リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

フリーター・ニートの就職(転職)

26歳で就職できない人は?フリーターが就職を成功させるポイント

更新日:

「26歳だけど就職できない」という人に向けて、26歳フリーターが正社員就職活動成功の秘訣と注意点について解説していきます。

世間一般的に「若手」と見なされ、第二新卒というしっかりとしたアイデンティティも確保することができるのはおおよそ25歳まで、大学卒業後3年以内と言われています。

25歳を過ぎ26歳になってしまった段階から、自分の将来により一層の不安を抱える人も少なくないでしょう。

しかし、本当に26歳フリーターは正社員就職ができない存在なのかというと、決してそんなことはありません。

参考:フリーターが就職できないは嘘?就職できる人とできない人の違い

正しい方法と、自分に対する正しい理解を持っていれば、26歳という年齢は何の足かせにもならず、まだまだ希望のキャリアを築くことは難しくないでしょう。

26歳でまだ就職できていない人に向けて就職を成功させるポイントを解説します。

最終編集日.2019年2月13日

26歳フリーターで就職できない人の特徴

一般的に就職が難しいと言われている26歳フリーターですが、その中身を紐解いていくと、就職できない人には傾向があります。

就職できない人に見られる代表的な傾向は下記の通りです。

こだわりが強すぎる

新卒就活時にも失敗する傾向が強いのですが、自分がやりたい仕事に対して強いこだわりを持っている人ほど、就職に苦戦しています。

もちろん、やりたい仕事や入りたい会社に対して強い思いを持つことは大切ですが、そればかりにこだわり過ぎて視野を狭くしてしまうと、かえって自分の可能性をも狭めてしまうことになるのです。

たとえば、具体的にこだわりが強すぎる例の一つとして「収入」が挙げられます。

フリーターが就職を考える場合は未経験の業種に就職することが多いと思いますが、その際はどうしてもフリーターの時の収入よりも減ってしまったり、条件面が下がってしまうこともあります。

中途採用をする企業は未経験の方を育てるところから始めるので、最初は会社に利益はありませんが、仕事がしっかり評価されればフリーターの時に比べて段違いで昇給していきます。

仕事というのは自分で経験して初めてその魅力に気付くものです。

最初は苦手だと思っていたものが実は天職だったり、逆に天職だと思っていたものがやってみると肌に合わない、なんてことも良くあります。

先入観やイメージで仕事を選ばず、広い視野を持つことが大切なのです。

関連:フリーターの就職先おすすめ人気ランキング【職種・業界別】

チャレンジの数が少ない

1、2社エントリーはしたものの、そこで「お祈りメール」を貰ってしまったからと言ってすべてを諦め、就職なんてできないと思っている人も多くいます。

採用不採用は単純なスキルだけではなく、人間同士の合う合わないも重要なポイントになっていますから、例え経験豊富なキャリア人材であったとしても、落ちる時は落ちるものです。

「自分はフリーターだから」「第二新卒と言える歳でもないから」そんな風に自分自身に言い訳を作ってしまい、チャレンジすることから逃げてしまってはいけません。

できるだけ多くの企業に書類を応募し、たとえ選考で落とされても面接にまで最低ライン進むことを目標としましょう。

関連:フリーターが就職面接で聞かれる質問は?面接官が見ているポイント

行動するのが遅い

「アルバイトである程度経験を積んでから…」「面接にのぞむ前に資格を取って…」というように、応募行動を起こす前にあれこれ考えてしまう人ほど、就職できる可能性はどんどん低くなってしまいます。

