転職活動

専門商社から転職したい人必見!商社からの転職先おすすめ6選 【※元商社マン体験談】

投稿日:

専門商社から転職したい人必見!転職先おすすめ7選【元商社マン伝授】

私が転職活動の実体験を通して、専門商社から転職をしたい人にオススメの転職先の業界をお伝えしていきます。

私は新卒で専門商社に入社し、2年半営業として働きましたが、将来に不安を感じ、第2新卒として転職活動を行い実際に転職をしました。

コロナ渦や不景気にて、不安になってしまうこの時代。リモートワークなどが推進される中で、自分と向き合う時間も増えつつあります。

自分が本当にこの職場で働いて良いのか、会社が倒産してしまった時にどうしようかなどと考えてしまうのではないでしょうか。

そういう流れもありますが、このご時世、転職活動をする方が多くなっており、昔と比べて転職活動が当たり前になってきています。

総合商社から転職は後悔?元商社ウーマンおすすめの転職先

【2022年1月31日公開】

専門商社を辞めたい理由

専門商社を辞めたい理由

専門商社を辞めたい理由は様々挙げられますが、主に以下の通り挙げられるでしょう。

とにかく激務

専門商社は職種にもよりますが、基本的には激務です。

私の前職の会社も、「完全週休二日制」や「残業ほとんどなし」などと求人票には記載していましたが、部署によって忙しさが全く異なりました。

私の部署は、基本的にはホワイト待遇でしたが、違う部署では土日祝日の休みを返上して、顧客対応に追われることもありました。

代休を貰うこともできず、最長17連勤をしている人もいたそうです。

ワークライフバランスを最優先に考えたい人は、専門商社を辞めたくなる理由として真っ先に挙げられるでしょう。

転勤が頻繁にある

会社員にとって転勤は付き物です。

しかし、転勤先によっては、嫌だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

私も東京本社所属でしたが、転勤先にいきたくないような場所もありました。

仕事だけを生きがいにしている方は、転勤も受け入れられるのでしょうが、プライベートも大事にしている方はなかなか受け入れられない実態もあります。

また、大抵の会社は転勤する1~2週間前に突然言い渡され、転勤準備に追われます。

家族や彼女がいる方は、単身赴任をするのかどうかや彼女が付いてくるのか等の話し合いもしなければならず、負担がかなり大きいのではないでしょうか。

年功序列が顕著

専門商社は、昔気質の方も多く、制度なども年功序列の会社が非常に多いです。

年収は若い時に我慢が強いられ、長く会社に勤めると、年収が上がる仕組みを採用している会社が数多くあります。

また、私の友人も専門商社に勤めていたのですが、その会社は年功序列の考え方が非常に強く、新卒3年以内は会社や先輩に意見できない制度があったそうです。

若いうちからやりがいを持って、様々なことに挑戦したいと考えて入社してきた方にとっては、仕事がつまらないと感じてしまい、辞職する方もいらっしゃるそうです。

希望通りの部署に配属されない

新卒として入社する際、希望を聞かれることがあるでしょう。

しかし、専門商社は様々な部署と支店があり、希望通りに配属されない可能性が非常に高いです。

希望の仕事ではないからと、すぐに辞職をすることはリスクが高いと思いますが、ある程度の経験とスキルを得た後に、やりたい仕事をするために転職活動をする方がいます。

