人材業界の転職・就職 type転職エージェント

キャリアデザインセンターの就職難易度!評判や離職率ブラック?

投稿日:

「キャリアデザインセンターの評判や口コミ・就職難易度が気になる」「キャリアデザインセンターに転職・就職したい」と思われていませんか?

キャリアデザインセンターは創業から30年近い歴史を誇る企業で上場も果たしており、リクルートやパーソルキャリア同様人材業界の中でも確かな存在感を放っています。

type転職エージェントは転職活動を成功させる上で今や欠かせない存在となっている転職エージェントですが、実際に内部で働くとなると、会社内の評判や口コミなどは事前に知っておきたいポイントですよね。

今回は業界を知り尽くした元キャリアアドバイザーの筆者が、実際にキャリアデザインセンターで働いていた方の取材を元に評判や口コミ・社風や離職率などをご紹介します。

キャリアデザインセンター株式会社(CDC)を転職先候補や就職先候補として興味がある方はぜひご参考下さい。

この記事の監修者


株式会社Conpiness‬ 代表取締役社長
古賀優太

新卒で大手人材会社・パーソルキャリア株式会社に入社しdodaを担当。担当領域は広告・IT・WEB業界を中心に幅広い業界に従事。
独立して‪株式会社Conpiness‬を設立し、述べ2,000人以上の転職支援に携わり、20代~30代層サポートを中心に現役の転職エージェントとして活動している。
▶︎詳細プロフィールはコチラ

【最終編集日.2022年8月15日】

キャリアデザインセンターの会社概要

企業名株式会社キャリアデザインセンター
本社所在地東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル
設立1993年7月8日
従業員数660人(2022年現在)
上場年月日2004年10月1日(東証プライム)
事業内容type転職/type女の転職/type転職エージェント/typeエンジニア転職/type IT派遣/type就活/type就活エージェント

キャリアデザインセンターはtypeブランドを筆頭に、あらゆる人材関連サービスを提供している人材系企業です。

「質の高い人材の流動化を通して、企業の活性化と日本経済の発展に寄与する」という企業理念を掲げて、「自分の力が発揮できる仕事に巡り合う」ことによって「いい人生」が築ける経営方針を定めています。

社員の平均年齢は28~29歳前後で、男女比は概ね5:5で女性も多く活躍しています。

キャリアデザインセンターの就職難易度

親指を立てる女性

就職難易度:

キャリアデザインセンターの就職難易度は⭐️4つで、最難関の就職難易度ではないですが人材業界の企業の中では比較的難易度が高い部類に入ります。

人材業界の大手企業の就職難易度と比較してみると、以下のような位置付けです。

企業名就職難易度
リクルート
パーソルキャリア
JACリクルートメント
マイナビ
パソナ
キャリアデザインセンター
レバレジーズ
ワークポート
ディップ
メイテックなど

最大手であるリクルート、パーソル、JACリクルートメントには就職難易度では及ばないものの、パソナやマイナビなど準大手とは同列に並ぶくらいの難易度ですね。

キャリアデザインセンターの就職偏差値

続いてキャリアデザインセンターの就職偏差値を上記と同じように人材業界の中で比較すると、以下のような就職偏差値となります。

企業名就職偏差値
リクルート
パーソルキャリア
JACリクルートメント
65~70
マイナビ
パソナ
キャリアデザインセンター
60~65
レバレジーズ
ワークポート
ディップ
55~60
メイテックなど50~55

就職偏差値で見ても、キャリアデザインセンターはパソナやマイナビと同じくらいで、選考対策を行わなければ内定を獲得するのは難しいでしょう。

▶︎キャリアデザインセンターの選考対策をしたい方はコチラ

採用大学は?学歴フィルターはある?

