リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

第二新卒の転職 一年目で転職したい 仕事・会社辞めたい

新卒で入社した会社を1年ちょいで辞めたらその後天国だった件

更新日:

「新卒で入社した会社は3年は勤めなければいけない」「1年で辞めた?早すぎる」とはよく言ったもので、大抵そういう人は自分自身に転職経験がありません。

私は新卒で入社した会社を1年3ヶ月ほどで退職し、新しい会社に転職した経験があるのですが、正直ここまで職場によって違うものかと愕然とした記憶があります。

・新卒で入社した会社で1年近く働いているが辞めたいと思っている
・今の職場で働くことで自分自身の良さを活かせていない気がする
・1年も今の職場で働き続けられるか不安
…etc

など、現状に満足できていない方はぜひご参考にしていただけたら幸いです。

※結構長めなので、割と気合いを入れて時間のある時に読んで頂けたらと思います。

最終編集日.2019年2月13日

新卒で入社した会社を1年で辞める決断に至るまで

・・・とは言っても、新卒就活を頑張って内定を獲得し新入社員として入社した会社な訳ですから、簡単に辞めようという決断に至ることができた訳ではもちろんありません。

退職しようという決断に至るまで、様々な葛藤がありました。

最終的に「今の会社を辞めて退職しよう」という結論に至ったのは、以下の理由です。

・直属の上司との関係が良好ではなく、今後も続けていく気にならなかった
・1年はとりあえず続けてみたが、仕事の成績が全く振るわなかった
・異動は3年経たなければ叶えることができなかった
・転職した後、他にやりたい仕事があった
・仕事が単調で全く面白くなかった

他にも細かい点をあげるとキリがありませんが、大きくまとめると上記5つの点になります。

そこまで離職率も高くなくブラック企業でもありませんでしたが、「今の会社に居続けても成長できそうにない」と自分なりに確信していたんですね。

※ちなみに職種は「法人営業職」でした。

会社を辞めようか悩んでいる段階では全く周りに相談しなかった

辞めると決断するまで、私は全くと言って良いほど周りに相談することはありませんでした。

なぜかというと、基本的に相談する相手によって「転職すべきか今の会社に残るべきかという結論はほぼ決まっている」ことが分かっていたからです。

たとえば親に相談すれば「とりあえず今の会社は3年は続けなさい」と言われると分かっていましたし、直属の上司に相談すれば「もうちょっと頑張ってみたら?」と言われることは分かっていました。

なので、上司に対しては、

「会社を辞めます」

という報告で(※退職届は出していません)、親に関しては、

「もう転職しちゃった」

という事後報告でした(※実家ではなく一人暮らし)。

世話になった周りの人々に大事なことを隠すのは辛いものでしたが、今考えても、やはりこの時に誰にも相談せず自分自身で熟考して結論を出したことは正解だったと思っています。

自分自身のことを一番分かっているのは他の誰でもなく自分ですからね。

会社を辞めたら後悔するのかどうかも、結局のところ自分次第だと思います。

関連:新卒で会社を辞めたらその後に後悔する?仕事はない?体験談

いざ転職活動!あれ、新卒の就活と違う…

転職活動については、もちろん上司に「転職する」と報告する前段階から水面下で行っていました。

※退職した後に転職活動を始めるのは非常にキケンなので(ニートになりかねない)、次の職場が決まってから退職するのは転職における基本ですよ。

新卒の時に就職活動を行っていたので転職活動に至っても大部分は同じであると踏んでいたのですが、実際に行ってみると結構な違いがありました。

具体的には、以下の点です。

・新卒就活とは違って一緒に頑張る人がいない
・働きながらの活動なので時間的制約が厳しい
・ポテンシャルではなく"実務経験"を見られる

大きく分けると上記3点になります。

特に3番目については、「職務経歴書」と「面接」では選考を受けたほぼ全ての会社で、結構根堀り葉掘り深掘りされたことを記憶しています。

働いていた時よりも、その時の仕事内容について深く考えさせられたかもしれませんね。

「第二新卒」としての転職活動における全記録

まずは自力で企業を探して応募

私はもともと、退職しようと思うに至った理由として他にやりたい仕事があったタイプなので、まず求人を探す段階で転職サイトは使用しませんでした。

リクナビNEXTのような転職サイトって、どちらかというと転職の本気度が低い人が「どんな会社があるのかな〜」くらいのテンションで、通勤時間や仕事の帰りの電車の中でざ〜っと求人を流し読みするレベルのものだと思っていたんですね。

そうではなく、私は転職することを決めた段階で本気で転職先を探していましたし、やりたい仕事が決まっていたので、最初は自分自身で求人を探して、企業の採用HPから直接メールを送ってガンガン応募していました。

しかし、全くと言って良いほど書類選考に通らない。。。

正直、第二新卒(新卒入社後3年以内)の人材需要って割と高いのでもっと簡単に決まると思っていたのですが、5社ほど応募して1社も面接にすら到達することができませんでした。

これは計算外でした。

転職エージェントにすがる

「これはまずいぞ・・・」と転職活動を始めて気づいた私は、自力で転職を成功させることを諦め、転職エージェントを活用して企業に応募し始めます。

もともと転職エージェントの存在は転職活動を始める前から知っていたのですが、なんとな〜く使うのを躊躇するというか、無機質というか、あまり良いイメージがなかったんですね。