やりたくない仕事を長年続ける必要はなく、やりたい仕事を探すのも人生のうちだと考えています。

専門商社で働くことで身につくスキル

専門商社で働くことで身につくスキル

私が専門商社の営業職で働いたうえで、身についたスキルが2つあります。

行動力

専門商社で働くうえで、1件でも多く商談に行く、顧客へ商品やサービスをアピールする、等を行っていると、行動力が身につきました。

どの会社でも行動力を身につけることができるのでは?と思われる方も多いと思いますが、専門商社で身につく行動力は、世界を股にかけることもできます。

新しい商品を仕入れたり、販売するために、国内だけでなく、世界に目を向けて行動することが重要ですので、自ずと行動力が身につきます。

②傾聴力

得意先のニーズや本音を引き出すことを心がけていると、傾聴力を身につけることができました。

傾聴力は新しい商品を販売する際や、販売する時期を交渉するうえで、非常に重要になります。

なぜなら、得意先のニーズを的確にとらえることができなければ、得意先が不要なものを商談で紹介し、商談時間が無駄になるだけでなく、得意先からも呆れられてしまいます。

また、納品時期を間違えてしまうと、在庫数が足りなくなってお客様の製造が遅れてしまったり、逆に在庫過多になって、使用期限を過ぎてしまうこともあります。

ですのでその点を注意深く確認していると傾聴力を身につけることができました。

専門商社から転職先おすすめ①:メーカー

専門商社からの転職先として、前職の専門商社で扱っていた製品のメーカーに転職する方も多くいらっしゃいます。

ある程度の商品知識や業界知識があるため、1から手取り足取り教えなくても、すぐに活躍することができるそうです。

また、専門商社ではメーカーから商品を「仕入れる」立ち位置でしたが、メーカーに転職すると専門商社に「販売する」立場となります。

ですので、買う側と売る側の視点を持つことができるので、得意先にベストプライスで商品を提案することができ、優秀な営業マンとして活躍することができます。

専門商社からメーカーへの転職体験談

26歳女性の転職体験談

Q、専門商社から転職しようと思った理由を教えて下さい

元々化学品の専門商社でのゴム部署に配属されまして、インサイドセールスとして仕事していました。

会社の社風は古いため、社外より社内との付き合い・人間関係が疲れました。

もちろん人間関係の問題は時間が解決しないかと思いつつ一時的に我慢していましたが、結局限界になって我慢できないくらいで退職の決意をしました。

Q、なぜ化学メーカーに転職したのか理由を教えて下さい

せっかく化学の業界に入ったので、転職といってもやはり同じ業界の方が良いではないかと思いつつ、同じ業界で商社じゃなくてメーカーの仕事をやってみて、違う立場の仕事も挑戦してみたいとの理由で今の会社に転職しました。

今勤めている会社は海外営業部に配属されて海外代理店向けの法人営業職で、普段自分の言語能力・化学知識をいかしながら、お客様・仕入れ先とやりとりしています。

前職の積んだ経験と仕事上学んだ専門知識を活用したうえで、今の職場でも有利になります。

商社からメーカーの立場になると、もちろん営業業務上には色々違う視点がありますが、関連性のある業界なので、転職してもそんなに苦労ではありませんでした。

▶︎メーカーで募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社から転職先おすすめ②:他業界の専門商社