キャリアデザインセンターの採用大学一覧は以下のようになります。

青山学院大学、大阪大学、学習院大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、京都大学、京都女子大学、慶應義塾大学、神戸大学、滋賀大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、西南学院大学、東京大学、東京学芸大学、東京女子大学、東京理科大学、東北大学、千葉大学、中京大学、筑波大学、同志社大学、同志社女子大学、名古屋大学、日本大学、日本女子大学、広島大学、法政大学、北海学園大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学、山口大学、香川大学、近畿大学、杏林大学、獨協大学、昭和女子大学、亜細亜大学、流通経済大学(茨城)、帝京平成大学、跡見学園女子大学、専修大学、文教大学、東京国際大学、東洋大学、東北福祉大学、東京経済大学、神奈川大学、武蔵野大学、敬愛大学、宇都宮大学、武蔵大学、日本体育大学、立正大学、明星大学、東京都市大学、東海大学、京都橘大学、釧路公立大学、熊本大学、中央大学、東京工業大学、山梨学院大学、お茶の水女子大学、北九州市立大学、大阪教育大学、大阪府立大学、群馬県立女子大学、広島修道大学、横浜市立大学、奈良女子大学、松山大学、秋田大学、埼玉大学、東京農業大学、岡山大学、名城大学、青森公立大学、弘前大学、国際武道大学、福岡教育大学、東京工科大学、神戸国際大学、福岡大学、大東文化大学、産業能率大学

上記採用実績大学を見ても分かる通り全体的に学歴は高い学校からの採用実績が多く、学歴フィルターは一定数存在していることが考えられます。

ただし、所謂日東駒専のような私立大学からも採用しているため、学歴はあくまでも参考指標の一つであり、学生が持っているポテンシャルや熱量を重視している人材系企業であると判断できます。

ちなみに採用人数に関しては新型コロナウイルスの影響でここ3年間は新卒採用は縮小傾向にありますが、今後少しずつ拡大復活していくことが予想されます。

2019年72名
2020年62名
2021年24名

元々キャリアデザインセンターはかなり新卒採用には力を入れている企業なので、採用人数の復活が望まれます。

キャリアデザインセンターの評判・口コミ

今回取材した元キャリアデザインセンターで働いていた人の情報スペックは以下の通りです。

・年齢:30代女性
・勤務歴:10年以上
・雇用形態:正社員
・職種:営業、事務など多岐に渡る
管理人
ーーまず、キャリアデザインセンターで働いて良かったことについて教えて下さい

良くも悪くも相当鍛えられました。

キャリアデザインセンターは人材業界の中でもかなり業務量が多い方で、新卒で入社した当時は夜遅くまで働くこともザラにありました。

最初はとにかくきついが先行してしまっていましたが、次第に仕事量に対していかに限られた時間の中でパフォーマンスを上げるかという思考に切り替えることができ、かなり業務を行うレベルは上がったと思います。

今ではかなり仕事を進めるスピードが上がり、早ければ17時~18時前後には帰宅できる日とも出てきています。

管理人
ーーそれは素晴らしいですね。具体的にどんな業務を行っていたのですか?

私はかなり色々な職種を経験させてもらいました。

営業から始まり、事務・求人広告のライティング・取材・編集・マネジメント経験・新規事業の立ち上げ…etc

最初の営業ではなかなか結果を出すことができなかったので、異動志願を出していたのですが、当初はなかなか汲んでもらえず諦めかけていました。

しかし、頑張って異動届を出し続けられたおかげで、結果的に要望を叶えてもらうことができ編集を行う部署に異動することができました。

管理人
ーー頑張った努力が報われたのですね。会社の社風はどのように感じられましたか?

頑張れば頑張っただけ評価される風土はあると思います。

特に営業であれば、ノルマの達成はマストになり決して楽な数字ではありませんが、予算が厳しいのは正直人材業界であればどこも同じだと思います。

パーソルキャリアに転職すべき?評判は?年収や転職難易度も!
リクルートキャリアの社風は?転職or就職を考えている人必見

あとはいかに営業ノルマに対して、愚直に行動し続けられるか、そのためには多少の残業をしてプライベートは削っても良いくらいの覚悟があると良いと思います。

もちろん、結果を出せばその対価として先々楽になることができますから、最初は踏ん張って業務を続けることが大事だと思います。

キャリアデザインセンターの営業はしつこい?

