リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

女性が転職する時に持っておくと有利な資格おすすめを厳選

女性が転職する際に持っておくと有利なおすすめの資格を厳選して紹介して参ります。

資格はその人のスキルを一発で測れる便利ツールであるため、当然、転職活動でも有利に働くことは多いです。

・転職のために資格を取りたいが、そもそもどんな資格があるのかわからない
・資格を取ることで転職活動にとってどんなメリットがあるかを知りたい
・転職を有利に進めるための資格は何なのか知りたい
…etc

「今の仕事を辞めたいけども、転職に失敗しないためには資格を身につけたほうが良いのでは?」と感じられている方はぜひご参考下さい。

■女性の転職に有利なおすすめ資格厳選まとめ

それでは早速、女性の転職に有利な資格について見て行きましょう。

尚、おすすめの資格については資格取得で得られるスキルや実務で行う仕事内容の他に、

・試験日程、内容
・取得に必要な費用(受験料含む)
・資格取得の難易度(合格率)

上記についても併せてまとめましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

どの資格が自分に合っているかわからない場合は、女性の転職に強い転職エージェントでキャリアアドバイザーに相談すると、モヤモヤが晴れてスッキリしますのでおすすめです。

女性心理を理解してくれる転職エージェントおすすめ厳選5社

20代の女性はこちらがおすすめ。

【20代女性向け】転職エージェントおすすめランキング2018

■女性の転職に有利な資格①:TOEIC

グローバル化が進む現代社会において、英語を必要としない企業はほとんどありません。

海外企業との取引や文章の翻訳作業など、英語は仕事をしていく上で欠かせないスキルになっています。

そのためTOEICでハイスコアを持っていると、転職先に困らない上にキャリアアップすることも可能なため、高得点目指してTOEICを受験しようと考える求職者の方は多いです。

TOEICとは10点から990点の点数で評価される試験であり、試験内容はリスニングとリーディングで構成されています。

基本的な英語力だけでなく、どれだけ英語でコミュニケーションをとれるのかを知るための基準になっており、社員に定期的にテストを受験させる企業は増え続けているのです。

このように社会人にとってはTOEICは身近な存在ですが、転職を有利に進めるためには何点くらいを目標にすれば良いのでしょうか?

TOEICの平均点は578点ですが、良い企業に転職するためには最低でも610点は取っておいて欲しいところですね。

「新卒のときは465点くらい取ればよかったのに、ずいぶんハードルが高くなってる!」と驚かれた方もいると思いますが、企業は入社後即戦力として活躍できる人材を求めているため、新卒よりも高い点数が必要になっているのです。

ちなみに610点というとは英語を日常的に必要としないと企業の場合ですので、外資系企業や楽天やソフトバンクなどの大手企業への転職を考えている方は750点以上を目指すことをおすすめします。

たとえば楽天では英語が公用語となっており、社員のTOEIC平均点数はなんと800点以上もあるのです。

このような例からもTOEIC高得点獲得が、大手企業への転職には必要不可欠になっていることがわかりますね。

ですが、面接の際にTOEIC高得点のアピールするのはあまり得策ではありません。

面接官が質問してきて初めてTOEICのことに触れる方が、面接官の印象も良いのです。

その際はどのような努力や工夫をしたか、英語力を用い会社でどのように活躍したいかを面接官に伝え、他の転職希望者との差をつけてくださいね。

・TOEICの試験内容や試験難易度について

●TOEICの試験内容

・試験内容:リスニングセクション(約45分/100問)
リーディングセクション(75分/100問)

・試験日:1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月の年10回

・受験料:5,725円

●TOEIC試験の難易度

今現在あなたが持っているTOEICのスコアによって難易度に違いはありますが、100点上げるためには、500~600時間必要です。

転職活動をしながらかTOEIC高得点を目指すのは大変なことですが、毎日1時間は勉強時間を確保するようにしましょう。

■女性の転職に有利な資格②:簿記

女性の転職に有利な資格といえば、簿記を思い浮かべる人が多いですよね。

簿記とは帳簿をつけるのに必要なスキルであり、一般事務や経理への転職を考えている人には是非とっておいて欲しい資格です。

簿記には初級から1級までありますが、簿記の資格を転職活動の武器にしたいとお考えの方は、最低でも2級以上を目指しましょう。

ちなみにそれぞれの資格の内容や転職可能な業種は、

・初級:商業簿記の基礎知識を獲得できる。このレベルだと転職活動にプラスの影響はほとんどない。

・3級:経理関連の書類処理や青色申告書類の作成などができるようになる。一般事務や経理、営業への転職で使える。

・2級:財務諸表の数字を理解できるようになり、経営内容を把握できるレベルにまで到達する。総務や経理、税理士補助への転職が可能である。

・1級:極めて高度な経理や経営に関するスキルを習得できる。この資格を取れば公認会計士、税理士などの国家資格を受けることが可能となる。上記で挙げた業種全てに転職できる。

