く応募していく、あまりいくつも条件にこだわりすぎないように意識しましょう

転職理由と今後の抱負を明確にする

短期離職してしまう場合、応募先の企業は「またすぐ辞めてしまうのではないか」という先入観を持ってしまいます。

そこで、今回短期就業とわかっていても辞めたい理由を明確に伝えられるようにしておきましょう

あわせて、短期離職を招いてしまったことへの反省と、今後どのように改善していきたいのかという豊富も伝えられるようにしましょう。

職場や企業に要因があり短期で退職したくなっているとケースが多いのですが、自分にも反省すべき点があり改善方法も明確になっているという伝え方の方が、応募先の企業にとっても安心して向い入れやすい人材と良い印象を与えることができるでしょう。

早期内定に強い転職エージェントはココ!

早期内定に強い転職エージェントはココ!

早期に内定獲得したい方におすすめの転職エージェントを3社厳選して紹介します。

doda

doda
dodaの転職エージェントサービスは国内トップクラスの支援実績を誇ります

専任のキャリアアドバイザーによる面接対策や職務経歴書の添削、求人紹介・応募手続き・面接日程調整の代行といったサポートを受けることができます。

dodaでは法人営業担当と求職者担当が分業化されていますが社内で円滑な連携をとることで、効率的な転職活動になるような支援を行っています。

取扱求人数が豊富であることも特徴の一つであることから、早期に転職活動を終わらせたいとの想いにマッチした選考回数の少ない求人や、採用熱度が高い、経験を評価してもらうことができる内定確度が高い求人の紹介を受けることができるでしょう

\登録者数8,100人突破!!/

doda公式HPから30秒で無料会員登録

>>doda公式HP詳細はコチラ<<
✅全国の求人数200,000件以上(業界No.1)
✅業界専任キャリアアドバイザーの親身なサポート

ハタラクティブ

ハタラクティブ
ハタラクティブは、ビジネス経験があまり豊富でない方や、挑戦したい職種についてビジネス経験がない方でも優良企業に転職できるようにサポートを受けられる転職支援サービスです。

約8割の求人が未経験OKで、利用者の8割が大企業に就職する実績を持っています

専任担当アドバイザーは性格や経歴をマンツーマンで丁寧にヒアリングすることで「できる・やってみたい」と思える仕事を紹介してくれます。

面接対策や履歴書添削もマンツーマンで実施し、書類通過率96%以上、内定率80%以上という高いを誇ることから、早期に内定を得ることが可能なサービスと言えます。

\20代転職・就職支援実績No.1/

ハタラクティブ公式HPから30秒で無料相談

>>ハタラクティブ公式HP詳細はコチラ<<
✅20代向けの求人数10,000件以上(業界No.1)
✅書類選考不要の人物重視な面接確約

JACリクルートメント

JACリクルートメント

ビジネス経験の豊富な方やハイクラス転職を早期に叶えたい場合にお勧めなのはJACリクルートメントです。

マネージャー以上の役職者やエグゼクティブ領域の転職と採用支援に特化し、外資系企業や内資系企業のグローバルポジションに強いサービスです。

専任コンサルタントではなく、各企業の担当者が求人案件にマッチする求職者を担当する「両手型」と言われるスタイルになるため、求人を出している企業の特徴やポジションに求められる要素を深く理解していることが特徴といえます。

また、担当者が直接企業と日程調整や条件交渉を行うことから、早期に内定獲得できたり、内定獲得後のオファー面談などをスムーズに行うことができるでしょう。​

\一気通貫型の確かなサポート力!!/

JACリクルートメント公式HPはコチラ

>>JACリクルートメント公式HPはコチラ<<
✅一気通貫型の確かなサポート力
✅ミドル層〜ハイクラス層の転職支援に強い

早く転職したい/すぐに転職したいQ&A

早く転職したい/すぐに転職したいQ&A
ここからはよくある質問へ回答していきます。

  • 転職は早い方がよい?
  • 書類選考や面接の不採用が早い転職エージェントは?
  • 早く仕事を辞めたい理由は?
  • 転職理由と今後の抱負を明確にする

転職は早い方がよい?

早い方がよいでしょう。

もちろん短期間での離職を繰り返すことはおすすめできません。

ただ、今後全然違い職種やスキルへ挑戦したいと考えている場合、現職で長く勤める必要はないでしょう。

経験やスキルといった実務経験は転職活動にとって重要な武器になりますが、一番の武器や年齢の若さと若さに紐づくポテンシャルです

ある程度今後の方向性が明確であるのなら、1歳でも若いうちに転職活動に取り組みましょう。

書類選考や面接の不採用が早い転職エージェントは?

転職エージェントは転職支援できると売上になるビジネスモデルなので、早期に結果回収してもらいやすいサービスです。

ただその中でも、求職者と企業担当を兼務している場合や、選考結果回収に時間がかかりすぎていると社内でリマインドがかかる仕組みがある場合は、早期に結果回収をしてくれます。

今回の記事で紹介したおすすめエージェントはどちらも早期に選考結果を回収してくれるので、安心して活用してください。

早く仕事を辞めたい理由は?

強いストレスを感じているケースが多いでしょう

キャリアアドバイザーとして多くの方をご支援してきましたが、人間関係をはじめとした職場の雰囲気や、営業ノルマなど仕事内容に関するストレスを強く感じられた際に「早く今の仕事を辞めたい」と相談される方が多くいらっしゃいました。

逆に、仕事内容を変えてスキルアップしたい方や年収や待遇を上げたいキャリアアップ志向の方は時間をかけながら活動に取り組む方が多くなります。

転職を早く決めたい理由は?

ストレスを感じて早期に退職したいケースに加え、年齢面で早期にキャリアチェンジしたい方、離職中で金銭面やキャリア面で早期に新天地を見つけたい方が挙げられるでしょう

共通しているのは、やや焦りを感じているという点です

強く現職を辞めたいと考えているケースや離職してしまっているケースは焦りを感じていることをも想像しやすいと思いますが、キャリアチェンジを伴う転職の場合は年齢を考慮して早期に転職する必要が出てきます。

このことからも自分のキャリアの方向性は1日でも早く明確にできるように考えることが重要と言えます。

doda 最新バナー
dodaの特徴

求人数220,000件以上(※業界最大級)

顧客転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

dodaバナー
ハタラクティブ文字
ハタラクティブの特徴

就職成功率驚異の80.4%以上!

正社員就職支援実績150,000名以上!

北海道〜九州まで全国Web面談可能!

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高で急成長中

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

一気通貫型でスピーディーな対応

-転職エージェントの使い方, 転職活動

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2023 All Rights Reserved.