専門商社から転職先おすすめ④:他業界の専門商社

専門商社から他業界の専門商社に転職し、即戦力として活躍される方も多くいらっしゃいます。

私も水産系専門商社から化学品を扱う専門商社へと転職をしましたが、取扱商品は異なりますが、専門商社という立ち位置は同じであり、すぐに仕事に馴染むことができました。

また前職の際に、取引があった仕入先や得意先と再度違う形で仕事ができる喜びも味わうことができます。

実際に商社の営業事務→食品系商社の商品仕入、調達部門に転職した27歳女性や、商社を3回転職している45歳男性の転職体験談をご紹介致します。

専門商社からの転職体験談

Q、専門商社から転職しようと思った理由を教えて下さい

配管材関係の専門商社で勤務しており、商社なので取り合う商品も多くやりがいは感じていましたが残業過多と社内の仕組みに疑問を持ち転職しました。

仕事自体は好きですが、常にメーカーと得意先の板挟みのため会社の立場(交渉力)も弱く感じ、何でも引き受ける体制にあったと思います。

幅広い経験ができる面では良かったですが、労働時間と給与面のバランス(割に合うか)等を考え転職を決意しました。

会社規模や業界にもよりますが、基本的に特急対応が多く仕事量に対して従業員が少ないため、体外的要因で仕事の組み立て自体が難しいと感じることが多々ありました。

Q、なぜ別の専門商社に転職したのか理由を具体的に教えて下さい

最初はメーカー希望で転職活動をしていましたが、希望する条件ではなかなかご縁がなく商社で培ってきた経験を活かせる点で選びました。

配管材料より食品関係へと業界を大きく変更しましたが、商社としての立ち位置等はわかっていることや近い職種(営業事務→商品仕入、調達)での募集でしたので、業界が異なってもスキルや経験を生かして業務がてきると考えていたため選考でも不利になるとか仕事に対して不安には感じませんでした。

専門商社からの主な転職理由が、残業過多や昇給面、会社方針によるものでしたので大手企業に転職する事で懸念点については概ね解決される(制度が整っている)のではないかと感じたことが転職の一番の決め手です。

▶︎他業界専門商社で募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社からの転職体験談

Q、専門商社から転職しようと思った理由を教えて下さい

今まで3度の転職をしていますが、3社目が金属系の商社で、自動車の部品を俗に町工場と呼ばれる中小の金属加工会社から買い入れ、自動車のシートメーカーなどに納めている会社でした。

会社の環境が極めて劣悪で、30人程度の会社に4人の前科持ちの方がいたので、家族が怖がってしまいました。社内の環境も劣悪、常に怒号や暴力の入り混じる環境で毎日おびえながら仕事をこなしていました。

加えて薄給。給料は面接時とは大幅に異なり、望んでいる給与を20%下回っていました。

一番の理由が、あまりにも知識が偏っており、長くいればいるほどつぶしが効かず、スキルアップを望むことが到底できなかったので、この会社に長くいてはいけないと考え、転職を決意いたしました。

Q、なぜ別の専門商社に転職したのか理由を具体的に教えて下さい

金属業界の前はガラスの業界に在籍しており、最初の会社は大手光学ガラスメーカーで14年間在籍していましたが、得意先の一社に可愛がっていただき、その会社から声をかけて頂き、長く務めたメーカーを退職する決意をしました。

転職活動を行ったところ、住居の近くに上記金属専門商社の求人があったので応募し、結果採用となったのでお世話になることとなりました。

▶︎他業界専門商社で募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社から転職先おすすめ③:IT業界(営業職/Webデザイナー)

地方公務員の転職先おすすめ④:ITエンジニア

専門商社からの転職先として、IT・Web業界への転職もおすすめで営業職やWeb製作などの技術職などに転職するという選択肢もあります。

実際に専門商社からIT/Web業界への転職を果たした20代男女の転職体験談をご紹介致します。

専門商社からの転職体験談

26歳男性の転職体験談

Q、専門商社から転職しようと思った理由を教えて下さい

電子部品関係の専門商社でしたが、ブラック企業のため転職しました。人間関係は悪くありませんでしたが、労働時間が長く、仕事内容も非常にシビアのため転職をしたいと考えていました。

私は、中途で入社しましたが、20人入社して1年で半分近くが退社する会社で、商社という職業上仕方ないとは思いますが、仕入先と得意先に板挟みに合い、精神を病んでしまう方が大勢いました。

給料もあまり良くなく、どれだけ予算(目標)を達成しても評価につながらないため、頑張るとバカらしくなってしまいました。そのため転職サイトに登録し、とりあえ転職活動を始めることにしました。

