リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

Webライターになるには?最短で転職してスキルを身につける方法

更新日:

Webメディア上に「伝えたいことを読者に伝わるように書く」ことを使命とするWebライター。

仕事の大小や働き方に差はあるものの、インターネットの急速な普及により、Webライターの仕事が広く世間に認知されてきています。

私も数多くいるWebライターの一人であり、クライアントから依頼された記事を執筆することで毎月ある程度の収入を得ることができています。

今回は私の実際のWebライターとしての経験をもとに、Webライターの仕事内容や働き方の種類、Webライターになるための最短の方法などをご紹介します。

Webライターになりたいと考えている人は、ぜひ参考になる内容の筈です。

Web関連職種に転職したい方はコチラ

Webライターの仕事内容は?

WebライターとはWebサイト上の文章を書くことを専業とする職業です。

Webライターには、主に副業としてフリーランスとして働く方法と、企業に属して会社員(正社員or契約社員)として働く2種類の働き方に分けられます。

フリーランスWEBライターと会社員WEBライターのメリット・デメリットをそれぞれ分けると、以下の通りとなります。

フリーランスWEBライターのメリット

フリーランスWEBライターは自分の好きな場所・好きな時間に働くことができますので、自由度が高くライフワークに合わせて柔軟に働き方を変えることができます

また、会社員は固定給の場合がほとんどですが、フリーランスの場合は完全歩合制になりますので、やればやるほど収入を増やすことができます。

中には、会社員時代50万円/月の収入からフリーランスになって120万円/月の収入を得ている人もいるくらいなので、夢のある職業ですね。

フリーランスWEBライターのデメリット

フリーランスとして何の実績もない場合、はじめは単価が低く、必死に働いても月に数万円しか収入を得られないこともあります。

軌道に乗って来てからも仕事量と収入が比例しますので、毎月決まった収入を得ることが難しい側面があるでしょう。

また、納税も自分で行わなければならないため、確定申告等の煩わしさを感じる人も少なくないと言えますね。

会社員WEBライターのメリット

会社員WEBライターは、1社の企業あるいはメディアと専属で雇用契約を結んで会社員として働きますので、毎月安定した固定収入を得ることができます。

基本的に一人で働くフリーランスと異なり上司や経験者が近くにいますので、周囲のサポートを受けながら成長していくことも可能です。

また、ライター業だけではなく、企画/取材/構成/デザイン/編集/校閲などの業務に関わる場合もありますので、Webライター以外のスキルを身に付けることも可能と言えるでしょう。

会社員WEBライターのデメリット

会社員WEBライターは、事務職や営業職などの会社員と変わりなく働く場所や時間が決められているため、生活スタイルに合わせて働くことは難しくなります。

メリットでもある一方で、固定給与以外の収入を得ることができないこともデメリットになるでしょう。

会社の規則に基づいた評価制度で徐々に年収が上がっていくことはありますが、フリーランスのように「やればやっただけもらえる」というわけではありません。

Webライターになる最短の方法

Webライターになるための最短の方法としては、前述したフリーランスWebライターと会社員Webライターでルートが異なりますので、それぞれ順番に解説します。

どっちが良いのか迷われている場合は、まずはWebライターとしての地盤を築くという意味でも会社員WEBライターを目指されることを強くお勧めします。

会社員WEBライターとしてある程度の実績を積んで、どの企業からも必要とされるWEBライターの専門性を身につけてからフリーランスWebライターになった方がより高収入を狙うことができますからね。

関連:WEBライターに有利な資格厳選8選【未経験者でも取得可能】

会社員Webライターになる方法

会社員Webライターになるためには、企業が募集しているWebライターの求人を探して応募する必要があります。

効率良く求人を見つけるためには、Web業界やWebライターの転職支援に強い転職エージェントを利用すればあなた専属のキャリアアドバイザーが代わりに求人を探してくれます。

数多くの転職エージェントが存在しますが、IT・Web系の企業とのパイプが太く、大手企業など待遇の良い求人を豊富に取り扱っている、業界最大級の転職エージェント「doda」が間違いなくおすすめです。

↓dodaの登録はコチラ

dodaでは、経験豊富なWeb業界専任のキャリアアドバイザーが専属の担当につき、キャリアの棚卸から適性や条件にマッチする求人紹介、書類添削、面接対策、条件交渉等、あなたの転職を力強くサポートしてくれます。

数ある転職エージェントの中でも特にWEBライターの中途採用を行っている企業の求人が豊富なので、使わない手はないでしょう。

フリーランスWebライターになる方法

フリーランスWebライターになるには、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを利用して発注者を探す必要があります。

「クラウドソーシング」とはインターネット上で企業が不特定多数の人に業務を発注(アウトソーシング)する比較的新しい業務形態です。

アウトソーシングが特定の業者に外注して業務委託を行うのに対し、クラウドソーシングは不特定多数の外部の人々に向けて業務が発注され、契約が成立するという違いがあります。

