リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

40代の転職 外資系の転職

外資系企業に40代未経験で転職できる?年齢制限はあるのか

更新日:

孔子の言葉「子曰く、40にして迷わず」不惑の40代。

40代というのは、ある意味これからの人生の軸や方向性が定まるタイミングだと言えるのでしょう。

そんな40代での転職も今はそんなに珍しくもなくなってきていますが、初めての転職の場合、さらに日本企業でなく外資系企業への転職の場合不安を感じやすいのではないでしょうか?

ですが、私が外資系企業の採用担当として働いた経験としては、実際は背景やポイントを押さえてしまえば、それが未経験であっても日本企業への転職より外資系企業への転職の方が容易なケースもあります。

そんな40代未経験の方を対象に、40代の外資系企業への転職事情をお伝えします。

★40代外資系企業への転職エージェント決定版JAC★

国内売上高3位の転職エージェント

ロンドン発で外資系求人に圧倒的強み

利用者のうち30代〜40代が7割以上


>>
JACリクルートメントの詳細はコチラ

そもそもの外資系企業の定義

ご存じの方も多いと思いますが、そもそも外資系企業というのは外国の資本が入った会社の事を指します。

出資比率の下限に明確な定義はないので、日本企業が半数以上の資本を持っている会社も、言葉の定義としては「外資系企業」となります。

外資系企業のタイプは主に3つあり、

①「海外に本社のある会社が、日本に独自資本で立ち上げた会社」
②「日本企業と共同出資で立ち上げた会社」
③「海外資本の会社が、日本企業を買収して資本を握った会社」

があげられます。

上記3種類の会社の中で、皆さんが転職活動の際にイメージされる「外資系企業」は①のタイプであることが大半を占めます。

外資系企業への転職に年齢制限はある?

アメリカの履歴書に生年月日を記載させる事は、法律で禁じられていることをご存知ですか?

実はアメリカの場合、顔写真・性別・国籍を記載させることも違法で、それらの情報で雇用を差別する事が禁止されています(※ヨーロッパなど英文の履歴書にも記載する必要はない)。

こういった文化も含め、外資系企業への転職には「年齢制限を考える必要は全くない」と言えます。

転職する際に大切なのは「その仕事に適したスキルやキャリアがあるのか」の方が重要で、20代であっても50代であっても経験があれば年齢は関係ありません。

よって40代で色々な経験をされてきている皆さんにも、それが例え外資系企業での勤務が未経験であっても、転職のチャンスは十分にあると言えるでしょう。

★40代外資系企業への転職エージェント決定版JAC★

国内売上高3位の転職エージェント

ロンドン発で外資系求人に圧倒的強み

利用者のうち30代〜40代が7割以上


>>
JACリクルートメントの詳細はコチラ

外資系企業への転職することの年代別メリット

一般的にですが、外資系企業へ転職を希望される方の転職理由の傾向として、現在の日系企業に対して以下のような不満を考えていることが多いです。

20代 やりたい仕事と任される仕事のギャップ
年配の方 自分を活かせる仕事と今の会社で行えることの限界

上記を感じて転職を考える方が多いです。

年代ごとに外資系企業で働くメリットをざっくりと整理すると、それぞれ以下のようになります。

20代の外資系転職のメリット

自分のやりたい仕事が明確な場合、外資系に転職する事で、責任を持って任せてもらう事が出来る。

若くしてその仕事の専門家としてのキャリアを積む事ができる。

30代の外資系転職のメリット

自分の専門性、スキルが明確で、実績があれば、日本企業的な年功序列ではなく、プロジェクトリーダー、マネージャーとして活躍できる。

40代の外資系転職のメリット

自分のこれまでの経験や、実績、ノウハウ、人脈や業界知識と言ったものを価値として転換できる。

転職後の実績によっては、更なるプロモーション(昇進)や昇給も期待できる。

50代の外資系転職のメリット

50代は日本企業も外資系企業も、採用が減少する傾向があるが、顧問やアドバイザーといった採用もある。

ここでも、専門性や知識があれば、活躍の舞台はある。

外資系企業で働くメリットのより詳しい内容については「外資系への転職はチャンス?外資系企業で働く4つのメリット」でも解説しているので併せてご参考下さい。

40代で外資系企業の転職に必要な経歴・スキル

外資系企業で良く言われていることで「外資系で残業時間をPRするのは、自分は仕事が出来ない人間とPRしている事と一緒だ」という考え方があります。

この言葉にも代表されますが、

・「時間管理」
・「効率的な働き方」
・「理論的な思考(ロジカルシンキング)」

上記は外資系企業で働く上で、ベースとなる部分です。

PRする事を日本人は苦手とする人も多いですが、海外、外資では自分の成果や実績をPRするのは自然であり、当たり前の事でもあります(それらを"論理的に説明できる英語力"は必須のスキルです)。

