リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

フリーター・ニートの就職(転職)

フリーターの就職に営業職がおすすめの理由と就活成功の7STEP

更新日:

フリーターでも就職しやすい職種というと「営業職」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

実際にYahoo!知恵袋では以下のようにフリーターから営業職を目指す方からの質問が多く寄せられています。

・営業職はフリーターでも就職しやすいと聞いたけど本当?
・営業職で「未経験OK」「学歴不問」と書かれているのには何か裏があるの?
・営業の仕事って実際どんな感じ?面接では何を聞かれるの?

今回は、フリーターから営業職への就職を目指す方に向けて、「営業とは何か?」というところから、営業職がおすすめの理由、営業職への就職を成功させる方法、厳選した就職支援サービスをご紹介します。

ぜひ最後までお読みいただき営業職に就職する際の参考にしてください。

フリーターから営業職への就職がおすすめの理由

既に営業職への就職を決めている人もいるかと思いますが、まだイマイチ営業職への就職に踏み切れていない方におすすめの理由を4つ紹介いたします。

求人母数が多く選べる業種の幅が広い

営業職は企業にとって利益をもたらす必要不可欠な職種です。

例えば、IT専門職のような特定の企業にしか必要のない職種もありますが、営業職はどのような商品・サービスを扱う企業においても、必ず必要な職種であり、業種を問わず求人数自体が非常に多いことが特徴です。

中途採用というのは基本的には欠員補充や業績拡大が主な求人となりますが、営業職は会社の成長や新規事業の立ち上げに伴って増員募集を行うケースも多く、柔軟性のある採用をする企業が少なくありません。

▼求人の母数も営業職が最も多い

(出展:転職求人サイトdodaより)

また、ITエンジニアやデザイナーなど専門的な技術を必要とする職種は、入社後に企業は研修を行わなければならず、どうしても初期投資にお金と時間がかかってしまうので敬遠されがちです。

他の職種と違って営業は「会社に直接的に利益をもたらす職種」だからこそ、柔軟性の高い採用活動を行う企業が多く、フリーターでもポテンシャル重視で採用される可能性の高い職種なのです。

▶︎フリーターOK!歓迎の営業職求人はコチラ

今後のキャリアで活きる社会人基礎力が身につく

営業職は社会人としてのビジネスマナーからレベルの高いコミュニケーションスキル・提案力・PCスキルまで、今後のキャリアで活かせる一通りの社会人基礎力が身につく職種です。

また前述の通り、営業職は企業にとってなくてはならない欠かせない職種でもあります。

近年ではロボットやAIなど今まで人が行っていた仕事の機械化が進んでいますが、営業職は機械化ができないのが現実で、これからの時代も必要とされていく仕事です。

どんな企業や業界でも通用する社会人基礎力を身に付けることができ、いざという時に転職先を確保できる職種というのも営業職の魅力の一つと言えるでしょう。

▶︎フリーターOK!歓迎の営業職求人はコチラ

専門的なスキルが不要で未経験でも挑戦しやすい

営業職は応募段階で専門的なスキルが求められることが少なく、経験や資格がなくても応募しやすい職種です。

語学力が必須の外資系企業や一部の専門性の高い業種を除いて、入社前に特別なスキルや知識を持っている必要はありません。

入社後は社内研修やOJTなど会社が用意した教育プログラムを受けることで自然と知識が身についていきますので、「どうやって勉強したらいいんだろう」と不安に感じることもありません。

