ビズリーチ 20代の転職

【キャリトレ評判】プラチナスカウトの質は?30代利用は?

投稿日:

世の中たくさん転職サイトがある中で、「なかなか自分に合う求人に出会えない」「どの転職サイトも情報量が多くて使いづらい」と悩んでいたりしませんか?

今回ご紹介する「キャリトレ」は、そんなユーザー目線で作られた転職サイトであるため、自分の本質診断からAIが好みを分析し、潜在的に「興味がある」求人をしっかりレコメンドしてくれます。

さらに転職を有利に進める「プラチナスカウト」が大きな目玉となっており、短期間でも一気に内定に進める可能性もあります。

ぜひこの機会に、他の転職サイトにない新感覚の転職体験をしてみてください。

【2021年3月11日公開】

キャリトレとは?

キャリトレは、若年優秀層の将来価値を高めることをコンセンプトとした無料転職サイトです。

特に将来性のある20代にを対象にしており、ほとんどの求人が20代向けとなっています。

▼キャリトレ公式HP

運営元である「ビズリーチ」のように「スカウト機能」のシステムがあり、企業はもちろんのこと、ヘッドハンターと呼ばれる人材紹介会社のスカウトマンから登録のある転職者に対して転職斡旋の逆提案をしてくれるマッチングサービスです。

その中で最も魅力的な「会って話がしたい」という面談確約のレアスカウトである「プラチナスカウト」は、転職を大きく成功させる鍵となっています。

さらにビズリーチが運営することから求人案件の多さも強みの一つとなっています。

そして「興味の有無」から導かれる潜在的な本質に基づいた「レコメンド機能」は、自分の新しい価値の発見をお手伝いしてくれます。

1日10社の「興味の有無」に回答するだけでAIが自動的に興味の志向性を学習しマッチングしてくれます。

運営会社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
運営会社 株式会社ビズリーチ(株主:ビジョナル株式会社100%)
公開求人数  約98,000件 ※2021年2月調べ

▶︎キャリトレ公式HPはコチラ

キャリトレのプラチナスカウトの質は?

プラチナスカウトは、通常のスカウトと異なる特別なスカウトです。

企業やヘッドハンターが職務経歴を見て「直接会って話がしたい」と切望した際に送る面談確約のレアスカウトとなります。

若年優秀層を獲得したいという想いから本気度が高く、一気に内定まで進むケースも少なくありません。

ヘッドハンターのプラチナスカウト

有料で登録した採用企業やプロのヘッドハンターが一人一人をしっかり吟味していますので「内定率が高いスカウト」と考えてください。

▼実際に届いたプラチナスカウト

応募や書類選考などの手間を省き、採用を決定する面接から始まるため、誰にでも送るものでもありませんので、当然企業も書類選考のような気持ちであなたのプロフィールや職務経歴をチェックしてきます。

特に登録情報の「職務経歴」「資格(スキル)」を充実させ、即戦力で活躍できることをアピールする必要があります。

ただし、同じプラチナスカウトでも企業から送られてくるものとヘッドハンターから送られてくるものでは「質」という点では少し異なります。

企業からのプラチナスカウト

企業は直接雇用として見ているため採用決裁権があることが前提ですが、ヘッドハンターは人材紹介となりますのでエージェントに近い立場にあります。

個人差はありますが、企業から送られてくるプラチナスカウトは通常スカウト全て含めても「5%以下」とも言われています。

▼企業から直接届くプラチナスカウト

内定を左右するほど希少なスカウトとなりますので、もしプラチナスカウトがきたらレスポンスは迅速に行いましょう。

すぐに応募できない場合は「興味がある」にチェックだけでもしておきましょう。

キャリトレと同様にdodaでもプレミアムオファーという仕組みがあるので「dodaプレミアムオファーの内定獲得率は3倍!スカウトサービスとは」もぜひ参考にされてみて下さいね。

キャリトレと他転職スカウトサイトの違い

キャリトレの強みといえば、若年優秀層特化型の求人内容というものだけではありません。

それは、「仕組みの強さ」とも言えるシステムに関係があり、以下他転職サイトより優れている点についてご紹介します。

ヘッドハンターが絡むスカウト

スカウトの中でも「企業から」のプラチナスカウトは極めて少ないものとなっています。

他転職スカウトでもキャリトレ同様、企業から直接的にプラチナスカウトが届くサイトもあるようですが、非常に少なくごく一部です。

その点で「ヘッドハンター」からのプラチナスカウトは「斡旋」という点では、面接アドバイスや条件交渉もしてくれるため、有利に転職を進めることができます。

さらにヘッドハンターが持っている採用されやすい「非公開求人」も紹介してくれます。

AIを活用したレコメンド機能

「初めての転職」では、特に視野が狭くなりがちになるものです。

そんな転職者の視野のサポートとして「興味がある」ものを抽出し、マッチングしてくれる機能は他転職サイトとは違い、AIでより潜在的な志向性を捉えるため転職の幅が広がります。