Q、なぜIT業界に転職したのか理由を具体的に教えて下さい

doda経由で直接スカウトを受けたため転職をしました。

スカウトを受けた外資系企業では、達成した金額に応じ、インセンティブ制度もあるため、非常に公正な評価が得られると思い、転職を決意しました。

業種としてもパソコンハードの周辺機器で、世界的にもトップシェアのメーカーであったため、営業活動を優位にできると考えました。

面接時に、30代前半でも管理職として働いている方がたくさんおり、風通しの良い社風が良いと感じました。

将来的には、営業として会社のトップに立つために、現職では5年ほど在籍し、次の大手外資系企業に年収を上げて転職をしたいと考えております。

▶︎IT/Web業界で募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社からの転職体験談

29歳女性の転職体験談

Q、専門商社から転職しようと思った理由を教えて下さい

配管や設備の専門商社にいましたが、古い会社で年功序列が未だに強く残っており、パワハラも日常茶飯事でした。

コロナが流行った際には出荷業務に自社のソフトを使っているため、テレワークを一切することがてきずとても不満でした。

また、配管、設備系の専門商社なので、日々配管に関する知識は増えていくものの、会社以外でその知識を使う場面がほぼなく、あまり生活に役に立たないという不満もあり、 ITやWEB制作に転職することを決めました。

場所を選ばない職業につきたいと考えるようになったこともあり、IT・Web業界への転職を決意しました。

Q、なぜIT業界に転職したのか理由を具体的に教えて下さい

IT業界の中でも知り合いがWEBデザイナーをしていたことと、WEBなら今後なくなることは当分ないと思ったので、WEBデザイナーを目指すことを決意しました。

プログラミングが流行っていたのでアプリ開発の道も一時期目指しては見たのですが、自分の性格にあわず難しすぎると感じたため、諦めました。

それにくらべWEB制作は、制作物がすぐ目で確認することができて人に見せることもできたし、なにより勉強していてとても楽しかったので、続けることができました。

グラフィック系とコーディングとそれぞれの知識は奥が深く勉強しがいがあり、専門性も高い職業なので、他の職に比べでも給料が高い点も続けている理由の一つです。

▶︎IT/Web業界で募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社から転職先おすすめ④:金融業界(営業職)

印刷営業

専門商社からの転職先として金融業界の営業職もお勧めです。

実際に半導体の専門商社時代から海外勤務に憧れがあった27歳男性の転職体験談をご紹介致します。

専門商社からの転職体験談

27歳男性の転職体験談

Q、専門商社から転職しようと思った理由を教えて下さい

半導体系専門商社に約4年ほど勤務しておりました。

そもそも将来的に海外駐在員勤希望で入社しましたが実現するまで非常に難しい状況だったので、諦めて転職した方が早く海外勤務できる可能性があったため、ある程度経験を積んだのちに退職しました。

入社前によく調べもせずに入社した自分も悪かったのですが、文系の人間が半導体の知識や興味もあまりなかったにも関わらず、華やかなイメージや給与面の高さを理由だけに入社してしまったことに後悔しました。

また、仕入れ先の企業の方が力が強かったため、いつも販売先には納期遅延などを理由に謝罪ばかりしていたこともストレスがあり商社を辞めた理由の1つです。

Q、なぜ金融業界に転職したのか理由を具体的に教えて下さい

自分の転職軸ややりたいことは「海外勤務」でしたので、いくつかの企業と面接した際に、転職先の企業が唯一、入社後約2年以内に海外出向が可能だということを言われ転職したのが最大の理由です。

転職先の金融系企業では世界各国に支店があり、自分の希望もある程度聞いてもらえるとのことでしたので、自分の中では成長著しい「中国・上海」を希望しており、結果的に上海に赴任できたので転職してよかったです。

やはり実際に海外で勤務してみると、日本での勤務と違い、決定権もある程度自分に持たせてもらいスピーディーに仕事ができるので、(住宅全額補助や出退勤の車の送り迎えなど福利厚生も充実しており)ワークライフバランスがとても良いです。

▶︎金融業界で募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社から転職先おすすめ⑤:貿易会社

専門商社から転職先おすすめ①:貿易会社

専門商社は、海外から商品を輸入することや海外に商品を輸出することが多々ありますが、その際に通関や貿易会社、船会社と関わることがあったり、貿易事務を行うことがあります。

