リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

就職Shop DYM就職

【DYM就職 vs 就職Shop】口コミ評判(5ch)!面談や求人の違いは?

更新日:

ここではDYM就職 vs 就職Shopと題し、それぞれの就職エージェントの口コミ評判や違い(5ch含む)に関して、詳しく比較しながら掘り下げていきます。

それぞれのサービスを比較したポイントとしては、

・紹介可能な求人数
・キャリアアドバイザーの質
・利用者の口コミ評判(2chも)
・面談場所(拠点数)

上記について、実際の利用者の体験談なども踏まえながらお伝えして参ります。

既卒や第二新卒、フリーターといった、一般的には就職や転職が新卒や経験豊富なキャリアに比べて難しいとされる人たちを専門に、就職支援を行っている代表格として有名な『DYM就職』と『就職Shop』。

それぞれ独自の強みや魅力を持ち、既卒や第二新卒といった就活戦線において不利といわれる層をサポートするのが目的のサービスではありますが、ユーザーとして見た際には、どちらを利用するのがより効果的と言えるのでしょうか。

▼就職Shopの登録はコチラ▼

▼DYM就職の登録はコチラ▼

最終更新日.2019年8月28日

DYM就職と就職Shopの違いを比較

ではまず、DYM就職と就職Shopのサービス概要についてそれぞれ説明して参ります。

DYM就職 ・札幌〜福岡まで全国に面談場所拠点あり!
・書類選考完全パス!
・フリーター/既卒/ニート/第二新卒向け取り扱い求人数2,000件以上(業界No.3)
・面談で相談→就職の成功率96%!
・30代フリーターでも利用可能!
就職Shop ・フリーター/既卒/ニート/第二新卒向け取り扱い求人数8,000件以上(業界No.1)
・書類選考完全パス!
・業界最大手のリクルートグループが運営する安定感
・関東/関西合計10箇所に面談場所あり!
・30代フリーター〜新卒就活生まで年齢層幅広く対応

比較して分かる通り、DYM就職よりも就職Shopの方が圧倒的に規模が大きく取り扱われている求人も多いため、安心してサービスを受けることができます。

一方のDYM就職についてはベンチャー企業で荒削りな部分があるものの、全国に面談場所拠点があるので関東・関西圏外の方も利用できることは評価できますね。

DYM就職と就職Shopの決定的な違い

就職ShopもDYM就職も、メインの支援対象となるのは新卒学生を含む20代の若手層。

サービス内容としては、既卒やフリーターといった正社員経験のない人や、第二新卒という、正社員経験はあるものの早期離職をしてしまい、キャリアとしての経験はまだ浅い人に注力をしているという点で、大きな違いはありません。

関連:フリーター就活のはじめ方・やり方徹底解説!就職までの流れ

そういった経験値の面で不安が残る人たちを対象にしているからこそ、面接対策などのコンテンツが充実しており、企業との面接も書類選考なしで行えたりと、内容的にも近しいサービスであるとは言えるでしょう。

しかしその中でも、一番大きな違いとなるのはやはりその規模感です。

人材業界最大手のリクルートが提供する就職Shopは、やはりその規模も大きく、紹介先企業が大手企業であったり登録者の数も国内最大級。

一方、DYM就職を運営する株式会社DYMは2003年設立の比較的若い会社ですから、リクルートに比べるとその規模感で劣る部分があるのは確かです。

▼取り扱い求人数の差は約4〜5倍ある

しかしその分、より厳選された求人や、若い会社だからこそベンチャー系企業とのつながりも強く、他ではあまり見つけることができないような案件を持っていることが特徴。

もちろん就職Shopの質が低いというわけではありませんが、『量の就職Shop、質のDYM就職』というイメージを持つと良いでしょう。

▼就職Shopの登録はコチラ▼

▼DYM就職の登録はコチラ▼

※両エージェント共に登録は1分で完了します

DYM就職 VS 就職Shop①:求人数

ここからは、それぞれのサービスのより具体的な数値について、まずは求人数から見ていきましょう。

DYM就職の求人数

DYM就職は具体的な数値の公表はしていませんが、保有求人は2,000社以上で、一部上場企業からトップベンチャー企業など、DYM就職が厳選した求人を取り扱っています。

▼DYM就職の取り扱い求人(職種・業種別)

