DODA

dodaの採用プロジェクト担当とは?求人紹介連絡の仕組み

投稿日:

dodaの『求人自動紹介の仕組み』と『自分に合った求人を紹介してもらうための3つの方法』についてご紹介します。

dodaに登録すると、キャリアカウンセリングを受ける前に自動で求人をマッチングして紹介してもらえる求人自動紹介サービスが提供されます。

あるいはdoda採用プロジェクト担当を名乗る担当者から求人紹介の連絡を謳うスカウトメールが次々と飛んでくるかと思います。

▼doda採用プロジェクト担当からの求人紹介
doda採用プロジェクト担当からの求人紹介
doda採用プロジェクト担当からの求人紹介

しかし、dodaの求人自動紹介を利用した方の中には、

・的外れな求人ばかり紹介される
・これなら自分で探しても変わらない

と不満を感じている方も少なくありません。

そこで今回は、dodaの求人自動紹介やエージェントサービスで紹介される求人が「自分に合っていない」と感じている方が自分に本当に合った求人の紹介が受けられるようになるよう解説して参ります。

dodaの採用プロジェクト担当とは一体誰なのか?求人紹介連絡はどのような仕組みで送られているのか元パーソルキャリアで働いていた内部の人間が徹底解説しますので、dodaを活用して転職活動を進められている方はぜひご参考下さい。

【最終編集日.2022年7月12日】

dodaの採用プロジェクト担当とは?仕組み

dodaの採用プロジェクト担当を一言で表すと「求人スカウトメール専門のキャリアアドバイザー」と言えます。

dodaの採用プロジェクト担当には1人約40~50社くらいの担当求人が振り分けられており、それぞれ自分の担当求人案件に見合った人材をdodaに登録しているデータベースから"手動"で探し求人紹介メールを送っているんですね。

▼採用プロジェクト担当の仕組み
下記応募で採用プロジェクト担当となる

そのため、この後に解説する「dodaの求人自動紹介」とは違い、dodaの採用プロジェクト担当者が"手動で必ず"doda登録者の経歴やスキルを目視で確認してスカウトメールを送っています。

闇雲に求人が送られている訳ではありません。

あなたの経歴やスキルを確認してから送られてくるので、一般的にdodaのキャリアカウンセリングを受けてから紹介される求人よりも書類選考や面接の通過率は高いというメリットがあります。

積極的にdodaの採用プロジェクト担当から送られてくる求人案件に応募することで、内定までのスピードは高まると思ってもらって間違いないでしょう。

▶︎doda採用プロジェクト担当からメールを受け取る

ちなみに、dodaからプレミアムオファーという形で採用プロジェクト担当とはまた別のスカウトメールが飛んでくることがあるかと思いますが、プレミアムオファーもまた転職活動において有効活用すべきツールです。

dodaは色々なスカウトメールがありややこしいですが、詳しくは「dodaプレミアムオファーの内定獲得率は3倍!スカウトサービスとは」で違いを解説しているので、ぜひ併せてご参考頂けたら幸いです。

dodaの採用プロジェクト担当からメールが次から次へと飛んでくる人は、それだけ"あなたの転職市場価値が高い"ということなので、興味のある求人には積極的に応募していくことをおすすめします。
管理人

採用プロジェクト担当とキャリアアドバイザーの違い

doda採用プロジェクト担当とキャリアアドバイザーの違いとしては、キャリアアドバイザーが1人の求職者の担当となり、複数の企業を紹介してくれるのに対し、採用プロジェクト担当は1企業につき原則1人となります。

キャリアアドバイザーは対面もしくはオンラインでキャリアカウンセリングを行った後に求人を紹介してくれますが、採用プロジェクト担当はキャリアカウンセリングは行わずに非対面での求人紹介のみが対応内容となります。

呼称キャリアアドバイザー(CA)採用プロジェクト担当(PA)
キャリアカウンセリング実施○(あり)×(なし)
連絡方法対面/オンライン/電話/メール(LINE)電話・メールのみ(非対面)
サポートのスタンス求職者の希望に沿った紹介企業求人ありきの紹介

例えば1人のキャリアアドバイザーはA社、B社、C社と複数の企業を担当していますが、採用プロジェクト担当はA社1人、B社1人、C社1人、、、というように別々の企業担当者がついているという訳ですね。