このようになっています。

同じ簿記と言えど、習得できるスキルや転職先に違いが生じてくるので、自分がどの分野に転職したいのかを明確にし、目標とする級を定めることが大切ですよ。

面接では簿記資格を取ろうとした理由や資格を用いて企業にどのような貢献ができるかを積極的にアピールし、仕事への熱意を訴えていくとより効果的です。

簿記資格を取ったことだけでなく、そこに至るまでの思いを伝えることができれば、面接官に好印象を与えること間違いなしですよ。

企業にとって欠かせない存在となるために、みなさんも簿記資格取得を目指しましょう。

・簿記資格試験の内容や試験難易度について

●簿記資格試験の内容

・試験日:資格によって受験日が異なるため、詳しくは商工会議所の検定試験をご覧ください

・受験料:【初級】2,160円

【3級】2,800円

【2級】4,630円

【1級】7,710円

・受験場所:全国で実施(初級のみネット試験会場での受験)

●簿記資格試験の難易度

・初級:1ヶ月程度 3級より難易度低い

・3級:1~2ヶ月程度 合格率約40%

・2級:3~4ヶ月程度 合格率20%

・1級:5ヶ月以上 合格率10%

初級や3級程度であれば独学でも合格できますが、それ以上の級を狙っている方は通信講座や予備校を利用することをおすすめします。

最短ルートで合格を掴み取るために、プロの力を借りてみてください。

■女性の転職に有利な資格③:FP(ファイナンシャルプランナー)

金融業界や不動産業界への転職を希望している方には、ファイナルシャルプランナーがおすすめです。

ファイナンシャルプランナーは、不動産や住宅ローン、教育、老後、そして相続に関することを取り扱うお金に関するプロフェッショナルであり、この資格を持っていれば即戦力として働くこともできますよ。

資格は1級・2級・3級があり、実務で役に立つ知識を習得できるのは2級以上となっています。

転職活動のためにファイナンシャルプランナーを目指している方は、まずは2級を目標に取り組んでいきましょう。

それぞれの級について簡単に説明すると、

・3級:年金の運用やマイホーム購入の住宅ローンなどの日常生活で必要となる知識が学べる

・2級:資産運用やリスク管理、タックスプランニングなど実務に直結するレベルの知識を習得できる

・1級:起業できるくらいの高度な知識を獲得できる

このようなものであり、お客様のライフプラン実現のためには必要不可欠な知識を習得できることがわかりますね。

級によって習得できる知識や資格取得の難易度は異なってくるので、まずはお金に関する知識をどの程度得たいのかを考えてみることも大切です。

しかしファイナンシャルプランナーの資格を取っていれば、金融業界や不動産業界で必ず働けるわけではありませんが、面接官に好印象を与えることは確実にできます。

資格取得に向けて努力した前向きな姿勢をプラスと捉える企業がほとんどなので、面接でしっかりアピールすることが大切です。

ファイナンシャルプランナーは決して簡単な資格ではありませんが、お金に関する確かな知識を持っていればどこに行っても重宝される存在になれます。
みなさんも希望の業界への転職成功率を上げるために、ファイナンシャルプランナーを目指してみると良いですね。

・ファイナルシャルプランナーの資格試験の内容や試験の難易度について

●ファイナルシャルプランナーの資格試験内容

・試験日程:年3回実施

・試験内容:【3級】学科60問/120分

実技20問/60分

【2級】学科60問/120分

実技40問/90分

【1級】実技2題(120問)/120分

・受験料:【3級】学科3,000円/実技3,000円

【2級】学科4,200円/実技4,500円

【1級】学科8,900円/実技 25,000円(きんざい)20,000円(日本FP協会)

●ファイナルシャルプランナー試験の難易度

・3級:合格率は50~70%と高く、入門レベルの試験内容。勉強時間の目安は80~150時間程度。

・2級:合格率は30~35%と3級よりもやや難しい試験となっている。勉強時間の目安は150~300時間程度。

・1級:合格率は10%前後の難易度の高い試験。勉強時間は300時間以上必要であり、人によっては600時間以上要することもある。

■女性の転職に有利な資格④:MOS

マイクロソフトオフィスのExcelとWordを使えることが必須条件の大手企業が増えてきています。

多くの企業で必要となってきているスキルですが、これらを使えることを証明してくれる「MOS」という資格があるってご存知ですか?

