リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼既卒・フリーター就職支援No.1の就職Shop▼

30代フリーターでも就職は余裕で可能!おすすめ就職先と体験談

30代フリーターから正社員への就職を目指す人に向けて、その就活のやり方やおすすめの就職先について、体験談などと共に解説していきます。

「フリーターからでもスムーズに就職できるのは20代まで!」
「30代でフリーターをやっていると就職はほぼ無理!」

世間一般的には、就活市場に対してこのように語られることが多いでしょう。

確かに若さというのは大きな武器で、それがあったからこそチャレンジできた、成功できたという話も多いのは事実です。

しかしだからと言って、30代からの就職が不可能なのかというと、全くそんなことはありません。

むしろ、まだまだ余裕だと言っても過言ではないでしょう。

30代フリーターでも正社員就職は「余裕で可能」

まずは30代フリーターの就職の実態から見て行きましょう。

まずは就職率。

参照元サイト:https://freeterlegend.com/30-freeter-employment-rate/

20代の時に比べると多少数字としては減少してしまうのは事実ですが、逆の見方をすれば、20代よりもそこまで大きな数字の違いはないということがわかるかと思います。

そこにさらに追加して、30代フリーターの就職希望率を見て行きます。

参照元サイト:https://freeterlegend.com/30-freeter-employment-rate/

上記図からも分かる通り、30代で真剣に就職したいと考えている人はそもそもの分母数として多くないのです。

就職希望率と就職率を掛け合わせて考えると「本当に望んで活動すれば、30代からでも就職することは決して難しいものではない」ということがわかるかと思います。

関連:フリーターが就職できないは嘘?就職できる人とできない人の違い

30代フリーターが就職活動でやるべき3ヶ条

それではここからは、実際に30代から就職活動をやるとして、絶対に心がけておきたいことを3つ厳選してご紹介します。

これから就職活動する方は3つを常に意識し、既に活動を始めていながらも思い通りの結果がついてきていない人は、この3つの中で足りていないものがないかどうかチェックして頂ければと思います。

まずは行動する

当然のことですが、行動をしなければ結果というのは出てきません。

前述したように、30代のフリーターが就職できていない最大の理由は「そもそも就職活動をしていないから」というものです。

2~3社受けてみてお祈りメールが来てしまったからと言って諦めてしまってはいないでしょうか?

それでダメなら10社20社と、どんどんチャレンジしていきましょう。

面接などのテクニックは場数を踏むことで成長しますし、そもそも世の中には星の数ほどの会社がいて、それぞれ採用基準もバラバラです。

参考:フリーターが就職面接で聞かれる質問は?面接官が見ているポイント

すべての会社に応募しろとは言いませんが、まずは手数を増やさない限り、当たる確率も上がらないということを覚えておきましょう。

視野を狭めない

一方で、実は多いのが、就職先へのこだわりが強すぎて自分の視野や可能性を狭めてしまっている人です。

30代フリーターという自分の経歴を弱点とは思いつつも、

「あれはやりたくない」
「これは無理」
「やるなら絶対この仕事」
…etc

などと決めてしまっているのです。

就職先についてこだわる気持ちもわかりますが、仕事にはそれぞれ人気不人気があるものですし、やるには豊富な経験やスキルが必要となるものもあるでしょう。

そういった仕事にチャレンジするのは、新卒の学生ですらかなり難しいものです。

関連:フリーターから就職する職種のおすすめは?適正な職種の見つけ方

実際に働いてみることで気付く魅力というのは必ずあるものですし、本当に自分に向いている仕事も、長い経験の中から見つかることが多いのです。

もし仮に自分の目指しているような就職先に現時点では就職できなかったとしても、会社で実績を積めば転職でやりたい仕事ができる可能性も全然あります。

こだわりを強く持ち過ぎず、まずは色んな事にチャレンジしてみる姿勢が大切です。

今までの経験を活かす

30代という年齢を活かす術もあります。

例えば長くアルバイトを経験しているのであれば、そこで培ったスキルというのは、同じような仕事をする正社員にも、決して引けをとるものではないでしょう。

逆に、アルバイト経験は浅いけれど、ずっとバンド活動を続けていた、なんて人であれば、新しい音楽を生み出す企画力や、他の人とも積極的に交流をしているコミュニケーション能力が磨かれているかもしれません。

30年間という長い期間の中で身につけてきたあなたの仲での「当たり前」は、他の人にとってはとてつもない「才能」であることは往々にしてあるのです。

自分が持っている能力・スキルを、改めて見つめ直すようにしましょう。

参考:フリーターから正社員になる時の面接の受かる志望動機を徹底伝授

30代フリーターの就職におすすめの就職先は?