▼通常のキャリアアドバイザーは複数求人を紹介

キャリアアドバイザーが求職者の希望ベースによるサポートであるのに対し、採用プロジェクト担当は企業に直接営業しているため、企業との距離が近く企業側の目線で情報を提供してもらえるのがメリットと言えるでしょう。

doda採用プロジェクト担当の特徴やデメリット

doda採用プロジェクト担当の特徴としては、

  • 企業の人事と同じ目線で求人を紹介できる
  • 求人情報の紹介がメインの役割
  • 書類添削や面接対策も行ってくれる

上記のようなメリットが挙げられます。

企業の採用担当者と直接コミュニケーションをとり、採用計画や求める人物像、職場環境など、様々な事情に精通していますので、求人票には載らない情報を提供し転職をサポートしてくれます(※面接日程調整含む)。

採用プロジェクト担当は企業専任の担当者がついていますので、通常のエージェントサービスのキャリアアドバイザーよりもより深い企業の内部事情を教えてもらうことができます。
管理人

ただし、採用プロジェクト担当は1人につき50社〜100社程度の担当企業を持っていますので、1人の採用プロジェクト担当が別の企業を紹介していることありますのでその点は注意が必要です。

採用プロジェクト担当から連絡が来るタイミング

doda採用プロジェクト担当から連絡が来るタイミングとしては大きく2つあり、

dodaの公開求人から応募した時

求人紹介メールが届いた時

上記2つのタイミングで接点があります。

dodaの求人ページから「応募する(エージェントサービス)」というオレンジボタンから求人にエントリーすると、採用プロジェクト担当が応募書類の提出、選考結果のご連絡、面接日程の調整などのやり取りを行います。

採用プロジェクト担当は利用者と企業の仲介を行い、どのような企業なのか具体的にアドバイスしてくれるため、転職活動において非常に有益な情報を得られます。

採用プロジェクト担当を利用するデメリット

doda採用プロジェクト担当を利用するデメリットとしては大きく2つで、

希望していない求人を紹介されることがある

求人紹介メールの数が多い

上記2つのデメリットが挙げられます。

通常のエージェントサービスのキャリアアドバイザーがカウンセリングを行って求職者の希望や転職状況を深く知っているのに対して、採用プロジェクト担当は転職希望者の情報を深く知りません。

そのため転職希望者からすると「希望していない求人が毎日大量に届く」「メールが届きすぎて開く気にならない」という状況になりがちなのが採用プロジェクト担当の唯一かつ最大のデメリットと言えるでしょう。

▼採用プロジェクト担当のメールが大量に届く
採用プロジェクト担当のメールが大量に届く

あまりメールが溜まりすぎると、メールを開く気力がなくなってしまいますので、毎日でなくても良いので数日に一回は時間を取って極力こまめに確認する習慣をつければお宝求人に出会える可能性もありますね。

dodaの採用プロジェクト担当から応募後の流れ

dodaの採用プロジェクト担当から飛んできたスカウトメールの応募フォームから応募すると、dodaに登録しているあなたの履歴書・職務経歴書が採用企業の人事担当者に届きます。

基本的にはdodaの採用プロジェクト担当が書類選考の合否や面接の日程調整などを全て行ってくれるので、言わばその企業専門の担当キャリアアドバイザーのような存在になるんですね。

転職希望者がやることは通常の転職エージェントサービスと変わらずに、dodaの採用プロジェクト担当者の指示に従っていれば問題なく転職活動を進められるかと思います。

ちなみにdoda採用プロジェクト担当の場合、基本的に対面での転職支援サービスは行われずに、全て電話やメールなど非対面でのやり取りで転職サポートが行われることも特徴として挙げられます。

doda採用プロジェクト選考結果は?落ちる?

doda採用プロジェクト経由の選考結果は、基本的にメールでエントリー後、企業の状況によっては最長2週間程度で結果が連絡される仕組みとなっています。

転職市場における書類選考の平均日数は早くて当日~7日程と言われていますから、dodaの採用プロジェクト担当の書類選考結果は少々遅いことがデメリットですね。

ちなみにdodaの採用プロジェクト担当経由で応募した求人の書類選考平均通過率は20~25%程度と言われていて、一般的な転職活動における書類選考平均通過率と変わらず普通に落ちますので油断してはいけません。

▼採用プロジェクト担当によるお見送りメール
採用プロジェクト担当によるお見送りメール

もし早めに書類選考の結果を知りたい場合は「dodaお問い合わせフォーム」から採用プロジェクト経由で応募した企業の選考結果を早く知りたい旨を問い合わせるようにしましょう。

