リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

26歳フリーターが正社員就職を成功させるポイントと注意点とは

26歳フリーターが正社員就職活動成功の秘訣と注意点について解説していきます。

世間一般的に「若手」と見なされ、第二新卒というしっかりとしたアイデンティティも確保することができるのはおおよそ25歳まで、大学卒業後3年以内と言われています。

25歳をを過ぎ26歳になってしまった段階から、自分の将来により一層の不安を抱える人も少なくないでしょう。

しかし、本当に26歳フリーターは正社員就職ができない存在なのかというと、決してそんなことはありません。

参考:フリーターが就職できないは嘘?就職できる人とできない人の違い

正しい方法と、自分に対する正しい理解を持っていれば、26歳という年齢は何の足かせにもならず、まだまだ希望のキャリアを築くことは難しくないでしょう。

26歳フリーターで就職できない人の特徴

一般的に就職が難しいと言われている26歳フリーターですが、その中身を紐解いていくと、就職できない人には傾向があります。

就職できない人に見られる代表的な傾向は下記の通りです。

こだわりが強すぎる

新卒就活時にも失敗する傾向が強いのですが、自分がやりたい仕事に対して強いこだわりを持っている人ほど、就職に苦戦しています。

もちろん、やりたい仕事や入りたい会社に対して強い思いを持つことは大切ですが、そればかりにこだわり過ぎて視野を狭くしてしまうと、かえって自分の可能性をも狭めてしまうことになるのです。

仕事というのは自分で経験して初めてその魅力に気付くものです。

最初は苦手だと思っていたものが実は天職だったり、逆に天職だと思っていたものがやってみると肌に合わない、なんてことも良くあります。

先入観やイメージで仕事を選ばず、広い視野を持つことが大切なのです。

関連:フリーターの就職先おすすめ人気ランキング【職種・業界別】

チャレンジの数が少ない

1、2社エントリーはしたものの、そこで「お祈りメール」を貰ってしまったからと言ってすべてを諦め、就職なんてできないと思っている人も多くいます。

採用不採用は単純なスキルだけではなく、人間同士の合う合わないも重要なポイントになっていますから、例え経験豊富なキャリア人材であったとしても、落ちる時は落ちるものです。

「自分はフリーターだから」「第二新卒と言える歳でもないから」そんな風に自分自身に言い訳を作ってしまい、チャレンジすることから逃げてしまってはいけません。

関連:フリーターが就職面接で聞かれる質問は?面接官が見ているポイント

行動するのが遅い

「アルバイトである程度経験を積んでから…」「面接にのぞむ前に資格を取って…」というように、応募行動を起こす前にあれこれ考えてしまう人ほど、就職できる可能性はどんどん低くなってしまいます。

もちろんスキルや経験、資格などはあって損することはありませんが、逆に言えばそれがあるから確実に内定が取れるというものでもありません。

資格で学ぶスキルと、仕事の本番で使うスキルは往々にして違うものですので、就職したいと思ったら、回り道せずに一直線に向かうのが正解です。

そのスピードが早ければ早いほど、あなたの熱意は相手に伝わるものですし、結果的に内定を獲得しやすくもなるでしょう。

参考:フリーターが正社員に就職する方法・やり方を実体験者が徹底解説

26歳フリーターが就職活動を成功させるポイント

前述したフリーターで就職できない人の特徴を踏まえ、26歳フリーターは以下のことに気を付けて就職活動をしていくと良いでしょう。

自分の性格を深く知っておく

人間ですから、どうしても我慢できないものや苦手なものがあるというのは仕方ありません。

しかし同時に、苦手だけど我慢はできる、楽しいことがあれば少しぐらいの我慢ならば受け入れられる、なんてこともあるでしょう。

自分の許せる範囲、許せない範囲をしっかりと理解しておくことが出来れば、会社選びでも迷うことが無くなります。

たとえば、

・多少残業しないといけないけど、やりたい仕事ができそうだ。
・本来やりたい仕事ではなかったけれど、安心して働ける環境がある。
…etc

上記のように仕事先を見つけていくことができれば、就職先の候補もグッと広がっていくはずです

未経験でも採用されやすい職種や業界について調べておく

仕事の中には、経験豊富なキャリア人材でさえも狭き門な、選ばれた人間にしかチャレンジできない仕事というのもあるものです。

採用の門戸が狭い業種・職種にいくら26歳フリーターが応募をしたとしても、希望通りの結果を得ることは難しいでしょう。

まずはどんな職種や業界が、自分のようなフリーターでも採用してくれやすいのか、しっかりと事前に調べておかなければいけません。

自分自身でしっかりと情報収集した職種や業界に積極的にチャレンジしていけば、内定を獲得することは決して難しくはありません。

チャレンジの数はもちろん、質も大切にした就職活動をしていきましょう。

参考:フリーターの就職先の探し方厳選まとめ!自分に合った探し方は?

