リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職活動

秘書の仕事のやりがいは?大変?現役秘書が仕事の厳しさを語る

投稿日:

事務職の中でも女性から人気の高い秘書職。

秘書に対して以下のようなイメージを持って、秘書への転職・就職に興味を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・学生時代から憧れていた
・華やかでやりがいがありそう
・収入が高そう
…etc

私も秘書の仕事に憧れを持って、企業の社長秘書として仕事を始めて現役で働いている秘書のその一人です。

そこで今回は、私が秘書として働く中で実体験として感じたやりがいや大変さ、秘書の平均年収と他の一般職と比べた場合の相場についてまとめました。

秘書への転職・就職を検討されている方はぜひ参考にしてください。

秘書の仕事内容とは?

秘書の仕事と一口に言っても、厳密に言うとその仕事内容は細分化されますので、具体的に細かく解説して参ります。

個人付き秘書

「秘書」と聞いて思い浮かべる方が一番多いであろう、一人の上司に専属でつく秘書のことを「個人付き秘書」と呼びます。

取締役や社長以上の重役につくケースが多く、一人の上司につく秘書は一人とは限らず、大企業では二人以上の秘書がつく場合もあります。

命令系統が一本化されているため、業務内容が明確であることが特徴です。

スケジュール管理や来客対応などの一般的な秘書業務の他にも、上司に代わって折衝を行ったり、社長特命事項など、上司の仕事を直接的に補佐する役割を担う場合もあります。

グループセレクタリー

特定の上司につく「個人付き秘書」と異なり、複数の上司(もしくは役員)、あるいはグループ全体のサポート業務を行う秘書を「グループセレクタリー」と呼びます。

個人付き秘書と同様、担当する上司のスケジュール管理や出張手配、社内外との連絡・調整、電話応対、文書や資料作成などの秘書業務を行います。

個人付き秘書が特定の上司の影武者となりフォローアップするのがメイン業務になることに対し、グループセレクタリーは複数の幹部のフォローアップを効率的に行うことがメインになります。

弁護士秘書

「弁護士秘書」は一般企業の秘書業務に加えて、裁判所への提出書類作成業務など専門的な業務が加わります。

しかし、入社前に専門知識は必ずしも必要ではありませんので、法律に対する知識がない人でも応募することが可能です。

パラリーガル業務(定型的・限定的な法律業務を遂行する弁護士の業務補助者)も兼任する場合は、謄本等の取り寄せや契約書案の作成、判例や資料の調査、その他渉外法律事務所であれば外国語での対応、契約書の翻訳業務なども行います。

議員秘書

「議員秘書」は国会議員の秘書としてさまざまな議員活動を補佐する仕事です。

大きく「公設秘書」と「私設秘書」の2種類に分かれます。

公設秘書とは、国会法に基づき議員が国費によって雇うことができる秘書で、身分は「国家公務員特別職」となります。

一人の議員につき、3名まで雇うことが認められています。

私設秘書は、議員が自費で個人的に採用する秘書です。

人数に制限はなく、多い人では100名近い私設秘書をかかえている議員もいると言われています。

秘書の仕事の給料平均相場

大手転職口コミサイト「転職会議」に投稿された全92件の実際に秘書として働く方の年収から、年齢別の平均年収を算出した結果が以下となります。

平均年収 最高 最低
20代前半 358万円 600万円 200万円
20代後半 360万円 550万円 200万円
30代 373万円 850万円 200万円
40代以上 380万円 700万円 200万円

また、株式会社ぐるなびが運営する秘書業務をサポートするサイト「こちら秘書室」が秘書業務に従事している会員500人を対象に年収の実態を調査した結果、

「301~500万円」(45.5%)が多く、次いで「501~700万円」(24.1%)、「701~1,000万円」(14.5%)

となりました。

これら2つの調査結果から、秘書の全世代の平均年収は「368万円」でした。

秘書は女性比率が高い職種ですが、一般会社員の女性の平均給与が232.9万円、全体平均給料の349.7万円と比べても比較的年収は高い職種と言えることが分かります。

秘書の仕事のやりがいは?

仕事で一番やりがいを感じられる上司に「ありがとう」と直接感謝の言葉を伝えられた時です。

現在勤める会社では、私が秘書になるまでは「秘書」として独立して社長のサポートを行う社員はいませんでした。

最初は営業アシスタントとして入社したのですが、一般社員→課長→部長と上位者のサポートを担当するようになるうちに、社長との接点も増え、管理能力や書類作成能力を認めていただいて正式に社長秘書を務めるようになりました。

スポンサードリンク

このように手探り状態で秘書業務を始めたため、決まった業務などはなく非常に幅広い業務を担当しています。

スケジュール管理や書類作成等の基本的な秘書業務から、時には会社の人事や経営に関わる意思決定の相談まで、信頼していただいていると実感する場面が多くあります。

秘書を務めるようになって初めて迎えた評価面談で、

「今までずっと一人でやってきたこと、今まで誰にも頼めなかったことをサポートしてくれるようになって本当に助かっている。あなたのおかげで今まで手を付けられなかったことにも挑戦できて、経営者としての仕事が捗っている。」

と言っていただいた時は自分が上司の役に立てているということを実感することができ、非常に嬉しく、やりがいを感じた瞬間でもありました。

秘書の仕事の大変さや厳しさ

秘書として働くようになって、今まで感じたことのないような「気苦労」に仕事の大変さを実感しました。

秘書は上司だけではなく、社内・社外の多くの方とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があります。

多くの方と話す機会を与えていただいていることは仕事の楽しみの一つでもありますが、反面気苦労も絶えません。

上司の仕事がスムーズに進むようにサポートすることが最大のミッションですので、私のミスで上司の評判を落とす訳にはいきません。

そのため、常に丁寧な対応を心掛けて緊張感を持って相手と接することで、いつも周りに気を遣っている状況が続き知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまうこともありました。

大企業では秘書室がある会社もありますが、中小企業の秘書は基本的には上司と二人三脚で行動することが多いでしょう。

相談できる相手(先輩)がいない中で自分を追い詰めないためにも、オフの日には上手に息抜きをしてバランスを保つ必要があります。

関連:秘書に向いてる人の特徴8選!適性チェックリスト【現役秘書が解説】

秘書の仕事はそれでも学びが多い

秘書の仕事はスケジュール管理や来客対応、出張手配や接待アレンジなど日常的に行う業務の他、突発的な資料作成や時には買い物まで例を挙げたらキリがないほど仕事の範囲が広い職種です。

上司から依頼される仕事の中には、自分にとって苦手なこともあるかもしれませんが、どんな仕事であっても上司が関わる仕事であれば嫌な顔をせずに対応することが求められます。

その他にも、企業に勤める場合は標準勤務時間が設定されていますが、秘書の仕事は時に上司のスケジュールに合わせて動かなければならないこともあります。

今まで聞いたことのないような専門用語を使って話されることや、難しい仕事を頼まれることもあるでしょう。

秘書の仕事は大変なことも多い仕事ですが、それ以上に奥が深く仕事を通して「学べること」が多い、非常にやりがいのある仕事です。

秘書の仕事を極めることができれば、その後どんな仕事でも自信を持って挑戦できるようになりますので、これから秘書への転職・就職を検討されている方はぜひチャレンジされてみて下さいね。

【現役秘書が語る】秘書になりたい人必見!優良秘書求人の選び方

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職活動

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.