経験や資格を持っていない未経験者でも挑戦しやすい職種だからこそ、フリーターの方におすすめできるのです。

▶︎フリーターOK!歓迎の営業職求人はコチラ

高い収入を得ることも、安定した固定収入を得ることもできる

営業職と聞くと、

「ノルマがきつそう」
「歩合制で安定していなそう」

などネガティブなイメージを持つ方も少なくありませんが、実際は企業の方針や営業の種類によって、自分が目指したい生活スタイルを選ぶことができます。

高収入を目指したい場合にはインセンティブ比率の高い企業を選ぶことによって、実力に応じた高い収入を得ることができます。

関連:高卒の転職で高収入を狙えるおすすめ資格・職業一覧まとめ

反対に安定した収入を目指したい場合は、固定収入が100%に近い企業を選ぶことで毎月安定した収入を得ることができます。

このように営業職は、あなたの考える生活スタイルによって給与体系を選ぶことができるのです。

▶︎フリーターOK!歓迎の営業職求人はコチラ

フリーターから営業職の就職に向いてる人の特徴

では営業職の魅力・メリットが分かったところで、どのような方が営業職に向いているのか3つに分けて解説して参ります。

人と接することが好きで明るい性格

あなたはいつも笑顔で明るい営業マンと、小さな声で目を合わせない営業マンがいたらどちらから物を買いたいと思いますか?

ほとんどの人が前者の「明るい営業マン」と答えるでしょう。

営業職の基本は人と接することに尽きます。

元々は人と接することが不得意な方でも仕事のためと努力できる人もいますが、元々人と接することが好きで明るい性格の方はストレスを感じることなく営業職に馴染むことができ、非常に親和性が高いと言えます。

フリーターとして接客業や販売職などの経験がある

フリーターとして接客業や販売職など、個人のお客様とコミュニケーションを取ってきた経験は営業職に直接活かすことができます。

営業職の基本は人と人のコミュニケーションです。

法人営業でも個人営業でも無形商材・有形商材変わりなく、相手に自分を信頼してもらって契約を結ぶことが目標となるのです。

接客業や販売職の経験を通して、コミュニケーションスキルや信頼関係を構築する方法を身につけた経験は営業職で必ず活きてきます。

打たれ強く粘り強い

打たれ強く粘り強い性格の方も営業職への適性が高いと言えます。

どのような営業スタイルにも言えることですが、営業活動は断られることが当たり前で、いちいち落ち込んでいてはとても続きません。断られても失敗してもめげずに自分から行動を起こす勇気が求められます。

また、一度契約した後もそれで終わりということはなく、開拓に成功した後も粘り強く顧客とのパイプを継続する必要があります。

今までの経験を通じて、打たれ強く粘り強いと自分自身を感じたポイントを履歴書や面接でアピールすることができれば、営業職に就職できる可能性はグッと上がるでしょう。

▶︎フリーターOK!歓迎の営業職求人はコチラ

フリーターが就職すべきおすすめの営業職は?

営業職と一口に言っても様々な種類があります。

法人営業(BtoB) 法人のお客様に対して営業活動を行う
個人営業(BtoC) 個人のお客様に対して営業活動を行う
新規開拓営業 新規の顧客をメインに扱う
既存ルート営業 既存のお客様や店舗を回る
有形商材営業 目に見える『商品』を売る
無形商材営業 目に見えない『サービス』を提供

上記のように営業職には様々な種類がありますので、自分に合った営業活動の方法や商材を選ぶことが大切です。

どのような性格の人にはどのようなタイプの営業職が向いているのか、それぞれ解説して参ります。

ストレス耐性が強く高い報酬を得たい人→新規開拓営業

ストレス耐性が強く高い報酬を得たい人は、今までお付き合いがないお客様を新たに開拓していく営業スタイルの「新規開拓営業」がおすすめです。

電話営業(テレアポ営業)や飛び込み営業でアポイントを取って、自社の製品やサービスを提案し契約に繋げます。

新規開拓営業は断られることも多く全てがゼロからのスタートになりますので、大変なことが非常に多い営業手法ですが、その分契約が取れた時の達成感やインセンティブ(販売報奨金)が大きい、やりがいが大きい仕事です。

精神的、肉体的もタフで、実力に応じた報酬を得たいと考えている方にも向いています。

頑張り次第では入社1年目で年収600万円、中には1000万円以上を稼げる可能性もあるでしょう。

▶︎フリーターOKの新規開拓営業職求人

安定した働き方がしたい方→既存ルート営業

安定した働き方がしたい方には、既に会社と取引のあるお客様のもとへ訪問する営業スタイルの既存ルート営業がおすすめです。

自社製品やサービスを納入しているお客様のもとへ定期的に訪問し、困ったことがないか伺ったり、新しい商品を提案するなど、既存のお客様と深く長く付き合っていくための営業活動になります。