▶︎キャリトレでプラチナスカウトを受け取る

キャリトレの登録方法&サービスの流れ

登録は、一般的な転職サイトと同じく職歴やプロフィールを入力するだけの簡易的なものとなっています。

経歴さえまとめておけば10分もかからず完了します。

忙しい人は、とりあえず細かなことは飛ばしてマイページ作成後に「あとで追加する」という機能で編集ができるので、都度修正することも可能です。

1.「基本情報」の9項目を回答する

2.「直近の職種」情報なども細かく聞かれるため、しっかりまとめる

<聞かれる9項目>

  • 転職時期(いつまでに転職したいか)
  • 直近の職種
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 性別
  • 現住所
  • 最終学歴
  • 連絡先

3.「職務経歴」フォームの入力

4.「経験社数」を聞かれるため、これまでの経歴は事前にまとめておく

あとはこれまでの経歴(在籍年数、業種、職種、業務内容など)について詳細を追加し、最後に氏名、年齢、希望職種など基本的なプロフィールの入力で完了となります。

その際に「経歴詳細」をしっかり記入するようにしましょう。

企業やヘッドハンターが「即戦力」としてスカウトしたいと思う一番のポイントとなります。

どんな経験(スキル)があるのか、どういった働き方ができるのかをアピールしましょう。

記入するだけでスカウトの確率が高まります。

スカウトに関しては、マイページの「メッセージ」で直接ヘッドハンターや企業からコンタクトがあり、「気軽に相談する」ことも「面談確約」としてプラチナスカウトを受けることも可能です。

5.登録完了

登録が完了したら「マイページ」ができます。

マイページでは、サイト内求人検索が可能となっており、気になる求人に「興味がある」マークしておくと近しい関連求人を1日10社ピックアップし紹介してくれる「レコメンド機能」に繋がります。

その求人への「興味がない、興味がある」を選択するだけで、さらにAIが転職への志向性を学習し、よりマッチ度の高い求人が提案されてくる仕組みとなっています。

20代の転職実績No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅20代の求人数約5万件(※業界1位)
✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

マイナビの詳細はコチラ

キャリトレを転職したい30代は利用すべき?

キャリトレは、若年層のキャリア形成をメインとして応援しているため20代が活用しやすいコンセプトになっています。

必ずしも30代は全てが不向きと言う訳ではありませんが、求人傾向として「挑戦する若手」をターゲットとして絞っている20代向きのものがほとんどです。

企業やヘッドハンターは当然年齢もチェックしますので、30代で利用する人は、以下のような「向き不向き」があるため、誰しもが満足できるものではありません。

<30代でキャリトレが向いている人>

  • 30代前半の人
  • 転職回数が少ない人
  • 転職エリアを首都圏で考えている
  • ベンチャーなどの急成長している企業に興味がある

<30代でキャリトレが不向きな人>

  • 30代中盤以降の人
  • ハイクラスな転職を希望している
  • 安定を求めている
  • 地方での転職を考えている

不向きな人の中でも「もっと稼ぎたい」「上を目指したい」を希望するなら「ビズリーチ」などのハイクラス転職サイトをおすすめします。

▼ビズリーチの登録はコチラ▼

キャリトレ20代・30代利用者の評判口コミ

キャリトレ20代利用者の評判口コミ

キャリトレに登録すると、登録したその日から大量のスカウトメール・プラチナスカウトが届くようになりました。

最初は色々な会社やヘッドハンターからの求人が届くので嬉しかったのですが、段々と量が捌けなくなりスカウトメールを開けないようになってきました。

ある程度スカウトが届く設定などを絞ることができたらと思います。。

キャリトレ30代利用者の評判口コミ

私は30代ですが、キャリトレに登録するとある程度のプラチナスカウトを受け取ることができています。

20代の方に比べると数は少ないのかもれませんが、それでも30代を採用してくれる会社もあるので利用する価値は全然あるんじゃないでしょうか。

キャリトレと併用すべきおすすめ転職エージェント

基本的に転職サイトは、複数登録し併用する方が成約率は格段に高まります。

当然できるだけ求人数が多く、採用ターゲット層が近しいものが好ましいため、キャリトレと併用すべき転職エージェントは「マイナビエージェント」をおすすめします。

マイナビエージェントも、キャリトレと同じく「20代の若手社員」がメインターゲットになるため、転職活動のトレンドや求人内容の傾向が共通しており、比較対象にはちょうど良いでしょう。

20代の転職実績No.1のマイナビ

↓マイナビの詳細はコチラ

✅転職者の利用満足度No.1
✅20代の求人数約5万件(※業界1位)
✅優秀なキャリアアドバイザー多数在籍

マイナビの詳細はコチラ

逆にキャリトレと異なる点として、マイナビエージェントは専属の「キャリアアドバイザー」が担当してくれるため、履歴書・職務経歴書の添削などの転職の基礎的なアドバイスや、困った時の相談といった活用が可能です。

視野を広げるためにも、双方をうまく活用し転職を有利に進めるようにしましょう。

マイナビエージェントの特徴

驚異の書類選考通過率50%!

求人を厳選して紹介してもらえる!

親身な対応で面談満足度が高い!

-ビズリーチ, 20代の転職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2021 All Rights Reserved.