メーカーの転職・就職

照明器具メーカーからの転職先おすすめ4選!照明の異職種は?

投稿日:

照明器具メーカーで働いていると将来に対して不安を感じることはありませんか?照明業界はマイナス成長とも言われていて、今後はさらに衰退していく傾向が進む可能性が高いです。

私自身も過去に照明器具メーカーで営業職として勤務していたことがあり、このような不安を感じていましたが、照明業界で培った経験を活かし、転職をすることができました。

照明業界で働いていると、今後のキャリアで役に立つスキルがたくさん身に付きますので、今回は、照明業界で身に付くスキルが活かされるおすすめの転職先を紹介します。


照明器具メーカーで働くことで身につくスキル

照明メーカーで働いていると、照明器具の種類はもちろん、照明の色や明るさ、ワット数、照明に対応している電源ボタンなどの器具に関する知識など、膨大な知識をインプットしなければいけません。

他の業界では品番さえ覚えておけば問題ない業界も多くありますが、照明業界に関しては、器具の品番だけ覚えていても適切な提案ができません。

また、営業の方は、これらの知識を顧客先に伝える必要があるため、確実に頭の中に入れておかないと商談が進まない恐れも考えられるので、照明に関する知識を身に付けることは、業務を遂行するうえで必須ともいえます。

しかし、これだけの知識を頭に入れられるということは、新たな職場に行っても新しい知識をすぐに吸収できるということでもあるので、かなり役に立つスキルといえます。

新しく覚える知識と、照明業界で培ってきた営業スキルを合わせると、職場によっては即戦力として活躍できることも考えられるでしょう。

照明器具メーカーからの転職先おすすめ4選

ではここからは、いよいよ照明器具メーカーで培った経験や知識、スキルを活かせる転職先を具体的に紹介して参ります。

まず結論から申し上げると、照明器具メーカーからの転職先のおすすめは以下の4職種です。

家電系メーカーの営業職

家電量販店販売員

照明プランナー

インテリアデザイナー

順番に詳しく解説して行きますね。

照明器具メーカー転職成功者数No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

dodaの詳細はコチラ

照明器具メーカーからの転職先①:家電系メーカーの営業職

もし照明業界から転職したい理由が「照明業界の将来が不安」という点であれば、家電全般を扱うメーカーの営業職をおすすめします。

照明業界の将来が不安の方の場合、仕事に不満があるわけではないので、照明以外の他の商材を扱っているメーカーだと新しく異なる製品の知識を身に付けつつ、照明の業界で身に付けた専門的なスキルを披露できる機会に恵まれる可能性が高いです。

例えば、日立や東芝などは、照明器具も豊富に扱っていますが、それ以外の電化製品も幅広く扱っています。

たとえ扱う商材が今以上に増えても、照明業界で膨大な知識を頭の中に入れていた経験があれば、メーカーの営業職でしっかりと活躍できるでしょう。

また、照明業界で働いていたけれど営業経験はないという方も、照明に関する知識は一般の方より豊富な可能性が高いため、場合によっては営業職として経験を積むことができる可能性もあります。

▶︎家電系メーカーの営業職おすすめ求人はコチラ

照明器具メーカーからの転職先②:家電量販店販売員

家電量販店の販売員として勤務することも、照明器具メーカーのような照明業界出身者にとってはおすすめです。

転職したい理由があくまでも「照明業界に対する先行きの不安」のみである場合、他の家電も幅広く扱っている家電量販店で、照明業界で培った知識を活かす場はたくさんあります。

他の家電に関する勉強は必須ですが、今までの経験を踏まえると、他の家電の知識を増やすことも問題なくこなせる範囲でしょう。

もちろん、照明器具を担当することになれば、今まで覚えてきた照明に関する知識はそのまま生かされます。

また、照明業界で営業職として経験を積んできた方であれば、接客としてスキルを発揮することも可能です。

主な会社

  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機

▶︎家電量販店販売員のおすすめ求人はコチラ

照明器具メーカーからの転職先③:照明プランナー

「営業職を辞めたい」という理由で転職を考えている方の場合、照明プランナーとして働くのはいかがでしょうか?

営業職は辛いことも多く、知識を覚えること以上に、常にノルマという数字を気にしながら仕事をしないという点が、特に辛い思いをさせているのではないかと思います。

営業職をやめたい方は、おそらく照明業界から離れたいというわけではないと思うので、一度営業というポジションから離れ、照明プランナーとして転職することをおすすめします。

※照明業界で働いれば縁はあるでしょうが、照明プランナーとは、ある空間に最適な照度を保たせるために照明器具の配置を考え、照明の色や器具、建物の雰囲気を踏まえたうえで最適なプランを設計する仕事です。

照明プランナーは設計事務所への転職もできますが、照明器具を専門に扱うメーカーへの転職も可能です。

主な会社

  • 大光電機
  • コイズミ照明

▶︎照明プランナーのおすすめ求人はコチラ

照明器具メーカーからの転職先④:インテリアデザイナー

「照明業界からも営業職からも離れたい」という理由で転職を希望している場合、どちらからも少し離れ、インテリアデザイナーとして働くことも可能です。

インテリアデザイナーとは建物の内装や家具などを選定する仕事で、照明器具を選定する事も仕事内容の一環。

照明業界では照明にのみ特化してプランしますが、インテリアデザイナーになると照明器具に多少触れる機会はあるものの、家具や内装にも携わることができ、空間づくりをより幅広く提供できるようになるので、仕事の幅も広がります。

インテリアデザイナーとして活躍できる場所はさまざまありますが、小規模の工務店をはじめ、大手のハウスメーカーなどでも活躍できます。

主な会社

  • 積水ハウス
  • ダイワハウス
  • 乃村工藝社

▶︎インテリアデザイナーのおすすめ求人はコチラ

照明器具メーカーからの転職先求人を探す方法

今回は照明器具メーカーからのおすすめの転職先を4つ紹介して参りましたが、転職したいと思えるような仕事は見つかりましたか?

もし今回紹介した4つの転職先の中で、今現在中途採用の募集を行っている求人を探したい場合は、照明器具メーカーからの転職に強い転職エージェントを活用することをお勧めします。

転職エージェントは、あなたの希望を叶えられる転職先の求人を紹介してくれるだけでなく、書類添削・面接対策・年収交渉まで転職活動全般のサポートを完全無料で行ってくれるパートナー的な存在です。

転職エージェントの中でも、特に照明器具メーカーからの転職に強いのが「doda」と「マイナビ」の2社で、両転職エージェントは業界最大級の求人数を誇ります。

照明器具メーカーからの転職者数No.1のdoda

↓dodaの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約90,000件(※業界1位)
✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

照明器具メーカーからの転職者数No.1dodaの詳細はコチラ

取り扱っている求人数が多いということはすなわち、あなたの希望を叶えられる転職先を紹介してもらえる可能性が高いということに他なりませんので、非常に転職活動の成功率を高めることが可能です。

書類選考通過率No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅全国の求人数約5万件(※業界3位)
✅書類選考通過率驚異の40~50%超

書類選考通過率No.1マイナビの詳細はコチラ

dodaやマイナビを活用することで、照明器具メーカーからの転職を成功させた人も少なくありませんので、ぜひ理想の転職を成功させるために活用されてみて下さい。

dodaの特徴

求人数96,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

-メーカーの転職・就職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2021 All Rights Reserved.