具体的なスキルとしては、読み書き聴き話す能力を総合してTOEIC600〜800点前後は最低のデッドラインと言われていますね。

加えて専門性も非常に重要で、オファーされるジョブやプロジェクトに対して、御自身のこれまでのキャリアや実績がどれだけ親和性が高いか?がとても大切です。

転職活動において面接や履歴書を送る際はこれらの伝え方にもコツがあるので、キャリアアドバイザーなどに相談しながら練習することをお勧めします。

★40代外資系企業への転職エージェント決定版JAC★

国内売上高3位の転職エージェント

ロンドン発で外資系求人に圧倒的強み

利用者のうち30代〜40代が7割以上


>>
JACリクルートメントの詳細はコチラ

40代外資系企業への転職活動で選考に通るテクニック

外資系企業で選考通過の可否を分けるポイントは、

「親和性」

「実績」

上記2つです。

日本企業の場合、同じ業界や同業者からの転職は心情的な部分から敬遠されるケースもありますが、外資系では競合先や同業への転職も普通に行われています。

同業他社での実績や経験は「親和性」という意味でも評価される部分で、職種によっては、これまでの人脈やコネクション、販売ルートなどもあなたの価値として選考で評価されます。

例えば、マーケティングマネージャのポジションでのオファーで、あなたがその外資系企業が扱っている同種類の製品をこれまで販売していたとします。

職務経歴書や面接の中でその商品販売額の伸びや、市場の拡大の経緯をロジカルに説明できれば、あなたの今までの会社やポジションの実績は「親和性」というポイントで高く評価されるでしょう。

つまるところ、日本企業における転職活動の選考と外資系企業の選考の評価基準はそこまで大きく変わらないということですね。

関連:未経験で外資系企業に転職すると失敗する?【外資系人事が語る】

40代の外資系企業転職に強い転職エージェント

今回お伝えした内容は外資系企業の採用担当者や転職エージェントの人間であれば、ある程度常識的な事でもありますが、初めて外資系に転職される方々にとっては、日本企業との違いで戸惑う部分もあるでしょう。

事実、自分自身の転職市場価値、特に外資系企業にとってあなたという人材がどのような価値を持つかは、外資系企業での勤務経験がないと自分一人で気が付くことは難しいです。

しかし、その道のスペシャリストである転職エージェントの力を借りれば、あなたのこれまでの経験や実績、スキルにどれだけの価値があるかをよりクリアにすることができます。

転職エージェント側も相手先企業の採用に責任を持って活動しておりますので、転職を希望される方のキャリアの棚卸のお手伝いや、相手先の企業分析、研究のパートナーとしても、期待できます。

特に外資系企業の転職に強い「JACリクルートメント」はイギリスで創業され、1988年に日本法人を設立。現在東証一部にも上場を果たしている30代〜50代のミドル・シニア層の転職支援を中心としたエージェントです。

転職エージェントの中でも売上高は業界No.3まで伸びてきており、年間約67,000人が転職サポートに登録、活用しており、転職決定者の過半数は40歳以上です。

▼JACリクルートメントの登録はコチラ▼

プロのサッカー選手や野球選手が海外に移籍する場合はエージェントの力を借りますが、外資系企業への転職活動も一緒です。

相手先の企業や採用担当の情報をしっかり把握している転職エージェントとの転職活動が、あなた一人では見つける事の難しい様々な機会や可能性の道を開いてくれることでしょう。

▶︎JACリクルートメント申し込みはコチラ

JACリクルートメントの特徴

年収800万円以上の高年収求人多数

外資系企業の取引実績4,000件以上

各業界・職種専任の精鋭コンサルタント総勢650名在籍(業界最大級)

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-40代の転職, 外資系の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.