MOSとは「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の略であり、世界的に行われている資格試験の1つです。

日本国内だけでなく海外でも通用するので、日本を飛び出して仕事をしたい人にはぜひ取得して欲しい資格ですね。

また、わかりやすい資料を作成することが成績アップにつながる営業職でも役立つ資格なので、営業関係に転職したい人にもおすすめです。

でも、ExcelやWordを使える人は多いのに、わざわざMOSを取得する利点がわからない人もいますよね。

ではMOSを取得メリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

MOS取得のメリットには、「わかりやすい形であなたのスキルを伝えられる」という点が挙げられます。

たとえばExcelやWordを使えても、面接の際にそれらに関する高い技術と知識があることをアピールするのは難しいですよね。

ですがMOSを取得していれば、どの程度のスキルがあるかを履歴書を見ただけでわかってもらえるので、書類選考を通過しやすくなります。

さらに資格を持っていることで、特殊な業務を任せてもらえたり、お給料に手当てがついたりすることもあるので面接の際にはあなたの技術力を存分にアピールしましょう。

また、MOS資格を持っている人が職場に一人でもいると、「アプリケーションが持つ機能をきちんと正しく理解し使用できるようになる」ので、業務効率が格段にアップするということも伝えておくと良いですね。

このように他の人と差をつけられるMOSですが、試験にはスペシャリスト(一般)レベルとエキスパート(上級)レベルが存在します。

スペシャリスト(一般)レベルで得られるスキルは、

・フォントや行間の設定、表の作成など

・オブジェクトの挿入・設定など

・セルやセル範囲のデータ作成

・セルを用いたグラフの作成や数式・関数の適用

このようなものです。

またエキスパート(上級)レベルで得られるスキルには、

・索引や引用文献一覧の作成などの参考資料の作成

・ピボットテーブルの作成や編集、管理など

・高度な数式設定

などが挙げられます。

まずは自分に合ったレベルを目指し、スキルアップを図っていくことが大切ですね。

WordやExcelを用いて仕事をすることが当たり前の現代社会において、MOSは非常に役に立つ資格です。

転職活動のためだけでなく、その後のキャリアアップのためにもMOSを取得しておくと良いですね。

・MOSの資格試験の内容や試験の難易度について

●MOS資格試験の内容

・試験日:全国一斉試験(毎月1~2回)と随時試験(各試験会場が設定した日程)

・試験内容:コンピューターを使った実技試験、試験時間は50分

・受験料:【バージョン『MOS 2016』・『MOS 2010』】

スペシャリスト(一般)レベル:10,584円

エキスパート(上級)レベル :12,744円

【バージョン『MOS 2013』】

スペシャリスト(一般)レベル:10,584円

エキスパート(上級)レベル:10,584円(part1)/10,584円(part2)

●MOS資格試験の難易度

・スペシャリスト:合格率80%で2週間から1ヶ月程度の勉強時間が必要

・エキスパート:合格率60%で約2ヶ月程度の勉強時間が必要

※今現在のパソコンスキルによって勉強時間や難易度は異なるので、注意してください。

■女性の転職に有利な資格⑤:医療事務

おける事務の仕事です。

女性の転職に有利な資格といえば、医療事務を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

医療事務とは外来の受付や会計、レセプトの作成だけでなく、患者さんと関わる機会も多いため対人スキルも必要な責任重大な仕事です。

ですが、資格さえ取れれば日本全国の病院への転職も可能なので、転勤族のご家庭や職場復帰を考えている女性にはおすすめの資格ですよ。

医療事務の資格を持っていると、受付業務、医事務課業務、外来クラーク業務、医療秘書業務といった病院に関わる仕事への転職が可能であり、手に職を持ちたい人にはぴったりの資格ですね。

病院で働きたい人には是非とって欲しい資格ですが、実は国家資格ではありません。

このようにお話しすると驚かれる方もいるでしょうが、医療事務は漢検や英検のように自分のスキルを証明するだけの資格なのです。

その証拠に医療事務の資格はなんと10種類以上もあり、国が定めた公的な資格ではないことがわかりますね。

ですが医療事務を取ることは、決して無駄なことではありません。

何らかの医療事務の資格を取っておけば無資格の人よりも転職活動において有利ですし、面接で資格取得までの頑張りやどのように病院に貢献していきたいかをアピールできれば採用の確率がぐっと高まります。

「国家資格でないのなら取るのは無駄!」と思わずに、医療事務として活躍していくためにもまずは資格取得を目指してください。

では、たくさんある医療事務の資格の中で人気があるのはどれなのでしょうか?