では次に、フリーターの方の実際の就職先としておすすめの職種についていくつか紹介して参ります。

非常につぶしが効く職種なので、下記職種でまずは目の前の仕事に精一杯取り組み、その後やりたい仕事への選択肢を広げる努力をしましょう。

営業職

営業職は数ある仕事の種類の中でも、最も求人数が多く、それにともない未経験でも歓迎してくれる会社が多いのが特徴です。

経験が浅いうちはノウハウやスキルよりも人柄やコミュニケーション能力が重視される仕事でもありますから、30代フリーターという経歴でも、十分に戦っていけます。

場合によっては20代よりも30代の方が、風格といった見た目の面でより信頼してもらいやすい、なんて強みに繋がることもあるかもしれません。

施工管理職

スポンサードリンク

2020年の東京五輪などでかつてない求人の賑わいを見せているのが建設業界で、常に人が足りないという状態です。

その中で施工管理という職種は、専門的なスキルや知識なく目指せる仕事として、フリーターからも非常に人気の職種です。

現場監督のような立ち位置で、自分が作業をするのではなく全体を管理して指揮をしていく仕事でもありますから、年齢的にも若すぎない方が良いことも多く、30代から目指すのに向いています。

ITエンジニア

同様に常に人不足の状態が続いているのがIT業界で、基本的にはほぼすべての会社が未経験歓迎と言っても過言ではないほど間口が広いのが特徴です。

実際にITエンジニアとして仕事をし始めてしまえば、20代や30代といった年齢の違いはそこまで影響を及ぼすことはありません。

しっかり勉強し、仕事も熱心に打ち込む姿勢を見せれば、スムーズにキャリアアップをしていくこともできるでしょう。

30代フリーターで就職に成功した先輩体験談

ではここでは、30代フリーターから就職に成功した先輩の体験談をご紹介いたします。


男性 / 34歳
現在: クレジットカード会社勤務
年収の変化: 月収12万円 ⇒ 年収320万円
コメント:34歳まで職歴なしでしたがクレジットカード会社に正社員就職できました。こだわりすぎない事が正社員になれる秘訣だと感じました。


女性 / 30歳
現在: デザイナー
年収の変化: 月収14万円 ⇒ 年収350万円
コメント:新卒でデザイナーとして就職した会社を長時間労働やパワハラで退職してしまいフリーターになってしまいましたが、前職の経験を活かして正社員に再就職する事が出来ました!

やはり正社員就職を果たすことで、大きく年収アップにも繋がっていますし、日々充実した仕事を送れていることがわかりますね。

フリーターから就職に成功した方々のより詳しい口コミ評判については下記でも紹介しているので、興味があればご覧頂ければと思います。

参考:フリーターが正社員に就職する方法・やり方を実体験者が徹底解説

30代フリーターでも就職は可能。しかし一人は危険

繰り返しになりますが、これまで見てきたデータや実情の通り、30代フリーターからの就職は決して無謀な戦いではありません。

ただ一点、さらに成功率を高めていくためには、就職活動のプロである就職エージェントを活用するのが良いでしょう。

プロの客観的なアドバイザーを介さずに一人で就職活動を進めると、以下のようなリスクに陥ってしまいます。

受かる会社を見つけられない

まずはそもそも、会社探しの時点での躓きです。

Web上で公開されている求人情報というのは、いわば広告の一種ですから、必ずしも書いてある情報通りではありません。

未経験歓迎と言いながら、実は経験者を求めていたり、30歳歓迎と言いながら、本当は20代限定だったり、知らず知らずのうちに負け戦をしてしまっているケースもあるのです。