業種としては、就職Shopに比べると、IT・システムというエンジニア系企業の割合が多く、不動産業界も数多く取り扱っている点が特徴ですね。

また、メーカー、人材、販売、飲食、広告など全業種幅広く求人を取り扱っていることがわかります。

職種に関しては就職Shopと同じく、営業職が一番多く、それに次いでエンジニア職が多いという結果です。

↓DYM就職で求人を紹介してもらう

就職Shopの求人数

就職Shopの求人数は詳細な数字の発表はされていませんが、このサービスで取り扱われている会社は「8,555社」に上ります(2019年9月時点)。

それぞれ最低でも1社1求人は出しているわけですから、1社が一つの職種ではなく、複数の職種の求人を出していると考えれば、1万件以上の求人を保有していると考えてよいでしょう。

▼就職Shopの取り扱い求人(職種・業種別)

業種としては若手採用に積極的なIT系だけでなく、新卒での就職が難しいとされるメーカーや商社なども数多く保有しているのが特徴。

私は人材業界を志望して就職Shopで面談に足を運んだ経験がありますが、キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントの未経験歓迎求人を多数紹介してもらうことができました。

▼就職Shopで実際に紹介された求人

職種に関しては経験よりも人柄やセンスが重要とされる営業職、研修制度などが充実しており、若手教育が得意なエンジニア系職種が多い印象です。

↓就職Shopで求人を紹介してもらう

求人数というのはもちろん大切にしたい部分ではありますが、それぞれのサービスで得意とする分野が少し見えたのではないでしょうか?

「自分はどんな会社に就職したいのか」「どんな仕事にチャレンジしてみたいのか」という観点で、どちらのサービスがより自分に合っているのか判断していくと良いでしょう。

DYM就職 VS 就職Shop②:キャリアアドバイザーの質

次は紹介サービスの心臓部分、キャリアアドバイザーの質に関して見ていきましょう。

DYM就職も就職Shopも、求人紹介や、模擬面接や履歴書添削、書類選考なしでの企業面接など、行っているサポート内容自体に大きな違いはありません。

▼登録〜入社までのサービスの流れ

入社までのサポートだけでなく、入社後の定着も含めた支援をしてくれる点も両社同様の強みと言えるでしょう。

その中で、実際にそれぞれのサービスを使ってみた感想をまとめてみました。

DYM就職の口コミ評判

新卒で入社した会社が、給料が低い割に残業が多く人間関係も最悪なブラック企業でした。

このままでは体を壊してしまうと思い、入社して3ヶ月後には退職を決意しました。退職後、再度就職活動をやろうと情報収集していた際に、「就職率96%」のDYM就職に魅力を持ち登録しました。

親身になってキャリア相談に乗っていただき、希望に沿う第二新卒・既卒向けの正社員の求人を幅広く紹介していただき、2週間後にはスピード転職に成功することができました。

無料で就職をサポートしてくれるので、「転職活動しているが、なかなか正社員として内定をもらえない方」や「卒業後、就職せず就職活動中の方」は相談してみる価値があると思います。(20代:男性)

DYM就職の口コミ評判

DYM就職は他の就職エージェントに比べると求人数はそこまで多くはありませんが、サポートがとても手厚く、自分自身に合いそうな仕事を紹介して頂き内定がもらえるまできっちりとしたサポートをしてもらえました。

内定まではそこまで時間がかかることなく、一社目で内定をいただけました。

少し自信がなかったこともありましたが、サポートの方がアドバイスや私自身の性格から判断して親身にサポートをしてくれたおかげだと思っています。

ぐいぐい引っ張っていってくれるようなイメージです。

サポート充実からこの評価ですが、もう少し求人数が多かったらよりいっそう仕事の幅が広がって良かったのかなと思っています。(30代:女性)

