リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

薬剤師・看護師・医師の転職

薬キャリ(エムスリー)の評判口コミ!薬剤師エージェントNo.1

更新日:

「薬キャリという薬剤師に評判の良い転職エージェントだと聞いたけど、本当はどうなんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

失敗が許されない転職活動において、転職エージェント選びは重要です。

薬キャリは医療関連ビジネスを展開する東証一部上場企業2社が出資し、設立されたジョイントベンチャーであるエムスリーキャリアが運営しています。

薬剤師会員10万人と薬剤師向け転職エージェントの中で最大規模で、求人の実情を把握するなど、薬キャリエージェントにしかない独自案件やキャリアに関する情報を提供しています。

ここでは、薬キャリのサービス内容や他の転職エージェントとの違いに触れながら、メリットとデメリットについてご紹介をしたいと思います。

薬キャリの真実が分かるだけでなく、どの転職エージェントがいいか迷っている人にもためになる情報ばかりですので、是非、参考にして頂ければ幸いです。

↓薬キャリの登録はコチラ

薬キャリとは?

薬キャリは、資本金1億円のエムスリーキャリア株式会社が運営する薬剤師を専門に転職サポートを行う転職エージェントです。

薬剤師の登録者数は年間2万人以上、求人数は約40,000件(2019年6月現在)と、薬キャリを通じて多くの薬剤師が転職活動をしています。

薬キャリの最大の特徴として、薬キャリが自社で抱えている求人はもちろん、他の薬剤師向け転職サイトや転職エージェントの求人情報も一緒に取り扱っているという点が挙げられます。

拠点は東京オフィスと大阪オフィスの2つですが、サポート対象となる地域は全国です(※電話対応のみで転職サポートを行っています)。

▼東京オフィス

〒105‐0001 東京都港区虎ノ門4-1-28虎ノ門タワーズオフィス

日比谷線 神谷町駅「出口4b」より徒歩5分
南北線 六本木一丁目駅「出口3」より徒歩6分
銀座線・南北線 溜池山王駅「出口13」より徒歩7分
銀座線 虎ノ門駅「出口3」から徒歩10分

▶︎薬キャリ東京の詳細はコチラ

▼大阪オフィス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル11階1115号

大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5分
大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩約5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩約5分
JR東西線「北新地駅」より徒歩約2分
JR各線「大阪駅」より徒歩約8分
阪神各線「梅田駅」より徒歩約5分
阪急各線「梅田駅」より徒歩約10分

▶︎薬キャリ大阪の詳細はコチラ

薬キャリと他の薬剤師転職エージェントの違い

では、薬キャリと他の薬剤師転職エージェントとでは、どのような違いがあるのか、ここでは、薬キャリの他社との違いを下記5点にまとめました。

日本最大級の医療従事者専用サイトを運営

エムスリーキャリア株式会社は、日本最大級の医療専門サイトである〝m3.com <エムスリー>〟を運営しています。

m3.com <エムスリー>は、27万人以上の医師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイトで、運営サイト等で収集された医療従事者の生の情報を、医療系のキャリア支援に活用している点で他エージェントを圧倒しています。

