リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

WEBライターに有利な資格厳選8選【未経験者でも取得可能】

投稿日:

「WEBライターに有利な資格って何かあるんだろうか」と疑問を持たれている方に向けて、現役のWEBライターが有利な資格を厳選して紹介いたします。

WEBライター未経験であっても、今回紹介する資格を取得することでWEBライターに転職しやすくなりますし、自分の実力を証明する武器になり得ます。

これからWEBライターになりたい、WEBライターの仕事に興味があるという方はぜひご参考にして頂ければ幸いです。

関連:Webライターになるには?最短で転職してスキルを身につける方法

WEBライターに有利な資格厳選まとめ

資格名 難易度
WEBライティング能力検定 ★☆☆
WEBライティング技能検定 ★☆☆
ビジネス著作権検定 ★☆☆(初級)、★★☆(上級)
日本語検定一級 ★★★(1級)
Webリテラシー試験 ★☆☆
SEO検定 ★☆☆(4級)~★★☆(1級)
SEOマーケティングアドバイザー ★☆☆
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) ★☆☆(一般)、★★☆(上級)

WEBライター資格①:WEBライティング能力検定

WEBライティング能力検定は、初心者Webライター向けのWEBライティング全般に関する知識を身につけることができます。

日本語に関する問題の他、薬機法や著作権について幅広く出題されます、一般社団法人日本WEBライティング協会が運営しており、クラウドソーシング各社の代表が協会理事を務めています。

得点ごとに1級から3級に割り当てられ、1級を取得していると「高度なライティングスキルを有しているという」証明になります。

受験費用:13,500円(DVDセットの場合は19,800円)
取得年月:2ヶ月

WEBライター資格②:WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定は、日本クラウドソーシング検定協会が実施している初心者Webライター向けの検定です。

試験はWeb上で月に1回行われ、200~400文字程度のライティングを4本行い、合否が決定されます。

級分けはなく、合格すると「WEBライティング実務士」として、クラウドソーシングでの活動を後押しするさまざまな特典を受けることができます。

受験費用:6,000円
取得年月:1ヶ月

WEBライター資格③:ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定は、サーティファイ著作権検定委員会が運営、知的財産研究教育財団が監修を行う、著作権に関する唯一の民間資格です。

著作権に違反している記事をWeb上に掲載してしまった場合、低評価を受けるだけではなく、記事を書いたWebライター自身が損害賠償で訴えられるケースも実際に発生しているので、著作権に関する知識は自分を守るためにも学んでおきたい知識です。

ビジネス著作権検定の上級合格者は、国家資格である「知的財産管理技能士」の受験資格を得ることができます。

受験費用:5,000円(初級)、7,800円(上級)
取得年月:1~2ヶ月

WEBライター資格④:日本語検定一級

日本語検定一級は、文部科学省が後援している日本語の知識と運用能力を測定する検定です。

出題内容は、語彙力や文法、敬語など様々で、日本語全般の知識を学ぶことができ、文章を自分が持っている知識や感性だけで書くのではなく、理論に裏付けられた実践的なライティングスキルを身につけることができます。

7級~1級までの級分けがされており、7級は小学生レベルの日本語力ですが、1級は社会人レベルで実践的な日本語力がないと合格できない難易度です。ぜひ1級取得を目指してみてください。

受験費用:6,000円(1級)
取得年月:3ヶ月

WEBライター資格⑤:Webリテラシー試験

Webリテラシー試験は、Webライティングの仕事を行う上で必要となるWebリテラシーを備えているかを測るもので、株式会社ボーンデジタルが実施する試験です。

Webに関わる仕事を構成するデザイナー、ディレクター、プロデューサーという主要3職種の最重要知識を集めた試験で、Webを活用するための標準的な知識を身につけることができます。

合格すると有効期限が2年間の「Web検定Webアソシエイト」を取得することができます。

受験費用:10,800円
取得年月:1ヶ月

WEBライター資格⑥:SEO検定

SEO検定はWebで記事を掲載する際に避けて通れない「SEO対策」に関する資格です。

4級~1級までグレードに分かれていて、SEOの基礎知識やコンテンツSEOと外部要因最適化に関する知識等を身につけることができます。

一般社団法人全日本SEO協会が認定する資格で、自身のSEOに関する技量を証明し、実務に役立つ知識・技術を獲得でき、検索で上位表示されないと収益に繋げることができませんので、Webライターにとって重要な要素です。

受験費用:6,000円
取得年月:1ヶ月(4級)~3ヶ月(1級)

WEBライター資格⑦:SEOマーケティングアドバイザー

SEOマーケティングアドバイザーは日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格で、SEOに関する深い理解だけでなく、Webマーケティングに関する知識を身につけることができます。

検索結果から自分の会社のWEBサイト・WEBページへの訪問者を増やすことを目的とするWebマーケティングに関するアドバイスを行うことができる、応用力があることを示すことができる資格です。

受験費用:10,000円
取得年月:3ヶ月

WEBライター資格⑧:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、Microsoft Officeソフトの操作技能を測定する民間試験として、Microsoft社が提供している有名なベンダー資格です。

試験科目はWord、Excel、 PowerPoint、 Access、 Outlookの5種類があり、5科目のうちWordとExcelには、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2レベルがあります。

Webライターに欠かせないパソコンスキルを証明することのできる大変人気のある資格の一つです。

受験費用:一科目毎に10,584円(一般価格)、8,424円(学割価格)
取得年月:1~3ヶ月

WEBライターに最短で転職する方法

WEBライターに最短で転職する方法としては、今回紹介したような資格を取得する方法も手段の一つですが、一番の近道はWEBライター求人に強い転職エージェントを活用することです。

最初からクラウドワークスやランサーズなどのサイトで在宅ワーカーとしてWEBライターになろうと考える人がいますが、実績やスキルのないうちにフリーランスとして活躍することは相当難易度が高いです。

その上に安定した収入がスキルのない在宅ワーカーでは入ってこないので、まずは企業の正社員、あるいは契約社員としてWEBライターとしての経験を積んだ後に独立した方が、長く食べていけます。

また、転職エージェントはあなたのWEBライティングのスキルがなかったとしても、未経験でWEBライターに挑戦できる求人を厳選して紹介してくれるので、未経験でも安心して活用することができます。

WEB・IT業界に強い転職エージェントおすすめ8選」ではWEBライター求人に強いおすすめ転職エージェントを厳選して紹介していますので、ぜひこれからWEBライターを目指される方は活用してみて下さいね。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.