「キャリアデザインセンターの営業電話がしつこい」とネットで話題になっていたので、利用者に取材をして具体的にどういう部分がしつこいと感じたのかヒアリングをしました。

そうすると、

・登録後に鬼のように電話がかかってくる
・自分の希望を無視して興味のない求人をしつこく紹介してくる
・転職活動がすでに終了したにも関わらず、しつこく連絡してくる
・面談を受けないことを断っているにも関わらず、しつこく電話がくる
etc…

上記のようにさまざまなしつこい評判が浮き彫りになりました。

type転職エージェントを運営するキャリアデザインセンターに限らず、そもそも人材会社の営業というのは基本的には「後追い」と言って、電話に出ない顧客に対しては連続で電話を掛け続けるという営業スタイルが存在します。

私も元人材業出身者なので分かります。

そのため、キャリアデザインセンター1社だけがしつこいという訳ではないので、人材業界からの営業電話はこのくらいと思っておいた方が良いでしょう。

 
また、転職会議・OpenWork(旧Vorkeres)・キャリコネなど転職口コミサイトで社員の方が書き込んでいる口コミを一部抜粋してご紹介いたします。

キャリアデザインセンターの社風

ガツガツと主体的に仕事の取り組む企業カルチャーが根幹に根付いている社風だった。部門問わず高い目標が設定されていて、ガムシャラに目標に対してみんな一生懸命働いていた。

働き方もかなり充実していて、育児中であれば残業なし・フルリモートでの勤務も可能。女性比率が基本的に高いので産休など入れ替わりは激しい印象。

キャリアデザインセンターのやりがい

tyoe転職の求人広告の作成をする仕事をしていて、企業に対して取材、撮影、画像加工、ライティングなど同業では分業だが一貫して全て行うことができ、主体的に仕事に取り組みやりがいも感じられた。

女性でも実力次第で管理職にはなれる。課長職の女性も部署問わず在籍していたし、周りもそれを特別に感じている訳ではなく、当然のように思っている。

キャリアデザインセンターの給料

ベースサラリーは一般的よりもやや高いぐらいだが、インセンティブの制度が複数あり、営業成績が良ければ20代のメンバーレベルでも年収1,000万円以上稼ぐ猛者もいる。

逆に売れていなければ、営業成績が悪ければ徐々に評価は下がってしまい賞与半額もあるので目標達成志向が強い人に向いてると思う

残業代は出ないが、インセンティブなどは明確である。住宅補助等がないのが、若干きついなと感じる。人材業界の福利厚生ではリクルートとは雲泥の差がある。

キャリアデザインセンターの休日

有休取得は比較的取得しやすい風潮であり特に休日出勤をしいられりこともなかった。また、ワークライフバランスも図れる企業ではあったように思う。

個人の裁量に大きく依存される。会社の規模の拡大に伴い、労務管理、制度が整追ってきている。業界の中では珍しく創業20年以上の歴史もある会社。

キャリアデザインセンターの評判口コミをまとめると「仕事は裁量があり主体的に取り組む環境が与えられていて、目標に対しての達成意欲が高い社員であれば非常に良い会社」であることが分かりますね。

もしキャリアデザインセンターに転職・就職したい方は、面接の選考対策を行わなければ倍率が高く落ちてしまう可能性があるので、しっかりと事前準備をしておきましょう。

▶︎キャリアデザインセンターへの転職・就職成功させる方法はコチラ

キャリアデザインセンターはブラック?離職率は?

転職口コミサイト「転職会議」「OpenWork」「キャリコネ」「カイシャの評判」などを比較してみてみると、キャリアデザインセンターの平均残業時間は37.8時間/月と人材業界では平均的な数字を記録しています。

▼残業時間は人材業界の平均

大手転職サイト「doda」によると、人材業界の平均残業時間は37.0時間/月ですから、特段キャリアデザインセンターがブラックとは言えないことがわかります。

また、キャリアデザインセンターの離職率に関しては一般には公開されていませんが、人材業界全体の平均離職率は19.1%を記録しており、業界ごとのランキングで見ると第3位と高めの離職率を記録しています。


厚生労働省「平成28年雇用動向調査結果の概況」より

特に新卒入社後3年以内の離職率に関しては36.4%と業界全体平均離職率31.9%よりも高い数値を記録しています。

キャリアデザインセンターに限らず、人材業界の会社は新卒社員の定着率にやや課題が残る現状となっていることが分かりますね。

キャリアデザインセンターの離職率が高い理由

キャリアデザインセンターに限らず、人材業界の離職率が高い理由は大きく3つに分けられます。

順番に詳しく解説して参りましょう。

拘束時間が長い(業務量が多い)

キャリアデザインセンターをはじめとする人材紹介会社は今や日本国内だけでも約20,000社ほど存在していて、小資本でスタートできることを理由に年々競合他社が多く参入しています。