一言に医療事務の資格といっても、医科や歯科、診療情報などさまざまなジャンルに分かれているので、自分がやりたい仕事に携われる資格を取得すると良いですね。

ちなみに一番人気のある資格として、「医科 医療事務管理士(R)技能認定試験」が挙げられます。

これは知名度が高く、比較的役立つ資格として認められているので、これから医療事務を目指そうと言う方や特にこだわりのない方は、「医科 医療事務管理士(R)技能認定試験」を受験しましょう。

ちなみにこの試験は、ユーキャンの講座を受講終了すると、自宅でも試験が受けられるというメリットがあります。

ユーキャンでの受講費用は49,000円(標準学習期間4ヶ月、添削3回)となっているので、一から資格取得を目指す方はユーキャンを利用してみるのも良いですね。

・医療事務資格試験の内容と難易度について

●医療事務資格試験(医科・医療事務管理士(R)技能認定試験)の内容

・試験実施日:■年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)第4土曜日実施

・試験内容:マークシート形式10問/実技3問

・受験料:【医科】7,500円【歯科】7,500円

● 医療事務資格試験(医科・医療事務管理士(R)技能認定試験)の難易度

・医科:50%程度

・歯科:75%程度

※合格までに必要な勉強時間は、どちらも80時間~100時間程度となっています。

■女性が転職の時に資格を持っておくメリット

ここまでさまざまな資格についてお話ししてきましたが、資格を持っておくメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは資格を取得するメリットについてお話ししていくので、転職活動のために資格取得を検討している方は参考にしてください。

・転職活動が有利に進む

資格取得することのメリットは何と言っても、転職活動が有利に進むことです。

希望する業界で役立つ資格を取れば即戦力として採用されますし、難しい資格を取ればそこに至るまでの過程が評価され、転職活動においてプラスに作用します。

さらに履歴書が充実したものになる上に、面接の際に採用担当者にしっかり印象を残すことができるので、採用の可能性が高まりますよ。

転職を考えている方やなかなか条件の良い職場と巡り会えずお困りの方は、まずは資格を取得することをおすすめします。

その際に専門性の高い資格を取っておけば、職場で重宝される存在として活躍できますし、妊娠・出産後の再就職先にも困りませんよ。

若いうちは就職先が簡単に決まるので転職活動を甘く考えがちですが、年齢を重ねるにつれ転職はどんどん難しくなってきます。

いくつになっても良い職場へ転職できるように、興味のある分野の資格取得を目指してください。

・キャリアアップを図れる

資格を持っているとその分野に関するエキスパートとして、職場にとって欠かせない存在になれます。

仕事に対して自信を持って取り組めるため、周囲から頼られる人間として職場で活躍できるのです。

また専門性の高い知識や技術を持っているため、今までよりも業務効率が上がり成績もアップします。

その結果、お給料が上がったり昇進したりなどのキャリアアップに繋がるのです。

ちなみに資格を持っているだけでも資格手当がつく企業はたくさんあるので、お給料アップのために資格取得するのも良いですね。

女性がキャリアアップを図るためには、資格取得することが一番の近道です。

バリバリ仕事をしていきたい女性の皆さんは、活躍していきたいジャンルの資格を取得しましょう。

・未経験職への転職が可能になる

今の単調な仕事に追われる日々を捨て、自分にしかできない仕事をしたいという希望をお持ちの女性は多いのではないでしょうか?

自分にしかできない仕事というのはやりがいがありますし、その分野を極めればエキスパートとして活躍できるため、今よりもさらに充実感のある毎日を送れるはずです。

ですが年齢を重ねれば重ねるほど、未経験職への転職成功率が下がるため、慎重に転職に向けての準備をすることが大切ですよ。

スキルのない丸腰の状態で未経験分野の転職活動に臨んでも、うまくいかずに終わるケースもめずらしくありません。

せっかく転職したのに満足できない職場で働いても意味がないので、転職したことを後悔しないように働きたい業界に役立つようや資格を取得しておきましょう。

その際は無職の期間を作らないように、今の職場で働きながら資格の勉強をしてくださいね。

しかし、資格を取ってもその分野においての実務経験がないことには変わりないので、「資格取得=その業界で働ける」というわけではありません。

資格を取って満足するのではなく、

・これからその資格を生かしどのようにキャリアアップしていきたいのか

・実務経験の無さをどのようにカバーするのか

といったことを、面接の際にきちんと説明できるように準備しておきましょう。

でも、「自分一人じゃうまく面接を乗り切れる自信がない……。」と不安に感じている人もいますよね。

このような人は転職エージェントに登録し、プロからの的確なアドバイスをもらいながら面接を乗り切ってくださいね。

数ある転職エージェントの中でも、女性心理を理解してくれる転職エージェントは非常にオススメです。

転職活動を始める前に、やらなければいけないことはたくさんあります。

働きながら資格の勉強をするのは大変かもしれませんが、あなたらしく輝ける職場で働くために全力で頑張る姿勢が必要です。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版