もちろんスキルや経験、資格などはあって損することはありませんが、逆に言えばそれがあるから確実に内定が取れるというものでもありません。

資格で学ぶスキルと、仕事の本番で使うスキルは往々にして違うものですので、就職したいと思ったら、回り道せずに一直線に向かうのが正解です。

そのスピードが早ければ早いほど、あなたの熱意は相手に伝わるものですし、結果的に内定を獲得しやすくもなるでしょう。

反対にいつまで経っても「●●したら…」とゆったりとした考えを持っていると、いつの間にか30代に突入してしまい一気に就職難易度が高くなる危険性もあります。

参考:30代フリーターで就職は可能?おすすめ就職先と体験談

周囲や環境のせいにしている

フリーターが正社員を目指す就活における面接の際に高確率で聞かれることとして「前職を退職した理由」を聞かれることがあります。

その際に、

・前の職場は労働時間が長かったから辛かった
・長い間勤めていると当初と違う仕事内容をさせられるようになった

など、前の職場を批判したり労働環境につながるような回答をしていると、面接に通過することができずなかなか就職することができません。

たとえば労働時間についてですが、どの企業にも繁忙期は存在し、どうしても残業などの対応を急遽お願いされることは社会人になると往往にしてあります。

しかし、労働時間を理由に退職したと答えてしまうと「繁忙期にそれを不満に思って退職してしまうのではないか?」と面接官は不安に思ってしまいますよね。

また、仕事内容が変わったというのは一見正論に聞こえますが、会社に勤めていると人事異動で普通にあることです。

つまり、先程と同じで会社の人事によっては退職してしまう可能性のある人材として見られてしまうことになります。

むしろ正直に、

・年齢が年齢でラストチャンスだと思って御社を希望した
・未経験のことを始めるなら今しかないと思った

などと面接で答えた方が、結果的に面接官に好印象と言えるでしょう。
 

公務員or正社員どちらを目指すべきか?


26歳という年齢で公務員を目指すべきか、あるいは正社員を目指すか迷った時は、結論"正社員を目指すべき"と言えます。
 
理由は、正社員として就職して働きながらでも公務員の勉強を並行させることはできますし、働いていくうちに会社員としての仕事のやりがいを見つけていく可能性も全然あるからですね。
 
「仕事がきつくて公務員の勉強ができない…」というのであれば、そこまで本気で公務員を目指していなかったということの表れなので、公務員を目指すべきではないと言えるでしょう。

学歴のせいにしている

あなたが「高卒だから26歳フリーターで就職するのは無理なんじゃないか…」と考えているのであれば、それは大きな間違いです。

正社員経験がない人材でも採用OKとしている企業は、学歴を重視する傾向は一切なく、大卒・高卒いずれであっても潜在的なポテンシャルを重視します。

あなたがいかにその企業に入りたいという意欲を見せられるかの方が採用可否に関わるポイントとしては大きいので、学歴をコンプレックスに持つ必要は一切ないでしょう。

自信がない

自信というのは本当に不思議なもので、たとえ自信がなかったとしても、ある風に見せかけるだけで自信があるように見えてくるものです。

確かに以前勤めていた会社をクビにされて解雇されてしまったり、持っている資格や経験もほとんど皆無であればなかなか自信を持てと言われても難しいかもしれません。

しかし、たとえば面接の中で、

・清潔感を持って身なりを整える
・姿勢を正しくして極力背筋を伸ばす
・声をハキハキと大きな声で腹から出す
・しっかりと面接官の目線を見ることを意識する

上記のポイントを抑えただけでも、かなり意識しないのとでは面接官からの印象が変わってくるものです。

根っからそういう人間になれというのではなく、面接のたった数十分間意識するだけで結果に大きく関わるので、ぜひ意識してみてください。

26歳フリーターが就職活動を成功させるポイント

前述したフリーターで就職できない人の特徴を踏まえ、26歳フリーターは以下のことに気を付けて就職活動をしていくと良いでしょう。

自分の性格を深く知っておく

人間ですから、どうしても我慢できないものや苦手なものがあるというのは仕方ありません。

しかし同時に、苦手だけど我慢はできる、楽しいことがあれば少しぐらいの我慢ならば受け入れられる、なんてこともあるでしょう。

自分の許せる範囲、許せない範囲をしっかりと理解しておくことが出来れば、会社選びでも迷うことが無くなります。

たとえば、

・多少残業しないといけないけど、やりたい仕事ができそうだ。
・本来やりたい仕事ではなかったけれど、安心して働ける環境がある。
…etc

上記のように仕事先を見つけていくことができれば、就職先の候補もグッと広がっていくはずです。

フリーターを行っていた理由を明確にする

私自身、過去には4年間フリーターをしたのちに就職活動を行い、広告代理店で勤務をしておりましたが、一番面接で聞かれることが多かったのが

・なぜフリーターになったのか?
・就職をしようと思ったきっかけは?

上記2つの質問はほぼ"100%"必ず受けていました。

やはり日本ではフリーターは責任感がないと思われる傾向が強く、自社で働いた場合に「すぐに辞めてしまうのではないか?」という部分を一番気にします。

そのため、なぜフリーターをしていたのか?に注目が集まりやすくなりますので、フリーターでも責任感を持って仕事をしていたことをアピールできるかどうかは重要なポイントです。

もしフリーター期間が長かった理由を上手く説明できない、言語化してどのように面接でアピールしたら良いかが分からないという場合は就職Shopのような就職エージェントを活用することをオススメします。

未経験でも採用されやすい職種や業界について調べておく

仕事の中には、経験豊富なキャリア人材でさえも狭き門な、選ばれた人間にしかチャレンジできない仕事というのもあるものです。

採用の門戸が狭い業種・職種にいくら26歳フリーターが応募をしたとしても、希望通りの結果を得ることは難しいでしょう。

まずはどんな職種や業界が、自分のようなフリーターでも採用してくれやすいのか、しっかりと事前に調べておかなければいけません。

自分自身でしっかりと情報収集した職種や業界に積極的にチャレンジしていけば、内定を獲得することは決して難しくはありません。

チャレンジの数はもちろん、質も大切にした就職活動をしていきましょう。

参考:フリーターの就職先の探し方厳選まとめ!自分に合った探し方は?