新規人材会社の参入が相次ぐ業界の中で生き残ろうと必死になるばかりに、売上を出していくためにはどうしても業務量が多くなってしまいその結果拘束時間も増えてしまっているという現状があります。

特に人材紹介のようなビジネスモデルは労働集約型と呼ばれており、人によるマンパワーを削減することはそのまま売上の低下に繋がってしまいますので、どうしても拘束時間が長くなってしまっているという訳ですね。

圧倒的な目標達成志向

キャリアデザインセンターで働く社員の口コミでも取り上げましたが、会社から与えられた目標を達成できる人と達成できない人では給料や賞与で大きく差がついてしまう傾向が強い会社です。

そのため月の予算を達成していなければ働く時間が長くなってしまうことは自然であり、要領良くノルマを達成できる社員と比較するとどうしても残業時間が長くなってしまい"ブラック化"してしまうことはあります。

いかに自分の目標を達成するために、計画的に営業先を受注するなどの営業力をつけられるかがブラック企業となるかホワイト企業となるかの分かれ道と言えるでしょう。

人間関係のトラブル

これもキャリアデザインセンターに限った話ではありませんが、人材業界はコミュニケーションビジネスと呼ばれていて、営業やキャリアアドバイザーが頻繁にコミュニケーションを取らなければ求職者の支援を円滑に行うことはできません。

そのため、常に周囲とコミュニケーションを取ることに対して疲れてしまったり、合わないと感じる上司と直接コミュニケーションを取らなければ行けないことになると、一気に仕事に対するモチベーションの低下を招きます。

もちろん会社で仕事をする以上、コミュニケーションを0にすることはできませんが、その頻度に苦痛を感じてしまう人が多いことも人材業かに特徴と言えるでしょう。

▶︎キャリアデザインセンターへの転職・就職成功させる方法はコチラ

キャリアデザインセンターの新卒年収は低すぎ?

キャリアデザインセンターの新卒平均年収を転職口コミサイト「OpenWork」で調査すると、平均448万円と業界では4番目に高い高年収ホワイト企業と言えます。

リクルートキャリア698万円
マイナビ507万円
メイテック504万円
キャリアデザインセンター448万円
パーソルキャリア434万円
パソナ401万円

キャリアデザインセンターの高い新卒年収を実現させている背景として、営業成績が賞与に直接反映される給与体系があります。

目標を達成し続けることで営業成績として賞与に反映されるので、頑張ったら頑張った分だけ稼げるという非常にシンプルなモチベーションが高年収を実現させている理由ですね。

また、固定給に関しても業界平均と比較すると高いことも、キャリアデザインセンターが高年収ホワイト企業と言われる所以と言えます。

▶︎キャリアデザインセンターへの転職・就職成功させる方法はコチラ

役職別の平均年収は高い?

  • 主任:727.1万円
  • 係長:888.3万円
  • 課長:1,016万円
  • 部長:1,065万円

役職がつくと更にキャリアデザインセンターの年収は上がります。

キャリアデザインセンターの新卒採用選考フロー

2022年卒、2023卒の新卒採用選考フローについて職種別に見ていきましょう。

総合職選考フロー

  1. 説明会・セミナー
  2. エントリーシート(ES)
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 内定

総合職(営業職)に関しては、説明会・セミナーから始まりES・面接二回と一般的な新卒採用フローで内定までたどり着く事ができます。

制作職選考フロー

  1. 説明会・セミナー
  2. エントリーシート(ES)
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. Webテスト
  6. リクルーター・人事面談①
  7. リクルーター・人事面談②
  8. 最終面接
  9. 内定

キャリアデザインセンターの制作職に関しては総合職と比べてかなり採用選考フローが複雑で、通常の面接が2回終わった後にWebテストを挟んでリクルーター面談が2回ほどあります。

総合職や営業職が対人コミュニケーション能力を見るため面接2回に留まっているのに対して、制作職はより適性を見極めるためリクルーター・人事面談を挟み採用フローが煩雑化している事が予想されます。

キャリアデザインセンターを志望する志望理由や人材業界を志望する志望理由、学生時代のガクチカは必ず自信を持って答えられるよう準備しておきましょう。

キャリアデザインセンターへの転職・就職を成功させるには

キャリアデザインセンターへの転職・就職を成功させるためには、当然業界の中でも大手の人気企業なので、しっかりと対策を練って選考に望む必要があります。

ただし、一人では転職活動・就職活動共にキャリアデザインセンターの選考に通過することは難しいため、転職エージェントを活用することをお勧めします。

転職エージェントでは業界に精通したキャリアコンサルタントが選考に通過するためのポイントや年収交渉まで全て行ってくれるので、一人で活動を行うよりも遥かに効率的に内定まで辿り着くことが可能です。