▼医師転職サイトで圧倒的規模

人材を通じて医療経営を向上させ、地域医療の問題も解決しようと取り組んでいるため、医療従事者からの高い信頼は薬キャリの強みです。

▶︎薬キャリ公式HPをチェック

創業から年平均売上成長率約134%の成長

薬キャリは医師・薬剤師のキャリア領域において、創業から年平均売上成長率約134%の高い成長を実現し続けています。

▼創業以来高い成長率を実現

実際の利用者が評価したオリコン顧客満足度ランキングでは、2016年に医療分野で1位に輝くなど、利益創出とともに高い顧客満足度を実現しています。

中小・零細の転職エージェントが乱立するなか、業績が右肩上がりの薬キャリは利用者への大手ならではの安心感という点で一歩リードしていると言えるでしょう。

病院・薬局・医療クリニックとのパイプが太い

薬キャリでは、病院・薬局・医療クリニックなどとの太いパイプから、40,000件以上の求人数を保有しています(2019年6月)。

個人の志向性に合わせてどのような職場が活躍できそうなのかを考えた上で求人を紹介してくれるため、職場選びにおいて納得感の高い応募が可能です。

▼薬キャリの職場別求人割合

さらに、過去の豊富な転職サポート実績から、病院・薬局・医療クリニックそれぞれのキャリアパスも提示。

転職者の生の声を活かしながら、企業ごとの面接対策を施すなど、実務的なサポート力が薬キャリの強みの一つです。

▶︎薬キャリ公式HPをチェック

求人がないところから提案する力が高い

薬キャリのキャリアコンサルタントは、薬剤師のキャリアに精通しているのが強みです。

医療経営にも明るいため、求人がない場合でも「本当にニーズはないのか?」「どのような条件であれば採用を検討するのか?」などと、病院や医療クリニックなどに薬剤師を受け入れてくれる余地がないかを丁寧に確認しています。

そのため、他のエージェントの求人にはないポジションでの採用が実現しますので、新しいポジションを開拓する提案力も薬キャリの強みと言えるのです。

専門性に基づく的確なキャリアアドバイス

薬キャリは薬剤師業界だけでなく医療業界の特性も把握し、今後の求人動向を踏まえた上で的確なキャリアプランを提示することが強みの一つです。

求人企業の本音や事情にも精通しているため、未経験MRなど医療営業にチャレンジしようと思ったときでも、どのような立ち居振る舞いや自己PRを作成すれば採用に至るのかといったアドバイスが期待できます。

もちろん専門用語も十分通用するので、安心して相談できると言えるでしょう。

▶︎薬キャリの転職相談はコチラ

薬キャリを他と比較した弱み・デメリットは?

では次に、薬キャリと他転職エージェントとを比較したときの弱みやデメリットについて3つに分けてまとめてみました。

薬剤師からのキャリアチェンジに弱い

薬キャリは薬剤師に特化した転職エージェントのため、薬剤師から営業職、薬剤師からリサーチ職などといった、薬剤師以外の職種へのキャリアチェンジについては対応力不足感が否めません。

薬キャリだけでは、キャリアの面で他職種との比較検討ができず、キャリアの選択肢が狭くなる可能性が高いので、薬剤師以外のキャリアを歩もうとするなら、総合型の転職エージェントのほうが求人を豊富に取り揃えています。

東京と大阪にしか拠点がない

スカイプなどのオンライン転職が増えているとはいえ、人生を左右する転職なので、キャリアコンサルタントと顔を合わせて相談したいと考える人は少なくありません。

薬キャリでは、東京・大阪の2拠点しかないため、それ以外の地域に住んでいる人からすれば相談に出向くためにハードルが高くなります。

登録後、相談したいことがあっても相談に行く時間が取れないという悩みは、薬キャリを利用するデメリットと言えます。

求人数に限界がある

薬キャリ1社だけの場合、紹介できる求人数に限界があるのも事実で、薬キャリは公開求人だけで約40,000件を保有していますが、ボリューム不足の恐れが出てきます

先ほどの拠点と関係していますが、東京・大阪の2拠点で運営をしているため、地方などの求人にまで手が届かなないケースがあるからです。

また、調剤薬局やドラッグストアの求人は他の転職エージェントのほうが多いケースも見受けられるため、そうした業種を希望するのであれば、薬キャリと併用することも視野に入れておきましょう。