紹介求人:商品企画や営業事務などの職種で、業種は不動産や商社

DYM就職30代利用者の口コミをもっと見る

DYM就職の口コミ評判

DYM就職の方には最初から最後まで親切丁寧に対応していただき非常に助かりました。

「それは無理だ」とは一切言わずにこちらの希望を聞き、どうやったらその希望が通るのかを親身に考えてくださったように感じます。

私は職歴もあまり長くないのですが、どうにか就職出来るように頑張って動いてくれたように感じましたので、本当に感謝をしています。

また、就活の流れに関しても、面談をして合ったものを紹介してくれて面接を受けるだけですので、本当にシンプルで分かりやすかったです。

面接に受かるためのアドバイスや練習なども丁寧にやってくれたので、就活本などを必要とせずに進めることが出来ました。

私の人生について真剣に考えてくださったと思います。本当にありがとうございました(20代:男性)。

紹介求人:事務職の求人を5社ほど

上記利用者の口コミを見る限り、DYM就職のサービス内容に不満を漏らす口コミはあまりありませんでした。

逆にキャリアアドバイザーのサポートが充実しすぎているので、グイグイと就職活動や転職活動を引っ張っていってほしいという人に合っていると言えるでしょう。

↓DYM就職のサポートを受ける方はコチラ

続いて、就職Shop利用者の口コミを見てみましょう。

就職Shopの口コミ評判

私は体が弱く、就職に関して不安なことがたくさんあったので、まずは"相談"という形で就職Shopの面談になりました。

履歴書の添削や面接対策など具体的な就職活動に関することではなく、個人の病気について話すことは、的外れで迷惑じゃないかな?と不安があったのですが、担当者の方は最初から最後まで真摯に耳を傾けてくれました。

すごく話しやすい雰囲気の方で、緊張せず話すことができました。

結局、病気のことなら医療関係の仕事に就けば理解のある人が多くて仕事がしやすいのでは、とアドバイスをいただき、医療関係の仕事を中心に探してみることにしました。

こんなこと相談していいのかな、という気持ちがあったので、最終的にきちんとした答えを出してもらえてすごく安心しました。(23歳:女性)

就職Shopはサービスの質の部分では全く問題ないと言っても過言ではありませんね。

それぞれの求職者の特徴に合わせて様々なアドバイスをくれることに加え、とても話しやすい担当キャリアコーディネーターが多いようです。

一方で、求人の数が多い分、場合によっては何社か連続でチャレンジをしないと内定獲得ができなかったり、自分の専門や希望とは違う仕事にも視野を広げる必要などは出てきてしまいそうです。

求人をたくさん紹介してもらえることを面倒だと捉えるか、可能性を広げるためのチャレンジかと感じるかで、印象は大きく異なってくるでしょう。

↓就職Shopのサポートを受ける方はコチラ

それぞれのサポート力という部分で見れば、そこまで大きな差はないと言えますね。

DYM就職 VS 就職Shop③:口コミ評判(5ch&2ch含む)

では次に、5ch(2ch)で実際にDYM就職と就職Shopを利用した方々の口コミ評判を比較して見ていきましょう。

DYM就職の5ch&2ch口コミ

求人数はとても多く、充実してた。

自身の考えの甘いところも指摘され、
就職が決まるようにエージェントは動いてくれる。

ただ、体育会系の方が多く、少し強引な進め方だった。

フリーター的にはそのくらいの方がよいとも言えるだろうが。
ーー
初めての転職活動(第二新卒)で利用した。

職務経歴書の書き方など、分からないことが多々あったが、キャリアカウンセラーの方が相談に乗ってくれたように思う。

DYM就職の方は2chの口コミ評判の数こそ多くはありませんでしたが「担当者が積極的に連絡を取ってくる」という印象を持たれた方がいるようですね。

必要以上に電話やメールがくるのはよくありませんが、良い意味で尻を叩いてくれる存在というのは、就職活動のような自己管理勝負の戦いでは非常にありがたいものです。

ただ、あまり就職の意欲が高くなく、なんとなくでサービスを利用している場合、温度感の違いから「しつこい」「強引」という感情を抱いてしまうこともあるかもしれません。

適度に担当者との距離感を保てるのであれば、DYM就職の利用がオススメでしょう。

しかしDYM就職は紹介される求人の数が少ないor劣悪ブラック企業ばかりを紹介されるとの悪評も多かったため、あまり利用者の満足度は高くはないようですね。。

↓DYM就職の利用はコチラ

★注意‼︎★

DYM就職に登録したにも関わらず、メールや電話で面談日程調整の連絡がこないという状況になる方が多々見受けられます。

もし仮にDYM就職公式HPから登録したにも関わらず連絡がこない場合は、

・電話(03-5745-0202)で面談したい旨を伝える
・登録時のメールアドレスで面談したい旨を伝える

上記いずれかの対処法を取りましょう。

DYM就職は少々面談までの導線が雑な印象がありますので、こちらから積極的に働きかけることも必要です。

続いて就職Shopの口コミ評判を見ていきましょう。

就職Shopの5ch・2ch口コミ

就職Shop(就職ショップ)の2ch評判・口コミをもっと見る

就職Shopを実際に利用した人の印象としては「全体的に雰囲気はまったりしていてしっかりと話を聞いてもらえるが、担当者による部分が大きい」といったところでしょうか。