アルバイトで学んだ経験を言語化しておく

アルバイト経験がある程度あるフリーターであれば、これまでのバイトの中で培った経験を、しっかりと言語化できるようにしておきましょう。

あなたにとっては当たり前のスキルが、他の人にとっては素晴らしく貴重なスキルになることも往々にしてあるものです。

しかし、それらは面接の時にしっかりとアピールできないと意味がありませんから、自分はどんなことを学んで、どんなことができるようになったのかを、しっかりと具体的に説明できるようにしておきたいですね。

26歳という年齢も、人生経験という観点から見れば魅力になったりするものです。

これまでの学びをしっかりと活かす、ということを心がけてください。

関連:フリーターがバイト先に就職するか辞めるか迷った時はどうすべきか

26歳フリーターの正社員就職先の探し方は?

では、実際にアクションを起こそうと思った際、26歳フリーターはどのようにして正社員就職先を探せば良いのでしょうか。

代表的な方法は下記の3つです。

就職サイト

一番メジャーな就活方法と言えるのが、インターネットを使った就職サイト経由での就職です。

有名サイトであれば数万件という求人が掲載されていますので、日本全国、ありとあらゆるタイプの仕事を探していくことができるでしょう。

フリーターの就職サイト人気おすすめを厳選比較

ただし、あくまでもWeb上の情報だけが判断基準にはなってしまうので、自分自身でしっかりと会社の良さを見抜いていくことが求められます。

ともすればブラック企業に当たってしまったり、そもそも採用の可能性がないところに応募をしてしまったり、なんてこともあるかもしれません。

便利でスピーディな方法ですが、使う側にもある程度のスキルやセンスが問われる就活方法と言えますね。

就職エージェント

経験豊富なキャリアコンサルタントとともに、二人三脚で就職先を探していけるのが就職エージェントを使うという方法です。

就活に慣れていない方や、自分自身の向き不向きがわからないという方に特におすすめな方法と言えます。

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキング

エージェント経由で求人を出している会社の深い情報を知ることができるため、本当に自分が活躍できる会社に入れたり、入社後のミスマッチを減らしていくことができるでしょう。

他にも、模擬面接やキャリアについてのアドバイスなどを行ってくれるところもありますので、面接の前に自身のスキルをさらに高めておくこともできます。

多少、場所や時間の制約は掛かってしまうかもしれませんが、就活初心者からベテランまで、どんな人にも役に立つ就活方法と言えるでしょう。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,000社以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

ハローワーク

国の就活支援施設であるハローワークを使うのも一つの手です。

ハローワークの場合、そこに求人を出すのが完全無料なので、就活サイトや就活エージェントでは見つからないような渋い企業を発見することができるかもしれません。

しかし一方で、他の方法と違ってお金の動きがないため、どうしても企業側優位な環境になりがちです。

ブラック企業に当たる可能性も少なからず増してしまうでしょう。

皆さんがイメージするように、あまり26歳という若さで使う方法として適切なものではありません。

あまりここに本腰を入れるのではなく、あくまでも就職サイトやエージェントのサブ的な役割として考えておくと良いですね。

26歳フリーターが男女別で気をつけるべき注意点

最後に、26歳フリーターが就職活動を行う際に気を付けておきたい点を、男女別にそれぞれ焦点を当てて紹介して参ります。

・男性の場合

最近では事務職を目指す男性も多いと思いますが、まだまだ企業の中には、事務職=女性という古い考えを持ったところが多くあります。

事務職を募集している会社がすべてそう、というわけではありませんが、その事実はしっかりと受け入れた上で、目指すべき道を考えた方が良いでしょう。

逆に言えば、営業=男性という考えの会社もあるということですから、あえて受かりやすさを重視してそういう道を目指すという選択肢もありますね。

いずれにしても、男性であるということを武器にできる仕事をチョイスしていくのがおすすめです。

・女性の場合

女性も男性と同じく、その性別上チャレンジしにくい職種があるということは覚えておきましょう。

特に体力を必要とするような仕事の場合、一般的には男性よりもひ弱な人が多いものですから、そのイメージで採用を見送られてしまうケースもあるかもしれません。

また、出産や育児といった女性ならではの人生イベントについても考えておかなければなりません。

育休などは取りやすい環境なのか、また入社後どれくらいを目安にとっても良いものなのか、その辺りは入社前にある程度聞いておけると、より不安なく就活を進めることができますね。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,000社以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター向け転職エージェントおすすめランキング!UZUZは?

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する