アルバイトで学んだ経験を言語化しておく

アルバイト経験がある程度あるフリーターであれば、これまでのバイトの中で培った経験を、しっかりと言語化できるようにしておきましょう。

あなたにとっては当たり前のスキルが、他の人にとっては素晴らしく貴重なスキルになることも往々にしてあるものです。

しかし、それらは面接の時にしっかりとアピールできないと意味がありませんから、自分はどんなことを学んで、どんなことができるようになったのかを、しっかりと具体的に説明できるようにしておきたいですね。

26歳という年齢も、人生経験という観点から見れば魅力になったりするものです。

これまでの学びをしっかりと活かす、ということを心がけてください。

関連:フリーターがバイト先に就職するか辞めるか迷った時はどうすべきか

一人で就職活動をしない

就職活動と聞くと「誰にも頼らずに一人で行うもの」と捉えられがちですが、ハッキリ言ってそれは間違いです。

なぜ間違いかというと、就職活動というのは"正しい方法で、正しい方向性で行わなければ絶対に上手くいかない(内定が貰えない)"という特色があるんですね。

一人で自己分析を行ったり志望動機を考えたりすることももちろん必要ですが、それだけではなく周りのサポートを上手く活用して軌道修正しながら活動していくことが一番の内定への近道といえます。

ありがたいことに、現在はフリーターの就職活動を無料でサポートしてもらえる就職エージェントも非常に優良なエージェントが充実していますから、必ずや活用しましょう。

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキング

26歳フリーターの就職で抑えるべきマナー

26歳でフリーターから正社員就職を成功させるためには、当然就職活動におけるマナーをきっちりと抑えておかなければ内定は獲得できません。

新卒就活時に就活のマナーについて学んでいるかもしれませんが、もう一度改めて復習しておくことをオススメします。

男性が抑えるべき就職活動マナー

・長髪、茶髪、寝ぐせ直す(※清潔感)
・髪の毛をツンツンと立て過ぎない
・揉み上げが耳にかかるのも避ける
・襟足も短めに
・ヒゲはきちんと剃る
・上着、Yシャツともにシワがないように
・コートの色は、黒、紺、濃いグレー

女性が抑えるべき就職活動マナー

・髪の色は地毛に近い色で
・長い髪はすっきりと束ねる
・健康的で自然なメイクを
・カラコンは避ける
・スカート丈は座った時ひざにかかるくらい
・ベルト付きのコート は、きちんと締める

就活のマナーをしっかりと抑えて、気持ちよく面接に臨める準備をしておいた方が内定確率は間違いなく高まるでしょう。

26歳フリーターの正社員就職先の探し方は?

では、実際にアクションを起こそうと思った際、26歳フリーターはどのようにして正社員就職先を探せば良いのでしょうか。

代表的な方法は下記の3つです。

就職サイト

一番メジャーな就活方法と言えるのが、インターネットを使った就職サイト経由での就職です。

有名サイトであれば数万件という求人が掲載されていますので、日本全国、ありとあらゆるタイプの仕事を探していくことができるでしょう。

フリーターの就職サイト人気おすすめを厳選比較

ただし、あくまでもWeb上の情報だけが判断基準にはなってしまうので、自分自身でしっかりと会社の良さを見抜いていくことが求められます。

ともすればブラック企業に当たってしまったり、そもそも採用の可能性がないところに応募をしてしまったり、なんてこともあるかもしれません。

便利でスピーディな方法ですが、使う側にもある程度のスキルやセンスが問われる就活方法と言えますね。

就職エージェント

経験豊富なキャリアコンサルタントとともに、二人三脚で就職先を探していけるのが就職エージェントを使うという方法です。

就活に慣れていない方や、自分自身の向き不向きがわからないという方に特におすすめな方法と言えます。

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキング

エージェント経由で求人を出している会社の深い情報を知ることができるため、本当に自分が活躍できる会社に入れたり、入社後のミスマッチを減らしていくことができるでしょう。