具体的な例文は以下をご活用ください。

doda採用プロジェクト担当様

○月×日にdoda採用プロジェクト担当様からエントリーさせて頂きました、株式会社▼▼様の書類選考結果について伺いたくご連絡させて頂きました。

志望度の高い企業様となりますので、お忙しいところ大変恐縮ですが、 書類選考の結果回収並びにご共有のほど何卒よろしくお願い致します。

採用プロジェクト担当で社内選考が行われている?

dodaの採用プロジェクト経由で企業にエントリーしても書類選考結果が中々届かない場合、残念ながらdodaの社内選考で落とされてしまっている可能性もあります。

dodaは採用企業の募集要項に合う人材をスクリーニングをかけなければ、採用企業から「dodaで紹介される人材は質が悪い」と考えられてしまうため、厳選して良い人材のみを企業に送り込みたいと考えています。

社内選考なのか企業から本当に書類選考落選の連絡が届いているかはブラックボックスで、担当者に聞いても教えてくれることはありませんので、見分け方は書類選考開始から結果連絡までの日数で想定するしかないでしょう。

dodaの書類選考が通らない!社内選考の見分け方【元doda社員】

dodaの求人自動紹介の仕組み

dodaの『求人自動紹介』とは、dodaに登録したあなたの情報をもとに、求人を自動でマッチングして紹介してくれるdoda独自の求人紹介サービスです。

具体的には、doda会員専用ページのWeb履歴書に登録した経歴・希望条件と、dodaが取り扱っている求人の募集要項をもとに、今すぐキャリアカウンセリングを提供できない方を対象に、求人の自動紹介を行っています。

▼AIが求人を自動でマッチングしてくれる

dodaから配信されるメールは全部で以下の4種類があります。

✅doda採用プロジェクト担当メール
✅求人紹介センターメール(自動送信)
✅dodaスカウトサービスメール
✅doda以外の転職エージェントのスカウトメール
(※「dodaパートナーエージェントからのお知らせ」というタイトル)

上記の内、送信者名が「求人紹介センター」となっているメールが求人自動紹介のメールです。

自動紹介メールを受け取るためには、dodaのエージェントサービスに会員登録する際に設定を行うことで、自動紹介メールの配信が開始されます。

▼実際に送られてきた求人紹介センターメール

▶︎dodaに会員登録してメールを受け取る

もちろん、求人紹介センターから送られてくる自動求人紹介メールが鬱陶しいと感じるようであれば、dodaのマイページから自動配信を停止させることも可能です。

doda採用プロジェクト担当とdodaスカウトサービスメールについては前述した通りなので割愛しますが、doda以外の転職エージェントから送られてくるdodaパートナーエージェントもあります。

dodaパートナーエージェントはdodaを活用して転職先を探している提携先の転職エージェントから送られてくるスカウトメールで、完全にdodaとはまた別の人材紹介会社がわざわざお金を払って送っているスカウトメールとなりますので、こちらも有効活用すべきでしょう。

dodaスカウトの内容送信者採用温度感
doda採用プロジェクト担当メールdoda社員(採用プロジェクト担当者)
求人紹介センターメールAIによる自動送信
dodaスカウトサービスメールdoda社員 or 採用企業の人事担当者
doda以外の転職エージェントのスカウトメールdodaと提携している別の転職エージェント
個人的に採用温度の高い優先度としては「dodaスカウトサービスメール(プレミアムオファー)>doda以外の転職エージェントのスカウトメール>doda採用プロジェクト担当メール>求人紹介センターメール(自動送信)」かと思いますので、採用温度感の高いメールから優先的に確認していくと良いですね。

▶︎dodaに会員登録してスカウトメールを受け取る

管理人

採用プロジェクト担当のメール配信停止方法

登録情報設定ページの「メール配信設定」で、

1. 会員専用ページへログインし、「登録情報設定」ページにアクセス

2. 「メール配信設定」の「採用プロジェクト担当」で「利用停止」ボタンをクリック

上記配信解除手続き後、2~3日後にメール配信が停止されます。

dodaで自分に合った求人を紹介してもらう方法

dodaの求人自動紹介は一見便利なサービスのようですが、機械が自動的にマッチングして求人を紹介しているため、条件や希望に合わないものも多く「役に立たない」と感じる利用者も少なくありません。