▼転職エージェントの仕組み

キャリアデザインセンターへの転職を成功させるためにご紹介したいエージェントが、先ほどもちらっとご紹介しましたが業界大手で転職成功実績No.1の「doda」です。

人材業界の転職成功者No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅人材会社の求人数約9,000件(※業界1位)
✅プレミアムオファーで書類選考免除

人材業界の転職成功者No.1のdoda詳細はコチラ

新卒就活生の就職活動に対しては、シンクトワイスが新卒向けに運営する「キャリセン就活」がおすすめですね。

CDCへの新卒就職ならキャリセン就活

キャリセン就活のバナー
✅新卒就活生の登録者数No.1
✅内定まで最短1週間のスピード就活可能
✅市場価値を高められる企業を厳選紹介

キャリセン就活の詳細はコチラ

>>キャリセン就活の新卒相談詳細はコチラ

dodaエージェント・キャリセン就活をおすすめできる理由について、3つのポイントに分けてご紹介致します。

圧倒的な求人数

dodaエージェントが取り扱う求人は、2022年現在で約15万件と業界トップクラスの求人数を誇っています。

▼求人数が圧倒的に多い

業界・業種・エリアに捉われることのない求人を多く取り扱っているため、キャリアアドバイザーに希望条件を伝えて紹介を待つだけではなく、多くの求人の中から自分で応募先企業を決めることができます。

そのため、希望しない求人に無理に勧誘されたり、一方的な求人紹介を受けてしつこいと感じることはない転職エージェントでしょう。

▶︎doda転職エージェントはコチラ
▶︎キャリセン就活の就職支援はコチラ

キャリアアドバイザーが徹底した教育を受けている

約38年間のdodaエージェントの歴史の中で蓄積された転職ノウハウを活かし、dodaエージェントに在籍するキャリアアドバイザーは全員マニュアル化された徹底教育を受けています。

サポートの中で求職者がしつこいと感じるポイントについて熟知した上で、登録者への適切な連絡頻度や方法などを学んでいます。

担当のキャリアアドバイザーが誰になっても「しつこい」と悩む心配はなく、利用者目線に立った親身で丁寧なサポートを受けることが可能です。

▶︎doda転職エージェントはコチラ
▶︎キャリセン就活の就職支援はコチラ

担当者の変更システムが整っている

万が一担当キャリアアドバイザーの対応がしつこいと感じた場合にも、Webサイトから簡単な手続きで担当者を変更することができます。

直接申し出るのは勇気がいる変更の相談も、システムが整っていれば我慢することなく変更を依頼することができます。

このようなシステムが整っているため、キャリアアドバイザーは「登録者に不快な思いをさせずに最後まで自分がサポートしたい」という気持ちが常にあり、しつこい連絡をしてくることが少ないのです。

\登録者数1,200人突破!!/

転職実績No.1のdoda公式HPはコチラ

>>doda公式HP詳細はコチラ<<
✅人材業界の求人数9,000件以上(業界No.1)
✅業界専任キャリアアドバイザーの親身なサポート

▶︎就職Shopの就職支援はコチラ

★Check!★

キャリアデザインセンターに転職を考えている場合、マイナビが運営している「マイナビエージェント」を利用するという選択肢もあります。

というのも、担当キャリアコンサルタントにもしあなたが気に入られれば、「よかったらキャリアデザインセンターも受けてみませんか?」と自社のオープン求人を提案してくれることもあるんですね。

キャリアコンサルタントも自社で一緒に働く仲間となる可能性があるので、選考対策にも気合いを入れて行ってくれる可能性も高いので、ぜひ検討してみるのもアリでしょう。

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

キャリセン就活
キャリセン就活の特徴

6万人以上の学生と面談実績のあるシンクトワイスが運営

新卒就活生向け求人1,000社以上

「自己PR」「求人紹介」「面接対策」などオーダーメイドな面談を実施

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

新卒生歓迎の求人10,000件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

-人材業界の転職・就職, type転職エージェント

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.