関連:ルート営業に向いている人の特徴は?つらい?転職・就職志望動機も

精神的な負担が少なく安定した働き方ができるため、新規開拓営業と比べると給料は劣るケースが多いですが、毎月安定した収入を固定得ることができます。

精神的にも収入面でも安定した働き方を望む方におすすめの仕事です。

▶︎フリーターOKのルート営業求人はコチラ

土日休みが欲しい人→法人営業

家庭の都合などで土日休みが欲しい方は法人営業がおすすめです。

飲食店やサービス業など一部の企業を除き、日本の9割以上の企業がカレンダー通りの土日休みのため、企業を顧客とする法人営業も必然的に土日休みが取れる可能性が高くなります。

一方で不動産販売等の個人営業は、個人のお客様の休日である土日に営業活動を行うことが多いため土日に休暇を取ることが難しく、土日休みを希望している方にはあまりおすすめできません。

▶︎フリーターOKの法人営業求人はコチラ

自分自身の魅力を売り込みたい人→無形商材営業

目に見える自社の商品・サービスを売り込むというよりも、自分自身を営業マンとして信頼してもらった上で契約を勝ち取りたいという方は無形商材営業がおすすめです。

有形商材の営業マンであれば、自社商品・サービスが顧客にとって価値があればある程度の営業トークでどんどん売れていきます。

しかし、無形商材の営業マンは自分自身を信頼してもらわなければ商品・サービスはまず売れませんので、ある種自分自身の存在を売っていく営業スタイルとも言えます。

有形商材の営業マンよりもやや難易度が上がる部分もありますが、その分自己成長に間違いなく繋がることも事実なので、将来を見据えて挑戦するのも良いでしょう

代表的な業種としては、金融業界人材業界WEB広告業界などが挙げられます

関連:人材業界・人材会社へ転職する際の志望動機・転職理由例まとめ

フリーターから営業職への就職を成功させる流れ

フリーターから営業職への就職を成功させるまでの流れとしては、以下のステップに分けられます。

STEP1:営業職について情報収集を行う
STEP2:自分がやってみたい営業の種類について考える
STEP3:転職求人サイトを使ってどんな求人があるのか調べる
STEP4:就職支援サービスに登録する
STEP5:書類選考を受ける
STEP6:面接を受ける(内定をゲットする)
STEP7:入社前にやっておくべきこと

順番に詳しく解説して参りましょう。

STEP1:営業職について情報収集を行う

入社後に「こんなはずじゃなかった」というギャップ生まないためにも、まずは営業職について情報収集を行いましょう。

営業職と聞くとイメージとしては、

・ノルマがきつい
・体育会系な会社が多そう
・高いコミュニケーション能力が必要そう
・収入が良さそう

このようなイメージを抱かれる方が多いのではないでしょうか。

今回の記事を最後まで読んでいただければある程度営業職とはどんな仕事でどんな種類があるのか、なぜフリーターから就職するのに営業職が向いているのかなど、理解することができます。

STEP2:自分がやってみたい営業の種類について考える

営業職についてイメージを掴めた後は、どんな種類の営業がやってみたいのか、自分に合っているのかを考えてみましょう。

例えば、「営業力を身に付けたい」「実力を評価してもらいたい」「同年代よりも高い収入を得たい」「スピード出世したい」、と考えている場合は、新規開拓営業ができるベンチャー企業が合っているでしょう。

