リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

新卒入社後1ヶ月で会社を辞めたいと思った時に考えるべきこと

新卒で入社して1ヶ月で会社を辞めたいと悩んではいませんか?

学生時代と一変する環境や社会人としての生活にストレスが溜まっていったり、人間関係がうまくいかなくて悩んだり、入社前とのギャップに苦しんだり、、、

入社1ヶ月後は多くの新社会人が「辞めたい」「こんなはずじゃなかった」と思うタイミングでもあります。

今回は元キャリアアドバイザーとして、多くの第二新卒の転職を支援してきた経験をもとに「会社を辞めたい」と考えるあなたに知って欲しいことをお伝えしていきます。

この記事を読めば、悩んだ時あなたは何をすればいいのか、会社を辞めるべきなのか、それとも違う方法があるのかをご理解いただき、今後のキャリアについて考えることができるでしょう。

一人で悩むことはありませんので、ぜひ心をリラックスさせて是非最後までお読みください。

新卒1ヶ月で会社を辞めたいと思っているのはあなただけではない

まず大前提として、新卒入社をして1ヶ月後に「会社を辞めたい」と考える人はあなただけではなく、笑顔で輝いて見える学生時代の友人も会社の同期も、ほとんどの人が同じ悩みを抱えていることを知っておきましょう。

あなたから見て尊敬できる上司も怖いと思っている上司も、新卒1年目には今のあなたと同じ気持ちでいたはずです。

全ての人が同じ道を辿って今があるのです。

むしろ最初の1ヶ月で「楽しい!」と思って働いている人の方が稀です。

ですから、あなたが今抱えている「会社を辞めたい」という悩みは特別なことではありません。

あなたは一人ではないということを忘れないでください。

その”原因”を考えて解決していくことの方が重要です。

新卒1ヶ月で会社を辞めた後の選択肢は3つ

新卒で会社を辞めると決めた後の選択肢は、

・無職
・転職
・独立

上記3つに分かれます。

学生時代から取り組んでいた事業や特別な能力があれば「独立」を視野に入れることも可能ですが、まずは「転職」という選択肢になる人がほとんどです。

現在は「第二新卒」と言って、卒業後の一定期間「新卒」と同等に見なして採用活動を行っている企業も増えてきています。

無職の期間が長引けば長引くほど後の転職活動にも影響を及ぼしますので、極力、無職の空白期間はなくして早い段階で「転職」を目指して行動しましょう。

新卒1ヶ月で会社を辞めたいと思った時にやるべきこと

ではここからは、新卒1ヶ月で会社を辞めたいと思った時に、まずやるべきこと・考えるべきことについて4つに分けてお伝えして参ります。

会社を辞める前に、今からでもすぐに実行できることですので、ぜひご参考にして頂ければと思います。

やるべきこと①:周りの誰かに相談する

「会社を辞めたいと思っているのはあなただけではない」と言われても、

・自分は一人なんじゃないか
・他の人は楽しそう
・もう辞めるしかない…

とマイナスな気持ちばかりが出てきてしまうこともありますよね。

そんな時は一人で考えないで、周りの誰かに相談してみましょう。

相談する人はあなたが一番話しやすい人であれば、職場の人でも、友人でも、恋人、家族でも誰でも構いません。

誰かに話してみることで、客観的な目線からアドバイスをもらえたり、声に出すことで自分の気持ちの整理ができたり、相談するだけでもかなり気持ちがすっきりするはずです。

“自分には話を聞いてくれる大切な味方がいる”と思えることで、今の辛い状況を乗り越える何かきっかけを掴むことにも繋がります。

やるべきこと②:辞めたい理由を明確にする

同じ失敗を繰り返さないためにも、一度落ち着いて「辞めたい」と思った理由を明確にしておきましょう。

入社してすぐに「辞めたい」と思うほど会社が嫌になったのには、それ相応の理由がありますよね。

あなたが会社を辞めたいと思うに至った理由を明確にしておくことで、退職以外の選択肢が見えてくることもありますし、退職を選んだ場合も次の会社選びに役立てることができます。

「会社を辞めたい」と思った時は気持ちが先行していて、はっきりとした理由が明確になっていない場合が多いです。

そのまま勢いで辞めてしまってなんとなく転職活動をしている人や、辞めてしまったことを後悔している求職者にも私自身、たくさん会ってきました。

なんとなく会社を辞めた後に転職活動をするのでは、転職先の会社でもまた同じことになりかねません。

辞めたい理由を明確に知るためには、紙に書いて整理したり、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談を行うことが有効な手段として挙げられます。

参考:転職エージェントに相談”だけ”はアリ?相談するメリットとコツ

やるべきこと③:転職について現実的に考える

今までは学業が本業であったため、多くの人が生活費は親が負担してくれている状態でこれまで生活を送ってきたことと思います。

しかし社会人になった今、あなたは自ら収入を得て自分の力で生きていかなければなりません。

それには楽しいことだけではなく、多少の苦痛も伴うことは当然です。

転職が当たり前になっている現代でも、「新卒入社後1ヶ月で会社を辞めた」という事実はプラスに受け取られることはなく、ほとんどの場合ネガティブに受け取られてしまいます。

それを補えるだけのスキルや熱意、説得材料があるかどうかをよく考えてみましょう。

仮に「転職」という道を選んだ場合も、転職先の会社でも辛いことや不条理なことは少なからず必ずあります。

このような転職の現実について向き合ったうえで、今後のキャリアについて考えてみることが大事です。

やるべきこと④:自分の気持ちに素直に向き合う

最後に、一番大切なことは収入でも世間体でも周りと比べることでもなく、あなた自身の心身の健康です。

肉体的に限界を迎えていたり、眠れない日が続くぐらい精神的に辛い思いをしているようでしたら、退職することも選択肢に入れて自分の今の気持ちに素直に向き合ってみましょう。

そんな時はぜひ「転職エージェント」を利用してみてください。

転職エージェントは、求人の紹介だけではなく、専属のキャリアアドバイザーによる転職活動全般のサポートを受けることができます。

もちろん転職エージェントを利用したことで絶対に転職しなけらばならないわけではなく、相談だけでも構いません。

あなたと同じ第二新卒の転職を支援してきたプロのキャリアアドバイザーに相談することで、あなたの悩みを解決できるきっかけになるでしょう。

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキングTOP10

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する