就職ショップに限らず、対面型のエージェントサービスというのは良くも悪くも担当者との相性次第で実際に利用した後の印象が変わってくるものです。

ただし、担当者が「合わない」と感じたら、すぐさま電話なりメールなりで変更してもらうことは可能なので、気負いせずに利用してみることをオススメします。

紹介される求人に関しては、DYMよりもバリエーションに富んでいて、業種・職種共に様々な会社を紹介してもらえるという口コミが多い傾向がありました。

私も実際に就職Shopを利用した経験がありますが、やはりリクルートグループの基盤を活かした機動力で色々な求人が揃っている印象があったのでお勧めです。

↓就職Shopの利用はコチラ

DYM就職 VS 就職Shop④:面談場所(拠点数)

最後は面談場所(拠点数)の違いについて比較します。

やはりどんなに素晴らしいサービスであったとしても、そもそも利用することが難しいエリアにあっては意味がありませんからね。

それぞれのサービスの面談場所は、以下の通りです。

就職Shopの面談場所 東京(新宿・銀座・立川・北千住)・横浜・千葉・埼玉(大宮)・大阪・京都・兵庫
DYM就職の面談場所 東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台

就職Shopは都市で言えば東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・兵庫に合計10箇所の拠点があります。

中でも東京は銀座と新宿と立川と北千住にそれぞれ拠点があるため、どのエリアに住む人にも通いやすい状態と言えますね。

就職Shop(就職ショップ)の面談場所拠点一覧

一方、DYM就職は東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の6箇所に面談拠点があり、より地方に強い印象です。

DYM就職の面談場所拠点一覧!面談カウンセリングの流れは?

その分、首都圏は東京のみのサポートとなってしまいますが、札幌や福岡といった本州以外の場所で面談ができるのは非常に魅力的と言えるでしょう。

「首都圏・関西圏に強い就職Shop、地方に強いDYM就職」と考えるとわかりやすいかと思います。

↓就職Shopで面談を受ける

↓DYM就職で面談を受ける

DYM就職 VS 就職Shop⑤:面談場所別評判口コミ

DYM就職と就職Shopの上記であげた面談場所別の評判口コミについてもまとめましたので、ぜひ最寄り面談場所の口コミをご参考にされてみて頂ければ幸いです。

DYM就職の福岡拠点で面談を受けてきました【評判・口コミ】

就職Shop銀座(東京)の評判は?実際に面談を受けた口コミ!
就職Shop新宿の評判口コミと面談サポートの内容を徹底解説
就職ショップ横浜の評判は?横浜で面談を受けた口コミまとめ
就職Shop大宮(さいたま)で面談を受けてみた感想!評判口コミは?
【就職Shop】大阪拠点の評判口コミ!面談と求人の種類は?

上記面談場所以外の口コミ評判については調査中ですので、少々お待ち頂ければ幸いです。

DYM就職 VS 就職Shopまとめ

今回は、就職ShopとDYM就職の違いについてそれぞれ比較しながら詳しく見てきました。

どちらも既卒やフリーター・第二新卒といった人たちを手厚くサポートしてくれるサービスであることに違いはありませんが、規模感や得意とする業界などには多少の違いがあるようです。

とにかく幅広い業種・職種の中から、自分にピッタリ合った会社を探したい人は最大手で王道の就職Shop

ベンチャー企業など、こだわりの仕事の中から選びたい、地方出身ゆえに苦戦している、というような人はDYM就職、という形で使い分けるのが良いでしょう。

もちろん、どちらのサービスも並行して同時に使うことも可能ですので、まだどんな会社に行きたいのか明確に決まっていないのであれば、それも含めて自分に最適な方法を探してみるのがベストですね。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,500件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

DYM就職の特徴

面談〜就職成功率驚異の96%

就職成功者累計5,000人突破

地方の就職活動もサポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-就職Shop, DYM就職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.