参考:良質なベンチャー企業の見つけ方・見極め方・見分け方を解説

一方で、「家族のために安定した収入が欲しい」、「ワークライフバランスも重視したい」と考える場合は、法人向けのルート営業が合っているでしょう。

このように自分のやってみたい営業スタイルや自分が目指す将来から、どんな種類の営業を選べばいいのか考えてみましょう。

STEP3:転職求人サイトを使ってどんな求人があるのか調べる

やりたい営業のイメージが固まってきたら、転職求人サイトを使って実際にどんな求人があるのか見てみましょう。

フリーターの方向けにもたくさんの転職求人サイトがありますので、気になるサイトを2~3個絞ってチェックしていきましょう。

フリーター向け就職エージェント(就職サイト)おすすめランキング

探し方のポイントは、勤務地や業種、職種、休日、年収などの希望条件を入れ、「未経験歓迎」等のチェック項目があればチェックを入れてから検索しましょう。

転職求人サイトは基本的には正社員としてのキャリアを持っている方を対象とした求人掲載が多いため、希望には合っていても応募条件に合わない可能性があります

STEP4:就職支援サービスに登録する

転職求人サイトで実際にどんな求人があるのかチェックできた後は、就職支援サービス(就職・転職エージェント)へ登録しましょう。

実は、求人サイトに掲載されている求人は世の中の求人の内、1~2割しかないのです。残りの8~9割は就職支援サービスに登録することで紹介してもらうことができる非公開求人になります。

就職支援サービスは非公開求人を紹介してもらえるだけではありません。

転職相談や応募書類の添削、模擬面接、企業とのスケジュール調整など、転職活動を開始してから入社するまでの全てのフェーズを無料でサポートしてくれる非常に便利なサービスです。

フリーター向けの就職エージェントおすすめランキング」で詳しく紹介しているので、ぜひ活用してフリーター向けの営業職求人を紹介してもらってくださいね。

STEP5:書類選考を受ける

求人サイトやエージェントを通して応募したい企業が見つかった後は、早速エントリーしてみましょう。

書類選考に必要な応募書類は、履歴書職務経歴書の2点になります。

書類選考の通過率は自己応募(求人サイト経由)で10%、就職・転職エージェント経由で20~30%と言われています。

はじめは選考に通過できないことも多いかもしれませんが、就職エージェントの応募書類添削サービスを受けることでブラッシュアップして、選考に通過しやすい書類を作ることができます。

たとえば志望動機作成のポイントを抑えるために例文を紹介すると、以下のようになります。

私は現在飲食店でホールスタッフとして接客業をしております。

お客様が何を求めているのか、どういう接し方をすれば喜んで頂けるのかを日々考えながらお客様と接してきた結果、常連のお客様から「今日はあなたに会いたくて来たよ」、「よく気が利くね」というお言葉をいただけるようになりました。

また、アルバイトながら食材の在庫状況を確認しながらお客様にお料理をお勧めすることにより、店舗の廃棄物を減らして売上を上げることにも貢献して参りました。

ホールスタッフとして学んだ経験や喜びを通して、今後はより社会に大きな影響を与えられる法人営業として、御社の商品を世に広めていきたいと思い志望いたしました。

営業という仕事は学ぶべきことが多く、大変なことも少なくない厳しい仕事であると思いますが、どんなに高い壁にぶつかっても1日でも早く御社に貢献できる人材となれるよう、努力を惜しまずやり遂げたいと思っています。

また、後ほど紹介する筆者おすすめの就職支援サービスを利用すれば書類選考が免除されて、いきなり企業面接を受けることもできます。

STEP6:面接を受ける

書類選考に通過した後はいよいよ面接です。

企業との面接日程が決まった後は、面接当日までに求人サイトの面接対策ページや就職支援サービスの模擬面接サービスを利用して入念に面接対策を行ってから面接に挑みましょう。

面接では主に、社会人としての基本的なビジネスマナーが身についているかどうかや、志望動機、応募企業に対しての熱意などがチェックされます。

関連:フリーターが就職面接で聞かれる質問は?面接官の評価ポイント

一次面接は人事担当者や現場担当者、二次面接以降は責任者や役員クラスの重役が面接官となるケースが多いです。

面接を複数回突破することができれば、晴れて「内定」となります。

STEP7:入社前にやっておくべきこと

無事に内定をもらって入社を承諾した後は入社に向けて準備を進めましょう。

入社初日のイメージがその後のあなたのイメージを左右しますので、事前に準備しておくことが大切です。

<持ち物>
✅ビジネススーツ…リクルートスーツではないビジネススーツを2~3着用意しておきましょう。落ち着いたグレーやネイビーなどがおすすめです。
✅名刺入れ…ブラックやブラウン等落ち着いたカラーの名刺入れがおすすめです。
✅ビジネスバッグ…A4サイズの書類が入るブラックやブラウン等の落ち着いたカラーがおすすめです。
✅手帳…最初はメモすることが多いため、メモページがたくさんある手帳がおすすめです。