では、dodaから自分に合った求人を紹介してもらうにはどうすれば良いのか3つの方法を伝授いたします。

※配信が不要になった場合は、受信した求人紹介センターからの求人紹介メールに「配信不要」と記載して返信することで、配信停止手続きを行うことができます。

キャリアカウンセリング(面談)を受ける

dodaエージェントサービスを有効活用するためには、必ずキャリアカウンセリングを受けましょう。

電話でも面談を受けることができますので、近くにdodaのオフィスがない、多忙で時間が取れない等の理由で面談を先延ばしにしている方は電話面談を行ってもらえます。

dodaの電話インタビュー・カウンセリング(面談)内容まとめ

キャリアカウンセリングを受けた後は、キャリアカウンセリングで伝えたあなたの希望を考慮して専属のキャリアアドバイザーが企業とあなたのニーズが一致した求人を厳選して紹介してくれます。

Web上では公開されていない非公開求人の紹介も受けられるようになりますので、選べる求人の幅が広がることは間違いありません。

▶︎dodaのキャリアカウンセリングはコチラ

Web履歴書の登録内容を充実させる

求人自動紹介もキャリアアドバイザーから個別に紹介される求人も、基本的にはWeb履歴書に登録されている情報をもとにマッチングを行っています。

ですので、埋まっていない項目があったり、内容が充実していない場合マッチングの対象外となり、本来紹介してもらえるはずの求人を紹介してもらえないということが起こってしまいます。

担当のキャリアアドバイザーと相談しながらWeb履歴書の登録内容を充実させることで、より精度の高いマッチングが可能になり、あなたに本当に合った求人を紹介してもらえるようになるでしょう。

▶︎dodaのキャリアカウンセリングはコチラ

キャリアアドバイザーへ希望条件を明確に伝える

希望条件を明確に伝えることも、自分に合った求人を紹介してもらうためには欠かせません。

例えば、希望勤務地を「東京都」と一口に言っても、更に「自宅最寄駅から○分圏内がいいな」という希望があるはずです。

その他にも社風や働き方など、文字だけでは表せない細かいニュアンスについても、キャリアアドバイザーへ明確に伝えるようにしましょう。

希望条件を明確にすることで、機会ではマッチングできないエージェントサービスならではのマッチ度が高い求人を紹介してもらうことができます。

▶︎dodaのキャリアカウンセリングはコチラ

dodaから別の転職エージェントに変えるのもアリ

【dodaで自分に合った求人を紹介してもらう方法】でお伝えした方法を試しても的外れな求人を紹介され続けるのであれば、dodaだけでなく他の転職エージェントを併用するという選択肢もあります。

実は転職活動を行っている方のうち"理想の転職を実現させた・成功させた"という人の平均利用数は「4.2社」と複数のエージェントを併用しているデータが出ているんですね。

▼転職エージェントは併用当たり前の時代

2~3社のエージェントを利用することで比較対象ができ、目的に合わせてエージェントを使い分けることができます。

また、自分に合ったキャリアアドバイザーと出会える可能性も広がりますので、ぜひdoda以外のエージェントの利用も検討してみてください。

元キャリアアドバイザーの筆者がおすすめしたい、求人紹介の利用者満足度が高い転職エージェントは『マイナビエージェント』と『JACリクルートメント』の2社です。

マイナビエージェントは求人紹介だけではなくキャリアアドバイザーの丁寧な対応に定評があり、第二新卒~20代若手や女性の転職にも強みがあるエージェントです。

管理部門の求人数も多いため、オフィスワークや事務職の求人を探している方にもおすすめですし、営業職やエンジニア、販売サービスなど現場の最前線で働く職種の方にもおすすめです。

書類選考通過率No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約5万件(※業界最大級)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

書類選考通過率No.1マイナビ詳細はコチラ

JACリクルートメントは、30代~50代の中堅からベテランの方の転職に強みのあるエージェントです。

dodaやパソナキャリアと比べると求人数は劣りますが、その分キャリアアドバイザー1人が担当する求職者の人数が少なく、質の高いサービスを提供しています。

ミドル・ハイクラス層の転職ならJACリクルート

↓JACリクルートメントの詳細はコチラ

✅業界No.3の売上で急成長中
✅30代後半〜50代の中高年転職に強い
✅一気通貫型でスピーディーな転職

JACリクルートメント詳細はコチラ

ぜひdodaだけでなくマイナビJACリクルートメントなどの転職エージェントを併用して、理想の転職先企業と出会えるツールは全て活用して転職活動を成功させて頂ければと思います!
管理人
dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

JACリクルートメントの特徴

業界No.3の売上高で急成長中

30代〜40代のミドル・ハイクラス層に強い(※20代の支援実績も多数)

一気通貫型でスピーディーな対応

-DODA

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.