その経験を活かし、貿易会社に事務職として転職をする方や通関士の資格取得を目指す方が多いです。

貿易のことを一通り理解しているため、転職直後から活躍する方もいらっしゃいます。

▶︎貿易会社で募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社から転職先おすすめ⑥:人材業界

専門商社から転職先おすすめ③:人材業界

専門商社で働く際、商品知識や英語力などはもちろん必要ですが、それよりももっと大事なものは、コミュニケーション能力です。

なぜなら、商品がどれだけ良くても、売る人間が良い人柄であったり、コミュニケーションが取れないと、商品は絶対に売ることができません。

専門商社で活躍できる営業は、コミュニケーション能力が長けており、顧客にも寄り添うことができるため、転職活動をサポートする会社や派遣社員を管理する人材業界に転職することがあります。

転職希望者や派遣社員に寄り添い、希望を叶えることで活躍することができるのではないでしょうか。

▶︎人材業界で募集中のおすすめ求人はコチラ

専門商社からの転職必勝のコツ

専門商社からの転職必勝のコツ

専門商社から転職する際に、アピールすべき3つのポイントがあります。

専門商社として仕入先と得意先とどのような関係を築いてきたかを話す

行動力や傾聴力を基に顧客とどのような関係を築いてきたのかを詳細に話すことで、入社後の活躍しているイメージを湧かせやすくします。

専門商社は間に立って仕事をするので、双方と円滑な関係を築けなければなりません。

そのため、「どうやって関係を築いてきたのか」を詳細に話すと良いでしょう。

予算などの目標を達成した際の金額を細かく明確に伝える

営業成績は必ず数値化して伝えましょう。

例えば、「昨年1年間の売り上げ予算は、37百万円でしたが、結果的に130%近く上回る49百万円の実績を出しました。」などです。

「頑張りました」や「結果を残しました」などですと、分かりづらく、評価しづらいですし、嘘をついていると捉える人事面接官もいるので、必ず数字化して話しましょう。

目標達成しようとするまでの過程を話す

では、もし目標を達成できなかった場合はどうすれば良いのでしょうか。

その際は、過程を話すことや、目標を達成できなかった原因を話すことが重要です。

目標を達成できなかった原因を分析し、対応策や達成しようとした姿勢を話すことは、面接官にとって好印象です。

諦めなかった姿勢や冷静に分析して対応策を練ることは必ず次につながるので、その姿勢は必ずアピールするようにしましょう。

専門商社からの転職先をもっと知るには?

専門商社からの転職先をもっと知るには?

専門商社から転職をする際、色々な会社を知ることで選択肢が増えますが、選択肢を増やすために1番手っ取り早い方法は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントはあなたの経歴やスキルに応じておすすめの業界や職種の企業の求人を紹介してくれる非常にありがたい存在で、企業の選考対策である書類添削や面接対策も全てサポートしてくれます。

「なんで無料でそこまでしてくれるの?」と思われるかもしれませんが、転職エージェントは商社と少し似ていて、転職希望者ではなく採用企業からお金を貰っているビジネスモデルなので、転職希望者は完全無料で活用できます

▼転職エージェントの仕組み

特におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」と「doda」の2社です。

マイナビエージェントはマイナビにしか掲載されていない独占求人が数多くあるため、選択肢を増やすことはもちろん、ライバルが少なくなるので転職がしやすくなるでしょう。

書類選考通過率No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ○ 約5万件(業界No.2)
対象年齢層20代〜30代前半
書類選考通過率◎ 極めて高い
年収アップ率○ 高い

書類選考通過率No.1マイナビ詳細はコチラ

対してdodaは担当キャリアアドバイザーが事細かに要望を聞いてくれるので、転職後のミスマッチがかなり少なくなるのが特徴です。

当サイト利用者数No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

 

求人の豊富さ◎ 約9万件(極めて多い)
対象年齢層20代〜50代
書類選考通過率○ やや高い
年収アップ率◎ 極めて高い

登録者数No.1のdoda詳細はコチラ

私もマイナビとdodaを利用して、転職先を決めた経緯があり、転職後のミスマッチも無い実体験もあるためかなりおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

-転職活動

\ PR /

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2022 All Rights Reserved.