しかし数は少ないですが医薬品登録販売者の求人はあるので、詳しくは「薬キャリは登録販売者でも利用可能!利用者の口コミ評判」をご参考にされてくださいね。

薬キャリの登録方法&サービスの流れ

薬キャリアの登録方法と登録後のサービスの流れについてご紹介をしましょう。

登録から内定までは最短で3日で、以下のようなステップを経て納得のいく転職活動をサポートしてくれます。

▼薬キャリ登録〜入社までの流れ

関連:薬キャリの使い方を徹底解説!退会方法は?【薬剤師転職】

STEP1:登録

まず、薬キャリエージェントに登録を行います。インターネット・電話の両方で登録が可能です。サービスは全て無料。

1分程度で登録が完了します。

STEP2:ご希望のヒアリング

希望の業種や地域、勤務時間や年収などの諸条件についてキャリアコンサルタントに話を聞いてもらいます。

キャリアコンサルタントが希望に合う求人を探してくれます。

STEP3:求人の紹介

キャリアコンサルタントが希望条件に合った求人を、最短即日で最大10件紹介してくれます。

年収アップのための条件交渉も可能ですし、人間関係や休みのとりやすさなど、求人票には分からないリアルな情報も調査してくれます。

STEP4:面接日程の調整

応募が決まれば、エージェントが求人企業に必要な書類を提出します。

書類選考を通過したら、面接の日程を調整します。

職務経歴書の作成についてアドバイスを受けることも可能ですし、採用条件の交渉なども代行してくれます。

STEP5:内定・入社

複数回の面接を経て内定を獲得したら、入社に向けて「本当にこの薬局・病院で良いのか?」内定承諾を行います。

内定承諾を行った後は、入社書類の確認や入社日の調整なども全て薬キャリが入社までサポートを行ってくれるので安心です。

↓薬キャリの登録はコチラ

薬キャリで転職したい薬剤師は利用すべき?

今回紹介している薬キャリの特徴を踏まえて、以下のような薬剤師は薬キャリの利用が特に向いているため特におすすめです。

薬剤師としてキャリア人生を全うしたい人

専門的なプロの視点で薬剤師キャリアのアドバイスを受けたい人は、薬キャリでの転職活動がおすすめです。

薬剤師のキャリアに精通したキャリアコンサルタントが、薬剤師として年収の相場、仕事内容と報酬のミスマッチなど、本人だけでは気づきにくい客観的な市場価値についてもアドバイスしてくれます。

仮に転職をしなくても、定期的にカウンセリングを受け、その時点での市場価値を確認するだけの価値があります。

▶︎薬キャリの転職相談はコチラ

はじめて転職活動をする人

希望した会社への転職とはいえ、慣れない職場環境で苦労する人は少なくありませんので、親身になって相談に応じ、精神的にフォローをしてもらえると助かります

たとえば、調剤薬局から病院勤務に職場が変わる場合、事前に職場の見学をすることで入社後のギャップの解消を図る目的で、薬キャリから求人企業にお願いをすることがあります。

退職交渉においても円満かつスピーディーに退職が完了するよう丁寧に対応をしてくれますので、はじめての転職活動で不安な人ほど、細やかな対応力の高い薬キャリであれば安心して転職活動が行えるでしょう。

▶︎薬キャリの転職相談はコチラ

薬キャリと併用すべきおすすめ転職エージェント

薬キャリは確かに優良エージェントですが、薬キャリの弱み・デメリットの所でお伝えしたように欠点もありますので、他の転職エージェントとの複数併用も視野に入れるべきでしょう。

薬キャリと併用すべき転職エージェントとしては次の2社がおすすめです。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は楽天リサーチによる薬剤師転職支援サービスで、5年連続№1になるなど優れた評価と実績を持っています。

東京や大阪から遠い地域に住んでいても全国15の拠点でサービスを展開しているため、地方の最寄りの拠点で相談が受けられるのは、転職活動を進める上での安心材料ですよね。

求人数も約50,000件(2018年10月)を超え現在も増え続けていますし、平均求人紹介件数が20件を超える(2019年4月)など、薬キャリと併用することで量の面でカバーができるでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師公式HPをチェック

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは東証一部上場「日本調剤グループ」の転職支援サービスで、全国の公開求人数も業界でも最大級の55,000件。

ファルマスタッフを運営する株式会社メディカルリソースは、北海道から九州まで全国15の拠点があるため、出来る限り職場に行き、職場の雰囲気や業務の多忙さなどを確認しているため、求人票では分からない生の情報を知ることができます。

転職相談満足度も96.5%と申し分ないサポート力なので、薬キャリと併用する価値のある転職エージェントと言っても過言ではありません。

▶︎ファルマスタッフ公式HPはコチラ

ぜひ薬キャリと併用して複数の転職エージェントを活用して、納得の行く転職を成功させましょう!

薬キャリの特徴

10万人以上の薬剤師が登録する医療業界大手M3グループが運営

薬剤師向け求人数40,000件以上

オーダーメイドの厳選求人を紹介

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-薬剤師・看護師・医師の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.