しかしそうも言ってられないので、転職エージェントの中でも特に有名で、かつ職場からも面談カウンセリング場所が近かったdodaにとりあえず申し込んでみて、面談に足を運ぶことに。

いかにもお金がかかってるんだろうなと誰もがわかるほど綺麗なオフィスだったのですが、私の心境として転職活動に焦りを感じていたので、それどころではありませんでした。

▼dodaの実際の面談場所

ほどなくして30代前半くらいのキャリアアドバイザーと呼ばれる女性の担当者が現れ(ちなみに私は男性です)、現在の転職活動についてのヒアリングが始まります。

聞かれたことは、以下3つのポイント。

1、現在の転職活動の状況(いつから活動を行っている?何社受けた?など)
2、なぜ転職しようと思うに至ったのか
3、どんな会社に転職したいか(仕事内容や給料、勤務時間などの条件面含む)

1と2についてはどんな人でも答えることができると思いますが、3については定まっていない場合は、担当者が自身のやりたいことなどを引き出してくれるらしいです。

私の担当になった女性のキャリアアドバイザーの方は非常に親身に話を聞いてくれて、正直イメージしていた転職エージェントとは全然異なるものでした。

「小・中学校の保健の先生」みたいなイメージです(わかりづらくてすみませんm(_ _)m)

一通りヒアリングを終えると、早速紹介可能な求人票をいくつかピックアップして持ってきてくれます。

転職先のことが明確になっていたこともあり、紹介された求人はどの会社も自分の条件を満たした、非常に魅力的な会社ばかりでした。

▼エージェントで実際に紹介された求人票

新卒就活では落ちてしまうような大手企業の求人まで紹介してもらえた時は、正直驚きましたね。。

結果的には一番自分のやりたい仕事とマッチし、かつ、労働条件や給与などが良い企業の選考に応募することに。

選考を受ける際に担当者の方には、

・職務経歴書、履歴書の添削(どうすれば魅力的に採用官の目に映るか)
・模擬面接(実際に行われる面接の質問内容を想定した擬似面接)

上記選考対策を徹底して行ってもらいました。

私は自力での転職活動では全く選考に受からないことを痛感していたので、この選考対策は非常にありがたかったことを記憶しています。

結果、なんと紹介1社目で内定を獲得。

もともとエージェントに紹介された求人の中で第一志望の会社だったので、すぐに内定を承諾し、入社することになりました。

今でもdodaの担当者の方には本当にお世話になったと感謝しています。

ここからdodaに申し込めます

ちなみに同じタイミングでリクルートエージェントも利用したのですが、異常にキャリアアドバイザーが冷たくて事務的な対応でした。。。

他に第二新卒ナビというところも利用したのですが、こちらは圧倒的に求人数が少なく1社くらいしか紹介されませんでした。

紹介された求人数やキャリアアドバイザーの方の対応含めてdodaがダントツで利用満足度は高かったように思います。

いよいよ転職後に緊張の初出社…

晴れて内定をいただいた日に指定された入社日に転職後初出社となるのですが、この時の緊張感は今でもまだ覚えています。

新卒の時と違って、中途入社はいわゆる「同期」と一緒に複数人で入社する訳ではないので、なんとも言えない緊張感がやはり入社初日にはありました。

ただ、やはりエージェントに求人を紹介された時や面接の時に感じたフィーリングもあって、すぐに会社に馴染むことができましたし、新卒で入社した会社で感じていた、

・やりたい仕事ができない
・直属の上司と合わない
・勤務時間が長すぎる
・ノルマがきつい

という悩みも嘘のように解消することができました。

新入社員時のようなビジネスマナーなどの研修もないですし、実務OJTを通じて、日々成長させてくれる日々が続いています。

「どこの会社でも頑張る人は頑張れるし、頑張れない人は頑張れない」という言葉は確かに間違っていないと感じますが、頑張るための環境があることは非常にありがたいと実感しています。

また、新しい会社に転職したことで、本当に社風によって働く人の正確だったり雰囲気が違うと感じるので、日々新鮮な刺激を与えてもらっていますね。

転職して成功したと自分では思っています。

新卒で入社した会社を1年で辞めるには勇気が必要

今回は私自身が新卒で入社した会社を1年で辞めた経験についてお伝えさせて頂きましたが、今現在、転職しようか今の会社で働き続けるか悩んでいる方も少なくないと思います。

私は今回紹介した自身の経験を元にお伝えさせて頂くと、「今の会社・職場で自分が成長できそうにないのなら、すぐに転職すべき」だと思っています。

もちろん、今の会社を辞めずに頑張り続けることで、周りの環境に変化があり、結果「仕事を続けてきてよかった」と思える日が来るかもしれません。

ただ、上司が変わったり、配属が変わるのを待つなど周りの環境の変化はいつ起こるか分からないですし、もしかしたら何も変わらずにあっという間に3年という月日が経ってしまう可能性もあります。

新卒入社後3年間というのは非常に吸収すべき点があると同時に、成長環境に身を置くことが何よりも重要な時期です。

ぜひ、"今のままで自分が成長できるか"という観点で、もう一度考えていただけたらと思います。

あなたの仕事が好転することを心から祈っています。

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-第二新卒の転職, 一年目で転職したい, 仕事・会社辞めたい

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.