求人情報の裏に潜む企業側の思惑を推し量り、自分の経歴でも同じフィールドでちゃんと戦わせてもらえるところなのかどうかを見抜く力は絶対に必要です。

そういう意味で、プロのアドバイザー経由で仕事を紹介してもらえるエージェントは強いと言えるのです。

受かる履歴書が書けない

また、就職活動というのは実力はもちろんですが、テクニックで勝負する要素も多分に含まれているのが特徴です。

履歴書の書き方もその一つと言えるでしょう。

ウソを書くことは許されませんが、逆に正直にすべてを書きすぎることでマイナスに働くケースもあります。

同時に、本来は強みとして書けたはずの内容を、自分自身で見落としてしまう場合もあるかもしれません。

関連:フリーターが就職活動するときの履歴書を書くコツやポイント

就職エージェントを活用し、アドバイザーから添削をしてもらうようにすれば、それらの危険も回避できますし、その流れの中で自分でも気づいていなかった長所を見つけることができます。

第三者の意見を聞くというのは、とても価値のあることなのです。

受かる面接が出来ない

面接は場数を踏むことでしか成長しないということは前述しました。

しかし、実際に面接を受ける人たちにとっては、どの会社の面接も本番なわけですから、練習代わりに捨てるということは心苦しいものがありますよね。

それどころか、場合によっては自分の課題や欠点を勘違いしてしまい、正しい軌道修正ができずに必要以上に時間が掛かってしまうこともあるでしょう。

就職エージェントのアドバイザーからの助言や、模擬面接などを経験しながら磨いていくことができれば、非常に効率よく成長することが可能になるのです。

30代フリーター就活におすすめの就職支援サービス

就職エージェントを活用する事ことが30代から正社員就職を果たすための方法とお伝えいたしましたが、ではどの就職エージェントを活用するべきなのでしょうか。

ここでは、おすすめの就職エージェントを3社厳選してご紹介してまいります。

就職エージェント①:就職Shop

未経験者向け就職支援サービスとして、規模・実績ともに国内最大級を誇るのが『就職Shop』になります。

人材業界最大手のリクルートグループが提供する安心のサービスですので、確かな就職実績を元にしたデータを元に適切なアドバイスを貰うことができます。

経験豊富なアドバイザーが、就職先の企業情報から面接に受かるコツまで丁寧に教えてくれますので、就職エージェントの利用を検討するのであればまずオススメの就職支援サービスです。

↓就職Shopの登録はコチラ

就職Shopを30代で利用した人の評判口コミはコチラ

就職エージェント②:JAIC(ジェイック)

営業職として就職するのに最適なのが『ジェイック(JAIC)』で、無料で社会人・営業職としての基本的なスキルを学べる研修に参加できるため、職歴がない未経験者にとっては価値があります。

企業との面接は合同形式で、一日に複数の会社と面接を行えますので、比較検討もしやすくなり、可能な限り早く確実に就職を決めたいという人に最適です。

通常の就職エージェントとは違い、まずは無料の説明会への参加が必須になる点に注意しておきましょう。

↓JAIC(ジェイック)の登録はコチラ
JAIC(ジェイック)
ジェイック(JAIC)評判口コミまとめはコチラ

就職エージェント③:DYM就職

ベンチャーから大手まで、通好みの会社を数多く所有している『DYM就職』もおすすめの就職エージェントです。

普通の求人サイトを見るだけでは見つけられないような、隠れた優良企業を探す際に役立ちますし、全国に拠点を持っているため、気軽に相談に行きやすいのも魅力の一つです。

就職ShopとDYM就職の違いが比較されますが、就職成功率も90%以上と安心の実績を持っていますので、就職に本気になったら、まずは一度相談に訪れてみてください。

↓DYM就職の登録はコチラ

根気よく就職活動を続けることが何よりも大事

30代フリーターに限らず、就職活動や転職活動というのは多かれ少なかれ、企業の選考に落とされることで精神的ダメージを受けることは避けられません。

しかしそこでダメージを受けたまま「やっぱり就職は厳しいか…」と後ろ向きになるのか、「絶対に見返してやる」というなにくそ精神で前向きに這い上がるかは人それぞれです。

履歴書や面接で不採用を言い渡されるのは非常に辛いものではありますが、今回紹介した就職エージェントのような就職支援サービスを活用して上手く気を紛らわせながら根気よく就活を続けていきましょう。

そうすれば、必ずやあなたの力を欲している企業と巡り会うことができる筈ですので、ぜひ頑張ってくださいね。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,000社以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版