クラウドソーシングでは誰でも簡単に応募できる執筆文字数200文字程度仕事から、実績やスキルが要求される高単価の仕事まで様々な仕事が発注されています。

最大手のクラウドワークスで、現在募集されている7,500件の半数近くの3,400件がWebライター向けの仕事と働き口が多いのも特徴です。

▶︎クラウドワークス公式HPはコチラ

Webライターになりたい人の志望動機例

在宅勤務が可能なフリーランスWebライター、会社員Webライターのどちらであっても、仕事に応募する際は「志望動機」が必要になります。

私自身の実体験からも志望動機次第で仕事が決まる可能性は大!と言えますので、仕事を受注しやすい志望動機を書けるように事前に準備しておきましょう。

ここでは、未経験で仕事に応募する場合の志望動機例文を1つご紹介します。

Webライターの転職志望動機例文

不動産関連の仕事に従事してきた経験・知識を活かして、貴社の不動産売却メディアの認知度拡大に貢献したく志望いたしました。

今まで執筆経験はありませんが、以前よりライター業に興味を持っており、自身でマーケティングについて学ぶため貴社メディアを日頃より拝見させて頂いておりました。

他社にはない貴社独自の、ユーザー目線に立った×××サービスに強い感銘を受け、貴社の一員としてライターとして活躍したいと思うようになっていきました。

営業として学んだ土地やマンション経営の知識の他、昨年FPの資格を取得していますので、不動産メディアのライティングに慣れてきた後は、保険や資産形成の分野にも関わらせて頂きたいと思っています。

志望動機作成のポイントとしては、Webライター未経験の場合でも趣味や仕事で得た経験・知識と結び付けることで、ライターの仕事に活かせる能力があることをアピールする点です。

加えて入社後のキャリアビジョンを具体的に記載することで、よりWebライターへの熱意を伝えることができるでしょう。

おすすめ優良Webライター採用企業の特徴

Webライターの採用活動を行っている企業の中には、働き手のことを第一に考えた優良ホワイト企業があれば、給料未払いすら行われるブラック企業も存在します。

Webライターにとってどの企業のWebライターとして経験を積んでいくかは生命線なので、優良ホワイトな採用企業の特徴について、3つに分けて解説して参ります。

発注件数が多く評価が高い(フリーランス向け)

クラウドソーシングを利用して仕事を探すフリーランスWebライターの場合、必ず「発注者の情報」を確認するようにしましょう。

発注者のページで発注件数が多く継続的に発注しているクライアントは報酬の未払いや、行方不明等のトラブルが起きにくく安心して仕事を請けることができます。

また、あわせて確認したい項目が「受注者からの評価」で、評価が高いクライアント=優良なクライアントである可能性が高くなります。

メールの対応が丁寧(フリーランス向け)

クラウドソーシングによくあるトラブルの上位が「音信不通」で、音信不通となるケースを回避するためには、契約までのメールのやり取りをよく観察しましょう。

・返信が極端に遅い
・言葉遣いが丁寧でない

などの場合は基本的なビジネスマナーを備えていない発注者の可能性がありますので、優良なクライアントとは言い難いです。

悪質な場合は納品後に連絡が取れなくなり報酬が支払われないこともありますので、契約前にメールのやり取りから信頼できるクライアントであるかを判断しましょう。

フリーランスWebライターは顔を合わさずお互い匿名でやり取りする契約だからこそ、重要視しなければいけない部分と言えますね。

会社概要・口コミを確認する(会社員向け)

専属の会社員Webライターを採用できる企業はある程度企業体力がしっかりしている会社が多いですが、中には怪しい会社も存在します。

そのため求人に応募する際は、求人内容や収入等の条件面だけではなく、必ず会社概要をしっかり確認するようにしましょう。

上場企業の場合はIR情報を確認することで経営状況を確認することができますし、転職会議等の転職口コミサイトに投稿された口コミを確認することで、社風など企業内部の情報を事前に入手することができます。

前述した転職エージェント「doda」を活用すれば、担当のキャリアアドバイザーからその企業の社風や実際に働いている人の状況を直接教えてもらうこともできます

働き方改革が盛り上がりを見せる昨今においても、Web系企業は所謂ブラック企業も数多く存在するため、入社後に「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、応募前にしっかりと情報収集を行うことが重要です。

Webライターに最短でなるための方法まとめ

私自身は今から1年前に転職して自由な時間ができたことをきっかけに、フリーランスとしてWebライターの仕事をはじめました。

今までは固定給与の正社員として働いた経験しかなかったため、仕事の受注~契約~ライティング~確定申告まで一人で行うフリーランスの仕事は、想像以上に難しいこともあります。

しかし、自分の好きなことを仕事にして、やればやった分だけ収入を得られるという面ではとてもやりがいがあります。

最初からフリーランスになるのが怖い場合、企業で会社員Webライターとして修行を積んでからフリーランスになっても遅くないので、ぜひ転職エージェントを利用して優良ホワイトな企業で経験を積ませてもらいましょう!

▶︎dodaで求人を紹介してもらうWebライターの仕事に興味をお持ちの方は、ぜひこの記事を参考に自分に合った働き方を選択して、Webライターの仕事をはじめてみてくださいね。

Web関連職種に転職したい方はコチラ
dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.