他にも、模擬面接やキャリアについてのアドバイスなどを行ってくれるところもありますので、面接の前に自身のスキルをさらに高めておくこともできます。

多少、場所や時間の制約は掛かってしまうかもしれませんが、就活初心者からベテランまで、どんな人にも役に立つ就活方法と言えるでしょう。

就職エージェントの中でもダントツでおすすめなのが就職Shopで、他の就職エージェントを差し置いてダントツNo.1の使いやすさです。

↓就職Shopの登録はコチラ

※就職Shopの面談場所は関東・関西の10拠点にありますが、もし地方在住の場合は面談を直接受けられるDYM就職の利用をおすすめします。

DYM就職は就職Shop同様に就職までのサポートを一貫して行っており、面談場所は就職Shopと同じ東京・大阪に加え、名古屋・札幌・仙台・広島・福岡の7拠点あります。

就職ShopとDYM就職の評判口コミはこちらで比較していますので、ぜひご参考下さいね。

ハローワーク

国の就活支援施設であるハローワークを使うのも一つの手です。

ハローワークの場合、そこに求人を出すのが完全無料なので、就活サイトや就活エージェントでは見つからないような渋い企業を発見することができるかもしれません。

しかし一方で、他の方法と違ってお金の動きがないため、どうしても企業側優位な環境になりがちです。

ブラック企業に当たる可能性も少なからず増してしまうでしょう。

皆さんがイメージするように、あまり26歳という若さで使う方法として適切なものではありません。

あまりハローワークに本腰を入れるのではなく、あくまでも就職サイトや就職エージェントのサブ的な役割として利用すると良いですね。

26歳フリーターの就職で役立つ資格

資格を持っている=就職できると一概に言える訳ではありませんが、資格を持っておくことで確実に就職しやすくなる職種はあります。

以下で就職できる職種とおすすめの資格を紹介しますので、もし就きたい職種が決まっているのであれば資格取得を目指されてみてください。

日商簿記2級 経理職
秘書検定・MOS・ TOEIC 事務職
宅地建物取引士(宅建) 不動産関係全般
CCNA ITエンジニア

資格取得までの期間や取得にかかる費用などについては、「就職を目指すフリーターが取るべき資格おすすめ一覧【難易度別】」でより詳細に解説しているので興味があればご覧になられてみて下さいね。

26歳フリーターが就職できるおすすめ就職先

26歳でこれまで正社員としての経験がない未経験者であっても、おすすめの就職先はたった一つだけです。

それはズバリ「営業職」です。

営業というのはどんな業態の会社でも必ず必要な人材で、会社が利益を出すための根幹を担っている貴重なポジションです

しかしながら、企業の採用ニーズが溢れているに関わらず営業職を担える人材は不足しているので、未経験者であっても全く問題なく採用してもらうことができます

▼営業職の有効求人倍率は右肩上がり

「営業って言ってもどんな会社の営業が良いの?」と思われるかもしれませんが、答えは簡単で、あなたが興味のある商品・サービスの営業職に片っ端から応募すれば良いのです。

たとえば例を挙げると、ある26歳の男性は格闘技観戦が好きで、とある格闘技団体の広告営業(スポンサーを獲得する仕事)として現在活躍している人がいます。

当然、あなたが良いと思う商品・サービスの良さをお客様に伝えて買ってもらうのが営業なので、思っているよりも仕事が楽しく回るようになるはずですよ。

もし自分で会社を見つけられないのであれば、最も求人数が多い就職Shopであなたが興味のある会社の営業職求人を紹介してもらってみてくださいね。

就職Shopの評判口コミはコチラ

26歳フリーターが気をつけるべき男女別注意点

最後に、26歳フリーターが就職活動を行う際に気を付けておきたい点を、男女別にそれぞれ焦点を当てて紹介して参ります。

男性の場合

最近では事務職を目指す男性も多いと思いますが、まだまだ企業の中には、事務職=女性という古い考えを持ったところが多くあります。

事務職を募集している会社がすべてそう、というわけではありませんが、その事実はしっかりと受け入れた上で、目指すべき道を考えた方が良いでしょう。

逆に言えば、営業=男性という考えの会社もあるということですから、あえて受かりやすさを重視してそういう道を目指すという選択肢もありますね。

いずれにしても、男性であるということを武器にできる仕事をチョイスしていくのがおすすめです。

26歳で未経験職種への転職はラストチャンス?おすすめ転職先

女性の場合

女性も男性と同じく、その性別上チャレンジしにくい職種があるということは覚えておきましょう。

特に体力を必要とするような仕事の場合、一般的には男性よりもひ弱な人が多いものですから、そのイメージで採用を見送られてしまうケースもあるかもしれません。

また、出産や育児といった女性ならではの人生イベントについても考えておかなければなりません。

育休などは取りやすい環境なのか、また入社後どれくらいを目安にとっても良いものなのか、その辺りは入社前にある程度聞いておけると、より不安なく就活を進めることができますね。

26歳女性の転職に必要な全知識!結婚は?正社員以外はダメ?

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,500件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-フリーター・ニートの就職(転職)

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.