<身だしなみ>
✅髪型を整える…清潔感のある髪型をオーダーしましょう。シャツの襟、耳、目にかからない髪型であれば問題ないでしょう。
✅爪を短く切る…意外と見られる部分です。出社日前日にしっかりと整えておきましょう。

フリーターから営業職へのおすすめ就職サイト

では、フリーターから営業職への就職を成功させるために必要不可欠と説明した就職エージェントのおすすめを3社紹介して参ります。

就職Shop

就職Shopは、20代の既卒・フリーター・ニートを対象とした、求人紹介から面接練習、就職決定までのすべてを「対面で個別サポート」してくれる就活支援サービスです。

就職shopが扱う求人企業は100%訪問取材した企業のみ。直接「面接」であなたの可能性を見てくれる、未経験OK、書類選考なしの企業を紹介してもらうことができます。

↓就職Shopの登録はコチラ

経営者の考え方、職場の雰囲気、仕事のやりがい、待遇などを全て丁寧に取材して求人票を作成しています。

そのため給与や職種のような基本的な情報だけでなく、職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を得ることができ、入社後にギャップを感じる可能性がなく離職率が低いことが特徴です。

紹介してもらえる求人も、工場勤務やタクシードライバーなどのブラック企業ではなく、若いうちから経験を積ませてくれるホワイト企業の営業職の求人を約8,500社も多数保有しています。

▼就職Shopの業種・職種別紹介求人

じっくりと時間をかけて自分に本当に合った会社を見つけたい方におすすめNo.1の就職支援サービスです。

※面談場所は関東(新宿・銀座・立川・北千住・大宮・横浜・千葉)・関西(大阪・京都・神戸)の10拠点

▶︎就職Shopの申し込みはコチラ

DYM就職

DYM就職は既卒・第二新卒・フリーターを対象とした就職成功率96%を誇る就職支援サービスです。

DYM就職は、採用担当者だけではなく社長とも直接交渉ができる企業との強い信頼関係がありますので、DYM就職を利用した求職者は書類選考なしで企業面接に進むことができます。

↓DYM就職の登録はコチラ

カウンセリング時にしっかりと話を聞いた上で、企業と求職者のニーズが一致している求人のみを的確に紹介できるノウハウがあるからこそ、企業からも強い信頼を得ているのです。

ただし、就職Shopと比較すると求人数が少なくなってしまうため、紹介してもらえる営業職の求人もやや物足りなさを感じてしまう可能性は否めません。

▼就職ShopとDYM就職の求人数の違い

また、DYM就職は全国に5つの拠点(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)を持っていますので、地方に住んでいる人でも利用することができます。

関東全域・仙台・広島・沖縄等、日本全国の求人企業と取引がありますので、拠点のないエリアでも電話カウンセリングでサービスを利用することができます。

▶︎DYM就職に申し込む

ジェイック

ジェイック(JAIC)は20代のフリーター・既卒から営業職を目指す方に特化した就職支援サービスです。

ジェイックは元々ビジネスマン向けの研修を行っていた会社で、そのノウハウを活かして「営業カレッジ」という無料の就職支援講座を開催しています。

営業カレッジを受講すると2週間かけてじっくりと就職活動の基本と営業の基礎を学ぶことができます。

▼営業カレッジの研修の様子

営業カレッジの受講後は書類選考なしでジェイックが厳選した20社以上の優良企業と面接を受けることができるため、就職成功率は80.3%と非常に高い実績を誇っています。

学びながら就職活動ができるジェイックは営業未経験のフリーターの方にこそぜひ利用していただきたい、おすすめの就職支援サービスです。

▶︎ジェイック(JAIC)に申し込む

ぜひ就職エージェントを活用しつつ、フリーターから営業職の就職を成功させて活躍してくださいね。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

未経験歓迎の求人8,500件以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

DYM就職の特徴

面談〜就職成功率驚異の96%

就職成功者累計5,000人突破

地方の就職活動もサポート

ジェイックの特徴

就職成功率驚異の80.3%以上!

就職支援実績14,000名以上!

入社後定着率94.3%(※業界1位)

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-フリーター・ニートの就職(転職)

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.