リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

20代の転職

26歳で3回目・2回目の転職回数は多すぎ?何回目までOK?

更新日:

年代別の平均転職回数から見る26歳の平均的な転職回数や、3回目・2回目の転職が転職活動に与える影響、転職を成功させる方法についてご説明します。

26歳で「3回目・2回目の転職をしてもいいのか」「転職活動で不利になることはないのか」など悩んでいませんか?

現在の日本の転職市場では転職することは珍しいことではなくなってきていますので、26歳で3回目・2回目の転職を考える人はあなただけではありません。

※日本のビジネスパーソンのうち約70%の人が転職を考えているというデータもあります。

転職活動の進め方次第では十分に転職を成功させることも可能ですので、この記事を読んで参考にしてみてくださいね。

【最終編集日.2018年10月22日】

26歳の平均転職回数

大手転職サイトが2017年1~6月までに新規登録した会員データを年代別に集計したところ、20代では76%が「転職経験なし」、24%が「転職経験あり」という結果になりました。

その中でも、2回以上の転職経験がある人は全体の8%と大変少ない人数で、20代のほとんどの人が転職経験なし、もしくはあっても1回までということになります。

30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。

4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

▼年代別の平均転職回数内訳(※リクナビNEXTより引用)

つまりこのことから、26歳で転職回数2回、3回と経験している人は、一般的な平均論で言うと転職回数は多すぎるという結果となることが分かります。

26歳で転職回数「3回目」は多すぎる?

大手転職エージェントdodaが行った調査結果では、転職回数0回の転職成功率を100%とした場合、転職回数2回(3回目)の転職成功率は46.6%と半減します。

この結果からも一般的には26歳で「3回目」の転職は多すぎると考えられ、転職活動では不利に働いてしまいます。

なぜ転職回数が多いと転職が不利になるのかの理由としては、

・社後の離職への懸念
・スキル不足への懸念

が考えられます。

ただし現在の転職市場では、"転職理由が明確であれば転職回数が何回あっても悪い印象は抱かれない"という風潮があるのも事実で、実際に26歳で3回以上の転職を重ねてキャリアアップしている人もたくさんいます。

転職回数に関わらずに印象が良くなる転職理由としては「ポジティブな理由」を持って転職した場合です。

ポジティブな理由の具体例としては、

・キャリアアップのため
・応募先企業の仕事にやりがいを感じたから
・スキルを活かしてより大きなフィールドで活躍したい
…etc

上記のような理由は、評価されることが多いです。

入社前にしっかりと調査していれば分かるような「会社の経営方針と合わなかった」という理由や待遇への不満などは、自分勝手なネガティブな理由として捉えられ、悪い印象を抱かれてしまう可能性が高くなりますので、注意しましょう。

女性の場合も結婚や産休、育休のようなライフイベントを一番の理由とするのではなく、ポジティブな理由に変換することが重要です。

26歳女性の転職に必要な全知識!結婚は?正社員以外はダメ?

26歳で転職回数「2回目」は多すぎる?

前述の大手転職エージェントdodaが行った調査結果では、転職回数1回(2回目)の成功率は97.5%と、2回目の転職による影響はほぼありませんでした。

つまり、26歳で2回目の転職である場合は転職回数を気にせずに転職活動を行うことができると言えることが分かりますね。

26歳で2回目の転職は実務経験が少なくマネジメント経験もない場合がほとんどですので、実績よりもポテンシャルを重視されることが多いです。

27歳以上になると実務経験が重視されてきますので、「やる気」や「熱意」といったポテンシャルで2回目の転職を成功させるには、26歳までが勝負です。

26歳で未経験職種への転職は最後のチャンス?求められるスキルは?

また、転職理由についても必ず確認される項目になりますので、事前にしっかりと考えておく必要があります。

採用担当者に懸念される可能性が高い転職理由は、1回目の転職理由と2回目(今回)の転職理由が同じ場合です。

「同じ失敗を繰り返す人」と判断されてしまう可能性が高くなりますので、2回目の転職理由としてはなるべくポジティブな理由を用意して、悪い印象を与えないようにしましょう。

26歳での転職は一旦立ち止まって考えよう

実は、現在の日本の転職市場では27歳が最もニーズの高い年齢で、転職を成功させるためには27歳が一番良いと言われています。

26歳まではポテンシャルを重視される場合が多いですが、27歳からはポテンシャルだけではなく経験も期待できるため、コストを掛けて採用する企業にとっては一番採用したい年齢なのです。

【27歳の転職】2回目・3回目の転職回数は多すぎ?何回まで?

3回目以上の転職の場合も26歳では転職回数が「多い」と考えられて懸念される可能性が高いですが、27歳では実績に応じては転職回数を問われずに評価してもらえる可能性が高くなります。

そのため、3回目以上の転職をお考えの場合も27歳での転職を推奨します。

実績を重ねれば重ねるほど面接でアピールできる項目も多くなりますし、年収アップやキャリアアップの転職を叶えられる可能性もグッと高まります。

今26歳で転職を考えている場合は、「どうしても今すぐでなければいけないのか」一旦立ち止まって考えてみましょう。

26歳で転職すべきか迷ったら?

26歳で最終的に転職すべきかどうか決められない場合は、転職エージェントの力を借りるというのも一つの手段です。

転職エージェントはあなたに合った求人を紹介してくれるサービスですが、転職すべきかどうか相談してもらえるという側面も持っているんですね。

面談をしたからと言って担当のキャリアアドバイザーから強引に転職を勧められるということはありませんので、安心して相談するだけでも利用する価値はあると思います。

数ある転職エージェントの中でも最もオススメなのは「リクルートエージェント」で、圧倒的No.1の転職実績数と求人保有数で最も利用者の多い転職エージェントです。

ぜひ転職エージェントを有効活用して、転職すべきかどうかを相談されてみて下さいね。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-20代の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.