リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼既卒・フリーター就職支援No.1の就職Shop▼

フリーターが就職できないは嘘?就職できる人とできない人の違い

「フリーターは就職できないのでは?」という声を耳にしますが、それが嘘であることを明確な根拠を元にお伝えし、就職できる人とできない人の違いについて解説して参ります。

近年では、働き方改革に見られるように、企業としての在り方を問われる機会も増えてきました。

採用という分野に関して、従来は難しいと言われていたフリーターから就職も決して実現不可能なものではなくなってきたという現状があります。

フリーターが本気を出せば就職できない時代ではない

フリーターの方でも就職しやすくなっている背景として、日本国内において、社会問題ともなっている少子化問題が挙げられます。

つまり、若い働き手の減少、これが各企業にとって重要な課題となってしまっているのです。

(参照元:http://www.mhlw.go.jp/english/wp/wp-hw3/dl/j1_05.pdf)

上記グラフを見ても分かる通り、15歳〜64歳までのいわゆる生産年齢人口が年々減少していることが分かると思います。

会社目線からして「フリーターだから採用しない」というような綺麗事を言っている場合ではなくなっているのが現状なのです。

それでもフリーターで就職できない人の特徴は?

そういう時代的な背景もありながら、うまく就職できないフリーターにはどんな特徴があるのでしょうか。

いくつか特徴があります。

就職できない人①:年齢

まず第一に、年齢が挙げられます。

厚生労働省が定める採用のルールとして「採用の際は年齢制限を定めてはいけない」というものがありますが、現状として、25歳〜35歳までが、フリーターなどの未経験者層、経験の浅い若手層が採用してもらえるラストチャンスと言えます。

▼業種別企業の未経験者採用比率

正直、25歳を過ぎればどんどん採用のハードルは上がって行き、35歳では経験を問われるケースの方が圧倒的に多いでしょう。

就職できない人②:行動力がない人

就職できるできないに限った話ではありませんが、やはり行動力がない人は就職するのは難しいと言えます。

「どうしようかな・・・」と迷っていたり、悩んでいる時間は、正直何も生み出さないですからね。

ちょっとでも選考で有利になるために、資格取得をしている人もいれば、アルバイトでは社員に近いようなレベルの仕事もこなしている人もいますので、何かしら行動をすることは必須と言えます。

>>就職を目指すフリーターが取るべきおすすめ資格一覧【難易度別】

就職できない人③:一貫性がない人

そして就職できない人の特徴として「一貫性がない人」も大きな理由として挙げられます。

一貫性なく就職活動をしていると、企業によって志望動機が変わってしまったり、面接の中で採用面接官にぶれぶれであることを見抜かれてしまうでしょう。

「しっかりとした明確な目的を持って就活を行い、その目的を果たすために、御社への入社が必要である」という軸をアピールすることができれば、かなり採用される確率は高まります。

フリーターで就職できない人が最低限やるべき就活対策

そうは言っても、やみくもに行動するだけでは成功確率も低く、体力的にも精神的にも疲弊しやすくなってしまいますから、最低限、就活開始前にやっておくべきこともあります。

ここでは就活を始めたばかりでも、最低限やっておくべき対策についてご紹介します。

最低限の就活対策①:面接対策

まず一つ目が、面接対策です。

選考活動のメインとなるのはやはり面接ですから、そこに対しての準備や練習はしっかりしておくべきです。

頻出される質問として多いのは、自己PR志望動機と決まっているで、どちらもしっかりと回答を用意しておき、さらに自分が出した答えに対して「なぜ?」と問いかえるようにすると良いですね。

付け焼刃で、その場に合わせて曖昧な回答ばかりしていると、「会社のことがよく分かっていない」「仕事に対してやる気がない」と思われても仕方ありません。

面接対策のより具体的なやり方については、下記記事をご参考いただければと思います。

>>フリーターが就職面接で聞かれる質問は?面接官が見ているポイント

最低限の就活対策②:書類対策

もう一つやっておきたのが書類選考対策です。

いくら面接対策を完ぺきにやっていたとしても、書類選考のタイミングで落とされてしまっては、頑張りを活かすことができません。

当然ですが、誤字脱字があったり、走り書きのような雑な履歴書を作成してはいけません。

その上で、どの履歴書にもあるフリースペース、自己PRや志望動機を書く欄を有効に活用するのがポイントです。

履歴書の書き方に関する具体的なやり方については、下記記事をご参照くださいね。

>>フリーターが就職活動するときの履歴書を書くコツやポイント

フリーターで就職できない人は就活のプロに直接相談すべき

面接対策や書類対策など、やはり自分自身で完璧にこなすのは現実的に難しいですし、やはり企業に不採用となってしまった際の精神的ダメージは図り知れません。

就職活動の対策として、もちろん、ハローワークのような国が提供している場所を利用するのも良いですが、やはりお役所系の事務的な対応を受けることも少なくありません。

じゃあどうすれば良いのかというと「就職エージェント」と言われるサービスを利用することをオススメします。

就職エージェントは、就活のプロであるキャリアアドバイザーがあなたの就活に関して色々なアドバイスをくれたり、あなたに合った企業を紹介してくれたりするんですね。

もちろん、先ほど最低限やるべき対策として挙げた「書類添削」「模擬面接」なども行ってくれますので、ぜひ相談にだけでも行かれることをオススメ致します。

就職エージェントと一口に言ってもたくさんありますので、オススメについては下記をご参照にしてみてくださいね。

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキング

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,000社以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版